ソフトバンクエアー ターミナル。 ソフトバンクエアーの最新機種Airターミナル4に交換する方法!|ソフトバンクエアー丸わかりガイド

ソフトバンクエアーのAirターミナル本体には補償があるのですか?|ソフトバンクエアー(SoftBank Air)キャッシュバックキャンペーン

ソフトバンクエアー ターミナル

ソフトバンクエアー3とは 通常、自宅でインターネットをしようと思ったとき、光ファイバーやADSLといった線を自宅に引き込む工事などが必要で面倒ですよね。 しかし、ソフトバンクエアーの場合は線を利用せず、 ソフトバンクの電波を利用するため工事が必要なく、Airターミナルと呼ばれる機種をコンセントにさすだけでWiFi環境になります。 そのため、インターネットに詳しくない人でも簡単に設置できるため人気があるインターネット接続サービスの一つです。 機種(Airターミナル)について ソフトバンクエアーというインターネット接続サービスを利用する際に設置する機種は「Airターミナル」と呼ばれています。 現在、Airターミナル、Airターミナル2、そして最新のAirターミナル3があります。 Airターミナル3という機種が最新であるため「ソフトバンクエアー3」と呼んでいる人もいます。 AirターミナルとiPhoneの比較 上記写真のようにAirターミナル3とAirターミナル2は、縦長の機種でiPhoneと比較してもそれほど大きくない機種だということが解ります。 Airターミナル3とAirターミナル2の違い 最新のソフトバンクエアーの機種は「Airターミナル3」です。 しかし、 「Airターミナル3」と前の機種である「Airターミナル2」と 見た目はまったく一緒なので違いが解らない人も多くいます。 Airターミナル3とAirターミナル2は見た目が一緒 上記写真はAirターミナル3かAirターミナル2か解る人はいないと思います。 何故かというと 見た目がまったく同じで区別がつかないからです。 では、ソフトバンクエアー3と一般的に言われている機種「Airターミナル3」と前機種である「Airターミナル2」はどこが違うのでしょうか? 通信方式が若干違う 見た目が一緒である「Airターミナル3」と「Airターミナル2」ですが仕様表を見ると 通信方式に少し違いがあるようです。 通信方式に少し違いがある 仕様の通信方式の箇所を比較して見てみると、ソフトバンクエアーの最新機種「Airターミナル3」だけ、TDD-LTE(3. 5GHz)が表記されています。 5GHz)• 5GHz)、 TDD-LTE(3. 5GHz) 出典: 簡単に言えば、Airターミナル2はAXGP(2. 5GHz)という通信方式を利用しますが、Airターミナル3はAXGP(2. 5GHz)に加えてTDD-LTE(3. 5GHz)という通信方式も利用するということです。 これに関しては 意味を理解しなくてもいいです。 「どちらの機種にしますか?」と尋ねられてら最新の「Airターミナル3」にすればいいだけです。 以下、読み流してもOKです。 AXGPという通信方式はソフトバンクが買収したPHSを提供していたウィルコム社が2. 5GHz帯を用いて独自の通信方式XGPでサービス提供していた「次世代PHS」と呼ばれていた通信方式です。 高速で広範囲で利用できる通信方式と言えるでしょう。 一方、Airターミナル3でも利用する通信方式TDD-LTE(3. 5GHz)は、LTEと呼ばれる次世代通信方式の一種です。 とても高速である通信方式なのですが壁など障害物に反射してしまうので地下などでは繋がりにくい特徴があります。 通信速度が違う 「Airターミナル3」と「Airターミナル2」の違いで最も解りやすいのが速度です。 通信速度が違うAirターミナル3とAirターミナル2 通信速度を見てみるとAirターミナル2は下り最大261Mbpsに対して、Airターミナル3は下り最大350Mbpsです。 この数値が多いほど速度が早いことを示しています。 ということは、 Airターミナル2よりも Airターミナル3の方が速度が速く出るということです。 出典: ただ、絶対350Mbpsの速度が出る訳ではありません。 システム上の最大速度の数値であり、利用する場所や環境、時間帯によって速度は異なります。 下り最大350Mbpsで利用できる場所は少ない Airターミナル3は下り最大350Mbpsの速度が出るので、Airターミナル2よりも速度が速いように見えますが、 実は 下り最大350Mbpsで利用できる場所はまだまだ少ないのが現状です。 東京都でも下り最大350Mbpsで利用できる場所は数少なく、これから整備されていく段階なので、正直Airターミナル3もAirターミナル2も使用感はあまり変わらないのではないかと思います。 その他の仕様は同じ 通信方式と通信速度では若干の違いがあるソフトバンクエアーのAirターミナル3とAirターミナル2ですが、 その他はまったく同じ仕様になっています。 通信方式と通信速度以外は同じ仕様 出典: 見た目が同じだけに、サイズと重さはまったく同じです。 また、Wi-Fiや最大接続数も同じですよね。 まとめ 通称ソフトバンクエアー3と呼ばれているソフトバンクエアーの端末「Airターミナル3」と前機種の「Airターミナル2」を比較してみましたがいかがだったでしょうか? 通信方式と通信速度以外はまったく同じであることがお解りいただけたと思います。 速度に関しては「Airターミナル3」の方が下り最大350Mbpsと速いですが実際に利用できる場所は日本中探してもあまりないのが現状なので、正直「Airターミナル3」も「Airターミナル2」もほぼ同じと言っていいでしょう。 もし、ソフトバンクエアーを申し込む際、どちらかを選ばなくてはならなくなった場合は最新機種の「Airターミナル3」を選んでおくとよいでしょう。

