ミュウツー 育成論。 【ピカブイ】ミュウツーの入手方法と育成論

ポケモンウルトラサン・ムーン攻略まとめWiki【ポケモンUSUM】

ミュウツー 育成論

今作からは突撃チョッキが増えた代わりに、エスパージュエルが没収された 突撃チョッキは無振りでもメガネラティオスの流星群を耐えるほどの特殊耐久を得る代わりに、補助技が使えなくなるのでふいうち持ちには手も足も出なくなるので注意 今作はふいうち持ち増加によりおにび身代わりの重要度がさらに増した。 禁止伝説のイベルタルにも有効。 対面からハーブゼルネアスを倒したいなら• 挑発やメガネトリック。 ひかえめ+タスキ、無振りゼルネアスはサイコブレイクで確2、H252でも乱2• 特攻・素早さが通常のミュウツーと同じ為いっその事臆病や控えめも候補に挙がるか。 もっとも物理もサブウエポン自体は優秀な物が揃っているので現地点では両刀がベターか。 けたぐりが解禁されればまた状況は変わるが今は暫定的に両刀。 通常のミュウツーよりも防御が下がる為、ふいうち食らうと落ちるので何かしら補助技は入れておくと回避しやすい。 準速は最速123族(オンバーンと同速)。 ゲッコウガより1速いが、メガゲンガーには抜かれる。 不意打ち対策で補助技にバリアーはどうでしょうか? 命中不安の鬼火より多少効果的で、その後の読み合いが無くなると思われますが。 特防が低い相手には他の特殊技を撃てばいい。

