ご了承いただけますと幸いです 英語。 「ご承知おきください」意味、使い方、類語「ご了承」との違い、英語

「ご了承ください」 英語のメールでどう書く?【4】

ご了承いただけますと幸いです 英語

(2)納得し、了承すること。 「ー事項」 (新選国語辞典 より) りょうかい【了解】【諒解】 (1)事情を思いやって納得すること。 理解すること。 のみこむこと。 「事情をーする」「ーできない」 (2)〔ドイツ Verstehen〕ディルタイの用語。 文化を生の表現とみて、その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。 (大辞林 より) 考察:了解について ビジネスでは敬意が含まれない言葉とされる年代もいるのでご用心。 「目上(上司)の人」が「目下(部下)の人」に対して使う。 または、「(気心のしれた)同僚同士」で使う。 感覚値としてですが第二次ベビーブーム年代以前のご年代の方々に多いような。 他動詞:(1)聞きいれること。 「その条件ではーできない」(2)知っていること。 (新選国語辞典 より) しょうち【承知】 (1)知っていること。 わかっていること。 「いきさつはーしております」 (2)聞きいれること。 承諾すること。 「解約の件はーできない」 (3)許すこと。 多くの否定の形で「許さない」「勘弁しない」の意を表す。 「そんなことをしたらーしないぞ」 (大辞林 より) 考察:承知について ビジネスにおいて一般的。 「目下(部下)の人」が「目上(上司)の人」に対して使う。 「 かしこまりました」としてもよい(個人的にはこちらが無難かと)。 謙虚な上司は部下に対して使うこともある。 しかし、部下との上下関係を明確にしバランスが取れないようであればNG。

次の

ご了承くださいって英語でなんて言うの?

