ゼブラ ラッパー。 Zeebra(ジブラ)&中林美和の実娘RIMA(リマ)がJYP練習生であることが判明し話題に

中林美和の子供は4人!顔が似ていない?画像あり!娘が通っている学校はどこ?

ゼブラ ラッパー

ラッパーのZeebra(ジブラ)さん(46)が、ツーショット写真の撮影を求めてきた男性に自らの名前を間違えられたとして、ツイッターで怒りを爆発させている。 複数のツイッターユーザーの報告によれば、この男性はどうやら「Zeebra」を「ゼブラ」と間違えていたようだ。 これにZeebraさんが、「ムカつくに決まってる」「(写真の)撮り損」などと苦言ツイートを連発したのだ。 Zeebraさんは2018年3月2日、自らが局長を務めるヒップホップ専門のネットラジオ「WREP」の番組公開収録を東京・渋谷のスタジオで行っていた。 Zeebraさんがツイッターで激怒した相手は、このラジオの収録現場を訪れていた男性ファンの1人だ。 頼まれて会場で一緒に写真を撮ったにも関わらず、 この男性が自分の名前を間違えて撮影した写真を紹介するツイートを投稿していたとして、「名前違うよ。 ちょっと撮り損感」と、本人へ直接リプライ(返信)する形で指摘した。 その上でZeebraさんは、男性が人気ユニット「AAA(トリプルエー)」メンバーでラッパーの「SKY-HI」こと日高光啓(みつひろ)さんのファンを自称していたことから、「日高のファンってそんなもんなの?」との不満も呟いていた。 こうした指摘を受けて、Zeebraさんの名前を間違えた男性は「写真とってもらったのにすいません。 連れてってもらった方からジブラさんと教えてもらいました」とリプライで謝罪。 あわせて、問題視された投稿も削除している。 ツイートがすでに削除されているため、男性がどのように名前を間違えていたかを直接確認することはできない。 上記のやり取りを見ていた複数のユーザーの報告によれば、男性は投稿の中でZeebra(ジブラ)さんのことを「ゼブラ」と間違えて呼んでいたという。 その後、Zeebraさんが翌3日のツイートで、「名前も知らない相手にツーショットの写真頼む方が間違ってると思うんだけど。 俺も人間だからムカつくに決まってる」と改めて騒動に言及。 その上で、「それをやれ大人気ないだなんだ。 完全なる撮り損。 ミーハーも程々にしろ」と怒りを爆発させていた。 なぜ、当人から謝罪を受けた後にも関わらず、改めて憤りを露わにしたのか。 その理由についてZeebraさんは、日高さんのファンの一部から「攻撃」を受けたためだ、と続くツイートの中で明かしている。 こうした事情を説明した上でZeebraさんは、よほどの事情が無い場合は「ファンへの恩返し」として基本的に写真撮影には応じていると説明。 今回のケースについては、「そもそも俺の名前知らないレベルならファンでも何でもないんだから頼むのやめて欲しい」としていた。 なお、4日のツイートでZeebraさんは、名前を間違えた男性について「彼も謝ってくれました。 そこはもう気にしてません」と投稿。 ただ、今回の件で日高さんのファンから批判が寄せられたことについては、「それを発端に他に騒がれていい迷惑です」と不満気に呟いていた。

次の

ファッションモデル中林美和の娘、次女のりまは現在ブサイクって本当なの?

