東京美容外科 評判。 東京でヒアルロン酸治療が評判の美容外科の山本クリニック

東京美容外科で埋没法の評判はどう?失敗、名医は?│二重整形に100万かけた私の発信所

東京美容外科 評判

【恵比寿】リッツ美容外科・東京院 リッツ美容外科の特徴や口コミからわかる評判について紹介します。 小陰唇縮小手術に関する口コミや料金をリサーチ、小陰唇縮小手術の特徴やクリニックのこだわり、クリニックへのアクセスなどをまとめました。 ritz-cs. 国内外の学会に多くの情報を発信し、医学論文ジャーナルに掲載されるなど国際的に高い評価を得ています。 治療にあたるドクターは形成外科医として長年経験を積んだスペシャリストばかり。 東京院の院長は日本形成外科学会専門医、医学博士を取得しています。 アンチエイジングなどの美容施術から、痩身・ボディデザインなど多くの診療科目を設けていて、他院では受けられないような高度な治療にも対応しています。 カウンセリングは女性のカウンセラーが対応するため、ドクターに直接相談することはできませんが、「デリケートな悩みをいきなり男性ドクターに話すのはちょっと…」という方も、気楽な気持ちで相談できるのではないでしょうか。 美容外科にふさわしいセレブリティなクリニックづくり リッツ美容外科と言えば、一流ホテルのような洗練された空間が特徴。 高級感あふれるエントランス、ゆったりとした優雅な雰囲気の待合室やゲストサロンなど、贅沢な気分にさせてくれます。 2013年1月に目黒から恵比寿に移転した東京院は、さらに高級感あふれるクリニックと生まれ変わりました。 その分、治療費用もセレブ価格ではありますが他のクリニックには無い満足度が得られるはずです。 膣の粘膜を乾燥させないように余分な皮膚のみを修正 リッツ美容外科では、小陰唇の縮小をはじめ、左右差が気になる方に小陰唇縮小施術を案内しています。 個人差はありますが、小陰唇の大きさは平均すると10~15mm。 小陰唇を縮小する際は、余分な皮膚を切除して縫合します。 ただ、切りすぎてしまうと膣の粘膜が乾燥するのを防げなくなるおそれも。 精密なデザインを決めてから切除することで、粘膜の乾燥を防ぎます。 また、縫合時に使われるのは体内に吸収されるタイプの糸になるので、抜糸する必要はありません。 精密なデザインや吸収糸の使用で、施術したことが分からないよう配慮しているのがリッツ美容外科の特徴です。 次第に傷跡も気にならなくなるでしょう。 女性のプライバシーに対する配慮 悩みの解決方法を提案する女性カウンセラーが在籍 美容外科には女性医師はもちろん、男性医師も多く在籍しています。 リッツ美容外科の各院長も男性医師です。 基本的に患者は担当医師を選べません。 ただ、小陰唇の施術をいきなり男性医師に相談するのは勇気がいりますよね。 施術を受けるかどうか悩んでいる間は女性に相談したいと思うもの。 そのため、リッツ美容外科では女性カウンセラーを配置しています。 「美しくなりたい」という願いに寄り添い、プロとして患者の悩みに適切な解決方法を提案するのが、リッツ美容外科に在籍しているカウンセラーの役割です。 また、施術が決まった後の不安や疑問などの相談対応やアフターケアも対応してくれます。 最後までしっかりとエスコートしてくれるので安心です。 【みんなの口コミ】リッツ美容外科の評判をチェック クリニックの雰囲気や医師の対応に関する口コミ メリットもデメリットも誠実に説明してくれた 「もう約8年前ですが、良い医師で何度もカウセしました。 どこをどう切るとか、メリットとデメリットも話してくださいました。 カウセを長く取って、きちんと説明もしてくださり、こちらの疑問にもきちんと答えてくれました。 医師としても経験が豊富でしたのでお願いしました。 