ご了承いただけますと幸いです 英語

「ご承知おきください」の意味・使い方 「ご承知おきください」の意味は「あらかじめ知っておいてください」 「ご承知おきください」の意味は、 「あらかじめ知っておいてください・ご理解ください」となります。 「承知」には、「事情などを知ること」「依頼を聞き入れること」「相手の事情を理解して許すこと」といった意味があります。 「ご承知おきください」の「〜ておく」という表現は、「前もって何かをする」「そのままにする」という意味があります。 「ご〜ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語で、「ください」は丁寧語になります。 「承知」は謙譲語の「承る」という文字が含まれているため、謙譲語だと思いがちですが 実は謙譲語ではありません。 「ご承知おきください」は「(これから行うことについて予め)承諾しておいてください・ご理解ください・そのための準備をしておいてください」といった意味合いになります。 「ご承知おきください」は尊敬語だが、目上の相手に使うのは不適切! 「ご承知おきください」は、「(その事を)知っておいてほしいとお願いをする場合」と「(その事を)すでに知っているということを示す場合」に使います。 「ご承知おきください」は文法的に正しい表現であり、尊敬語になります。 しかし「ご承知おきください」は「知っておいてください」といった意味です。 目上の人に対して、目下の者が「知っておいて」というのは 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 したがって、 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 また「承知」に謙譲語「承る」の「承」が含まれているため、「承知」は謙譲のイメージが強い言葉になってしまいます。 謙譲語は自分を謙って相手に敬意を示す敬語なので、 相手の動作に対して使うのは誤りで失礼にあたります。 目上の相手にふさわしい敬語表現の言い換え・類語 「お含みおきください」は「ご承知おきください」の代わりに使える 「含みおく」は 「心に留めておく」「ある状況を考慮に入れる」「念頭におく」という意味です。 つまり、 「お含みおきください」は、「(相手に対して)事情をよく理解してください」「心に留めておいてください」という意味になります。 「お含みおきください」はお願いをするときによく使われる表現です。 「含みおく」のみであれば「自身の内に秘めておく」という意味合いになり、自分自身に対しても使うことができます。 これが「お含みおきください」となると、「心に留めておいてください」といった意味合いで、相手に 念を押すようなニュアンスが含まれます。 「お含みおきください」のみでも十分意味は伝わりますが、 「お含みおきくださいますようお願い申し上げます」「お含みおきくださいますと幸いです」などとすると、より丁寧な表現になります。 「お含みおきください」は尊敬語「お」+丁寧語「ください」で成り立っているので、目上の相手に対して使うことができる言葉です。 「ご承知おきください」は「お含みおきください」に言い換えることができます。 また「お含みおきください」には、 「公にできない事情があるからどうか察してください」という意味もあります。 「お含みおきください」は使い方によっては、曖昧もしくは内密な依頼や失礼なお願いだと受け取られてしまう可能性があります。 相手に不快感を与えるような言い方にしないよう気をつけましょう。 ・明日より1ヶ月入院のため不在になりますことをお含みおきください。 ・本日は大雨の影響により、運行状況が悪くなっております。 目的地までの所要時間がいつもよりかかりますことをお含みおきください。 注文はネットでお受けできますが、商品の発送は休業明けになるのでお含みおきください。 「何卒お願いいたします」は「お願いします」と思う気持ちをより強く表す 「何卒(なにとぞ)」は、 「どうにかして」「なんとかして」という意味合いで、相手に対して強く願う気持ちを表しています。 「何卒」は、「どうか」「どうぞ」よりも改まった言葉です。 時代劇などで、「何卒!」と目上の人物に懇願しているシーンがありますが、現在では「何卒」単体ではあまり使われなく、後に「よろしくお願いいたします」などといった言葉を付けます。 「何卒」は、公式の場における挨拶やスピーチ、手紙やビジネス文書でよく用いられます。 「お願いします」と思う気持ちをより強く表したい時に、「何卒お願いいたします」と使うことができます。 「何卒お願いいたします」は、丁寧な表現のため目上の相手に対して使うことができ、お願いや依頼をした後の締めの言葉として使うことがほとんどです。 ただ「どうか何卒お願いいたします」「どうぞ何卒お願いいたします」などと、「何卒」と「どうぞ」「どうか」は一緒に用いることはできないので気を付けましょう。 ・恐れ入りますがご理解のほど何卒お願いいたします。 ・今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒お願いいたします。 ・お忙しいところお時間を頂戴できますことを深く感謝申し上げます。 明日の会議につきまして、何卒お願いいたします。 「ご了承願います」は相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回し 「ご了承願います」は自分が行ったことに対して、 「納得してください」「受け入れてください」という気持ちが含まれた表現です。 「ご了承願います」は、 尊敬語の「ご」+「承諾する」を意味する「了承」+「願う」の丁寧語「願います」が組み合わさった表現です。 「ご了承願います」は「どうかご理解いただき、受け入れてくださいますようお願いします」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しです。 「前もってこちらの主張を受け入れてもらいたい、何かあっても悪く思わないでほしい」という意味が含まれます。 「ご了承願います」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 「ご了承願います」は、口語だけではなく、メールやビジネス文書などでもよく使われます。 ただ「ご了承ください」も尊敬語となりますが、単体で使うと一方的に相手に承諾することを強要するようなニュアンスになる可能性があります。 目上の相手や取引先などに対して使う場合は、 「ご了承願います」「ご了承のほどお願い申し上げます」といった丁寧な表現が適しています。 ご了承願います。 ・ご依頼の件につきましては貴意に添いかねることになりました。 何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。 予めご了承くださいませ。 ・参加希望者が殺到しているため、応募を締め切りさせていただくことがあります。 ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 「ご容赦ください」の意味は「過失に対して大目に見て欲しい」 「容赦(ようしゃ)」は 「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦ください」といった場合は、「過失に対して大目に見て欲しい」という意味になります。 「ご容赦ください」は、自分の失態に対して相手に「どうか許してください」というお願いを込めて使います。 