次の

騙されるな!ソフトバンクエアー「ターミナル4」と旧機種の速度・料金・評判を徹底比較

ソフトバンクエアー ターミナル

まずは、Airターミナルのランプ状態を確認する ソフトバンクエアーが故障したかな?と感じた場合、まずはAirターミナル本体のランプの状態を確認しましょう。 先にランプの状態を確認する事で、場合によってはすぐに改善するケースがあります。 もしその場で改善しなくても、後にソフトバンク側に故障症状を申告する時に、故障の内容や原因を特定するために非常に重要な情報となります。 仮にこの段階で、 充電ランプが点灯しない、電源が入らないという場合は、本体故障の可能性が考えられます。 その場合は、「 SoftBankインターネットサポートセンター」へ直接問い合わせる必要があります。 後述します。 Airターミナルのランプの状態は、色や点滅によってシグナルが異なります。 この状態で接続できない場合は、 スマホやパソコン側のインターネット接続設定に何らかの問題がある可能性が考えられます。 そのままお待ちください。 電波の良い場所にAirターミナルを移動してください。 電波の良い場所にAirターミナルを移動し、SIMカードの抜き差しを行ってください。 SIMカードの金属面に指紋等が付着しないようご注意ください。 そのままお待ちください。 有線接続のみ利用する場合はこのままで問題ありません。 Wi-Fi機能を有効にするには、Airターミナルを初期化することで改善する場合があります。 ソフトバンクエアー問い合わせ先に連絡しましょう。 上記のようなランプの状態であれば、異常箇所の改善方法に従って対処しましょう。 もし、これらの対処で改善した場合は、Airターミナルの故障ではなく、一時的な不具合であった可能性が考えられます。 しかし、上記の問題が何度も頻発している状況であれば、本体事態に故障や異常がある可能性も考えられます。 不安な場合は、ソフトバンクエアーの問い合わせ先に連絡し、相談してみるのもいいかもしれません。 ちなみに、前回メルカリで購入したAirターミナル4に契約中のソフトバンクエアーの SIMカードを入れて使えるのか試してみました。 つまり、インターネットはできない状態で、電波をつかめていないということです。 ソフトバンクエアーは、SIMカードとAirターミナルが紐づいているので、別のSIMでは使えない、ということですね。 このように、故障ではなくても正しくない利用をすると、正しい点灯にならず利用ができないのです。 Airターミナル本体の電源を再起動する ソフトバンクエアーの調子が悪い場合、Airターミナル本体の電源を再起動することで改善する場合があります。 とはいっても、Airターミナルにはそもそも電源ボタンがありません。 本体を再起動したい場合は、電源プラグをコンセントから一度抜くことで電源を切ることが出来ます。 電源プラグを抜いたまま1分程度放置し、端末内の電気を外に逃がしてあげます。 その後、再度電源プラグをコンセントに差し込んで本体を起動させます。 軽微な不具合であれば、この手順で症状が改善される可能性があるため、試してみましょう。 SIMカードを抜き差ししてみる ソフトバンクエアーの調子が悪い原因として、SIMカードが認識されていないという可能性も考えられます。 ソフトバンクエアーは、Airターミナル本体が端末内に挿入されたSIMカードを認識して、はじめて電波をキャッチし、通信できる仕組みです。 そのため、衝撃や汚れなどが要因となり、SIMカードが認識できなくなるケースもありえます。 対策としては、一度SIMカードの抜き差しをしてみましょう。 実際にSIMカードを抜き差しする前には、まずはAirターミナルの電源を切った状態にしておきましょう。 AirターミナルのSIMカードのスロットは本体の底面にあります。 「 SIM CARD」と書かれているカバーを開けて、挿入されたSIMカードを爪を使って軽い力で奥にぐっと押しこむと、nano SIMカードが手前に跳ね返って姿を現します。 丁寧に扱いましょう。 本体から引き抜いたSIMカードの金属面を、柔らかいクロス メガネ拭きのような素材 で丁寧にふき取り、再度SIMカードをAirターミナル本体に挿入しなおします。 