バンデ ミックス 意味。 パンデミック

効率的な輸入通関後の輸送方法~FCL編~

バンデ ミックス 意味

概要 [ ] 本作は、に用ゲームソフトとして発売された。 においてはにが(以下、FC)用ソフト向けに移植し発売された。 このFC版を元に操作方法など仕様を変更した移植作品が制作され、から版 、(ブランド)からはに版がそれぞれ発売された。 ゲーム内容 [ ] 見下ろし視点の平面全方位任意スクロールシューティングゲームである。 プレイヤーは、自機のを操り、自軍のを防衛し敵機やレーダー・砲台などの防空網を破壊しながら、敵国「バンゲリング帝国」の戦略拠点(工場)を破壊するのがゲームクリアの目的となる。 攻撃方法は、対空用のバルカン砲と対地用の爆弾(最大9発)の2種類。 自機は制で、被弾するたびにダメージ値が蓄積され徐々に飛行速度が落ち、100を超えると操縦困難に陥り墜落しミスとなる。 爆弾の補給やダメージ値の修理は空母か敵の駐機場に着陸することで補充される。 なお、自機の墜落地点が工場や戦艦などだった場合はそれらにダメージを与えることができる。 自軍の空母は敵の攻撃機から一定以上の攻撃を受けるか 、プレイヤーが故意に空母を爆撃した場合や敵戦艦が同じ画面に侵入すると自動的に撃沈され、その時点での残機は全て失われ、その後は一切復活しない。 その場合でも敵の駐機場での補給と修理は可能なためゲーム続行は可能だが、受けたダメージは完全回復しない。 このためゲーム後半は被弾によるダメージ増加やレーダー網と敵戦闘機の連携が増す事などにより、攻略が著しく困難になる。 また、ゲームクリアの目的である敵拠点の工場は、時間の経過やステージにより工場の耐久力が向上し、周辺に高射砲や戦車などが徐々に配備されるため、破壊するのが困難になっていく。 FC版のオリジナルモードとして、2人対戦プレイが可能である。 2人対戦プレイ時には、2P側は「バンゲリング帝国」を操作し、やなどにより1P側を攻撃する。 FCので高射砲の向きを操作でき砲弾やミサイルを発砲できる。 さらに内蔵されたマイクを使うことで戦闘機をスクランブルさせ、このときは攻撃機も戦闘機となってヘリ掃討任務にあてることができる。 ストーリー [ ] 198X年、突如カリブ海に現れた謎の次元侵略者「バンゲリング帝国」は、カリブ海一帯を地球の空間から隔離した。 内部から脱出する事も、外部から侵入することも不可能な異次元空間に取り残されたアメリカ第2艦隊は、謎の発光現象によりバンゲリング帝国の尖兵と化してしまう。 いまやカリブ海は地球侵略用兵器の生産拠点へと改造され、多数の航空機や陸上兵器、最新鋭のQ型戦艦などが人類に牙を剥こうとしていた。 司令官ジミー・ハーディーの迅速な判断により、唯一バンゲリング帝国の支配を逃れた最新鋭空母「R・レーガン」は、ただ一隻でバンゲリング帝国への反撃を開始。 わずかに5機のみ残された新型攻撃ヘリがバンゲリング帝国の拠点を破壊する為に飛び立った。 登場兵器 [ ] 自軍 [ ] AH-16 シーアパッチ と、が共同開発した新型。 を原型として空母での運用を可能としたものであり、航続距離の延長を始めとした様々な改良がなされている。 に初飛行し、作中ではテストのために「R・レーガン」に5機が艦載されていた。 全長26m、主回転翼直径18m。 武装はコンピューター制御の30mmバルカン砲1門と、高性能爆弾9発。 また、特殊な防弾構造を有しており、少々の被弾では飛行・戦闘に影響をおよぼさない強靭な防御力を持つ。 このほか、夜間索敵用のや母艦の位置を知る超レーダーを装備している。 原子力空母「R・レーガン」 4番艦。 アメリカ海軍の旗艦を務めており、を母港としている。 全長332. 8m、全幅76. 8m、速度30ノット。 乗組員は艦乗組員3061名、航空機乗組員2627名の計5688名。 武装はが3門、発射器が8連装3基24門となっているが、ゲーム中では攻撃機への反撃は行われない。 この他カタパルト4基を装備しており、最大95機の艦載機を搭載できる。 また、劇中では対核攻撃用の装備(詳細は不明)を有しており、これによりバンゲリング帝国からの攻撃(正体不明の発光現象)を逃れることが出来た。 バンゲリング帝国軍 [ ] 装備兵器はすべて米軍の兵器をバンゲリング帝国が乗っ取ったものである。 哨戒艇 海上を航行しており、自機が同じ画面に侵入すると機銃で攻撃してくる。 同じ画面内で、銃撃音がするかぎり一定のダメージを被る。 ステージが進むに連れ命中判定が増加し、5週目付近では会敵後数秒で自機が撃墜されてしまう。 空母に体当たり攻撃してくることがある。 工場の周辺を一定周期で移動しており、自機が接近すると機銃で攻撃してくる。 攻撃に関しては哨戒艇と同じM2機関銃に依る。 高射砲 陸地に配備されており、最初の頃のステージでは高射砲弾、ステージが進むと誘導ミサイルで攻撃してくる。 また、ミサイルはバルカンで撃破できる。 誘導ミサイルは燃料が切れるのが早く一定時間で破裂するが、当たると大きなダメージ(初期HP38程度)を受ける。 レーダー 自機及び空母が索敵範囲内に侵入すると、戦闘機及び攻撃機を呼び寄せる。 直接攻撃してこないからといって放置していると危険。 