唐 揚げ 冷凍。 これで時短!いつでもサクサク揚げ物の冷凍保存方法

【業務スーパー】1キロ級の冷凍唐揚げはホントにウマいの? 6商品を死ぬ気でガチ食べ比べてみた!

唐 揚げ 冷凍

【唐揚げの作り方】冷凍しても美味しいコツ 普段の唐揚げレシピにちょっとしたコツを加えることで、ジューシーさやサクサク食感をキープします。 マヨネーズに含まれる酢で鶏肉がやわらかくなる。 同時に、油分が鶏肉をコーティングし、水分を保つことができる。 衣付け〜揚げの工程は、1回に揚げる分ずつ行うとよい。 衣の水分を出すことで、冷凍してもべちゃっとしにくくなる。 【唐揚げの冷凍】美味しさを2週間保つコツ 冷凍保存にもひと工夫加えることで、劣化を最小限に抑えます。 表面の温度を確認し、できれば1つ割って中まで冷めているかチェックするとよい。 空気に触れさせないことで、肉や油の酸化を防ぐ。 金属製バットにのせることで早く凍り、品質の劣化を防げる。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 【冷凍唐揚げの解凍】パサパサにならない温め方 おかず用やお弁当用など、用途によって解凍方法を変えましょう。 電子レンジ(600W で40秒(3個あたり)加熱する。 唐揚げの上下を返し、さら30秒加熱する。 オーブントースター(1000W)で5分程度加熱する。 上からアルミホイルをかぶせ、さらに2~3分加熱する。 3個あたり電子レンジ(600W で30秒程度加熱して半解凍にする。 アルミホイルを敷いた天板に半解凍の唐揚げをのせ、オーブントースター(1000W)で3~4分程度加熱する。 冷凍しても美味しい唐揚げのレシピ 材料(2~3人分)• 鶏もも肉(ひと口大にカットしておく)…300g• 薄力粉…大さじ2• 片栗粉(あればコーンスターチ)…大さじ2• 揚げ油 … 適量 合わせ調味料A• しょうゆ…. 大さじ2• 酒…大さじ1• マヨネーズ…大さじ1• しょうが(すりおろし)…. 2 薄力粉を加えて、全体にまわるようにもむ 漬け込んだら冷蔵庫から取り出し、薄力粉を入れて全体にまわるようにもむ。 2の鶏肉を入れ、1切れずつ片栗粉を全体につける。 3~5分程度、ときどきひっくり返しながら揚げる。 濃いきつね色になり、唐揚げから出る気泡が少なくなってきたら網に上げて油を切る。 冷凍してもパサつかないジューシーな唐揚げ! 肉汁たっぷり、衣はサクサクの唐揚げが完成。 冷凍保存してもジューシーさをキープします。

次の

【業務スーパー】1キロ級の冷凍唐揚げはホントにウマいの? 6商品を死ぬ気でガチ食べ比べてみた!