「ご容赦」は「ご了承」とよく似た言葉ですが、意味は大きく違います。 「ご了承」は「こちらの言い分について理解して受け入れてください」という意味に対して、 「ご容赦」は「こちらの過失について強く反省しているので許してください」という意味になります。 また「ご容赦」には、 相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 ・当時は混雑が予想されるので、お車でのご来場はご容赦ください。 ・こちらは数量限定商品のため、数に限りがございます。 売り切れの際はご容赦願います。 ご理解の上ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 「ご承知おきください」の他に使うべきではない言い回し 「お知りおきください」は上から目線に感じられることがある 「お知りおきください」も正しい文法の敬語表現です。 しかし「ご承知おきください」と同様に「知っておいてください」といったことを目上の人に対して使うと 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 目下の者が、目上の人に対して「知っておいて」ということ自体が失礼にあたります。 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 「ご了解ください」も上から目線に感じられることがある 「ご了解ください」も正しい文法の敬語表現です。 しかし「ご承知おきください」などと同様に、目上の人に対して「了解しておいて」と言っていることになります。 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 「了解してほしい」ことを伝える場合は「ご了承のほどお願い申し上げます」などと使うようにしましょう。 その他の間違いの多い目上の人に使う敬語表現 敬語は相手に敬意を示すときに使う言葉です。 しかし敬語を間違った表現で使ってしまうと相手に失礼な印象を与えてしまいます。 そこで間違って使うことの多い敬語の正しい表現について紹介します。 「させていただく」という表現は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「させていただく」は、文化庁では「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが適切であるとしています。 つまり、 「〜させていただく」は、相手からの要望があった場合にのみ使うことができる表現なので、相手から頼まれていないときに使ってしまうと失礼に当たります。 しかし相手にいちいち許可をとっているか確認することは難しいです。 そこで代わりに使うことができるのが、 「〜しております」「〜いたします」という言葉です。 「〜しております」は、行動が継続・進行していることを表す丁重語になります。 「〜いたします」は、「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」で成り立つ丁寧な表現になります。 「〜しております」「〜いたします」は相手に許可を得ている、得ていないと関係なく使うことができるので非常に便利に使える言葉です。 「取り急ぎ」は急用でも失礼のないように用件を伝えられる言葉で、簡略化した言い回しでもあります。 「取り急ぎ」は、「十分な対応や準備は整っていないけれど、特に急ぐべきこととして」という意味になります。 「取り急ぎ」は「準備が整っていない」という意味を含むので、本来目上の相手に対して使うには失礼に当たります。 「取り急ぎ」を「まずは」と言い換えることによりフォーマルな印象になり、「申し上げます」は「言う」の謙譲語なので、自分を謙った表現になります。 「どうしますか」は日常会話で使用する際は問題ありませんが、ビジネスシーンで使うとなると軽い表現に聞こえてしまいます。 「どうしますか」をビジネスシーンで使うときは、 「いかがでしょうか」「いかがなさいますか」と言い換えます。 「いかがでしょうか」の「いかが」は、成り行きや結果を危ぶむさまを表す形容動詞で、「でしょうか」は「だろうか」の丁寧な表現で、また「いかがなさいますか」の「なさる」は「する」の尊敬語になります。 「どうしますか」は相手に疑問をそのまま聞いているようなイメージですが、「いかがでしょうか」は、 相手に改まって尋ねるというイメージです。 目上の相手に対して使うには「いかがでしょうか」が適切な表現になります。 「了解」という言葉は、尊敬語でも謙譲語でもないので、同等もしくは目下の者に使うようにしましょう。 「了解しました」は「了解」+「しました」で丁寧な言い方になりますが、軽い印象を与えてしまうため、目上の相手に「了解しました」と使うのは失礼にあたります。 「了解」「了解です」も然りです。 目上の相手に使ってはいけない言葉ですが、親しい間柄であれば目上の者に使っても許される場合があります。 目上の相手に対して使えない「了解しました」の代わりに使えるのが、 「かしこまりました」になります。 「かしこまる(畏る)」は「つつしんで目上の人の言葉をお承る」という意味の謙譲語です。 「相手の言ったことを理解し、その言葉に従う」という意味になります。 「かしこまりました」は、謙譲語「畏る(かしこまる)」+丁寧語「ます」なので丁寧な言葉になります。 「かしこまりました」は丁寧な表現なので、主にお客さまや取引先などに対して使用するのが良いです。 「かしこまりました。 「参考になる」には、 「自分の考えの足しにする」「相手を評価する」というニュアンスが含まれます。 また「参考になりました」は相手からすると、「参考になる程度だったのか」と思われてしまう可能性があります。 そこで「参考になりました」の代わりに使えるのが 「勉強になりました」になります。 「勉強」は、「良い経験となった」「役に立った」という意味です。 つまり、 「勉強になりました」と言うことで、「学ぶことができて感謝申し上げます」という意味合いを強く表すことができます。 また、「今回こうしてアドバイスを受けることができ大変勉強になりました。 今後に役立てたいと思います」といったように、助言のおかげで知識が身についたことや、今後の活動に活かして行きたいといった旨を伝えることで相手に好印象を与えることができます。 「ご承知おきください」の英語表現 「ご承知おきください」の英語表現を見ていきましょう。 ビジネスシーンなどでフォーマルに「知っておいてください」と言うときに最適な表現は、 ・Please note that... をご承知おきください) ・We hope you understand that... などになります。 この「note」は学習ノートのノートではなく、動詞で「... を覚えておく」を意味します。 その他にも、もう少しカジュアルな表現ですと、 ・Please keep in mind that... ・Please be aware that... 日常会話で使う程カジュアルな表現だと、 ・Give a thought. (ちょっと考えておいてよ) ・Just think about it. (同上) それでは例文です。

次の

「アドバイスをください」の英語は?上司に助言を求める表現9選!

ご了承いただけますと幸いです 英語

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の