戦闘機 ステージが進むに連れ不意に飛来し、プレイヤーが着艦中、着陸中、飛行中を問わずミサイルで攻撃してくる。 自機への攻撃が専門で空母は攻撃しない。 敵機着陸中に同じ場所に自機を着陸させると、自機に体当たり攻撃を行いミサイル被弾と同程度の被害を受け、ファミコン版では一撃の体当たりで自機が破壊される。 攻撃機 戦闘機に比べあまり旋回せず、直線的に飛来し空母に攻撃を仕掛けてくる。 空母を撃沈するまで執拗に周辺を旋回し決して撤退せず、また必ず2機で攻撃をしてくる為、2機とも撃墜しないと空爆は続き、空母は撃沈されてしまう。 原則として、空母への攻撃が専門で自機へは攻撃しないものの、2コントローラーのマイクを使い、大きな声などで(説明書によれば「ハドソン」と叫ぶと書いてある )音声入力すると戦闘機同様に、ミサイルで攻撃してくる。 小技として、空母が空襲を受けているときに、この方法を使うことによって爆撃を回避できる。 Q型戦艦 アメリカ軍が対核戦用として極秘に建造を進めていたで、「」を改装した物であるという事以外、詳細は不明。 多数の対艦ミサイルランチャーと16インチ主砲を持ち、さらにバンゲリング帝国に改装を受け、艦首に謎の重力波兵器(Qシステム)が搭載されている。 自機が接近すると誘導ミサイルで攻撃をしてくる。 また、空母が同一画面に侵入すると、Qシステムにより一瞬で撃沈されてしまう。 ステージが進むとドック内で建造が開始されるがこの時点では接近しても攻撃してこず、数発の爆弾で簡単に撃破できるがしばらくすると再建造が始まる。 完成して一旦出航すると、耐久力が大幅に増加するため撃沈は困難を極める。 しかし出航後の戦艦を撃沈すれば、ドック内の時とは違い再建造はされない。 工場 不気味に明滅を繰り返す、バンゲリング帝国の兵器生産拠点。 陸地に点在するこの工場を全て撃破することがゲームの目的となる。 爆弾を一定数以上命中させると明滅が止まり、機能が停止する。 その間は戦車や高射砲の配備が止まるが、しばらく時間を置くと復旧する。 機能停止状態からさらに爆弾を一定数以上命中させると全壊し、そのステージ中は復旧しない。 移植版 [ ] No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考 1 バンゲリングベイ 1985年2月15日 ハドソン HFC-RB - 2 VS. バンゲリングベイ 1985年 ハドソン 任天堂レジャーシステム - - 対応 3 バンゲリングベイ 198507211985年7月21日 ソニー ロムカセット HBS-G036C - 開発 [ ] 本作は『』()の作者であるのデビュー作である。 ライトはこのゲームのマップエディッタでマップをエディットしているうちに、シムシティのゲームデザインとしての構想が生まれた。 また、このゲームの「敵の拠点破壊が敵の戦力に影響する」という見えない戦略性は、『シムシティ』の原形といえるものである。 ブローダーバンド版のストーリー [ ] 再び世界征服計画に乗り出した悪のバンゲリング帝国( Bungeling Empire)は、全方位侵略プログラムを埋め込まれた戦争機械( War Machine)の開発に着手していた。 幸いにもそれはまだバンゲリング湾( Bungeling Bay)に点在する六個の工場で製造途中の段階だった。 戦争機械の完成を阻止するには全工場を速やかに破壊せねばならない。 こうしてフォーセズオブグッド( Forces of Good)通称「FOG」が作戦を開始した。 FOGは、即席空母「アディクエイト」に改造ヘリコプター「ワイルドファイア Z-39」五機を載せただけという、無いよりはマシな程度の装備でバンゲリング湾に向けて出動した。 とは言え、世界の自由と民主主義の命運は実は彼らにかかっていた。 一説上の補足として、バンゲリング帝国はのどこかにあるミニ国家であり、前作で多数の金塊を奪われて資金難に陥った事から世界征服計画を一度諦めている。 「FOG」は環境保護ので、バンゲリング帝国の監視を主な活動にするようになっていた。 戦争機械の詳細は不明だが、プログラムといったワードは当時の映画を彷彿とさせるので、パッケージに謎の四行文と重ねて顔アップで描かれているそれを指していると思われる。 ゲーム中には全く登場しない。 It's a machine... Yet, it lives. (それは機械のままだが・・生きている。 It reasons. It defends itself. (それは推論する。 それは自身を守る。 It is programmed for survival. (それは生存するようにプログラムされている。 It is programmed to destroy. (それは破壊するようにプログラムされている。 ) スタッフ [ ] コモドール64版• PROGRAM:ウィル・ライト ファミリーコンピュータ版• メインプログラム:菊田昌昭• サブプログラム:野沢勝広(マップ圧縮)• グラフィック:山本次行 評価 [ ] 自機の操作が左右で旋回、上下でスピード調整という的な方法であったことから、慣れない人にとって非常に難しい操作性であった上、発射する弾は一発ずつで、航空機との格闘戦時に「見越し射撃」が必須で、敵機撃墜の難易度は高い。 