次の

ポケモンORAS・XY 最強ミュウツー@メガ作り方 育成論まとめ

ミュウツー 育成論

ミュウツー Mewtwo 英語名 Mewtwo 150 249 - - 254 - - - - 151 - - - - - - - - - - - - - - 分類 いでんしポケモン 2. 0m 122. 0kg 紫 メガミュウツーX 2. 3m 127. 0kg メガミュウツーY 1. 5m 33. 0kg 120サイクル• 第二世代: 30720歩• 第三世代: 30976歩• 第四世代: 30855歩• 第四世代以前: 220• 第五・第六世代: 306• 第七世代: 306• メガシンカ: 351• 第八世代: 340 1250000 性別 ふめい 3 初期 III~VII 0 初期 VIII 0 外部サイトの図鑑• ポケモン徹底攻略• ミュウツーとはのNo. 150のポケモンのこと。 初登場は。 メガミュウツーX・ メガミュウツーYについてもここで述べる。 概要 が、南アメリカのギアナ高地で発見した幻のポケモン・のジュニアとして産まれた子供に、遺伝子改造を施すことで誕生させた最強クラスのポケモン。 戦闘能力の強化を重視して改造された結果、外見は親のミュウにわずかながら似ているだけで、大型で性格も攻撃的と、オリジナルのミュウとは全く異なる物となってしまっている。 また、改造の影響か、ミュウに比べると能力値はおおむね上昇しているものの、覚えられる技の数は大幅に減ってしまっている。 を舞台とするゲームでは、非常に凶暴になったことで、最終的にはフジ博士でも手に負えられないものとなり、暴走してを廃墟にしてしまったあと、何処かへと去った。 その後は、の最深部に潜伏しており、仕掛けてくるトレーナーやポケモンをことごとく撃退している。 をミュウツーに持たせた状態でで メガミュウツーX• をミュウツーに持たせた状態でメガシンカで メガミュウツーY ポケモンずかんの説明文 、 けんきゅうの ために いでんしを どんどん くみかえていった けっか きょうぼうな ポケモンに なった。 、、 ひとりの かがくしゃが なんねんも おそろしい いでんし けんきゅうを つづけた けっか たんじょうした。 漢字 1人の 科学者が 何年も 恐ろしい 遺伝子 研究を 続けた 結果 誕生した。 、、 ミュウの いでんしと ほとんど おなじ。 だが おおきさも せいかくも おそろしいほど ちがっている。 漢字 ミュウの 遺伝子と ほとんど 同じ。 だが 大きさも 性格も 恐ろしいほど 違っている。 メガミュウツーX サイコパワーが からだの きんにくを ぞうきょう。 あくりょくは 1トン。 100mを 2びょうで はしれるぞ。 漢字 サイコパワーが 身体の 筋肉を 増強。 握力は 1トン。 100mを 2秒で 走れるぞ。 メガミュウツーY からだは ちいさくなったが パワーは ケタはずれ。 かるく ねんじるだけで こうそうビルも こっぱみじん だ。 漢字 身体は 小さくなったが パワーは ケタはずれ。 軽く 念じるだけで 高層ビルも 木っ端微塵 だ。 、 きょくげんまで せんとうのうりょくを たかめられたため めのまえの てきを たおすことしか かんがえなくなった。 、 たたかいで ちからを さいだいげんに だせるように ふだんは すこしも うごかず エネルギーをためている。 たたかいの ためだけに うみだされ いまは どこかの どうくつふかくで ねむっていると いわれる。 ・、 いでんしそうさに よって つくられた ポケモン。 にんげんの かがくりょくで からだは つくれても やさしい こころを つくることは できなかった。 漢字 遺伝子操作に よって つくられた ポケモン。 人間の 科学力で 体は つくれても 優しい 心を つくることは できなかった。 ・、、、 ミュウの いでんしを くみかえて うみだされた。 ポケモンで いちばん きょうぼうな こころを もつという。 漢字 ミュウの 遺伝子を 組み替えて 生み出された。 ポケモンで 一番 凶暴な 心を 持つという。 種族値 第1世代 106 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 第八世代 その他の世代: , , 遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP このポケモンにタマゴわざはありません。 