お気遣いありがとうございます。 メールで好印象を与える「感謝」の文例とフレーズ

「お気遣い」と「お心遣い」の違い!意味、使い方、英語、類語「ご配慮」など

お気遣いありがとうございます

「お気遣いありがとうございます」は敬語だがビジネスで使う際には注意が必要! 「お気遣いありがとうございます」は ビジネスシーンで使用可能な表現で、目上の人や上司に対しても使える敬語です。 気遣いに対して感謝を表す言葉であるため、ビジネスシーンでよく使う、または使われる表現の一つとなっています。 しかし、「お気遣いありがとうございます」の「お気遣い」と言う表現は、ビジネス文書(報告書、企画書)やレポートでの使用には向いていません。 ビジネスにおいて口頭で使う以外は「お気遣い」を「ご配慮」や「ご高配(こうはい)」に言い換えて使用する必要があります。 使うシチュエーションに注意を払いながらも、「お気遣いありがとうございます」はビジネスパーソンとして当り前のように使いこなすことが求められます。 「お気遣いありがとうございます」の意味 「お気遣いありがとうございます」というフレーズは家族や友人同士の会話ではほとんど使わないので、あまりなじみがないかと思います。 しかし気を使ってくれた事に対する感謝を示す言葉だということは、容易に想像がつきますよね。 なので全く意味が分からないという方は少ないと思いますが、それでもあやふやな理解だとビジネスシーンでは使い間違う可能性もあります。 この機会に「お気遣いありがとうございます」の意味を、曖昧にではなくしっかりと理解しておきましょう。 「お気遣いありがとうございます」は「気遣い」の前に丁寧語の「お」がついて「お気遣い」となり、その後ろに「ありがとうございます」が続いています。 「お」と「ありがとうございます」の意味は分かると思いますから、ここでは「気遣い」の意味を詳しく見ていきましょう。 「気遣い」は 色々なことに対して気を使うことを意味し、相手が自分に対して気を使ったり、配慮してくれた事を感謝する時に使います。 「お気遣いありがとうございます」の使い方 「お気遣いありがとうございます」の意味が分かったところで、次は使い方を見ていきましょう。 この言葉は 相手が自分の事を心配してくれた時、またはプレゼントをくれた時などに使うことができます。 用途が広いので初めは戸惑うかもしれませんが、下でご紹介する例文を見ながら、少しずつ慣れていきましょう。 このフレーズは報告書や企画書などのビジネス文書、レポートなどには使えないのが注意点です。 会話やメールでのみ使うようにしてください。 丁寧語の「お」がついているので、同僚や部下だけでなく、目上の人や顧客に対しても使うことができます。 「お気遣いありがとうございます」の例文 以下で 「お気遣いありがとうございます」の例文をいくつか見ていきましょう。 慣れないうちは例文をそのまま使えば、間違うことがないので安心です。 慣れてくればシーンに合わせて自分なりのオリジナルな使い方をしていくとよいでしょう。 ・先日私が風邪をひいた時は、お気遣いいただきありがとうございます。 「お気遣いありがとうございます」は、 相手が自分に気を使ってくれた時に使うのが基本です。 例えば自分が風邪をひいた時に「お大事に」などと声をかけてもらった場合、「ありがとうございます」などの代わりに使えばより丁寧な表現になります。 ・すばらしいプレゼントをいただきまして、お気遣いありがとうございます。 「お気遣いありがとうございます」は、精神的に心配してもらったり気を配ってもらった時以外にも、プレゼントをもらうなど、 具体的な物品をもらった時にも使うことができます。 単に「ありがとうございます」では味気ないなと感じた時に、「お気遣いありがとうございます」と言えばより丁寧で心のこもった表現になります。 ・日頃からお気遣いいただきありがとうございます 特定の行為や気遣いに対してではなく、日頃から気を使ってもらっている事に対して 全体的な感謝を述べる時に使うこともできます。 顧客や取り引き先に対してあいさつ代わりに使うとよいでしょう。 「お気遣いありがとうございます」に対する返信の表現 ビジネスシーンでは自分から「お気遣いありがとうございます」というだけでなく、人から言われることもあるでしょう。 そんな時でも戸惑ったりすることなく、 スマートに返信したいところですよね。 どんな言葉を返せばいいか分からない方は、とりあえずいくつかの例文を覚えておけば間違いがないでしょう。 「気遣い」の意味と似ているように見えますね。 実際似ている部分もあるのですが、 「気遣い」は基本的な気配りや最低限の配慮、「心配り」は相手の心を思いやる行為、というニュアンスの違いがあります。 なので両者はどちらを使ってもいいというわけでなく、「気遣い」を使うべき場面と、「心遣い」を使うべき場面に分かれます。 慣れないうちは両者の区別は難しいですが、以下でご紹介する使用例を見ながらコツを掴んでいきましょう。 「お心遣いありがとうございます」の使用例 では具体的に「お心遣いありがとうございます」をどういう場面で使えばいいのか、 使用例をいくつか見ていきましょう。 もちろん自分なりにオリジナルなフレーズで使いこなせればベターです。 ・分かりやすい資料を作って下さり、お心遣いありがとうございます。 相手が自分のために骨を折って、資料を作ったり仕事を手伝ってくれた時に使う例です。 単に「ありがとうございます」などと言うよりも、 より丁寧な表現になります。 ・出産祝いにご祝儀までいただきまして、お心遣いありがとうございます。 「お心遣い」はご祝儀や香典など、 金品をもらった時のお礼の言葉として使うことができます。 この場合「お気遣い」を使うのは正しくないので注意してください。