ただし、アーケード版では操作方法は変更されており、レバーを操作した方向に向くように旋回し、そのままレバーを入れ続けると加速(背後方向にレバーを入れると減速・後退)するようになっている。 ファミコン版はラジコンがうまく成りたいというハドソン社員が開発した。 発売当時、当たり前のように「ボーナスステージ」や「」「」構成が主流になっていたファミコン市場において、攻略順序が任意な上に展開がシュールな本作は、操作性もさることながら、地味な割に高度な攻撃戦略を求められるという言わばマニア向けのゲームシステムであった。 その中で発売元であるハドソン社との『』と連携し小学生を対象にした過剰な広告戦略をしたため、プレイヤーの多くがマニアのような高度な戦略が立てられない小学生であったことなども実際にプレーヤーの嗜好とゲーム内容にギャップを生むことになった。 ゲーム誌『』の1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「マニア向けシューティングだ」、「ヘリを操作して、空母を守りながらマップ上にある工場を爆撃してゆく。 自機はダメージ制。 非常に面倒くさい操作だ。 マニア向けだろう」と紹介されている。 脚注 [ ] []• 使用基板はFC互換基板である。 FC版の説明書によれば、攻撃機を全滅させて警報を解除した時には空母のダメージはゼロに戻る。 実際に「」と名付けられた艦載型アパッチの開発計画は存在した。 同型同名の原子力空母(ニミッツ級原子力空母9番艦)が存在するが、全くの偶然である。 本作のロナルド・レーガンは、当時建造途中で艦名未定だったニミッツ級4番艦に(当時)の名を冠したものであった。 実際の4番艦はとしてに就役し、ロナルド・レーガンは9番艦としてに就役した。 MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』17ページ• - (2004年8月15日アーカイブ分)• アーケード版ではこの他に、沈められた空母が、ミスからの復帰時に復活するなどの仕様変更もあり、ファミコン版よりも難易度が低い。 また、対戦モードがない。 平成30-10-14閲覧。 あのー当時僕がいたハドソンでもラジコンが大人気に成って。 であの走らすと当然さバッテリーが無くなるから充電する訳じゃん。 だから充電してる間仕事をして。 充電が終わったら屋上行って走らせてっていう。 でその内にあのーラジコンがもうちょっとうまく成りたいなっていうんで、それでプログラムしたのがバンゲリングベイなんだよね。 バンゲリングベイってだからラジコン風な操作有るでしょ。 だからヘリコプターがどっちを向いてても、右行ったらヘリコプターに対して右に曲がるじゃない。 とすると上から下行きたい時は、左やりたい時は右切んなきゃいけないとか。 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『』第7巻第9号、、1991年5月10日、 230頁。 参考文献 [ ]• 『ファミリーコンピュータ・ゲーム必勝法シリーズ3 バンゲリングベイ』(大百科別冊、1985年) 関連項目 [ ]• - 劇中にて架空の改造版「バンゲリングベイ」が登場。 メモリーを増強し複数の本体をリンクさせ、帝国側を3つのコントローラーで操作し、3vs1の対戦ができるという内容だった。 - 劇中にて実際のゲームには登場しないボスキャラ(魔の海域の最終兵器)が登場する。 外部リンク [ ]• - (2004年8月15日アーカイブ分)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

パンデミック

バンデ ミックス 意味

2002年11月1日~2003年8月7日の ()の流行 SARS感染による死者が出た国・地域(黒) SARS感染者が出た国・地域(赤) SARS感染者が確認されなかった国・地域(灰) パンデミック(: pandemic)は、ある()の世界的な大流行を表す語。 疾患、特に感染症の流行は、その規模に応じて 1 エンデミック、 2 エピデミック、 3 パンデミックに分類される。 このうち最も規模が大きいものがパンデミックである。 endemic エンデミック(地域流行) 特定の人々や特定の地域において、「regularly (ある程度の割合、ポツポツと)」見られる状態。 地域的に狭い範囲に限定され、患者数も比較的少なく、拡大のスピードも比較的遅い状態。 「流行」以前の段階。 もエンデミックの一種にあたる。 epidemic エピデミック(流行) 特定の内で、特定の一時期、感染症が広がること。 特に突発的に規模が拡大し集団で発生することを「 (outbreak)」と呼ぶ。 pandemic パンデミック(汎発流行) (さらに流行の規模が大きくなり)国中や世界中で、感染症が流行すること。 世界流行 、世界的流行とも。 (WHO)は、ひとつひとつの感染症のパンデミックの(その時点での)状況を6つのフェーズ(段階)に区別して分類している。