唐 揚げ 冷凍

お弁当で好きなおかずは何ですか? 筆者は圧倒的に「からあげ」です。 手作りもいいですが、お弁当に便利なのはやっぱり冷凍食品ですよね。 「冷凍からあげ」は各社力を入れていてかなりの種類があり、どれを買えばいいかいつも迷ってしまいます。 そこで今回は、定番の冷凍からあげを食べ比べて、特徴をまとめる企画をお届けします! 定番の冷凍からあげ7商品をセレクトしました 今回セレクトしたのはこの7つ。 スーパーでよく見かける定番ばかりですよね。 1:味の素 やわらか若鶏から揚げ<じゅわん鶏もも> 2:味の素 やわらか若鶏から揚げ<ふっくら鶏むね> 3:テーブルマーク 国産若鶏の塩から揚げ 4:ニッスイ 若鶏の旨だれから揚げ 5:ニチレイフーズ 特から 6:ニッポンハム 若鶏ももからあげ 7:ニチレイフーズ お弁当にGood! からあげチキン どれもそんなに変わらないでしょ? とお思いのみなさん。 下の写真をご覧ください。 ひとつずつ出してみました 大きさや形、衣、味付けなどが明らかに違うとわかりますよね。 実際にお弁当箱に入れた写真も用意しましたので、あなたにぴったりなからあげを見つけてください。 【1】味の素 やわらか若鶏から揚げ<じゅわん鶏もも> しょうが醤油につけ込み、特性の6種の黄金スパイスで仕上げたやわらかいからあげです。 若鶏にこだわり、ほどよい弾力とやわらかさを実現。 また、冷めてもおいしい2度揚げ製法でお弁当にも最適。 内容量:275g(1個あたり約30g)。 9個入っていました。 5円) 袋:チャック付き 衣が薄い! 家でのおかずとしても使えそうなサイズ感なので、お弁当箱に入れる際は、形によっては詰め方に工夫が必要な場合もありそう <感想> やわらかい! そしてウマい。 しょうが醤油の濃いめの味にスパイスがきいていて、味がしっかり染み込んだからあげを食べたなー、という実感がわきます。 衣が薄いのも特徴で、チンしたてのときはサクっとした歯触りもいいですね。 特筆すべきは、冷めても本当においしいこと。 お弁当に入れて食べるとき、冷たくなっていてもジューシーなままで硬くないんですよ。 衣も薄いのでべちゃべちゃにならず、なによりしっかりと味がしみこんでいておいしく食べられるんですよね。 これはびっくりです。 やわらかさはもちろん、もも肉にはないふっくら&サッパリとした食感も楽しめます。 内容量:300g(1個あたり約30g)。 10個入っていました。 カロリー:165kcal(100gあたり) 鶏肉:タイ産 調理方法:電子レンジ 購入価格:348円(1個あたり約34円) 袋:チャックなし 衣はふっくらとしています もも肉のように凸凹とした形ではないので、お弁当箱に入れやすいかもしれません <感想> 鶏むね肉を使用したからあげです。 もも肉に比べてあっさりめなのかと思いきや、なかなか味わいのあるからあげでした。 まず、ふわっとした食感がほかにはないです。 それでいて噛みごたえやジューシーさもしっかり。 そして肝心の味ですが、食べた瞬間から生姜の強い味わいが広がります! 鼻から抜ける感じがたまりません。 サッパリとした肉質に、たれと、生姜と山椒の黄金スパイスがギューッと染み込んでいておいしいです。 もも肉に比べてカロリーが控えめなのに、ちゃんと満足感があります。 1個はそのまま食べて、2個目はマヨネーズを付けて食べるとすごくウマく感じるんですよね。 ということで、お弁当箱には最低2個は入れたいからあげです。 小ぶりで食べやすいサイズと、サクサクとした衣の食感を楽しめます。 内容量:280g(1個あたり約28g)。 11個入っていました。 カロリー:191kcal(100gあたり) 鶏肉:国産 調理方法:電子レンジ、自然解凍 購入価格:327円(1個あたり約32円) 袋:チャック付き チキンナゲットのような見た目。 衣は薄く、サクサクしています 小ぶりなサイズなので、すき間に詰めるのにも最適 <感想> 今回唯一の塩味からあげです。 【2】の商品に続き、こちらもむね肉を使用しています。 塩とむね肉のあっさり感で、とても食べやすいからあげになっていました。 最初はあまり塩味を感じないのですが、後味に塩の余韻とだしのうまみが残る感じでした。 