太字のわざはタイプ一致です。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 赤・緑・青・ピ・LP・LE Lv. 色違い:黄緑• ゲームでは幻のポケモン・が生み出したポケモンとして登場するが、映画ではまつ毛から得られた遺伝子を元に作られたとしている。 では、スタジアムとジムリーダーのしろを全制覇した後に登場する隠しモード「ミュウツーをたおせ」に登場する。 ではスタジアムとジムリーダーのしろを全制覇した後に登場する隠しモード「ライバルをたおせ」に、と共に登場する。 図鑑テキストでは非常に凶暴なポケモンということになっているが、のやのなどでは普通のポケモンと同じような反応をするため、喜んだり甘えたり震えたりするなど図鑑テキストにそぐわない可愛らしい一面を垣間見ることができる。 ハートゴールド・ソウルシルバーのハナダのどうくつに出て来るミュウツーは、攻撃技がしかないため、のポケモンであれば完封できる。 同様に、ファイアレッド・リーフグリーンでも攻撃技はとの二つなので、ゴーストとあくを持つで完封できる。 このポケモンのとしてがある。 の『』では、「 メガミュウツーX」、「 メガミュウツーY」と呼ばれる新フォルムのミュウツーが登場する。 XとYで姿が大幅に異なっている。 Xは筋肉質に、Yは小さくシャープな姿になる。 Xのみタイプにが加わり、特性はXは「」、Yは「」になる。 Yの方は他のメガシンカポケモンよりも早い段階で公表されており、『』にもゲームに先駆けて登場。 この時点ではメガシンカの存在が公表されていなかったため、ファンからは単なるとしか認識されていなかった。 公式には「覚醒した姿」と紹介されていた。 Yはメガシンカポケモンの中で珍しく、メガシンカ前よりも体の大きさが小さくなり、重さも軽くなっている。 ・では「 アーマードミュウツー」と呼ばれる形態が登場。 ゲーム本編での登場はないが、にて2019年の7月11日に実装された。 では、隠しキャラとして登場した。 続くでは参戦しなかったものの、では追加ダウンロードコンテンツとして復活した。 にも参戦。 詳細はを参照。 ポケモンのコレクションシール『ポケットモンスター最強シール烈伝』第2弾No. 410のミュウツーのシールに対応した専用アルバムの説明には「科学によって生み出されたミュウツーは、母親の愛を知らない。 だから、育てる際には、深い愛情をそそいでやろう! 」とある。 ゲームの世界観上において、作られる過程は判明しているが、いつ頃に何匹生み出されたのかはハッキリしていない。 しかし、肉体的には普通の人間であるフジ博士の主導によって生み出された経緯を考えると、時期としては遡ること数十年単位と考えられる。 また、カントー地方だけではなく、カロス地方やアローラ地方 でも、その姿を確認できる事から、複数匹存在すると考えられるが、複数匹作られたのか、作られたのは1匹で、その後繁殖によって個体数が増えたのかは不明。 では2020年5月頭時点で出現しないが、を経由することで手に入る。 また、2020年2月末には期間限定のマックスレイドバトル「ミュウツーをたおせ!」に出現した。 アニメにおけるミュウツー• 第1弾の映画「」に登場。 アニメ本編ではにこのミュウツーがアーマーをつけた状態で登場。 トキワジムに挑戦しに来たシゲルのポケモンを簡単に倒していた。 このときは会話シーンはなかった。 『』では初期のアニメとは別の個体のミュウツーが登場。 声優はゲスト出演の。 マンガにおけるミュウツー の漫画では、悪のミュウツーとして悪さをするが、いつも失敗したりドジを踏んだりしてしまう。 ミュウツー参上と落書きしたがミ ャウツーと書き間違えてからかわれたりするなど ポケットモンスターSPECIALにおけるミュウツー• ポケモンカードにおけるミュウツー• 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 アーマーを付けた姿自体はリメイク元のにも登場している。 厳密には、アローラ地方と繋がっている異空間の先。 ただし倒してもゲットチャレンジには移行しない。 なおこのタイトルは「ポケモンスタジアム2」の隠しモードと同名。