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年3月) なお「」とは、微生物が体内に侵入し、繁殖したために発生するのこと。 例えば、、、などのが人体の内部へ侵入して増殖し、その結果、、、などの症状が発生することを言う。 ヒトからヒトへの感染(=「ヒト-ヒト感染」)を起こすようなウィルスの場合、(感染力が弱ければ、大流行に至らずに済む場合もあるが)感染力が高ければ高いほど、感染が防止不可避なままに、2次感染、3次感染... と感染が拡散していくことになりがちで、一人の人から3名、4名、5名... などと 多人数の人に感染するような感染症では、「ヒト-ヒト 感染(ヒトからヒトへの感染)」が繰り返されるうちに的に、つまり「爆発的」に拡大していくことになる。 (古代や中世はをする人々の割合は少なかったが)現代では、人々の移動が盛んで、挙句に世界各国で、国内旅行だけでなく、航空機を用いたも世界的に非常に盛んになっているので、を越えて世界規模のパンデミックが発生しやすくなっているとされる。 パンデミック、なかでも生命に関わるような症状を伴う感染症のパンデミックは、の皆にとっての脅威であるとされる。 現在までヒトの世界でパンデミックを起こした感染症には、 、、、、、などの感染症、、、、、などの感染症、感染症であるなど、さまざまな病原体によるものが存在する。 ただし、これらの感染症の中でも特にあるいはが集団発生するケースでは、しばしば流行規模が大きく重篤度(死亡率など)が高くなるものが見られるため、医学的に重要視されている。 これらの新興(再興)感染症によるパンデミックはしばしば一般社会からも大きく注目されるため、一般に「パンデミック」と呼ぶ場合、これらのケースを指すことも多い。 この警戒区分は、対象となる感染症の原因となる病原体のの強さや、流行の程度を考慮して総合的にWHOが判断して警戒や対策の実行を呼びかけるものである。 WHOによる6つのフェーズ [ ] WHOでは、パンデミックまでの各フェーズを以下のように切り分け、フェーズごとの公衆衛生学的な対応策を各国に求めている。 : global pandemic preparedness level。 日本ではフェーズ3以降をさらにA(海外で発生しているが,国内では発生していない)、B(国内で発生している)に細分し、それらに適合した対応ガイドラインが設定されている。 なお6段階ではなく3段階に分けた用語と、6つのフェーズの関係は次の通り 。• 前パンデミック期(: Inter-Pandemic Period、パンデミック間期):フェーズ 1-2• パンデミック・アラート期(: Pandemic Alert Period、パンデミック警告期):フェーズ 3-4-5• パンデミック期(: Pandemic Period):フェーズ 6 WHOのインフルエンザ・パンデミック6段階。 現在ではこの分類は使われていない。 WHOにおけるインフルエンザパンデミックフェーズ(2005年版) フェーズ1(前パンデミック期) ヒトから新しい亜型のインフルエンザは検出されていないが、ヒトへ感染する可能性を持つ型のウイルスを動物に検出 。 このフェーズでの対策の目標:世界、国家、、、、、市区町村のそれぞれのレベルで、パンデミック対策を強化する 。 フェーズ2(前パンデミック期) ヒトから新しい亜型のインフルエンザは検出されていないが、動物からヒトへ感染するリスクが高いウイルスが検出 このフェーズでの対策の目標:ヒトの感染拡大のリスクを減少させ、仮にヒト感染が起きたとしたら、迅速な検知、報告が行われる体制を整備する 。 フェーズ3(パンデミックアラート期) ヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されているが、ヒトからヒトへの感染は基本的に無い 。 このフェーズでの対策の目標: 新型ウイルスを迅速に検査診断し、報告し、次の患者発生に備える 。 フェーズ4(パンデミックアラート期) ヒトからヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されているが、感染集団は小さく限られている 。 このフェーズでの対策の目標:隔離をはじめとした物理的な封じ込め対策を積極的に導入し、の開発となどを事前にし、準備した感染症対策の実施に必要な時間的猶予を確保するために、最大限努める 。 フェーズ5(パンデミックアラート期) ヒトからヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認され、パンデミック発生のリスクが大きな、より大きな集団発生がみられる。 このフェーズでの対策の目標:フェーズ4での目標と同じ フェーズ6(パンデミック期) パンデミックが発生し、一般社会で急速に感染が拡大している。 後パンデミック期 パンデミックが発生する前の状態へ、急速に回復している。 このフェーズでの対策の目標:パンデミックによる多方面への影響を評価し、計画的復興と対策の改善を実施する。 対策 [ ] コミュニティ緩和の目標。 1 発生のピークを遅らせる 2 カーブを平準化することで医療へのピーク負担を軽減する 3 全体的な健康への影響を軽減する。 