前髪薄い メンズ。 前髪が薄いけど髪型を決めたい男におすすめのヘアスタイルはコレ!

前髪が薄くなってきた男性必見!前頭部薄毛の方向けヘアスタイル集

前髪薄い メンズ

男だったら絶対ショートがいいなぁ! サイドはツーブロックでも良いし、今流行りの薄いバリカンを入れて刈り上げたバーバーヘアも良いですぞ^^ ちなみに私もM字が上がっておでこが広いのですが、ルーズな七・三分けっぽい髪型にしております。 前髪長めでも髪型を変化させる 前髪を長めにして、その時々でスタイリングを変化させるのもありです。 サイドに隠しツーブロックを入れています。 左はバングさせて自然に流しています。 これが一番ナチュラルですが、一見、無理やりおでこを隠してる不自然な髪型とも捉えかねないかもしれません。 真ん中の写真のようにおでこを上げると、清潔感、爽やかさが増しますよね。 ビジネス向けは、これが一番かもしれません。 また、隠しツーブロックを入れていることで、耳周りが軽くなり、前髪もラフに動かせることができます。 (右の写真) 前髪をおろした定番のショートレイヤー 左のままだと全体に重い印象がありますので、真ん中のように耳周りをスッキリと出して、前髪は眉毛に下あたりにくるようにカットしています。 これだけでもスッキリとしたショートレイヤーですが、右はもう少し全体をカットし、前髪は眉毛にかかる程度まで短くしています。 トップは7cmで中間に梳きをいれることで立ち上がりがつきやすくなります。 セットはトップにボリュームを出し、その他は抑えるようにするのがミソですぞ^^ それからこのショートレイヤーは前髪を短すぎると子供っぽく見えるので、そこは注意が必要です。 短いぱっつん前髪 前髪を重くぱっつんと短くするのもオシャレです。 しかし、どうしても若い子向きで、可愛らしいイメージになっちゃいますよね。 もう少し長めにして、少しスライドカットでシャギーを少し入れたほうが、軽やかになって良いのではと思いますが、こういったぱっつんが似合う方は素敵です。 少し束感を入れて軽くする ザクザク感というか、少し束感を入れたほうが躍動感があるデザインになります。 フロントにレイヤーを入れて、スライドカットで束感を出します。 おでこが広い人、特に薄毛で生え際が後退した方はM字部分に重みを残しスカスカにならないようにスライドカットしましょう。 スポンサーリンク おでこが後退した40代以降はバック調が似合う 生え際が後退しておでこが広くなった方は、前髪が細くなっています。 後れ毛も増えているはずです。 前髪をおろして隠したいところでしょうが、無理に下ろすと割れてすだれのようにスカスカな感じになっちゃいます。 髪が多い方の前髪をスライドカット等で隙間が見えるように束感を出す「すだれ前髪」が女性の髪型で一時期人気でした。 「すだれ前髪女子」とも言うらしいですね。 男性でも前髪が重い、ぱっつんが嫌いという方は、すだれまではやりすぎでしょうが、すきバサミやスライドカットをもちいて束感をだします。 まぁ、生え際が薄くなると何もしなくてもすだれ風になっちゃいますので、40代になるとおでこを隠すのではなく、上げて魅せるのは、ひとつのトレンドとも言えるのではないでしょうか? おでこが広く生え際の薄い方のベリーショート 生え際が後退、薄くなってきた方は、前髪も短く調整したベリーショートがおすすめ。 均等におでこが広いならバック調に前髪を上げても良いのですが、M字型や生え際ラインが一部多く後退していた場合は、髪を上げるといびつな生え際ラインがもろに見えてしまいます。 かといって、長く残すとすだれ前髪になってしまうので、前髪を短くおろしたベリーショートカットにするとオシャレ度がアップします。 オシャレボウズでダンディに かなり薄毛が進行しておでこが広くなっている方は、オシャレボウズにすると薄毛を感じさせなくなります。 薄毛になると髪が伸びずに細いままで止まってしまいます。 すべてが止まるわけではなく、伸び続ける毛髪と止まってしまう細毛が混在するために、バランスが悪くなるのです。 こういった方は、伸びの止まった短い毛髪に合わせてオシャレボウズにすると、バランスが良くなりますね。 まわりを薄いバリカンを入れるとさらに個性的で渋さが増すのかなと思います。 前髪のほうが短いソフトモヒカンショート オシャレボウズにしても、写真のように生え際ラインが後れ毛でバラバラ感が出る方は、前髪を極端に短くしたソフトモヒカンショートがおすすめ。 左の写真のように後れ毛や伸びない細毛が多いと、オシャレボウズでもすだれ感がみえてしまいます。 こういった場合は、短くとってしまいましょう。 ということですが、その生え際に合わしてオシャレボウズにすると、ほぼ坊主に近くなりオシャレ感も失われてしまいます。 頭頂部がかなり薄い方は無理ですが、それなりに髪がある方は、前髪のほうが短いソフトモヒカンショートにすると良いですね。 左の写真よりトップは長さが必要なので、伸びてからになりますが、サイドやバックはハード目に刈り上げ、トップに立ち上がりをつけます。 まとめ おでこが広くて髪型に悩んでいる方の参考になれたでしょうか? 前髪を垂らして隠したい気持ちも分かりますが、長くおいておくと、すがれのようになったり、割れてしまいます。 ショートヘアこそオシャレで、広いおでこを魅せる近道ではないでしょうか? 前髪を短くし、サイドやバックも短く刈り上げれば、メリハリの効いた立体感のある髪型になります。 また40代以降で生え際が後退しておでこが広くなった方は、バック調に髪を立ち上げて男らしく演出するのもありですね。 ヘアアレンジ次第で広いおでこを魅せる工夫はいくらでもあるということで参考にしていただければ幸いです。