次の

「お心遣いありがとうございます」の意味と使い方・類語・返信方法

お気遣いありがとうございます

ある物、事のために働かせる• 言いつけて用をさせる• 材料、手段として役立てる• 費やす• 技、術などをあやつる では何が違うかというと、 品詞や使われる範囲が異なります。 品詞 範囲 例 使う 動詞で使われることが多い 広い 道具を使う、金を使う、気を使う、心を使う 遣う 名詞(遣い)で使われることが多い 限定的(気、心) 気を遣う(気遣い)、心を遣う(心遣い) 使うの場合は、気を使うや心を使うなど、幅広く用いられます。 一方、 「遣う」は気や心など限定的なものが対象です。 ただし、名詞として用いる場合は「」「金遣い」「仮名遣い」など範囲が広くなります。 また、「気を使う」と「気を遣う」もどちらもありますが、気や心に限定される「遣」の方が相手のことを思ってすることというが強くなります。 お気遣い:相手が神経を使って何かをしたり、発言してくれること• お心遣い: 心からの思いやりで、相手が何かをしたり発言してくれること 「気遣い」は「あれこれ気を使うこと」という頭脳や神経を働かせるという意味があるので、神経を使って何かをするというニュアンスが強い言葉です。 一方、「心遣い」は「あれこれ気を配ること、心配り」です。 つまり、「心遣い」には 心から相手のことを思いやるという気持ちが「気遣い」にプラスされています。 しかし、心がこもっているというのは微妙なニュアンスなので、よくわからないですよね。 「お気遣い」でも心がこもっていないわけではないので、これだけで判断するのは難しいかもしれません。 その場合は、お気遣い以上の言動が伴うかどうかで判断してみましょう。 2-2.「お気遣い」+お気遣い以上の言動=「お心遣い」 には、 祝儀や心付け(感謝の印として渡す、少額のお金や物)という意味もあります。 そのため、お心遣いはお気遣いに比べて物を渡したり、相手の役に立つことをするなど言動を伴うことが多いです。 例えば、風邪をひいた時に「大丈夫?」と声をかけるのがお気遣いだとしたら、「具合が悪そう車で送るよ」という行動が伴うのがお心遣いです。 「結婚おめでとう」と声をかけられるのは「お気遣い」ですが、それにプラスしてご祝儀をいただいたのであればそれは「お心遣い」になります。 「お気遣い」が一般的な言動だとすれば、「お心遣い」はそれ以上の言動が伴うというニュアンスです。• 2-3.何かをもらったときには「お心遣いありがとうございます」 相手から何かをもらったときは「ありがとうございます」を使ったほうがいいです。 例えば旅行に行った上司からお土産をもらったとします。 上司が職場のみんなのことを気にかけてくれたのは「お気遣い」ですが、 さらにお土産という物を用意してくれたのは「お心遣い」です。 この場合、上司の心とお気遣い以上の言動(お土産を買ってきてくれた行動)の両方が入っていますね。 何かをもらったときは「お気遣い」よりも、「お心遣い」を使うのがふさわしいです。 3.「お気遣い」と「お心遣い」の使い分け方 「 お気遣い+心、お気遣い以上の言動=」ということを覚えておけば、「お気遣い」と「お心遣い」の使い分けができますね。 「お気遣い」も「お心遣い」も厳密に使い分ける必要はありませんが、細かい違いを知っておくと大人の対応ができるようになります。 ここでは、具体的にどんなシーンで「お気遣い」と「お心遣い」を使うのか、例文を使って解説します。• 3-1.「お気遣い」と「お心遣い」を使うシーン 「お気遣い」にお気遣い以上の言動が加わったものが「お心遣い」だとすると、例えば以下のようなシーンで使うことができます。 シーン例 お気遣い お心遣い 風邪をひいたとき 心配してくれた 心配してくれた+薬を買ってきてくれた 結婚したとき おめでとうと言ってくれた おめでとうと言ってくれた+ご祝儀をもらった 上司から怒られて凹んでいるときに 慰めてくれた 慰めてくれた+こうすればうまくいくというをくれた 昇進したとき おめでとうと声をかけてくれた おめでとうと声をかけてくれた+ご馳走してくれた 雨で足元が悪いとき 滑らないようにと注意してくれた 滑らないようにと注意してくれた+危ないので送ってくれた 「お気遣い」の方は気にかけてくれているものの、 具体的にこちらの解決策や得になるような言動は起こしていないところがポイントです。 では、今度は例文で「お気遣い」と「お心遣い」の使い方を見ていきます。 3-2.「お気遣い」の使い方 「お気遣い」と「お心遣い」はどちらも感謝の気持ちを述べるときに使うので、ほぼ同じ表現で使います。 <例文>• I really appreciate your concern. ( お気遣いに感謝いたします。 Thank you(Thanks) for your concern. ( お気遣いありがとうございます。 ) 感謝の気持ちをメインに伝えたい場合は、「Thank you」ではなく「appreciate」を使います。 英語2.consideration(考慮、気遣い、配慮) 「consideration(コンスィダレイション)」は「考慮、気遣い、配慮」という意味を持つ名詞です。 「気遣い」という意味でも使いますが、 考えてくれる「考慮」や、考えて何かしてくれるという「配慮」に近い言葉です。 例文:Thank you for your kindness. (お気遣いありがとうございます。 ) まとめ 「お気遣い」は 「相手が神経を使って何かをしたり、発言してくれることに敬意を表す言葉」です。 「お気遣い」とよく似た言葉に「お心遣い」がありますが、「お心遣い」は「お気遣い+心、お気遣い以上の言動(物をくれる、役立つアドバイスをくれるなど)」という違いがあります。 「お気遣い」も「お心遣い」もどちらも同じような意味で使われることも多いですが、もし相手から何かもらった場合は「お心遣い」を使った方が丁寧な印象になります。 体調を気遣ってもらったなど、相手が自分を少し気にかけてくれたことへのお礼であれば、「お気遣い」を使うといいでしょう。