WHOの分類フェーズを目安にしつつ、各国の、自治体、行動計画をそれぞれ作成することによって、パンデミックへの対策を行わなければならない。 企業等さまざまな組織も、従業員や顧客を護るために対策を練ることになる。 感染症管理において重要なのは、「流行曲線の平坦化」として知られているピーク時における発生数削減である。 これによって医療サービスがパンクするリスクを低減し、ワクチンと治療法の開発に必要な時間を稼ぐのである。 アウトブレイク管理のために、非薬物療法的な介入が行われる場合がある。 例えばインフルエンザのパンデミックでは、手指の衛生、衛生マスクの着用、自己検疫などの個人的な予防策、学校閉鎖や大規模集会キャンセルといった、そのような介入の受け入れと参加を奨励するコミュニティ戦略、表面の洗浄といった環境対策が挙げられる。 「」も参照 パンデミックの推移 [ ] H5N1亜型などの致死性が高くパンデミックを起こすとされているインフルエンザを例に、パンデミックの発生から消退までの予想される経過を表で示した。 インフルエンザ・パンデミックの推移 経過 解説 亜型ウイルスの確認 亜型ウイルスの存在が確認されている(例。 動物のインフルエンザウイルス) ヒト感染のリスクは低い、またはヒト感染は報告されていない。 ヒトへの感染の確認 亜型ウイルスの存在が確認されている(例。 動物のインフルエンザウイルス) ヒトへの感染が報告されている パンデミックの潜在的脅威 限局したヒト-ヒト感染の確認 ヒトからヒトへの感染はきわめて限定されている(家族や身近な接触者等) 小規模の流行 ヒトからヒトへの小規模感染(単独国家内での感染)を認めるだけの証拠が存在する パンデミックとなる可能性は中~高程度 大規模の流行 ヒトからヒトへの相当数の感染(単一のWHO管区内における複数の国家での感染)を認めるだけの証拠が存在する。 パンデミックへと発展する可能性が高く、早急に大流行への計画的な対策を講じる必要性がある 世界的な大規模流行 グローバルパンデミック(世界流行)の状態。 上記の状態に加え、当初集団発生したWHO管区とは異なる管区で集団発生が確認される。 流行の消退 流行のピークは過ぎたものの、流行再燃の懸念が残る状態。 流行後 パンデミックを起こしたウイルスが通常のインフルエンザウイルスと同等の状況となった状態。 しかしパンデミックに対する警戒と備えは維持する必要がある。 パンデミックの歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年3月) ここでは感染症全般の歴史 ではなく、 『パンデミックの歴史』を記述する。 感染症によるパンデミックは古代より見られ、大きな被害を与えてきた。 には黒死病()がで大流行した。 このときの流行では当時のヨーロッパ総人口の約3分の1にあたる、およそ2500万人から3000万人もの死者を出したとされる。 16世紀にはによってもたらされた天然痘が南北アメリカ大陸で猛威をふるい、天然痘の免疫を持たなかった先住民の人口は約10分の1にまで減少した。 またこの天然痘の大流行はやといった現地の政治権力に大打撃を与え、両国の滅亡とスペインの新大陸制覇の一因となった。 からにかけてが、地域を変えつつ7回の大流行を起こした。 中国では1855年から慢性的なペスト流行が起こっていたが、1894年には香港ににその流行が拡大し、欧米への拡大が懸念されたものの、国際協力体制の元隔離検疫体制が敷かれ、香港外への流行拡大は防がれた。 これは感染症に対する国際防疫体制の嚆矢となった。 にはアメリカで(インフルエンザ)が発生し、第一次世界大戦のヨーロッパ戦線にアメリカ軍が大量に投入されたことでヨーロッパへ持ち込まれ、さらに全世界へと拡大した。 この流行は翌まで続き、死亡者は約5000万人から1億人にものぼった。 この時期は第一次世界大戦の末期にあたり、体制のもと全世界的に軍隊や労働者の移動が活発となったことがより被害を甚大なものとした。 流行は鉄道や河川といった輸送ルートを通過して海岸部の港湾都市から奥地へと拡散していった。 1980年代以降、(エイズ)の患者が全世界で増大したが、とりわけ最も感染の激しかったでは全人口の30%以上が感染した国家まで存在し 、平均寿命の大幅な減少が複数の国家で見られた。 2019年12月以降、によるがの東部のから流行し、2020年5月6日時点で全世界で約368万人の感染者と26万人弱の死者が出ている。 2020年3月11日、は「について、パンデミック相当である」との見解を示した。 「パンデミック宣言」がなされたものの実際の被害が小さくて済んだものとしては、がある。 歴史的パンデミックの年表 [ ] 発生年 主な流行地域 名称 疾患 病原体 死亡者数 備考 紀元前430年 () 不明 7万5000〜10万人 165年-180年 (: ) 未知 麻疹? または天然痘 ? 500万人 別名ガレンの疫病 アントニンペストと呼ばれる事もある 但しペストは誤認の可能性が高い 195-220年 () 腸チフス? 0万人以上 増加中 パンデミックに発展する恐れのある疾病 [ ] WHOの「」が警戒する感染症は、以下の19疾病である。 