「先生はとても親切で施術も満足でしたが、他の方が書かれているように、スタッフの方の対応がキツイのか、圧があるのか、あまり好きではありませんでした。 有名クリニックなので、クリニックに入るのも少しドキドキしていたので、さらに対応が気になってしまったのかもしれません。 google. 6461294,139. 3m1! 4b1! 4m5! 3m4! 1s0x60188b40687dc33b:0x7838fb77202a1cd9! 8m2! 3d35. 6461294! 4d139. 7098172? 受付の方はちょっと話し方がきつくて圧迫感がありました。 google. 6461294,139. 3m1! 4b1! 4m7! 3m6! 1s0x60188b40687dc33b:0x7838fb77202a1cd9! 8m2! 3d35. 6461294! 4d139. 7098172! 9m1! 1b1? たぶん血行不良が原因と思われる青クマはありますが、脂肪が膨らんでいたことによる影クマはなくなったので目の下がだいぶスッキリしました。 過去の手術の経歴をどこも聞くのですが、私の記憶上『リガメントを処理したかどうか?』を聞いてきたのは、リッツ美容外科だけでした。 ヒロヒ先生は今までお話した先生の中で、一番色々な事に精通してあるという印象です。 カウンセリングでしっかりシミュレーションしてくれて仕上がりが予想できたので安心してお任せできました。 鼻筋が通ると顔がスッキリしますよね。 小陰唇の大きさを計測した上で、大きさ、左右差を揃えて余分な皮膚を切除します。 麻酔は局所麻酔、硬膜外麻酔、さらに静脈麻酔も選べるので、痛みに弱い人や麻酔が効きにくい人でも安心です。 小陰唇縮小手術の費用• 初診料:公式サイトに記載なし• 再診料:公式サイトに記載なし• 小陰唇縮小:350,000円~ 施術のリスクについて 一般的にリスクが低いとされる小陰唇縮小手術ですが、リスクや後遺症が起きる可能性がまったくないわけではありません。 術後の痛みや出血、多量の出血による血腫、腫れや膿などが生じる感染症といったリスクが考えられます。 術後に気になる症状がある、出血や腫れがなかなか引かない…という場合は早めにクリニックに相談しましょう。 また、仕上がりが理想のイメージと違う場合も…。 リッツ美容外科には女性カウンセラーが在籍しています。 デザインに対する要望があればカウンセリングやデザイン決めの際に必ず伝えておいてくださいね。 アフターケアについて 施術は吸収糸を使うため、通院の必要はありません。 目立つほど腫れることもないのですが、術後に何か気になることがあれば、「アフターケア相談入力フォーム」を利用してください。 リッツ美容外科の患者であれば24時間無料で受け付けています。 また、小陰唇の傷痕が落ち着くまでの間、患部を圧迫するようなガードルは1週間ほど控えましょう。 激しい運動や自転車、バイクに乗るのは2週間、性交渉は1ヶ月以上避けるのがベストです。 小陰唇縮小以外の婦人科形成メニュー 膣縮小:350,000円~ 膣の引き締めに関係する筋肉(肛門挙筋)と膣粘膜を切開・縫合して、縫い縮める治療法です。 縫合には自然と溶けて外れる吸収糸を用いるため、術後の通院の必要はありあません。 個人差はあるもののダウンタイムが短く、約1カ月後から性行為が可能になります。 大陰唇縮小:350,000円~ 大陰唇の施術内容について、詳しい説明が公式サイトにありませんでした。 施術にかかる時間は40分程度と、小陰唇縮小手術との差はありません。 ダウンタイムには腫れがありますが、目立つようなものではないとのこと。 女性カウンセラーが在籍しているそうなので、詳しくはカウンセリング時に確認してみてください。 小陰唇縮小手術の名医 広比(ひろひ)利次医師 一流と呼び声が高い美容外科医 美容外科の世界で知らない人はいないと言わしめる、一流の美容外科医が広比利次医師です。 