次の

ミュウツー

ミュウツー 育成論

元祖最強のポケモン・ミュウツー。 禁止伝説ポケモンで最高の素早さを誇り、特攻もトップクラス。 更に2種類のメガシンカを有し、それぞれ攻撃・特攻において全ポケモン中最高の種族値を有します。 合計種族値も780とメガレックウザと並んで全ポケモン中最強の数値です。 まさに最高の高速アタッカーと言えるでしょう。 流石は初代最強のポケモン。 私はこの変身を2つ有している…この意味が分かるな? しかしながら実際のところは他のチート技や特性を貰っている最近の伝説のポケモンと比べると若干のパワー不足を感じます。 メガシンカ時は数値は素晴らしいもののアイテムを持つことができないため、種族値ほどの火力を発揮することはできません。 まあ仮にメガレックウザ同様にアイテムを持てた場合はあらゆるポケモンを先手の一撃で沈める究極のポケモンが誕生してしまうので妥当な調整かもしれません。 しかしそれでも非常に強力なポケモンであることに間違いはないでしょう。 高い素早さから豊富な技とメガシンカを使いこなし、初代最強の力を見せつけたいところです。 基本データ ミュウツー タイプ:エスパー 特性:プレッシャー、きんちょうかん 隠し特性 106-110-90-154-90-130 第5世代でホワイトキュレムが登場するまではデオキシスアタックフォルムを除きトップの特攻でした。 メガミュウツーX タイプ:かくとう・エスパー 特性:ふくつのこころ 106-190-100-154-100-130 物理攻撃が大きく上昇し、耐久力もアップ。 更に格闘タイプが付いたことで本来苦手な悪タイプに対し有利に戦えるようになりました。 高い攻撃から繰り出されるけたぐりは体重の重い禁止伝説ポケモンに非常に大きなダメージを与えます。 メガミュウツーY タイプ:エスパー 特性:ふみん 106-150-70-194-120-140 物理耐久が下がった代わりに特殊耐久が大きく上昇。 更に特攻も脅威の194へ到達します。 素早さも上昇し、カプ・コケコや相手のミュウツーとの130ミラーを回避できるのはうれしい点です。 また特性のふみんにより眠り状態に耐性が付きます。 フィールド系特性により他にも手軽に眠りを対策できるようになりましたが、それでも便利です。 【厳選時の注意点】 豊富な技を有するミュウツーにめざめるパワーは必要ないでしょう。 特殊型として運用する場合はイカサマのダメージを抑えるために攻撃の個体値をできるだけ低くしておきたいところです。 【性格】 物理・特殊どちらでの運用も可能ですが、基本的には素早さに性格補正をかけたいところ。 ・おくびょう ミュウツー、メガミュウツーYの基本となる性格。 迷ったらひとまずこの性格でゲットしておけば間違いないでしょう。 ・むじゃき・せっかち 両刀型のメガミュウツーXの性格。 十分に高い特攻を活かし、物理格闘技とサイコブレイクやれいとうビームを両立することが多くあります。 むじゃき、せっかちどちらが良いかはそのときの対戦環境次第ですが一般的には先制技のダメージを抑えられるむじゃきのほうが人気です。 ・ようき メガミュウツーXで物理1本で戦う場合。 ビルドアップ+ドレインパンチ型などが考えられます。 ・いじっぱり、ひかえめ 伝説ポケモンの中では頭一つ抜けた素早さであるため以前は使われることも多かったのですが、メガレックウザ、カプ・コケコ等の登場により安易に素早さを落とせなくなり、使う場面は減ってしまいました。 しかし実数値にして最高の値 メガミュウツーYの特攻:270 に達するロマンは素晴らしいものです。 【持ち物考察】 ・エスパーZ ゲンシグラードンなど、物理防御力が高くサイコブレイクが効きにくい相手にも特殊技として強烈な一撃を叩き込むことができます。 はたきおとすのダメージを軽減できるアイテム、という見方も。 ・いのちのたま 全ての技の威力を満遍なく上昇させることができます。 ・こだわりメガネ 広い技範囲を生かして。 サイコブレイクも多くの一般ポケモンを一撃で倒す威力になります。 ・とつげきチョッキ 早い・強い・硬い、3拍子揃ったミュウツーの完成です。 ・ひかりのねんど 壁要員として運用するのであれば。 【技考察】 高い能力もミュウツーの強みですが、ミュウツーの真の恐ろしさはそのトップクラスの能力値から実に様々な技が繰り出されるところにあるでしょう。 攻撃技は勿論のこと補助技も揃っており、サポーターとしても優秀です。 ・サイコブレイク ミュウツーの専用技。 通常ミュウツー、メガミュウツーYなら非常に優先度の高い技で、メガミュウツーXでも採用する場合があります。 ・かえんほうしゃ、だいもんじ エスパー技が効きにくい鋼タイプに対する有効打。 ・れいとうビーム イベルタル、ルギア、メガボーマンダ、霊獣ランドロス等への有効打。 ・10まんボルト イベルタル、テッカグヤ、ルギアへの有効打。 ・シャドーボール エスパー技を半減しあう相手のエスパータイプ、及びこちらの弱点を突いてくるゴーストタイプに有効な技です。 イメージ的にもぴったりですね。 ・はどうだん、きあいだま エスパー技を無効にしてしまう悪タイプ、及び半減する鋼タイプの弱点を突ける技。 ただしイベルタルには等倍です。 ・めいそう 特攻、特防がアップ。 その後繰り出される特殊技は非常に強力です。 ・じこさいせい 初代でのイメージからミュウツーといえばこの技を連想される方もいるのではないでしょうか。 現在はあまり使われませんがめいそうやバリアーと組み合わせても良いでしょう。 ・ちょうはつ トリックルームや追い風、積み技などミュウツーにとって厄介な補助技をまとめて封じることができます。 ・みがわり 相手のふいうちに合わせて使うことができればしめたもの。 身代わりが残ったミュウツーは相手にとって脅威。 ・おにび、リフレクター、ひかりのかべ こういった技までしっかり覚えます。 高い素早さのおかげで壁要員適性はかなりあります。 後続のポケモンで積み技を決めて一気に勝負を決めてしまいましょう。 メガミュウツーX向き ・けたぐり メガミュウツーXのメインウェポン。 体重の重い禁止伝説ポケモンに刺さります。 ・ドレインパンチ こちらもメガミュウツーXのメインウェポンになりうる技。 