次の

「お心遣い」と「お気遣い」の違いは?正しい使い方を例文で解説

お気遣いありがとうございます

「お気遣い」の意味と使い方 まずは「お気遣い」の意味を考えてみましょう。 」と二つの意味があります。 「お気遣い」は、それに尊敬(丁寧)語の「お」がついたものです。 つまり、「お気遣い」とは、相手が自分に対して気を使ってくださること、配慮してくださることという意味です。 相手が気を使ってくださったことを感謝する時に「お気遣い(いただき)ありがとうございます」などと使います。 もしくは、「どうぞお気遣いなく」と、相手に気を使っていただかなくても結構ですよ、と伝える時にも使います。 「お心遣い」の意味と使い方 では、「お心遣い」の方はどうでしょうか。 心配り。 心付け。 」とあります。 「お心遣い」とは、相手が自分に対して気を配ってくださること」という意味です。 相手の心遣いに感謝する時に「お心遣い(いただき)ありがとうございます」などと使います。 「お気遣い」と「お心遣い」の違い あれ? 「お気遣い」と「お心遣い」はやっぱり同じじゃないの?と思われたかもしれませんね(笑)。 確かに、辞書の定義ではとても似ているように思えますが、二つの言葉にはニュアンスの違いがあります。 「お気遣い」は、「気を使う」ですから、 神経を使って相手のために行為をしたり言葉をかけたりすること、を意味します。 例えば、相手がお茶を出してくれたとか、こちらの体調を心配して声をかけてくれたとか、そういった時に使います。 なので、相手がお茶を出そうとした時に「どうぞお気遣いなく」と使えるわけですね。 一方「お心遣い」のほうは、「心をつかう」わけですから、 真心や思いやりを示してくれること、という意味合いが強いのです。 相手が思いやりを示してくれた時に「温かいお心遣いありがとうございます」とは言いますが、「暖かいお気遣い」とは言いません。 また、先ほどのようにお茶を出してもらった時に「お気遣いなく」とは言っても「お心遣いなく」とは言いません。 「神経を使わないでください」という意味はあっても、「思いやりを示さないでください」ではおかしいですからね。 分かりやすいようにまとめてみましょう。 「お気遣い」は、「気を使うこと」 「お心遣い」は、「思いやりを示すこと」 となるわけですね。 「お気遣い」と「お心遣い」の例文 「お気遣い」と「お心遣い」の違い、まだ少しわかりにくいかもしれませんね。 例文をあげて説明してみましょう。 【例文】• (体調を心配されて)お気遣いくださいましてありがとうございます。 (お茶やお菓子を用意されて)どうぞお気遣いなく。 (入院時に見舞いの品を贈られ)お心遣いいただきありがとうございます。 (いつも親切にしてくれる人に)いつもながらの温かいお心遣いに感謝しております。 上司や目上の人に使う時は? 「お気遣い」、「お心遣い」、いずれも「お」がついており、目上の人など敬意を払うべき相手からの気配りなどを表す言葉です。 なので、上司に対して「お気遣いありがとうございます」「お心遣いありがとうございます」などと使う分には問題ありません。 どんどん使って、社内の人間関係を円滑にしたいものですね(笑)。

次の