1989年に国立山梨医科大学を卒業されてからは、東京大学の形成外科学教室に入り、美容外科や形成外科を専攻した経歴の持ち主。 2000年2月に東京でリッツ美容外科を開院し、輪郭形成といった施術を行っています。 幅広い顎顔面領域手術に取り組むため、都知事から認可を得て入院設備を整えたとのこと。 また、日本美容外科学会をはじめ、多くの学会に所属しています。 定期的に論文を発表し、他の医師から「学術面も技術面も非常に優れている。 輪郭形成に限らず、ありとあらゆる手術に明るい」と厚い信頼を寄せられるほど、優秀な美容外科医です。 小陰唇縮小手術は、ミリ単位での作業が必要になるので、広比先生のように形成外科を専攻し、技術力が評価されている医師なら安心して任せられるでしょう。 患者に喜んでもらうことを見据えた基本方針 広比先生がリッツ美容外科全体の基本方針として第一に掲げているのは、患者が望んでいる内容を理解する洞察力をもつことです。 患者の意に沿わない施術をしないよう心がけています。 また、どんな要求にも対応できるだけの優れたセンスや、高度な医療技術をもっていることもリッツ美容外科全体のこだわり。 広比先生を中心に、スタッフ全員が患者の「美しくなりたい」という思いを汲み取り、最高水準の美容医療を提供しています。 リッツ美容外科では小陰唇縮小手術も行っていますが、目・鼻・輪郭などの施術をメインに対応。 ミリ単位で細やかなデザインが必要になる施術を多くこなしています。 そのため、切除しすぎてと膣の粘膜を乾燥させてしまわないよう、小陰唇の切除は必要な範囲を見極めて対応できるでしょう。 患者に術後の結果を喜んでもらえた時が幸せなひと時だと語る広比先生になら、どんな施術も不安を感じることなくお願いできるのではないでしょうか。 論文発表や学会活動に積極的 広比先生は最高水準の医療を患者に提供したいと考え、他の医師との意見交換の場として「学会」を重要視しています。 美容医学の発展に貢献するため、独自の治療法を多く開発。 それをもとに意欲的に論文発表を行っています。 また、情報発信の場は日本国内にとどまらず海外へ。 リッツ美容外科の斬新な治療法は世界的に見ても評価が高く、世界最高峰と言われる医学論文ジャーナルに掲載されたこともあります。 その他、1998年に日本美容外科学会で行った「頬骨の骨切り手術」に関する発表が、最高栄誉である日本美容外科医師会会長賞に選ばれた実績も。 美容外科や形成外科に関するさまざまな功績が国際的に認められたことで、ハワイ大学医学部の客員教授に就任しています。 2011年にはアメリカの大手出版社から「美容外科の専門書をつくるにあたり、執筆協力してほしい」と依頼があったことをブログで報告。 国内外問わず、美容医学の発展に注力している様子がうかがえます。 ドクター 広比(ひろひ)利次 経歴 ・1989年 国立山梨医科大学を卒業 ・東京大学形成外科学教室に入局し、美容外科と形成外科を専攻 ・東京警察病院、都立広尾病院、静岡県立総合病院、東京専売病院、竹田総合病院などに勤務 ・2000年 東京・目黒にリッツ美容外科を開業 ・2010年 ハワイ大学医学部の客員教授に就任 ・2013年 東京・恵比寿にリッツ美容外科を移転 ・2016年 自治医科大学の非常勤講師に就任 資格・学会 ・日本美容外科学会専門医 ・日本形成外科学会会員 ・ハワイ大学医学部客員教授 ・アメリカ形成外科学会会員 ・国際美容外科学会会員 ・日本顎変形症学会会員 ・日本頭蓋顎顔面外科学会会員 ・日本臨床皮膚外科学会会員 ポリシー・その他活動 ・日本美容外科学会、日本形成外科学会での論文発表 ・海外の医学ジャーナルへの論文掲載 リッツ美容外科・東京院の基本情報• 