症(英:)• (SARS)• WHOのパンデミック誤警告問題 [ ] 「」も参照 WHOは、2009年に「今、すべての人類が脅威にさらされている」としてを全ての人類の脅威として警告を行った。 しかし、「全ての人類の脅威」とまで宣言された新型インフルエンザは、他の季節性インフルエンザと大差ないレベルのインフルエンザであり、被害も小さかった。 一連のWHOの誤報を重く見た欧州議会は、パンデミック宣言に至った経緯の調査に踏み出す事態となった。 ()前保健衛生委員長は、「WHOのパンデミック宣言は、偽のパンデミックであった」とし、一連のパンデミック宣言を批判した。 「その原因にはWHOの意思決定に製薬会社の意向が大きく影響しており、それが今回のパンデミック宣言につながった」として、WHOの意思決定システムを問題視している。 そのパンデミックの言葉は、医学的にも歴史的にも不適切な使用であった。 一方、世界最大規模の製薬会社である社()は、「製薬会社がWHOのパンデミック宣言に影響を与えているなどの認識は、誤りである」と、で反論している。 インフォデミック [ ] 「」および「」も参照 インフォデミック(: infodemic)とは、疫病の流行に伴うが急速かつ大量に広がって社会に混乱をもたらす状況を指す。 この概念は、誤報と闘うための取り組みの中で提唱された。 2月2日、はについて、人々が必要とするときに、信頼できる情報源と信頼できるガイダンスを得るのを困難にする情報が過剰に報告されており、正確な情報と事実に反した誤情報が混在している状況となっていることから、「 大量情報伝染(たいりょうじょうほうでんせん、: massive infodemic)」を宣言した。 このような状況下ではタイムリーで信頼できる情報に対する高い需要があるため、WHOはこれまでの慣例を破る24時間年中無休ホットラインの創設を奨励し、「コミュニケーションおよびチームが、Webサイトおよびソーシャルメディアページ()を通じて誤った情報を監視し、対応にあたっている」としている。 、、は、「『誤報(: misinformation)』について、WHOと共に取り組んでいる」と発表。 Facebookは、「大手の世界的な保健機関や地方自治体などによって、『身体的危害(: physical harm)』に繋がる誤った情報(コンテンツポリシー違反)とされたコンテンツを削除する」としている。 は2020年2月末、「新型コロナウイルスから保護することができる」と誤った主張をした100万点以上の商品を禁止し、出品停止とした。 また、過度に高額な健康関連商品の出品を数万点削除した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 14、南山堂• 435、丸善• 15、丸善• 2020年3月27日閲覧。 Gordis, Leon 2007 , Epidemiology 4th ed. , Elsevier Health Sciences, p. 22,• Krasner, Robert I. 2002 , The microbial challenge: human-microbe interactions, ASM アメリカ微生物学会 , p. 124,• 武部, 豊 2002 , PDF , 感染症週報, 感染症の話 国立感染症研究所 4 39 : 16 , 2009-05-01T15:30Z閲覧, "世界流行(pandemic)"• Lexico Dictionaries English. 2020年3月1日閲覧。 『日本大百科全書』(ニッポニカ)、「感染症」• Hopkins, Donald R. 2002 , The greatest killer: smallpox in history, with a new introduction, University of Chicago, pp. 34, 87, 89 and 91,• The Lancet 395 10228 : 931—934. March 2020. "A key issue for epidemiologists is helping policy makers decide the main objectives of mitigation—eg, minimising morbidity and associated mortality, avoiding an epidemic peak that overwhelms health-care services, keeping the effects on the economy within manageable levels, and flattening the epidemic curve to wait for vaccine development and manufacture on scale and antiviral drug therapies. Recommendations and Reports Centers for Disease Control and Prevention 66 1. 12 April 2017. 