平塚 七夕 まつり。 火薬の街だった神奈川県平塚市!その歴史を「旧横浜ゴム平塚製造所記念館」で学ぶ!

【朝礼ネタ】日本三大七夕まつりと言えば「仙台」「平塚」「〇〇」

平塚 七夕 まつり

湘南平塚七夕祭り2020年は、コロナの影響で中止が決定しました。 「第70回湘南ひらつか七夕まつり」の名称は来年の開催に使用します。 — 平塚市【手をつなぎたくなる街 湘南ひらつか】 hiratsukagood 気分転換にでも平塚のグルメ情報をぜひチェックしてみてくださいね。 高校が平塚だったので、平塚 is my garden!! 湘南ひらつか七夕まつりとは? 「湘南ひらつか七夕まつり」とは、戦後の復興と繁栄を願って1951年(昭和26年)にはじまった平塚商工会議所が開催する平塚の顔となるお祭り。 中心となる「湘南スターモール商店街」には10mを超す大型飾りが80本と見応えたっぷり! ベルマーレとコラボした紅谷パールロード商店街のゲート 繰り返しになりますが、やはり湘南ひらつか七夕まつりは、3,000本もの巨大七夕飾りに注目!!なんたって日本一ですよ? しかも、湘南ひらつか七夕まつりの飾りはただ綺麗なだけじゃなーい! ん?なんかよく見た顔が巨大竹飾りの中にひょっこり。 「リーチマイケル日本代表主将」「がんばれ日本 ラグビーワールドカップを応援します」などの文字と、選手そっくりの人形がくるくる回転してています! た、七夕となんの関係が??と疑問は浮かぶけれども、なんともコミカルで笑いがこぼれます。 そう、平塚の七夕飾りは世相を反映したものが多く、動いたり、光ったり、見所盛り沢山! よくみると控えめに「平塚信用金庫」の名前が。 大きな七夕飾りは各商店の提供のようですね。 毎年楽しませてくれてる地元企業に感謝です。 そうかと思えば、こちらはなぜか可愛らしいおにぎりから吊るされています。 企業だけではなく、市内の保育園、幼稚園、小学生、学童保育の子どもたちが作った七夕飾りも混じっています。 毎年異なる催し物にワクワクします。 私が見かけたのはJT主催の「ひえろば街が好きになる運動」の活動。 ごみ拾いのボランティアイベントで、七夕まつりに訪れた人が気軽に参加していました。 織り姫と音楽隊パレード さて、七夕まつりの見どころはもう一つ。 それは「織り姫と音楽隊パレード」です。 うさみみ 2019年の小学生の女の子の流行りは「うさみみぴょんぴょんハット」でした。 ジモハッカーなら要チェックですよ! 迷子やトラブル防止にも神奈川県警の皆さまが巡回してくれているであります!敬礼っ! アクセス・交通規制 七夕まつり会場は、北口商店街全域になります。 中心となるのは「湘南スターモール商店街」と「紅谷パールロード商店街」の2つの通り。 まつり会場は北口からと徒歩2分内の距離なので、電車がおすすめです。 この期間は通常と異なり、七夕まつり専用の臨時改札(出口専用)も出現! 車をご利用の方は、七夕まつり開催中は 会場周辺の道路は全面交通規制となるのでお気を付けください!! 一般車両用の無料臨時駐車場が相模川河川敷に開設されますが、会場からは遠い位置です。 ただし、駐車場と平塚駅南口の間にシャトルバスが運行されるのでご安心ください。 最後に 「湘南ひらつか七夕まつり」が開催される7月上旬というのは、実は梅雨が明けきらず、雨になりやすいことでも有名です。 昨年の取材日(2019年7月6日)も、途中からぽつぽつぽつ…。 しかし、七夕に降る雨は「酒涙雨(さいるいう)」と呼ばれ、織姫と彦星が出会えたことによる「嬉し涙」が由来とされています。 小雨でも湘南ひらつか七夕まつりは実行しますので、2020年も楽しめるといいですね!.

次の

日本三大七夕まつりとは、仙台、平塚そして3つ目はどこ?