所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウスワン2F• アクセス:JR「恵比寿」駅・東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩1分• 診療時間:10:00~19:00• 休診日:日曜• TEL:03-5773-6226• 施術メニュー:目(二重形成、瞳拡大、上眼瞼たるみ改善、下眼瞼たるみ改善、涙袋形成)、鼻(隆鼻術、鼻尖形成術、鼻翼形成術、鼻骨骨切り術、鼻柱形成術、鼻孔縁形成術、鼻中隔延長術、Filler 皮膚充填剤 注入、その他の施術)、輪郭(エラ、頬骨、アゴ オトガイ 、出っ歯、受け口、額、こめかみ、輪郭プチ整形)、しわ・たるみ改善(フェイスリフト、スレッドリフト、HIFU、上眼瞼抗加齢治療、下眼瞼抗加齢治療、プチ整形、脂肪注入)、口もと(口唇、口もと形成)、バスト(豊胸、バスト形成 乳房・乳頭・乳輪 、乳頭・乳輪形成)、痩身・ボディデザイン、まつげ育毛、その他 リッツ美容外科の診療科目一覧 目(まぶた)• 二重 埋没法• 眼瞼下垂• 目頭切開• 垂れ目形成• 上眼瞼切開• 眉毛下切開• 内視鏡上眼瞼リフト• 下眼瞼切開• 下眼瞼結膜側脱脂• 目の下のクマ治療• 陥没形成(脂肪注入)• 涙袋形成 バスト(豊胸)• プリンセスバッグ• 幹細胞脂肪注入• ヒアルロン酸注入• ピュアグラフト豊胸 痩身・ボディデザイン• 脂肪吸引• メディカルダイエット• BNLS注射 鼻• シリコンインプラント• ゴアテックス• 自家組織移植(軟骨・筋膜)• 鼻尖縮小• 鼻尖増高・挙上・下降• 鼻翼縮小・挙上• 鼻中隔延長• 鼻骨骨切り• 鼻柱挙上• 鼻唇角形成• 鼻孔縁下降• 鼻下長短縮• 注入法(ヒアルロン酸など) しわ・たるみ• 額フェイスリフト• 中顔面フェイスリフト• こめかみリフト• フェイスリフト• スプリングリフト• シルエットリフト• マジックリフト• ナチュラルリフト• ホワイトリフト 輪郭形成• 顎骨切り(水平骨切りなど)• 出っ歯(上顎分節骨切り)• 受け口(下顎分節骨切り)• 下顎枝矢状分割法(SSRO)• 下顎枝垂直骨切り術(IVRO)• 額増大• 額後退(前頭洞骨切り)• こめかみ増大• 上顎短縮骨切り(LeFort I型)• ボトックス注射(小顔) その他• 口もと• スキンケア• 育毛・植毛.

次の

【東京・品川】品川美容外科の口コミ評判|バッカルファットの教科書

東京美容外科 評判

美容外科の選び方 まず、良い美容外科を選ぶポイントをお伝えしておきます。 ポイントは6つあります。 誇大広告をしない美容外科を選ぶ 2. 施術法の種類が多い美容外科を選ぶ 3. 医者の医師としての経歴、専門分野を確認する 4. 美容外科ランキングサイトの鵜呑みは危険 5. 低価格の美容外科は倒産の危険も 6. 看護婦さんがころころ変わる美容外科は注意 詳しくはこちらに記載しているので確認してください。 関連記事: 次の章では、有名で、信頼できる医師のいる都内の美容外科を厳選して9院紹介しています。 美容雑誌・書籍によく掲載されているクリニックばかりです。 ここで紹介したポイントを踏まえたうえで、後述の美容外科を確認すると自分に合ったより良い美容外科を見つけることが出来るでしょう。 それでは、美容外科を紹介していきます。 アオハルクリニック(六本木) 院長:小柳衣吏子 美容皮膚科医・日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 得意分野 ロート製薬 がバックアップする エイジングケアの専門クリニック。 メスを使わなくても改善できる 「 たるみ専門外来」 も開設。 確かな診療と高い施術力に定評があります。 特に得意なのは、『顔のボトックス注射』です。 