ただし伝説環境ではそのままではやや威力不足。 ビルドアップなどと組み合わせたいところです。 ・しねんのずつき 威力、命中、追加効果ともに微妙な性能ではありますがタイプ一致のエスパー技。 サイコフィールドで強化すれば途端に強力な第2のメインウェポンになります。 ・いわなだれ、ストーンエッジ 格闘タイプを半減する飛行タイプ、特にホウオウを意識した技。 ひるみ効果も強力です。 ミュウツーの攻撃力が十分高いことと命中率、追加効果の面から個人的にはストーンエッジよりもいわなだれ推奨です。 ・れいとうパンチ 格闘タイプを半減する飛行タイプ意識の技。 対メガレックウザ、メガボーマンダなど。 ・ビルドアップ 全ポケモン中最高の攻撃、ローブシンを上回る耐久力、カプ・コケコに並ぶ素早さからのビルドアップは脅威。 ・さきどり 相手が繰り出そうとした技の威力を1. 5倍にして繰り出す技。 攻撃、特攻、素早さ全てが高水準のミュウツーには似合う技と言えるでしょう。 こちらの弱点を狙ってきたゴーストタイプの技を先取りできればしめたものです。 他にもミュウツーは実に色々な技を覚えます。 その他の覚える技はこちら ポケモン徹底攻略さん。 【能力値調整】 攻撃面と素早さを伸ばしたアタッカー型が主流ですが、耐久面を調整する場合もあり様々なカスタマイズが可能です。 何か良い調整が浮かび次第随時追加します。 メガゲンガー メガミュウツーYの場合以外は厄介な同速勝負となる。 ガオガエン ミュウツーから有効な打点が少ない。 メガミュウツーXなら倒せるがそれでも威嚇が厄介 バンギラス あまりにも硬すぎる。 メガミュウツーXならカモ クレセリア ミュウツーが一撃で倒すことはほぼ不可能。 その間に厄介な素早さ操作をされてしまう。 【相性の良さそうなポケモン】 ガオガエン 上に挙げたポケモンのほとんどに有利だったり不利をとらない。 【育成例】 シングル 通常ミュウツー ひかりのかべ型 おくびょう ひかりのねんど 182-x-110-206-110-200 サイコブレイク ちょうはつ リフレクター ひかりのかべ パッと見では型がわからないのがミュウツーの強み。 サイコブレイクで押し切れる相手はそのまま倒し、そうはいかない場合は壁を使用して後続のエースに繋ぎます。 メガミュウツーX ビルドレイン型 ようき 182-242-120-x-120-200 ドレインパンチ れいとうパンチ しねんのずつき ビルドアップ 全ポケモン中最高の攻撃、ローブシンを上回る耐久力、カプ・コケコに並ぶ素早さ。 メガミュウツーXはビルドレインの使い手としては最強でしょう。 ただしサブウェポンが威力不足で微妙に痒いところに手が届きません。 サイコフィールドでしねんのずつきを強化してあげると一気に突破力が増します。 格闘技が効きにくい飛行タイプにダメージを蓄積させるためにもステルスロックは使用しておきたいところ。 メガミュウツーY 高速アタッカー型 おくびょう 182-x-96-246-141-204 サイコブレイク、かえんほうしゃ、シャドーボール、れいとうビーム 特に捻りのない超高速広範囲特殊アタッカー。 素早さは準速フェローチェ抜き。 ステルスロックを撒いておくだけで相手がどんどん射程圏内に入ります。 サイコフィールドが張られていれば非常に止めにくいでしょう。 ダブル 通常ミュウツー ミュウツーZ型 おくびょう エスパーZ 182-x-110-206-110-200 サイコブレイク シャドーボール ちょうはつ まもる 高い素早さからのエスパーZで相手に強い圧力を与えます。 カプ・テテフと並べればエスパー技の威力が更に強化され、耐性のない多くの相手を先手の一撃で倒すことができるようになります。 ただしその場合はカプ・テテフとの素早さ関係が相手にばれないよう特性は緊張感にしましょう。 こちらの攻撃を耐えておいかぜやトリックルームを使用しようとする相手にはちょうはつが有効です。 メガミュウツーX さきどり型 むじゃき 182-210-120-206-108-200 けたぐり サイコブレイク さきどり まもる 最もさきどりを上手く使えるであろうメガミュウツーXでさきどりを使ってみる型。 相手のゲンシグラードンの断崖の剣などを跳ね返すことができればしめたものです。 耐久調整型 せっかち 182-221-108-183-133-200 4-84-0-68-100-252 けたぐり サイコブレイク れいとうビーム まもる 222メガゲンガーのシャドーボール確定耐えに調整したことで、同速でも強気にサイコブレイクを押していく。 メガミュウツーY 高速アタッカー型 おくびょう 182-x-96-246-141-204 サイコブレイク、かえんほうしゃ、シャドーボール、まもる カプ・コケコや準速フェローチェを抜ける素早さがポイント。 不意打ちやねこだましを防いでくれるカプ・テテフとのコンビはもちろん、ゲンシグラードンと並べてサブウェポンの炎技の威力を強化するのもありでしょう。 耐久調整おくびょう配分 おくびょう 201-x-91-235-141-201 156-x-4-164-4-180 167ゼルネアスのジオコンムーンフォースまで耐え、最速メガゲンガーを抜けるよう調整されたメガミュウツーY。 耐久調整おくびょう配分 おくびょう 200-x-91-223-154-201 148-x-4-68-108-180 183ゼルネアスのジオコンムーンフォースまで耐え、最速メガゲンガーを抜けるよう調整されたメガミュウツーY。 耐久調整ひかえめ配分 ひかえめ 201-x-91-250-141-190 156-x-4-108-4-236 167ゼルネアスのジオコンムーンフォースまで耐え、最速メガボーマンダを抜けるよう調整されたメガミュウツーY。 耐久調整ひかえめ配分 ひかえめ 200-x-91-237-154-190 148-x-4-12-108-236 183ゼルネアスのジオコンムーンフォースまで耐え、最速メガボーマンダを抜けるよう調整されたメガミュウツーY。 以上、ミュウツーの考察でした。 質問、コメント等ありましたらお気軽に頂けると嬉しいです。 ここまで読んでくださりありがとうございました。 maikeruexe.

次の