そして、衣がサクサク! チンする時間を表示時間より10秒ほど短くするとさらにサクサク感が感じられました。 冷めても結構サクサク感が残っているんですよ。 何個でもいけちゃいそうな食べやすさです。 なお、自然解凍でもOKなので、お弁当に使いやすいですね。 9個入っていました。 カロリー:235kcal(100gあたり) 鶏肉:タイ産 調理方法:電子レンジ 購入価格:328円(1個あたり約36円) 袋:チャック付き 衣にたれがよくからんでいます 形や大きさに結構ばらつきがありました <感想> 今回唯一のたれ味のからあげです。 濃厚な味付けは白飯が進む進む! たれ味のからあげって、お弁当に入れておくとベチャっとしてしまうのではないかと思ったのですが、これがそうでもありませんでした(もちろんサクサクではなく、しっとりという感じ)。 そして肉全体に染みた濃いめの味で、冷めてもおいしくいただけましたよ。 で、その甘辛〜い味付けがもうウマい。 本当にウマいんです。 たれ味のからあげは邪道だと思っていたのですが、ひとつ食べるともう止まらないくらいハマっちゃう味でした。 おつまみや晩ごはんのおかずとしてもピッタリではないでしょうか。 13個入っていました。 カロリー:193kcal(100gあたり) 鶏肉:タイ産 調理方法:電子レンジ 購入価格:374円(1個あたり28円) 袋:チャック付き ひとつひとつが大きくゴツゴツとしています! 衣は薄め 大きめなので、お弁当のメインとして詰めるのがいいでしょう <感想> いやーウマいです。 さすが売り上げナンバーワン。 しっかりとした噛みごたえからのあふれる肉汁。 鶏のコクがしっかりと口の中に広がります! 醤油ベースの味付けもサッパリしていて、ごはんとの相性ピッタリ。 薄めの衣も絶妙なサクサク感で食べごたえがありますね。 香りもよく、食欲をそそります。 最初のひと口がいつもウマいんですよね。 冷めていてもおいしいですが、食前に会社の電子レンジでちょっとチンすると、さらに揚げたて感がアップ。 これがお弁当に入っていると、午後も頑張れそうです。 26個入っていました カロリー:240kcal(100gあたり) 鶏肉:タイ産 調理方法:電子レンジ 購入価格:880円(1個あたり33円) 袋:チャックなし 衣はやや厚め 存在感が大きめです <感想> ジューシーさにくわえて、なんだかワイルドな感じがあり、肉の野性味というか弾力があって食べごたえ十分です。 醤油とにんにくが使われていますが、にんにくは割と薄めなので、食後のニオイは気にならないと思います。 ごはんのお供にガツガツと食べたい、男性人気ナンバーワンになりそうなからあげ。 そしてこのボリューム。 お弁当に毎日入れてもなかなかなくならず、買い足しの手間もかかりにくいです。 もちろんその分お値段はほかより高いのですが、満足度はものすごいですよ。 からあげチキン やわらかくてとてもジューシーなからあげです。 揚げたての香ばしさを味わえるよう香味油で仕上げています。 お弁当時に最適な6個小分けパックで、電子レンジ、自然解凍以外にトースター調理も可能。 内容量:126g(1個約21g)。 6個入り。 カロリー:47kcal(1個あたり) 鶏肉:国産 調理方法:電子レンジ、トースター、自然解凍 購入価格:149円(1個あたり24円) 袋:チャックなし、小分けパック 着色料や保存料、化学調味料は使われていません 今回の7商品の中で最も小さいので、すき間に詰めることができます <感想> お弁当箱サイズに適したからあげです。 パッと見はチキンナゲットに見えるのですが、食べると、これがからあげなんですよね。 ちょっとびっくりします。 やわらかさはもちろん、噛んだときのジューシーさもナゲットではなくからあげのそれです。 香味油で仕上げているおかげで香りもふんわりと漂い、お弁当のごはんと一緒に食べるとこれがまたたまりません。 衣もサクサク感があって食感も楽しめます。 やさしい味で、スパイシーさがやや足りないと感じる人もいるかもしれませんが、そんなときはコショウやマヨネーズなどを足して食べるとさらにウマさアップです。