額や眉間など表情ジワが気になる部分にボトックスを注入し、シワを伸ばして若返らせます。 ・順天堂大学医学部 皮膚科助教(非常勤)• ・日本皮膚科学会認定皮膚科専門医• ・日本美容皮膚科学会会員• ・日本抗加齢医学会専門医 アクセス 電車:東京メトロ六本木駅から 徒歩5分 住所:東京都港区六本木6-15-1六本木ヒルズけやき坂テラス5F 電話番号:03-5786-1152 2. ウォブクリニック中目黒 総院長:高瀬聡子 美容皮膚科医 得意分野 院長は、 5000症例以上の治療経験を持つ。 特に、「シミ・肝斑治療」が得意で、シミ診断から、レーザーなどの治療、アフターケアなども充実。 肝斑に一番効果のある最新治療「肝斑レーザートーニング」も好評です。 メスを使わず肌本来の美しさを引き出す「ナチュラルアンチエイジング」の治療を提案しています。 ・日本皮膚科学会正会員• ・日本美容皮膚科学会正会員• ・日本抗加齢学会正会員• ・日本香粧品学会正会員• ・日本医学レーザー学会正会員• ・サーマクール認定医• かおるクリニック(荻窪) 院長:佐藤薫 得意分野 院長は、日本形成外科学会専門医で、美容医療クリニックとして 15年の経歴を持ち、丁寧なカウンセリングに定評がある。 シミやほくろ、ニキビなどの肌悩みだけでなく、 ヒアルロン酸、ボトックスを用いた たるみ、シワ治療が得意。 ・日本形成外科学会認定専門医• ・日本皮膚科学会正会員• ・日本美容外科学会正会員• ・国際美容外科学会正会員• ・日本レーザー医学会正会員 アクセス 電車:JRまたは丸の内線 荻窪駅から 徒歩1分 住所:東京都杉並区荻窪5-27-5 中島第二ビル 荻窪メディカルセンター7階 電話番号:03-3392-7017 4. クロスクリニック銀座 院長:石川浩一 形成外科医・日本形成外科学会専門医 得意分野 切らない若返り治療を得意とした美容皮膚科。 アンチエイジングマシン保有台数は 国内トップクラスを誇ります。 症状やライフスタイルを考慮した施術提案と、多数の治療器を組み合わせた丁寧な治療に定評がある。 照射系治療の名医としても知られており、最新施術もいち早く導入しています。 特に得意なのは、「ウールサーマ」というウルセラとサーマクールを組み合わせたレーザー照射でのたるみ治療。 ・日本形成外科学会会員• ・日本レーザー医学会会員• ・日本美容外科学会会員• ・日本マイクロサージャリー学会会員• ・日本臨床皮膚外科学会会員• ・日本医学脱毛学会会員• ・日本肥満学会会員• ・日本抗加齢美容医療学会理事• ・日本形成外科学会認定• ・形成外科専門医• ・サーマクール認定医 アクセス 電車:東京メトロ銀座駅から 徒歩2分 住所:東京都中央区銀座5-4-9 ニューギンザ5ビル 10F 電話番号:0120-51-2590 5. サフォクリニック(六本木) 院長:白壁征夫 得意分野 「 切らない治療」を得意とする美容皮膚科と、世界最先端の技術を駆使した「 フェイスリフト手術」を得意とする美容外科がひとつになり、幅広い悩みに対応。 内科的アンチエイジングプログラムも導入している。 院長の得意な手術は以下。 ・フェイスリフト【SMAS法】• ・隆鼻術【白壁法】• ・整鼻術【スクーグ法】• ・脂肪吸引【ボディジェット法】• ・豊胸術【スタン法】• ・重瞼術【ビーズ法】• ・上眼瞼除皺術【眉下切開法】• ・ボトックス【シンデレラリフト】• ・ヒアルロン酸注入【ミッドフェイスリフト】 副院長の劉輝美先生も有名で、 副院長の得意分野は、ニキビ跡のレーザーアブシージョン。 日本に5台しかないサイトンレーザーを使ってクレーター状のニキビ跡を改善。 ・日本形成外科学会 会員• ・米国形成外科学会 会員• ・国際形成外科学会 会員• ・日本美容外科学会 評議員• ・米国美容外科学会 会員• ・国際美容外科学会 会員• ・東洋美容外科学会 会員• ・日本美容医療協会 会員• セオリークリニック(銀座) 院長:筒井裕介 得意分野 目の下のクマやたるみ治療に特に定評のあるクリニック。 