SIMカードの切り欠きを右奥の位置に合わせ、正しい向きで挿入しましょう。 最後にAirターミナルの電源を付け直して完了です。 SIMカードの認識不良が原因の場合、この方法で症状が改善する可能性があります。 ソフトバンクエアーの保証は契約内容によって異なる ソフトバンクエアーの保証はAirターミナルの契約方法によって異なります。 まず、Airターミナルが故障して交換対応することになった場合は、基本的に 16,000円の費用が必要となり、故障時は修理ではなく 同等品との交換対応となります。 また、Airターミナル本体に破損・水濡れなどが無い外観がきれいな状態で「電源が入らなくなった」「ランプがつかなくなった」などの故障は 自然故障と呼ばれおり、 自然故障に限っては契約内容によって故障時の交換費用が異なります。 自然故障と自然故障以外の場合に必要な交換費用は以下の通りです。 Airターミナルの契約方法 自然故障時の費用 ( 1年未満) 自然故障時の費用 自然故障以外の費用 購入の場合 無料 16,000円 16,000円 レンタルの場合 無料 無料 16,000円 表の通り、Airターミナルを「購入」している場合は、自然故障発生時の交換費用として 16,000円必要です。 一方、Airターミナルを「レンタル契約」している場合は、自然故障発生時の交換費用は 無料となります。 なお、Airターミナルは購入から 1年間は製品保証がついており、レンタル契約・購入問わず、 1年未満の自然故障は無償で交換対応してもらえます。 とはいっても、故障時に必要な費用はソフトバンク側の判断となるため、ここまでの情報はあくまで目安金額です。 故障発生時は、すみやかにSoftBank Airのテクニカル窓口に相談しましょう。 ソフトバンクエアーが故障したときの問い合わせ先 万が一、Airターミナルが故障した場合の問い合わせ先について確認します。 Airターミナルが故障した場合は、ソフトバンクエアーの電話サポートへ連絡してオペレーターに対応してもらうことが出来ます。 SoftBank インターネットサポートセンター 0800-1111-820 通話料無料 受付時間10:00~19:00 上記の電話番号へ電話をすると、まず自動音声ガイダンスが流れます。 ちなみに、オペレーターに繋がるまでに少々時間がかかる場合もあります。 ある程度時間の余裕をもって電話をしましょう。 オペレーターへ繋がったら、現在の故障の症状を具体的に伝えしましょう。 症状を申告し、オペレーターがAirターミナルの故障と判断した場合は、本体交換対応が進みます。 Yahoo! BB基本サービス(プレミアムプラン)のあんしん補償で永久保証 ソフトバンクエアーのAirターミナルには、もともと1年間の製品保証がついているのですが、それとは別に任意で補償に加入することが出来ます。 その補償が、Yahoo! BBが提供している「Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)」に付帯する特典の、 あんしん補償というサービスです。 Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)に加入すれば、1年間の製品保証とは別に、あんしん補償という名の 永久補償をつけることが出来るわけです。 あんしん補償の詳細は以下の通りです。 Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)のあんしん補償 概要 Airターミナルに故障やトラブルが発生した場合、同じ機器と無償交換してくれる永久補償サービス 補償内容 水濡れ・落雷・破損・全損・その他故障・盗難・紛失時に、同一機器と交換、または郵送してもらえるサービス Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)月額料金 月額 800円 1〜25カ月目は500円 利用回数 回数無制限 補償期間 Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)に加入している間は永久補償 あんしん補償は、水濡れ・落雷・全損時でもAirターミナルを無償交換してくれます。 