「感染症と文明 共生への道」p64 2011年6月21日第1刷 山本太郎 岩波書店• 「感染症と文明 共生への道」p85-87 山本太郎 岩波書店 2011年6月21日第1刷• 「感染症と文明 共生への道」p112-116 山本太郎 岩波書店 2011年6月21日第1刷• 「第一次世界大戦史」p202 飯倉章 中公新書 2016年3月25日発行• 「感染症と文明 共生への道」p117-121-87 山本太郎 岩波書店 2011年6月21日第1刷• 「アフリカ経済論」p195 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷• 「アフリカ経済論」p268 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷• ロイター. 2020年3月12日 2020年3月15日閲覧。 NHKニュース. 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 and E. Robin Carter 1996 Bioscience;46 2. Pollard, Chris 2010年1月13日. の2010年1月14日時点におけるアーカイブ。 2010年1月13日閲覧。 山田敏弘 2020年2月27日. ITmedia ビジネスオンライン. 2020年3月4日閲覧。 2020. UN News 2020年2月4日. 2020年2月5日閲覧。 finance. yahoo. com. 2020年2月6日閲覧。 Richtel, Matt 2020年2月6日. 2020年2月7日閲覧。 Reuters. 2020年2月1日. 2020年2月7日閲覧。 BBC News. 2020年2月28日. 参考文献 [ ]• 国際的感染症対策ネットワーク 2009 , , 世界保健機関(WHO) , 2009年7月30日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (PHEIC)• (NHKで2008年に放送されたドラマ。 但し、ドラマ内容は「パンデミック」には該当しない)• () - 多人数型オンラインゲーム『』で発生したパンデミック事件。 現実世界の流行と似ていた事から研究対象とされた。 - 感染症流行の数理モデル。 - 最初の患者となった人物。 - 通常考えられる以上の二次感染例を引き起こす者。 外部リンク [ ]• 『』 -• 『』 -• 『』 - インフルエンザ・パンデミックに関する外部リンク• WHO• 国立感染症研究所 感染症情報センター• PDF• 国立感染症研究所 感染症情報センター•

次の

「バンニング」「デバンニング」って何のことかわかりますか?

バンデ ミックス 意味

Story 05拡大する航空機市場にインパクトを与える、 まったく新しい工具、BIDEMICS誕生。 世界の空を飛びまわる翼は、ますます増えていく。 世界の民間航空機市場は、年率で約5%増加する旅客需要を背景に、今後20年間の市場規模は、約3万機、約4兆ドル程度と見込まれている。 2015年10月。 日本特殊陶業は、主に航空機のエンジン部品を、安定的、かつ、より速く切削できる工具、BIDEMICS(以下、バイデミックス)を発売し、市場を驚かせた。 これまでになかった新カテゴリーの工具開拓をなし遂げた、挑戦者たちの取り組みを追う。 勝、茂木:基礎研究、素材開発を担当。 杉本:試作品の作製・評価。 渡辺:機能評価、テスト検証を担当。 小村、豊田、黒木:量産化開発を担当。 どうせ登るなら、高い山がいい。 日本特殊陶業は、1950年代後半から切削工具事業を展開している。 耐摩耗性の高いセラミック工具や、微粒子超硬合金を活用した工具などを、次々と産業界に投入してきた。 「航空機のエンジン部品は、非常に複雑でしかも高価であり、工具の摩耗によって部品の品質に影響を及ぼすことは許されない。 強さと硬さを兼ね備え、生産効率を上げることがいつも求められる」と、リーダーの小出は、航空機産業におけるものづくりの特性を語る。 航空機のエンジンに使われる金属は、おもに耐熱合金だ。 しかも、硬度が高く削りづらい。 この特性は、切削工具にとっては難敵だ。 まず、切削工具の刃物側に削りかすが溶着しやすい。 また、溶着物が付いて剥がれる時には、微小な欠けが刃物側に生じ切削性能が低下する。 「難削材料」と呼ばれるのはそのためだ。 現在、切削工具に使われているウィスカ材の場合だと、性能劣化を起こさないために、5分おきに工具を交換しなければならないものもある。 日本特殊陶業が注目したのは、まさにこの「難削材料」を容易に削ることができる新素材、新工具の開発だ。 航空機部品の切削において、従来比、2倍以上の性能を発揮できる工具の開発を目指して、プロジェクトが発足した。 高い目標の実現のためには、まったく新しい素材が必要だった。 その開発は、勝と茂木が担うこととなった。 「航空機のエンジンは、燃費を上げるために、燃焼温度がより高くなる傾向にある。 また、エンジンの生産量も増加することが見込まれるので、生産効率のアップが必要だ。 このため、これまでの素材の改良ではなく、まったく新しい素材の開発は必須だった」。 