次の

唐揚げの冷凍保存方法と絶品レシピを紹介【裏技テクニックを解説】

唐 揚げ 冷凍

12月に限らず、28日は鶏(にわとり)の日。 最近ニュースでも話題になっていますが、1世帯当たりの年間鶏肉消費量は年々増加しているんだそうです。 確かに最近、あちこちでから揚げ専門店が誕生していますよね? また、スーパー、コンビニ、ファーストフード、弁当チェーン、ファミレスなど、ありとあらゆる所でから揚げは大人気。 家庭でも牛肉や豚肉より鶏肉、そして鶏料理の中でもから揚げを食べる機会が圧倒的に多いのではないでしょうか。 冷凍食品の世界でも最近はから揚げの種類がますます増えているようで、近所のスーパーをちょっと回っただけでもかなりの数のから揚げを見かけました。 そこで今回は、子供も大人もみんな大好き、から揚げ(冷凍)の食べ比べです。 さいごに、タイプ別のおすすめからあげとおすすめランキングもご紹介したいと思います。 冷凍からあげ9種類を徹底的に食べ比べた 比較対象の冷凍から揚げは、全部で9種類。 厳密に言うと「から揚げ」と「竜田揚げ」は違いますが、今回は竜田揚げもから揚げと同様の物と見なして比較対象に含めました。 冷凍から揚げの食べ方ですが、本来はレンジで温めた後にトースターで外側をカリッとさせた方が美味しいようです。 しかし、普段ほとんどの方がレンジ加熱のみで食べていると思いますので、今回の試食はレンチンオンリーで行わせていただきました。 スポンサーリンク まずは冷凍から揚げの大きさと色の違いを比較 ごらんの通り、一口に冷凍から揚げと言っても商品によって見た目はかなりまちまちです。 見た目が大きいのが、ニチレイ特からと王将から揚げですね。 逆に小さいのが、ニチレイのからあげチキン、テーブルマークの国産塩から揚げ。 色が濃いのが、ニチレイ特から、味の素。 日本ハムの竜田揚げもニッスイの竜田揚げもから揚げに比べて色が薄いですね。 これら見た目の違いは、どう味の違いに反映されているのでしょうか。 それでは実食タイムに移りたいと思います。 価格はエレナ、ドラッグストアモリ、ダイレックス、生協調べ。 全て実売価格(税込)です。 特から(ニチレイ)• メーカー:ニチレイ• 商品名:特から• 内容量:415g(1つ約32g)• カロリー(100g当り):195kcal• 価格:428円(100g当り約103円)• 確かに見た目は9種類中一番の大きさですね。 1袋415g入りと内容量が多い点もポイントです。 これだけあれば家族の夕飯のおかずとしても十分利用できそうです。 肝心の味の方は、ニンニクとコショウが良く効いたしっかりした味わいで、食べごたえ抜群。 レンジで温めただけですが、油っぽさも感じず、とても美味しいです。 お肉も柔らかくて、おつまみにも弁当にも、そのまま夕飯のおかずとしても何にでも使える感じ。 一袋に大きなから揚げが13個も入っていました。 若鶏たれづけ唐揚げ(ニチレイ)• メーカー:ニチレイ• 商品名:若鶏たれづけ唐揚げ• 内容量:300g(1個約33g)• カロリー(100g当り):259kcal• 価格:289円(100g当り約96円)• 一袋に大きいから揚げが全部で9個入っていました。 甘すぎず酸っぱすぎず、絶妙な味わいの甘酢ダレがよく絡んでいます。 味付けがしっかりしているので、これなら冷めても美味しくいただけそう。 お弁当にもぴったりだと思います。 から揚げの油っぽさが苦手な方も、甘酢あんならさっぱりいただけるのではないでしょうか。 1個でもかなりボリュームがあります。 うーん、ニチレイのから揚げ、完成度が高いですね。 からあげチキン(ニチレイ)• メーカー:ニチレイ• 商品名:からあげチキン• 内容量:126g(1個約21g)• カロリー(1個当たり):43kcal• 価格:181円(100g当り約143円)• 加熱せず、自然解凍だけでも食べることができます。 昔からある定番商品ですよね。 着色料、保存料、化学調味料を使用せず作られていて、優しい味わいです。 やわらかくジューシーですが、普通のから揚げというよりナゲットに近い食感と柔らかさです。 お弁当用に形を整えるため、そうしているのかもしれません。 やわらか若鶏から揚げ(味の素)• メーカー:味の素• 商品名:やわらか若鶏から揚げ• 内容量:275g(1個約27g)• カロリー(100g当り):209kcal• 価格:375円(100g当り約136円)• 一袋に10個入っていました。 味を簡単に表現するなら、みんな大好き某大手チェーンのフライドチキンや、大手コンビニチェーンのチキンをマイルドにしたような味わいです。 油っぽくなく、しつこくなく、これは冷めても美味しいはず。 