それぞれの原因を見極め、切らない美容医療から手術まで、幅広い選択肢の中から最適な治療を行っている。 院長は、 フェザーリフト(スレッドリフト)や目の周囲の手術を得意とし、にきび跡治療に関しても日々研究を行っている。 ・美容外科専門医• ・日本形成外科学会 会員• ・日本美容外科学会 会員• ・日本美容皮膚科学会 会員• ・日本臨床抗老化医学会 会員• ・サーマクール認定医• ・日本再生医療学会 会員 アクセス 電車:東京メトロ銀座駅から 徒歩2分 住所:東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F 電話番号:03-6228-6617 7. 松倉クリニック(表参道) 院長:松倉知之 美容皮膚科医・形成外科医 得意分野 院長は、ボトックス、ブルーピール、レチノイン酸などを日本に導入したことで知られる。 パイオニア的な存在。 光・レーザー治療、ボトックスやヒアルロン酸注入の治療をはじめ、総合ホルモン補充療法などの 内科的アンチエイジングや 美容整形外科手術まで、豊富な選択肢の中から悩みに応じた適切な治療を行う。 美肌作りのほか、再生治療の研究もしています。 特に得意なのは、『ヒアルロン酸注射』です。 その中でも、 鼻筋のライン作りにおいては他の追随を許さないデザイン力! ちなみに、テレビでおなじみの西川史子ドクターが所属するクリニックです。 ・医学博士• ・日本形成外科学会会員(専門医)• ・日本美容外科学会会員(専門医)• ・日本整形外科学会会員• ・国際形成外科学会会員 アクセス 電車:東京メトロ表参道駅から 徒歩1分 住所:東京都渋谷区神宮前4-11-6 表参道千代田ビル9F 電話番号:03-5414-3600 8. まゆみクリニック(外苑前) 院長:戸佐眞弓 得意分野 ケミカルピーリングやレーザー治療を得意とするクリニック。 形成外科小手術と、皮膚科一般の保険治療を行う。 自費治療では、 シミ・シワ治療に有用な各種最新のピーリングやレーザー治療を導入している。 画像診断(VISIA)を活用したスキンケア相談も行っている。 また、ニキビ菌の産生物質も画像化できるので原因究明に役立ちます。 院長の経歴 昭和59年東京女子医科大学卒、医学博士。 ・院長の専門領域:ケミカルピーリング・レーザー治療・脱毛レーザー・スキンケア アクセス 電車:東京メトロ外苑前駅から 徒歩3分 住所:東京都港区南青山2-22-2 クインビル2F 電話番号:03-3404-0668 9. ミルディス皮フ科(北千住) 理事長:村上義之 得意分野 レーザーや光治療器、注入剤などで、 主にシミ・シワ・たるみ・毛穴の開きなどを治療。 院長の経歴 ウェルエイジングをめざす皆様のため、日々探求している皮膚の専門家。 ・日本皮膚科学会(専門医)• ・日本臨床皮膚科学会• ・日本美容皮膚科学会 など アクセス 電車:東京メトロ北千住駅から 徒歩3分 住所:東京都足立区千住3丁目98番地 千住ミルディス2番館3階 電話番号:050-3734-0692 まだある!おすすめ美容外科医 特におすすめの美容外科医を紹介しました。 でも、それ以外にも名医と呼ばれる美容外科医はたくさんいます。 先ほど紹介した方に加えておすすめな美容外科医と得意分野をまとめたので、こちらも参考にしてください。 院長 阿部圭子先生 (美容皮膚科医・皮膚科医) 肌荒れ・シワなどの肌質改善が得意。 レーザー・注入・栄養療法を駆使して肌の外と中から理想の肌へ。 総院長 浅見善康先生 (美容外科医) フラクショナルレーザーが得意。 毛穴の開きやニキビ跡に効果的。 