また盗難や紛失の際もAirターミナルを送ってくれる補償です。 ただし、 前回の補償から6ヶ月以内の場合や、未返却の故障端末がある場合は適用不可となる点は注意が必要です。 なお、「プレミアム」プランの契約期間は2年間(「プレミアム」プランの課金開始日の属する月を1ヵ月目として24ヵ月目の末日まで)です。 「プレミアム」プランにて、解約の申し出がない場合、さらに2年間を契約期間として更新します。 「プレミアム」プランにて契約満了月以外で解約した場合、または契約満了月以外で「プレミアム」プランから「スタンダード」プランに変更した場合、 3,000円の解除料が必要です。 つまり、Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)はオプションサービスとしては珍しい 2年縛りがあるサービスなのです。 Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)は加入した方が良いか? Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)のあんしん補償は、充実した補償内容ではありますが、サービス料として 毎月800円の月額料金が発生するのは少々もったいないように感じます。 なぜなら、ソフトバンクエアーはレンタル契約していれば、そもそもAirターミナルの故障時費用が無償な上、レンタル料金は毎月490円だからです。 もちろん、Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)は端末補償以外にも、Yahoo! ショッピングのポイント還元が増額したり、ネットのお買い物を補償してくれるサービスなどの付加価値が大いにあるのも事実です。 しかし、個人的には、Airターミナルの補償を手厚くしたいなら、月額800円のYahoo! BB基本サービス(プレミアム)に加入するよりも、月額490円でAirターミナルをレンタル契約した方が年間3,720円も得で、十分安心な選択だと考えています。 レンタル契約は「保証つき」という考え方 ソフトバンクエアーのレンタル契約は、故障しても自然故障時の修理代金が必要ありません。 毎月490円のレンタル料金を払っておけば、万が一の自然故障時・修理費16,000円がかからないわけです。 ということは、Yahoo! BB基本サービス プレミアム に毎月800円で加入するよりも、レンタル料490円を支払い続けることで、端末本体の保険と代わりになるという見方も出来ます。 ソフトバンクエアーをこれから契約するユーザーにとって、Airターミナルを購入するか、レンタル契約するかという判断基準に、毎月の金額差もあるかもしれませんが、 レンタル契約は交換時の費用がかからないという付加価値も、選択の判断材料になるでしょう。 Airターミナルの故障リスクは極めて低い? ここまで確認してきた通り、Airターミナルの故障が発生した場合の費用は理解できたと思います。 レンタル時の自然故障を除いて 有償対応となり、16,000円という高額な交換費用が必要となります。 そこで登場するのが、 あんしん補償です。 ただ、あんしん補償を使うには毎月800円の月額料金が発生する Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)に加入する必要があり、2年間で19,200円も発生すると考えれば決して安い金額ではありません。 万が一の備えとして、Yahoo! BB基本サービス プレミアム のあんしん補償に加入しておく、という選択肢もありますが、 そもそもAirターミナルを故障するリスクはどれくらいあるのでしょうか。 基本的に、宅内の固定された場所に設置しておくのであれば、本体を移動させる回数も少なく、同時に故障が発生するリスクも限りなく少ないと考えられます。 また、落下や水濡れしにくい安定した場所でAirターミナルを利用すれば、故障するリスクは限りなくゼロに近づけることが出来ます。 いずれにせよ、ソフトバンクエアーを安心して利用できる環境を整えて、思う存分インターネットを利用しましょう!.