個人的にこの味は大好きです(笑) 国産若鶏の塩から揚げ(テーブルマーク)• メーカー:テーブルマーク• 商品名:国産若鶏の塩から揚げ• 内容量:280g(1個約25g)• カロリー(100g当り):194kcal• 価格:365円(100g当り約130円)• 確かに柔らかいですが、食べてみると完全にナゲットの食感。 普通の塩から揚げを想像するとギャップを感じずにはいられません。 ただ、使用している肉は国産若鶏、国内工場で製造されているという事なので安心感を求める人にはおすすめです。 自然解凍でそのまま使える上、1個が小さく形が整っているので小さなお子さんのお弁当などには使い勝手が良さそうです。 若鶏のから揚げコク辛(大阪王将)• メーカー:大阪王将• 商品名:若鶏のから揚げコク辛• 内容量:230g(1個約26g)• カロリー(100g当り):270kcal• 価格:365円(100g約158円)• 普段辛い物を食べ慣れていない人は、かなり辛く感じるかもしれません。 肉にはチリパウダー・タイム・オレガノなどの香辛料を混ぜ込み、衣にもレッドチリが配合されています。 ニンニクのコクとスパイスが効いた辛めの味は、弁当のおかずには不向きでもアルコールの推進力は抜群。 ガッツリ・こってりを求める人には、こちらが断然おすすめです。 大き目のから揚げが一袋に9個入っていました。 若鶏の竜田揚げ(ニッスイ)• メーカー:ニッスイ• 商品名:若鶏の竜田揚げ• 内容量:280g(1個約35g)• カロリー(100g当り):273kcal• 価格:343円(100g約122円)• こちらはにんにくと生姜をベースにしたしょうゆ味とのことですが、ニンニクはほんのり香る程度で良くも悪くも味が主張しすぎないマイルドな味です。 肉の柔らかさや味は悪くないのですが、竜田揚げは衣の性質によるのか、レンジ加熱のみだと油っぽさが気になります。 パッケージは他社商品にも使われているチャック袋ですが、こちらの商品は切り取り線にミシン目が入っているので、ハサミを使わずとも手でまっすぐ開けることができました。 些細な事ですが、これはかなり便利。 一袋に8個入っていました。 若鶏のから揚げ 甘辛ごま風味(日本ハム/生協限定品)• メーカー:日本ハム(生協限定品)• 商品名:若鶏のから揚げ 甘辛ごま風味• 内容量:300g(1個約19g)• カロリー(100g当り):198kcal• 価格:462円(100g約154円)• 数が必要な方はこちらがおすすめです。 甘辛ごま風味とのことですが、甘さも辛さもゴマの味も強くありません。 衣にゴマが透けて見えますが、ゴマの味は感じませんでした。 甘めのニンニクしょうゆ味のから揚げです。 生協限定品という事なので、一般に売られている日本ハム純正の商品とは味が違うのかもしれません。 美味しいですが、値段がちょっと高いのが難点かも。 旨さジューシー若鶏竜田揚げ(日本ハム/生協限定品)• メーカー:日本ハム(生協限定品)• 商品名:旨さジューシー若鶏竜田揚げ• 内容量:300g(1個約25g)• カロリー(100g当り):271kcal• 価格:311円(100g当り約103円)• こちらの竜田揚げは、なんというか衣も中身も油っぽくてそのままではちょっと…でした。 竜田揚げはレンジ調理に向かないのかもしれません。 食べると衣の油と肉の脂が染み出して、油漬けの鶏を食べている感じに。 一袋に12個入っています。 タイプ別のおすすめ冷凍から揚げ分類表 いかがでしたでしょうか? パッケージを見ただけでは違いがわかりにくい冷凍から揚げですが、食べてみるとそれぞれ個性の違いをはっきり感じることができました。 それを踏まえた上で、から揚げをタイプ別に分類してみると以下のようになります。 晩酌、おつまみ用におすすめ 王将:若鶏から揚げ ニチレイ:特から 味の素:若鶏から揚げ ごはんのおかず又は大人のお弁当にぴったり ニチレイ:特から 若鶏たれづけから揚げ 味の素:若鶏から揚げ ニッスイ:若鶏の竜田揚げ 日本ハム:旨さジューシー若鶏竜田揚げ 小さな子どものお弁当用に ニチレイ:からあげチキン 日本ハム:若鶏のから揚げ 旨さジューシー若鶏竜田揚げ テーブルマーク:国産塩から揚げ 冷凍からあげのおすすめランキング 以上の試食結果をもとに、独断でランキングするなら以下の順位となります。 第9位:生協うまさジューシー若鶏竜田揚げ 第8位:テーブルマーク国産塩から揚げ 第7位:ニチレイからあげチキン 第6位:ニッスイ若鶏の竜田揚げ 第5位:日本ハム若鶏のから揚げ 第4位:王将若鶏から揚げ 第3位:味の素若鶏から揚げ 第2位:ニチレイ若鶏たれづけから揚げ 第1位:ニチレイ特から 以上の結果となりました。 スポンサーリンク さいごに 弁当のおかずや夕飯のおかずに、あれば絶対重宝する冷凍から揚げ。 これからのパーティーシーズンにも、レンチンだけで食べられる冷凍から揚げはきっと大活躍するに違いありません。 皆さんもこちらを参考に、冷凍から揚げを選んでみてはいかがでしょうか?.

次の