かん こく 韓国 の 反応。 韓国の反応 総合アンテナ

韓国あんてな

かん こく 韓国 の 反応

地球規模の環境問題を言うなら、まず中国に抗議しろよ。 次に、朝鮮に抗議。 さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。 現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。 韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。 読者様からのコメントも3万超え!コメント検索機能も追加。 2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。 膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。 また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。 新着記事を一目でわかるようにした。 それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。 後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。 ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。 そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 127,661件のビュー• 76,200件のビュー• 63,900件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に ティンカビール より• に 零戦搭乗員 より• に ROCK より• に たろうちゃん より• に ROCK より 人気の記事〔1日〕• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 800件のビュー• 700件のビュー• 500件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

日本の底力!(韓国経済危機特集)

かん こく 韓国 の 反応

はじめの一言 「ごく小さい細工品を仕上げる精巧さと巧妙さという点にかけては、日本人は誰からも学ぶ必要がないといえるだろう。 日常普段に使われる漆器、銅製品、陶磁器などは日本人のこの能力の証であり、ヨーロッパでもこれに勝る物を作ることは困難だろう。 (アルミニヨン 幕末)」 「イタリア使節の幕末見聞記 講談社学術文庫」 前に紹介したけど、韓国には日本にとってやっかいな問題がある。 それが「」という問題。 韓国が世界的に有名な日本文化を見て、「その日本文化の始まりは韓国にある。 起源は韓国にあり!」と言い出すこと。 具体的には次のようなものがある。 まあ、ビックリするほどたくさんありますわ。 韓国起源説の対象は、侍、日本刀、剣道、空手といった武術・武道関連、歌舞伎や折り紙といった伝統文化、寿司や沢庵といった和食、「わっしょい」等の様々な日本語の語源、東洲斎写楽や天皇などの著名人物、 熊本城や日本庭園や勾玉といった有形文化財、ソメイヨシノや秋田犬のような動植物、旭日旗のような日本の公用旗にいたるまで、分野や有形無形を問わず、日本のアイコンとされる様々なものに対して主張されている。 (ウィキペディア) ネットで検索したら、「韓国起源説」についていくらでも情報を得られる。 今の日本人にとっても、大きな関心ごとになっているから。 韓国には無関心だったボクの知人で、このことを知って韓国への見方が変わってしまった人もいる。 「歴史について韓国が日本に文句を言うのは分かる。 けれど、日本の文化について、何でこんなことを言われるのか分からない」 その知人はそんな不満をこぼしていた。 春になると、「桜の起源は韓国」と言い出す。 これはもう、「韓国のお約束」になっている。 この韓国起源説のせいで、日本でどれだけの「韓国嫌い」を増やしているのだろうか? 韓国のスナック菓子「セウカン」 韓国初となるスナック菓子で、国民的なお菓子。 あれ? 日本の「かっぱえびせん」とそっくりだ・・・。 ハングル文字以外の違いが分からないほど。 まあ、かっぱえびせんの「パクリ」だからね! *剽窃は「ひょうせつ」。 簡単にいったら「パクった」ということ。 日本ではカルビーのかっぱえびせんを剽窃した商品として、テレビの報道番組で幾度か取り上げられた。 かっぱえびせんとは、原材料、製法、形状、パッケージに至るまで、極めて酷似している。 