勝たちの選択は、セラミックやサーメット、あるいは超硬といった、これまでのものとは決定的に違う原料と製法を採用することだった。 しかし、工具材料やセラミックスも含めて、従来、使われていない原料と製法の採用に対しては、「それで本当にうまくいくのか」、という声がすぐに上がった。 二人の最初の仕事は、挑戦的なアイデアを周りに理解してもらうことだったという。 「考えていた新材料や新製法を使えば、成功するだろうとの自信はあった」と、勝は言うが、実際に試作品を作り、評価し、さらに市場ニーズを取り入れていく中では、想像以上の困難もあった。 「航空機エンジン用の工具には、強さ、粘り、耐熱性、硬さといった性能がどれも高くなければならない。 何かを犠牲にして別の強さを高めることは許されない。 すべての強さを、これまで以上に上げることはかなり難しかった」と、茂木は振り返る。 また、素材レベルでさまざまな特性を検証することも、簡単なことではなかった。 この実験段階で、大量の試作品を作り、一つひとつ評価をしたのが杉本だ。 「原料の調製、焼成、加工、それこそ、数え切れない試作品を作ったと思います」と、笑う。 素材としての基本物性は、杉本の業務がなくては特定できなかった。 試作品の性能を社内で評価する作業は、渡辺が引き受けた。 「プロジェクトが発足して以来、開発スタッフが持ち込んだ無数のサンプルを評価し、その中で優劣をつけ、改良していくプロセスを見ることができたのは、楽しかった」。 彼の仕事は、プロジェクトの進行にとって、道しるべとなった。 一方、試作品を実際の使用環境の中で評価することも、重要な開発プロセスだ。 「さまざまなメーカーに使ってもらい、そこでの評価と社内評価とのギャップをなくすために、社内の評価方法を見直し、新たな評価方法を開発した。 まずは、自らの評価方法が正しいのかどうかという判断が必要だった」と、渡辺。 そこには、航空機におけるものづくりの難しさがある。 「航空機の場合、量産品の部品といっても、同じ部品が生産ライン上をずっと流れている、ということはない。 一つの部品でも、上部を削ったら今度は下を削るというように、工具はいつも異なる条件で使われている。 また、それぞれの部品の性能も違う。 したがって、工具を実際に評価することは、本当に難しかった」。 まったく新しい分野への挑戦のため、予測できないこと、予測してもその通りにならないことの連続だったが、プロジェクトメンバーたちに、ようやくゴールが近づいてきた。 メーカーでの実機を使った試験において、先方の担当者たちを驚かせるような成果をあげることができたのだ。 「メーカーさんの依頼で、試作品のバイデミックスを持ち込み、実際の加工機械にセットして部品を削ることになった」と、小出がその時の様子を語り始めた。 課題は、従来より生産性を2倍に高めるために、2倍速く削ること。 当日は、加工機械側の制約もあって、最大約1. 7倍の速度で回転させてみた。 従来は15分かかって削っていたところ、8分ぐらいで加工が終わってしまった。 しかし、試験的な加工とはいっても、部品は本物。 何百万円もする高価なものだ。 「バイデミックスは加工機械の中で回転しているので、外から見えない。 自信はあったが、先端が欠けてはいないか、設計通り削れているか、と不安を覚えたが、手に取って見るとまったく欠けていない。 自信はあったが、これほどとは」と、感動した。 ところが、メーカーの担当者たちの驚きはそれ以上だったという。 「何だこれは」「どうなっているんだ」との声に、他の担当者も集まってきた。 今までの道のりを思い返しながら、小出たちは熱く説明を続けた。 この結果は、プロジェクトメンバー全員の心をさらに燃え上がらせた。 特に、量産開発を担当していた小村と豊田、黒木は、燃えないわけがなかった。 素材開発者が作り上げたバイデミックス。 機能評価やテスト検証を経て、いよいよ量産化というプロジェクト最後の関門に、豊田と黒木たちは挑んでいった。 試作品で作ったトップ品質。 その高い性能を維持したまま、量産体制に持っていき、生産量をスケールアップしなければならない。 「当初は、絶望感しかなかった。 本来の性能が出せるものは、1,000個作って1個もなかったのだから」と、量産を担当した豊田。 何度も評価を繰り返す中、豊田と黒木は、トップ品質のものを量産する技術を開発した。 時には、開発者と意見が異なることもあったが、互いに妥協することなく、しかし同じ目標に向けて最適の生産方法を追求した。 ついに、量産化の道が拓けた。 「バイデミックスは、素材自体が今までにない材料なので、これまでとは違う方法で量産化する必要があった。 困難はあっても、まずはやってみよう。 そして、当社の将来を支えるぐらいの新しい素材を作ろう、という気持ちは全員に共通していた」。 プロジェクトの成功は、メンバーや彼らの周りの人々が同じ方向を向き、困難な時も励まし合い、支え合うという企業風土が支えていた。 失敗の中でも成功へのヒントを見つけていく。 そして、いつも前向きに挑戦を続ける。 バイデミックスには大きな可能性がある。 また、さらに進化することも期待できる。 プロジェクトメンバーたちには、すでに次の目標が待っている。

次の