平塚 七夕 まつり

概要 [ ] 開催日程は年度によって微妙に異なるものの、2007年まではと土日を挟んだ前後数日間に行われることがほとんどであった。 2008年は7月4日~7月7日まで開催し、2009年からは最終日を日曜日にするため7月第一木曜から4日間の開催になったため、開催日が7月7日に被らない年も出てくるようになった(例:2009年は7月2日(木)~5日(日)の開催)。 7月開催の由来は、当時は新暦による開催地がなく注目度が増加することや、飾り物が旧暦の開催地に対し譲渡できる利点がある事などを、平塚市第7・8代市長のが自著で述べている。 ただし、例年が明けきっていないため雨天になりがちで、観客動員上問題視する向きもある。 実際、2015年は開催期間中の全日程で雨天に見舞われた。 2011年以降は東日本大震災の影響等による安全対策優先のため、開催日程・エリア等の規模を縮小し、開催期間が7月第一金曜から3日間となった。 特に2011年は節電対応のため夜の七夕飾り点灯が中止された。 七夕飾りは市全体で約3,000本、湘南スターモール(旧本通り)には大型の竹飾りが83本飾り付けられている。 七夕飾りは各商店が費用を負担しているため、展示規模の縮小化が懸念されている。 一方、市民の竹飾り参加が近年顕著となっている。 吹流しなどにがなされており、昼間とは違う雰囲気が楽しめる。 仙台七夕の飾りは和紙で作られていて電飾がなされておらず、深夜は片付けられるのに対し、平塚の飾りはソフトビニール製で電飾がなされており、夜も楽しめるところが異なる。 歴史 [ ] 中、平塚市にはがあったため、7月ので焼野原となり、終戦後の7月に復興まつりが開催された。 その後、平塚、および、平塚市商店街連合会が中心となり、のを模範とした第1回「平塚七夕まつり」が7月に行われた。 とには「平塚七夕音頭」が発表された。 回数を重ねるごとに規模が拡大していき、の第7回平塚七夕まつりからは、当時の市長である戸川貞雄の方針により平塚市の主催となった。 の第23回平塚七夕まつりでは、駅ビル建設問題などの諸問題から平塚市がいったん開催中止を宣言した。 しかし、「伝統の火を消すな」と有志が立ち上がり、商工会議所が開催している。 の第43回から現在の「湘南ひらつか七夕まつり」との名称となった。 平塚駅周辺の都市整備により、2005年より開催期間が5日から4日に縮小された。 更に2011年以降は東日本大震災の影響等による安全対策優先のため開催期間が3日間となり、主催が湘南ひらつか七夕まつり実行委員会となっている。 なお、七夕まつり実行委員会は平塚市と平塚商工会議所が合同で組織している。 2020年4月2日、の拡大を受け、この年の七夕まつりの中止が決定された。 イベント [ ] 本祭3ヶ月前• 湘南ひらつか織り姫セレクション(~)• ~は七夕コンテスト、~は湘南ひらつか織り姫夕コンテスト、は湘南ひらつか織り姫選考会で、本祭1ヶ月前に開催されていた。 中心市街• 七夕飾りコンクール(昼の部と夜の部に分けて行われる)• 市内各地• 織り姫市中訪問• 七夕飾りコンクール(地区別) 2014年までは市民センターでもキャラクターショーや公開録音、公開録画など催しが行われていたが、耐震診断の結果は使用不可となった。 各みどころ [ ]• 紅谷町まちかど広場 市内保育園、幼稚園、小学生、学童保育などの七夕飾りが掲出される。 湘南スターモール(旧東海道本通り)・紅谷パールロード(平塚市道南町通り線の東半分) 数百メートルに渡って様々に趣向を凝らした竹飾りが展示されている。 慣習的に飾りの下を結ぶ観光客も多い。 大小さまざまな飾り物がある。 プラザロード(平塚市道海岸南中線)・紅谷Beロード(平塚市道南町通り線の西半分)他 露店が建ち並ぶエリアとなっている。 かつては明石町通りも交通規制されて露店通りとなっていたが、以降は交通規制の対象から外れた。 四季の広場(平塚駅北口交差点角) の生放送が時々行われ、創作太鼓の演奏や歌手のステージなどが行われる。 見附台広場 露店の出店と、ステージイベントが行われる。 かつてはひらつか市民プラザ前にステージがあり、FM湘南ナパサの生放送が行われていた。 アクセス [ ]• 北口または西口北側を出ると七夕まつり会場に出られる。 ・・から平塚駅行バス利用、終点・平塚駅北口下車• 平塚駅周辺では七夕まつり交通規制による迂回運行があるため、バス路線によっては終点より手前で降りることで七夕まつり会場により早く着ける可能性がある。 この他、河川敷に臨時駐車場が開設され、臨時駐車場利用者のために~平塚駅南口間でシャトルバスが随時運行される。 ギャラリー [ ]•

次の

カラオケ ビッグエコー平塚本店

平塚 七夕 まつり

新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが中止や延期を余儀なくされるなか「湘南ひらつか七夕まつり」の開催可否の判断も迫られている。 落合克宏市長は25日、「通常の開催は難しい」との見解を示した。 きょう2日に開かれる実行委員会で対応を協議する。 本日2日の実行委で協議 平塚を代表する七夕まつりは、戦後復興祭を引き継ぎ、1951年に第1回目を開催した。 以来、1度も中止することなく今年は70回目の節目だった。 東日本大震災が発生した2011年は中止も検討されたが、規模を縮小するなどして開催にこぎつけた。 しかし、新型コロナウイルスの影響で今夏の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の延期が決定。 落合市長は25日の記者会見で「通常の開催は難しい」と七夕まつりの開催可否について初めて公の場で言及した。 通常以外の開催について「想定できない」としていることから中止の公算が大きい。 落合市長は4月2日に実行委員会(福澤正人委員長)を開き、話し合いで対応を決めることを明言。 「来場者、市民の安全確保が第一。 状況にそった形で考えてもらいたい」と述べた。 昨年の七夕まつりは、7月5日〜7日の日程で開かれ、3日間で延べ155万人が来場した。 関係者は「不特定多数の来場者の往来があり、密着状態が生まれてしまう。 飲食も伴う祭りなので開催するのは難しいのでは」と話す。 今年は7月3日〜5日の日程で開催することが決まっていた。 準備も進んでおり、「織り姫」は応募受付が終了しセレクションを実施する予定だったがコロナで延期に。 市民飾りやボランティアの募集は現在も受け付けている。

次の