次の

ソフトバンクエアーは売れない!解約と処分方法を解説します!

ソフトバンクエアー ターミナル

1電波受信レベル 電波受信レベル 電波受信レベルを確認できます。 数値が高いほど、受信レベルは良好です。 設定メニュー 2Wi-Fi(無線LAN)の設定 SSID1設定 利用する周波数帯(2. SSID、暗号化方式、暗号キーの設定ができます。 無線LAN接続している機器間の通信の許可/禁止設定と、無線LAN接続している機器と有線LAN接続している機器間の通信の許可/禁止設定ができます。 Airターミナル2/3/4にMACアドレスを登録した機器のみ、無線LAN接続できるように設定できます。 WPS機能を利用した無線LAN接続設定ができます。 SSID2設定 SSID2(2つめの無線LANネットワーク)の有効/無効を設定できます。 SSID、暗号化方式、暗号キーの設定ができます。 特殊設定 Wi-Fi(無線LAN)機能の有効/無効設定ができます。 3ネットワークの設定 IPアドレスの固定割当や、割当IPアドレス範囲の設定ができます。 設定メニュー 2Wi-Fi(無線LAN)の設定 SSID1設定 利用する周波数帯(2. SSID、暗号化方式、暗号キーの設定ができます。 無線LAN接続している機器間の通信の許可/禁止設定と、無線LAN接続している機器と有線LAN接続している機器間の通信の許可/禁止設定ができます。 Airターミナル2/3/4にMACアドレスを登録した機器のみ、無線LAN接続できるように設定できます。 WPS機能を利用した無線LAN接続設定ができます。 SSID2設定 SSID2(2つめの無線LANネットワーク)の有効/無効を設定できます。 SSID、暗号化方式、暗号キーの設定ができます。 特殊 設定 Wi-Fi(無線LAN)機能の有効/無効設定ができます。 3ネットワークの設定 IPアドレスの固定割当や、割当IPアドレス範囲の設定ができます。 Airターミナル2/3/4では、SSID1とSSID2の2つのSSID(2. 4GHzと5GHz帯の周波数帯別設定と合わせて合計4つ)が利用できます。 SSID1とSSID2は仕様や設定できる項目が異なります。 詳しくは下記表をご確認ください。 SSID 暗号化方式 暗号キー/WEPキー SSIDステルス MACアドレスフィルタリング 有線LANとの通信 無線LAN機器間の通信 SSID1 2. 4GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 共通設定 共通設定 共通設定 可 SSID1を利用している機器間のみ可 5GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 SSID2 2. 4GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 共通設定 共通設定 不可 不可 5GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 SSID SSID1 2. 4GHz帯 5GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 SSID2 2. 4GHz帯 5GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 暗号化方式 SSID1 2. 4GHz帯 5GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 SSID2 2. 4GHz帯 5GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 暗号キー/WEPキー SSID1 共通設定 SSID2 共通設定 SSIDステルス SSID1 共通設定 SSID2 共通設定 MACアドレスフィルタリング 共通設定 有線LANとの通信 SSID1 可 SSID2 不可 無線LAN機器間の通信 SSID1 SSID1を利用している機器間のみ可 SSID2 不可.

次の