次の

割れる?スカスカ?前髪が薄いメンズに教えたい4つの原因と対策!

前髪薄い メンズ

おでこが広い基準、ハゲの基準はなんなのでしょうか?インターネット調査では、メンズのおでこの広さは平均5~6cmと言われています。 面長等の顔型も関係するので一概には言えませんが、眉毛から前髪の生え際にかけての長さが7cmを超える人、指が4本以上入ってしまう人はハゲに分類されるようです。 こんな事聞いたら余計におでこの広さが気になりますよね。 おでこが広いと困ることがヘアスタイルやセット。 短髪やアップバングはおでこが目立つのか、束感を出す髪型はやめた方がいいのか…と悩んでしまうこともあるでしょう。 でも、大丈夫です。 おでこが広いメンズにも似合う髪型はたくさんあるので安心してください。 この記事では「マッシュ」「ツーブロック」「パーマ」「アップバング」「ショート」を中心に紹介します。 また、おでこが広くくせ毛で悩んでいるメンズにも似合う髪型、主にワックスを使ったセットの仕方も紹介します。 また、おでこが広いメンズにNGな髪型も解説するので、参考にしてみてください。 短くなると全軽くなりすぎるので、束感が出るように全体的にすいてもらいながら、少し長めのマッシュカットをオーダーしてください。 トップにレイヤーを入れてもらうことを忘れずに。 くせ毛が強いメンズは、軽いパーマをかけてもいいでしょう。 トップは軽くなるように、チョップカットにしてもらいましょう。 くせ毛などの髪質によっては、スタイリングベースのパーマをかけるのもおすすめです。 癖が強くセットし辛い場合は、ポイントでストレートパーマをかけるとスタイリングが楽になります。 3~6mmとグラデーションになるようにオーダーしましょう。 反対に、トップは10cmくらいの長さに控え、長短差がつくようにします。 カラーはブラック~ハイライトメッシまで幅広く似合います。 全体的に流れをつけるために、根本からパーマをかけるといいでしょう。 直毛のメンズは、長めに残すとインパクトがあるセットができます。 トップは長めに残し、アップバングなどのヘアアレンジがしやすいようにカットしてもらいましょう。 前髪の長い部分をハイトーンカラーに染めてみたり、オールブラックにしてもオシャレです。 直毛のメンズは、セットしやすいようにパーマをかけてもらいましょう。 サイド、バックは刈り上げすぎない程度に6mm強ほどに刈り上げましょう。 カラーは明るすぎないアッシュベージュがおすすめ。 セットしやすいように、ワンカールのニュアンスパーマをかけてもらうのもいいですよ。 同じ長さにバックも刈り上げてください。 くせ毛のメンズはパーマはかけなくても大丈夫です。 直毛のメンズは、パーマをかけるとアップバング等のセットの仕方が簡単になります。 カラーはブラックやアッシュブラウンなどの落ち着いた色味にすると清潔感が上がります。 前髪は目と眉の間あたりで重めにマッシュカットし、トップは髪質に合わせ動きが出やすいようにレイヤーを入れ、束感が出るようにすいてもらいましょう。 ワンカールのニュアンスパーマをかけてもセットが楽になります。 バックの刈り上げは少しずつ長くし、丸みをつけるようにオーダーしてください。 ボウズスタイルから少し髪が伸びたようなシルエットにカットしましょう。 アップバングが作りやすいように、前髪の長さや束感が作りやすいように調整してもらってください。 カラーはレッドモカブラウンやライトブラウンなど、明るい色にするとワイルドさがアップします。 サイドは耳回りが出るくらいの6mm程度の甘めの刈り上げにしてください。 調整しやすい髪型なので、刈り上げの長さや前髪の長さなどを変えたい場合は、美容室で相談してみてください。 カラーは明るい色も似合いますが、どちらかというと暗い色味にする方が紳士的な印象になります。 束感を出すために、全体的に優しいピンパーマをかけるのもおすすめです。 黒髪でも似合う髪型ですが、ダークブラウンに染めるとまた違った大人の雰囲気を楽しめます。 スーツにも似合う髪型なので、幅広い年齢のメンズが挑戦できます。 周りからの目が気になり、自分がしたいヘアスタイルになかなか挑戦する勇気がでないというメンズは多いのではないでしょうか?確かにおでこが広いメンズにおすすめし辛い髪型やセット方法もご紹介しましたが、NG髪型は誰にでもあるものなので、深く落ち込む必要はありません。 今回紹介したおでこが広いことを強みにできる髪型もたくさんありますし、おでこが目立ってしまうヘアスタイルを把握し、自分自身の髪質や毛量、顔型を理解すれば似合う髪型やセット方法はたくさんあります。 おでこが広くても似合うヘアスタイルをもっと知りたいメンズは、おでこが広いと言われている芸能人のヘアスタイルを参考にしてもいいですね。 不安な時は美容室で相談するというのも似合う髪型を探すきっかけにもなります。 自分に似合う髪型を研究して、オシャレ男子に磨きをかけましょう。