ゼブラ ラッパー

ヒップホップ歌手ZEEBRA(ジブラ=37)が、初の自伝で祖父横井英樹氏(享年85)について赤裸々につづった。 ラッパー生活20周年を記念した著書「ZEEBRA 自伝 HIP HOP LOVE」(ぴあ)が12日に出版される。 横井氏は82年のホテルニュージャパン火災事故で業務上過失致死傷罪を問われ実刑判決を受けた人物。 これまで語ることのなかった苦悩や決意、新事実などを飾らない言葉で明かしている。 ジブラにとって横井氏は母方の祖父。 少年時代、祖父について詳しく知らず「気前のいいじいさん」と慕っていた。 認識を一変させたのが、死者33人の大惨事、ホテルニュージャパンの火災事故だった。 当時は小学5年。 消火施設不備など違法運営が明らかになり、同ホテル社長だった祖父は刑事被告人となり、大きな衝撃を受ける。 横井氏は海運業や観光レジャー産業などで成功し、戦後を代表する実業家の1人だった。 ところが事故後の報道で、株買い占めによるデパート白木屋買収を企てた「乗っ取り屋」と呼ばれていた過去などを知る。 同著では、その優しさに触れていた半面、「(社会的に)問題のある人だったんだな」と事故後は複雑な思いを抱えたことを明かしている。 これまで祖父について語ったことはほとんどなかった。 同書では吹っ切れたように率直な言葉で「祖父」を語っている。 本名・英之の「英」は英樹に由来すること、事故後に級友から「殺人犯の孫」と呼ばれ傷ついたこと、結婚する時に戸籍を調べたところ、知らない間に横井氏の養子になっていた事実なども明かしている。 現在は祖父の存在が音楽活動の原動力になっているという。 特定ファンに支えられている印象が強いヒップホップを幅広く認知させようと各メディアに積極的に飛び込む姿勢の背景に祖父の存在があった。 自伝は、幼少期から名門高校退学までの思い出、結婚秘話、会社員生活、ヒップホップに対する熱い思いなど、ヒップホップ界をけん引する男の知られざるエピソードが詰まった1冊になっている。 photo• 芸能 峯岸みなみ美人に「変身」?メーク河北氏ダメ出しで []• AKB48 [6月29日 22:11]• 宝塚 [6月29日 21:33]• 韓国エンタメ [6月29日 20:26]• シネマ [6月29日 19:39]• シネマ [6月29日 18:53]• 女子アナ [6月29日 17:54]• 芸能 [6月29日 17:41]• 芸能 [6月29日 17:00]• シネマ [6月29日 16:13]• 芸能 [6月29日 16:09]• AKB48 峯岸みなみ美人に「変身」?メーク河北氏ダメ出しで []• AKB48 [6月29日 22:11]• AKB48 [6月28日 20:31]• AKB48 [6月28日 13:12]• AKB48 [6月26日 16:36]• AKB48 [6月26日 14:00]• AKB48 [6月25日 0:03]• AKB48 [6月25日 0:00]• AKB48 [6月23日 12:49]• AKB48 [6月23日 12:24]• AKB48 [6月23日 10:00]• ジャニーズ キスマイ宮田俊哉が声優に初挑戦「僕史上一番軽薄」 []• ジャニーズ [6月29日 5:00]• コラム [6月27日 15:25]• ジャニーズ [6月27日 4:00]• ジャニーズ [6月26日 11:00]• ジャニーズ [6月25日 5:01]• ジャニーズ [6月24日 23:41]• シネマ [6月23日 5:00]• ジャニーズ [6月22日 5:00]• 芸能 [6月21日 20:41]• ジャニーズ [6月21日 11:08]• ハリウッド ジャスティン・ビーバー「でっちあげ」告発女性提訴 []• ハリウッド [6月27日 13:22]• ハリウッド [6月27日 11:39]• ハリウッド [6月25日 9:30]• コラム [6月23日 12:53]• ハリウッド [6月23日 8:10]• ハリウッド [6月23日 8:05]• ハリウッド [6月19日 9:32]• ハリウッド [6月19日 9:24]• ハリウッド [6月18日 6:48]• ハリウッド [6月18日 6:48]• 映画 松本穂香が高校生役「1人1人が濃く描かれている」 []• シネマ [6月29日 19:39]• シネマ [6月29日 18:53]• シネマ [6月29日 16:13]• シネマ [6月29日 10:07]• ジャニーズ [6月29日 5:00]• シネマ [6月28日 15:00]• シネマ [6月28日 5:01]• ハリウッド [6月27日 13:22]• コラム [6月27日 13:00]• シネマ [6月26日 7:52]• ドラマ NHK麒麟がくる代替「利家とまつ」9・0% []• ドラマ [6月29日 11:08]• ドラマ [6月29日 10:11]• ドラマ [6月29日 10:11]• ドラマ [6月29日 10:06]• ドラマ [6月29日 9:34]• ドラマ [6月29日 9:34]• ドラマ [6月28日 5:00]• ドラマ [6月27日 12:00]• ドラマ [6月26日 12:00]• ドラマ [6月26日 10:08]•

次の

ZEEBRAがDragon AshのKJを再び公開処刑 「ニセモノは売れるんだよなー」

ゼブラ ラッパー

街を歩くZeebraがファンだという若者に声をかけられ、快く2ショットの写真を撮った。 若者はその写真を「 ゼブラと写真とったぜ!」との文とともにツイッターに投稿。 だけどZeebraの正しい読み方は「ゼブラ」ではなく「ジブラ」。 そんなこと些細などうでもいい間違い。 普通の人はそう思うだろう。 だけど Zeebra本人がこの若者の投稿に「名前違うよ」と怒りをあらわにして返信。 一般的な常識ではZeebraをゼブラと読むことは何の問題もない。 それが完全な間違いだと指摘するなら、最初からカタカナで「ジブラ」と名乗れ。 これが常識的な反応。 だけど若者は偉かった。 Zeebraに間違いを謝罪し、投稿を削除という完璧な対応。 なのに Zeebraのネチネチした怒りは収まらない。 若者が『AAA』というグループの「日高」というメンバーのファンだと判明すると、 「日高のファンってそんなもんなの?」と巻き添え攻撃。 ラッパーという職業に尊敬すべき点があるのかは不明だが、彼らが売りにするのは男気や器量の大きさ、権力とも恐れずに戦うような豪快なイメージなのではないだろうか。 なのに Zeebraの対応はまるで小姑。 これにツイッター民が炎上した。 ただ名前の読み方を間違えた しかも今まで散々間違われたであろう読み方で 悪気のない一般人にわざわざ嫌味言うのがヒップホップアクティビストのやることなんすか? — M! 誰にどう呼ばれても気にしない、強く自分を持っている人物だとイメージしていた人も多いだろう。 がっかりだ。 教訓 有名芸能人の中にもいろんな人物がいる。 豪快で気前の良い男もいれば、そう思われているけど本当はネチネチした気持ち悪い男もいる。 街で声をかける際には、本人の人間性をしっかり見抜いたうえで行動したい。

次の