かっぱえびせんが発売された1964年から、7年遅れて発売された商品だった。 (ウィキペディア) でも韓国人の友人は、日本のかっぱえびせんを「日本版セウカン」と呼んでいた。 韓国のセウカンが「日本のかっぱえびせんの始まり」と本気で思っていた。 おいっ! 視点を変えてみよう。 中国人はこの「韓国起源説」をどう思っているのか? 次に紹介する新聞記事は、それを知るヒントになる。 前回、「くだらない」という日本語の語源が「百済(くだら)」にあるとかん違いしていた韓国人の友人の話をした。 *百済は古代の朝鮮半島にあった国。 でも韓国にはこの考えが広くあるらしい。 「くだらない」の語源は「百済ない」で、「優秀な百済の文物がないことはみすぼらしいこと=百済・ない」が「くだらない」の起源であると主張している。 (ウィキペディア) でもこのぐらいなら大したことではない。 これがエスカレートして、2009年には韓国人の学者が「日本語の起源は百済語にある」と発表している。 これに対する中国人の反応がおもしろい。 環球時報は22日、韓国・檀国大学の金容雲首席教授が「日本語の起源は百済語」とする著書を著し、8月に日韓同時に出版されると伝えた。 同記事に対して、中国人ユーザーによる韓国・韓国人批判が相次いだ。 中国では、韓国人の「韓国起源説」を支持するのではなくて批判する声が多い。 なぜなら中国もその「被害者」だから。 これまで韓国で、「孔子は韓国人」、「漢字は韓国で作られた」、「イエス・キリストは韓国人」などの説が発表され、韓国に伝わる「江陵端午祭」がユネスコの世界文化遺産に登録されたことなどから、中国では「韓国人は歴史をゆがめ、横取りする」との反感が強い。 端午(たんご)は、「こどもの日」として日本でもなじみが深い。 日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、現在ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われ、国民の祝日「こどもの日」になっている。 (ウィキペディア) この端午の風習は、中国で始まっている。 間違いなく中国が生みの親。 けれども韓国では、この端午祭を「韓国の伝統行事」として世界遺産の登録を申請してしまった。 その理由は「韓国に伝わって1500年以上が経過した(ウィキペディア)」ということから。 そして中国生まれの端午祭は、「韓国の世界遺産」として認められてしまった。 当然、中国人には納得がいかない。 納得がいかない、というレベルではなく激怒した。 端午祭の本家である中国のマスコミをはじめとする諸団体は「韓国起源の節句として無形文化遺産登録された」などと猛反発した (ウィキペディア) こんな理由で、中国では韓国人がとなえる「韓国起源説」を嫌う人がたくさんいる。 中国にはこんな「反韓感情」があるから、先ほどの記事にはこんな中国人のコメントがのっている。 ・同記事を紹介したインターネットサイト環球網のコメント欄には、韓国・韓国人を批判する書き込みが相次いだ。 「中国に続いて日本。 日本人も目まいを起こしているだろう」、「天なる神も、韓国人だろう」、「太陽系も韓国人の発明」 「太陽系も韓国人の発明」というのは壮大でおもしろい。 「日本は嫌いだ」という中国人が多いのは事実。 でも韓国人がときどき言い出す「韓国起源説」については、日本に味方する中国人はたくさんいる。 このことについては、中国人も韓国に怒っているから。 韓国が「韓国起源説」をいうのは、韓国にとって得るものより失うものの方が大きい気がしてならない。 おまけ 2016年9月25日の「Record China」で、こんな記事があった。 韓国人はむかし漢字を使っていた。 でも今の韓国人は、漢字を使う機会なんてまったくといっていいほどない。 そんな韓国が今になって、漢字の廃止を後悔しているという。 中国のポータルサイト・今日頭条が、韓国は漢字を廃止して後悔しているとする記事を掲載した。 こうしたことから、韓国では漢字を復活させようとする動きもある。 韓国の「漢字教育の復活」に対して、こんな警戒感をもつ中国人もいるらしい。 「韓国は漢字を文化遺産に申請するのではないかととても心配だ」 「韓国人は漢字を学んではダメだ。 そうでないと漢字まで韓国の発明にされてしまう」 中国にこんな空気がある。 だから韓国人が言い出す「韓国起源説」については、中国人は日本の味方になることが多い。 おまけ 中国列車の旅 もうすぐ終点の北京に着くところ.

次の

日本の底力!(韓国経済危機特集)

かん こく 韓国 の 反応

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の