次の

前髪が薄くなってきた男性必見!前頭部薄毛の方向けヘアスタイル集

前髪薄い メンズ

かっこいいヘアスタイル作りに余念がないおしゃれメンズのみなさんは、こんな経験ありませんか? ・マッシュヘアなど、前髪を下ろすヘアスタイルが上手くキマらずかっこいい髪型が作れない ・時間をかけてしっかりセットしても、前髪が割れてすき間が出来てしまい、スカスカになる ・生まれつきおでこが広いうえに、最近なんだか前髪が薄くなってきた気がする 実は、男性が髪をセットする時に、 意外と悩む部分だと言われているのが前髪。 せっかく朝から髪を濡らしてしっかりドライヤーをかけて、そしてワックスまで付けたのに 「最後の前髪が上手くキマらない・・・」 なんて、なんだか一気に萎えてしまいますよね。 僕も、もともとおでこが広く前髪を下ろすとスカスカな見た目になってしまうせいで、前髪だけがかっこよくセット出来ずいつも悩んでいました。 しかし美容室で恥ずかしがらずにきちんと相談したり、時には薄毛治療を専門とするお医者さんに聞いたりすることで、この悩みを解決することが出来たんです! そこで今回は、そんな前髪作りに悩むメンズに向けて、前髪が割れてスカスカになってしまう4つの原因と、その対策法をご紹介していきたいと思います。 今回の記事を読むことで、 目次• メンズの前髪が薄い・スカスカ・割れてしまう4つの原因とは? では、前髪が割れてスカスカになってしまう4つの原因とその対策法をご紹介していきます。 前髪にお悩みの男性は今からご紹介するどれかに当てはまっていると思いますので、ぜひその解決法まで合わせて参考にしてみてくださいね。 原因その1 前髪がスカスカなのは髪の長さとおでこの広さが関係している!? 前髪にすき間が空いてスカスカになってしまう一番の原因だと言われているのが、 おでこの広さと前髪の長さが合っていないから。 これは、前髪が長くおでこが広い人ほど前髪のすき間から見える地肌の面積が多くなってしまい、髪が薄く見えてしまうため。 そのために、普通の人なら気にならないような髪の長さでも、おでこが広い人ほど前髪の根本までおでこが透けたように見えてしまい、スカスカで薄い印象になってしまうのです。 僕もこの生まれ持ったおでこの広さが原因で、前髪を下ろした髪型ををかっこよくスタイリングすることが出来ませんでした。 おでこが広い人は前髪を短めに!もしくは「チラ見せ」を意識して! なので、おでこが広く前髪から地肌が透けて見えやすい人は、 思い切って前髪を短くするとGood! 前髪を短く整えることによって地肌の透け感を減らすことができ、スカスカとすき間が空いて見えるという問題を防ぐことが出来ます。 しかし、 「おでこは広いかもしれないけど、どうしても長い前髪を下ろしたいんだ!」 というメンズも居ますよね。 そういう男性は、前髪を左右どちらかに寄せる 「七三分け」や、あえておでこをチラ見せする 「コンマヘア」がおすすめ! 広いおでこを隠そうとせずあえて露出することによって、スカスカの前髪がむしろシースルー感を演出し、おしゃれな印象を作ることが出来ますよ。 美容室での前髪の梳(す)きすぎには注意! みなさんは、美容室でカットをお願いするときに、 「髪を梳いてください」なんて注文をしたことはありませんか? 男性にとって髪を梳き量を減らすことは、かっこいいヘアスタイルには欠かせない 「束感」を作りやすくする行為。 また、ヘアスタイルのボリュームを抑え思い通りのシルエットを作るためにも、髪を梳いて量を減らすのはとても重要ですよね。 しかし、前髪を梳きすぎると、実は髪が割れてスカスカになってしまう原因となることも。 なぜなら、前髪を梳き髪の量を減らすことで毛の密度が減るとおでこが透けやすくなり、しかも前髪が束になって割れやすくなってしまうから。 そのため、美容室で髪をカットしてもらう時は 「前髪はあまり梳かないようにしてください」と注文し、髪をセットしたときに前髪が割れないように気を付けると良いでしょう。 原因その2 前髪が割れるのはワックスの付けすぎが原因かも? また、前髪が束になって割れてしまうのは、ワックスの付けすぎが原因となっている可能性も。 そもそもヘアワックスとは、髪を油分で固め、思い通りに動かすことが出来るメンズにとって必要不可欠なアイテムのこと。 しかしそんなワックスも前髪に付きすぎてしまうと、 前髪同士がくっついて余分な束を作ってしまい、割れてスカスカな見た目になってしまいます。 前髪に付けるワックスは最小限に!手に残ったワックスを意識しよう! ワックスの付けすぎによって前髪が割れてしまうことへの対策としては、 単純ですがワックスを付けすぎないようにするしかありません。 具体的には、髪にワックスを付ける時は前髪を最後にするようにスタイリングするのがコツ。 (詳しいワックスの付け方は下記の動画がわかりやすくておすすめなので、ぜひこちらも合わせて参考にしてみてください) 前髪にワックスが付きすぎて割れてしまうのを防ぐことが出来れば、自然な仕上がりでかっこいい前髪を作ることが出来ますよ。 原因その3 前髪が薄いのは生え癖のせいかも? 「髪も短いし、しかも細かったり毛量が少ないわけでもないのに前髪が割れてしまう・・・」 という男性は、前髪の生え癖のせいかもしれません。 実は、髪の生える向きや生え方というのは人それぞれ個人差があり、ひとりひとり形や癖が違うもの。 特にその癖が出やすいのが前髪で、おでこの部分にある生え癖がバラバラの方向を向いている人は、前髪を下ろした時に毛先が揃わずスカスカで割れてしまうのです。 その時に、下記の動画を参考にしてブローしながら前髪を作ると、割れずに綺麗に揃った前髪をスタイリングすることが出来ますよ。 また、 でそれぞれの生え癖・生え際の形に合ったヘアスタイルを紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。 原因その4 薄毛になると髪が細くなり、密度も薄くなってしまう!? 今までご紹介したすべての対策法を試しても前髪がスカスカで割れてしまうという男性は、 AGA(男性型脱毛症)を疑った方がいいかもしれません。 AGA(男性型脱毛症)とは、名前の通りいわゆる薄毛やハゲのこと。 薄毛やハゲと聞くと、 「でも俺はそんなに髪の毛が抜けたりしてないし・・・」 と感じる方もいるかと思いますが、 実はAGAの症状はそれだけではありません。 AGAが発症すると、 ・徐々に髪が細くなり、コシがなくなる ・頭皮が弱くなり、髪の密度が少なくなってスカスカになる など、前髪が割れたりスカスカになってしまう直接的な原因を引き起こしてしまいます。 しかもAGAによる薄毛やハゲは自然治癒が難しく、放っておくと症状は悪化するばかりと非常に厄介なもの。 もちろん人によって症状が広がるスピードや範囲などに個人差はありますが、それでもAGAはいつかは必ずハゲてしまう病気。 すぐにでも手を打つ必要があります。 また、 「最近髪の分け目から地肌がはっきり見えるようになってきた」 という方もAGAである可能性が高いので、そういう場合はすぐにお医者さんの診断を受けたり育毛剤を検討するなど、薄毛の対応をしていく必要があります。 確実にAGAを解決するには育毛剤がおすすめ!絶対に育毛を成功させる秘訣も! 上記の通り、AGAによる薄毛やハゲは自然治癒が難しく、放っておくとどんどん悪化していくだけです。 なので、 「じいちゃんや親父もみんなハゲてるし、俺もいつかああなるんだろうな・・・」 なんて将来のことを考えるとつい暗くなってしまいますよね。 でも、安心してください。 もし本気でハゲや薄毛を治療するために行動できる人なら、 育毛剤を使うと確実に薄毛をケアすることができるので、AGAなんてへっちゃらですからね。 (逆に言えば、悩んでいるだけで行動しない人はずっと髪が薄いまま過ごしていかなければいけません) なかでも、育毛剤業界で最大手である は、シリーズ累計で150万本の売り上げを誇る、信頼と実績のある育毛剤。 メンズの悩みを解消するためだけに作られた育毛剤なのでリピート率も90%超えで、確実にハゲや薄毛をケアすることが可能なんです。 薄毛がなくなり、フサフサな髪を手に入れることで若々しさを取り戻すことが出来るので、女性があなたを見る目がいままでと全く違うことを実感できますよ! でも、いきなり育毛剤を使う・・・なんて言うと、 「育毛剤ってほんとに効果あるの?お金だけ取られて髪も生えない詐欺じゃないの?」 なんて思ってしまう人もいるかもしれません。 でも大丈夫。 こちらの という記事を読めば、育毛剤で確実を髪をフサフサに生やすことができるテクニックやコツを学ぶことができます。 なぜなら、上記の記事を読むことで「育毛剤を使ったのに髪が生えなくて失敗してしまう原因」をすべて知ることができるので、それを反面教師とすることができるから。 「育毛剤なんてお金がかかるし・・・」なんて怖がらずに、まずは育毛剤についての正しい知識を身につけるところから始めてみましょう。 髪を失うのはあっという間ですが、早めにケアする行動力のある人だけが薄毛でスカスカな髪の悩みを解決することが出来ますからね。 前髪が割れてスカスカな原因と対策まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、 「割れる?スカスカ?前髪が薄いメンズに教えたい4つの原因と対策!」というテーマでお送りしました。 男性がヘアセットをする際に前髪が上手くキマらないのは、必ず何か原因があるはず。 その原因を探っていき適切に対処していくことで、前髪が割れたりスカスカになったりする事態を防ぎ、自然でかっこいい前髪を作ることが出来るようになります。 おしゃれメンズのみなさんも、ぜひ今回の記事を参考に理想の前髪作りにチャレンジしてみてくださいね。 また、今回ご紹介した育毛剤 を安く買う方法については、 をご覧くださいね。

次の