大塚院院長 石井秀典先生 (美容外科医・形成外科医) スレッドリフトが得意。 メスを使わずに皮膚の下に糸を通したるみを引き上げる。 副院長 植村冨美子先生 (形成外科医) ヒアルロン酸注入が得意。 院長 片桐衣理先生 (美容皮膚科医・内科医) 毛穴引き締めレーザーが得意。 毛穴の中にコラーゲン生成を促す施術。 院長 亀山孝一郎先生 (皮膚科専門医) ディスポート注射が得意。 表皮細胞やコラーゲン増加にアプローチする注射で顔全体をリフトアップする。 医師 大島玄先生 (美容皮膚科医・婦人科医) サーマクールNXTが得意。 メスを使わずにリフトアップを狙えるサーマクールをその人の肌に合うようにアレンジする。 統括院長 鎌倉達郎先生 (美容外科医・外科専門医) プレミアムPRP皮膚再生療法が得意。 自分の血液から採取した血小板成分に成長因子を配合して注入し、肌を若返らせる再生療法。 シワ・クマ・ほうれい線を自然に改善。 院長 草野貴子先生 (形成外科医・美容皮膚科医) ボトックス・ヒアルロン酸注入が得意。 院長 久野慎一郎先生 (形成外科医) スマスアップが得意。 熱エネルギーと電気刺激により、ゆるんだ筋肉を収縮し、引き上げる治療法。 シワ・たるみ解消、小顔・美肌効果も。 総院長 高見洋先生 (皮膚科医・日本臨床抗老化医学会認定医) タカミ式ニキビ治療が得意。 ピーリングやオリジナルコスメを組み合わせた独自メニューでニキビ改善。 医師 高根歩美先生 (皮膚科医・サーマクール認定医) フォトシルクプラスが得意。 照射により、色素除去と同時にうぶ毛も除去し、毛穴をキュっと引き締める。 院長 千葉真美先生 (皮膚科医) ボトックス注入が得意。 レーザー・注入・栄養療法を駆使して肌の外と中から理想の肌へ。 院長 寺島洋一先生 (皮膚科医・形成外科医・日本形成外科学会認定専門医) ヒアルロン酸注入が得意。 院長 中村光伸先生 (整形外科医・美容皮膚科医・美容外科医) ヒアルロン酸・ボトックス注入が得意。 院長 中野あおい先生 (美容皮膚科医・美容内科医) グロースファクター・メソスキンが得意。 150種類もの成長因子を注入して皮膚再生能力をアップし、くすみと肌荒れを改善。 院長 萩島恭子先生 (美容皮膚科医) ボトックス注射が得意。 院長 藤本幸弘先生 (皮膚科医・米国レーザー医学会専門医) レーザー治療全般が得意。 院長 古市雅子先生 (美容皮膚科医・皮膚科医・麻酔科認定医) ヒアルロン酸・ボトックス注射が得意。 院長 松田就人先生 (美容皮膚科医・形成外科医・美容外科医) レーザートーニングが得意。 肝斑の最新レーザー治療です。 医師 吉澤智子先生 (美容皮膚科医) ヒアルロン酸・ボトックス注入が得意。 東京再生医療センター(東京) 医長 峯岸祐之先生 (形成外科医・美容外科医) 毛髪再生治療(サイモ)が得意。 ここでしか受けられない薄毛の再生治療で、発毛に必要な成長因子を注入し太い毛髪を再生する。 まとめ 以上、信頼できる医師のいる美容クリニックを紹介しました。 ほとんどのクリニックで、無料電話相談、無料メール相談などがあるのでどんどん活用して、クリニックを決めてくださいね。 美容治療の関連記事 「」 「」 「」 美容の関連記事 「」 「」 「」.

次の

東京美容外科のエラ削りってどう?口コミ評判を調査!

東京美容外科 評判

せっかく二重整形したのに「痛い」「とれる」なんていう失敗をしないためにも、TCBの悪い口コミを調べてみました! 「一重でまぶたが重い」「アイプチを卒業したい」「二重整形で失敗したくない」という方は要チェックです。 失敗?東京中央美容外科TCBの悪い口コミ評判まとめ TCB式1dayクイックアイ埋没法は切らないのに痛い? 「パッチリ二重になりたいけど、痛いのが怖い」という方も多いはず。 痛いという口コミを見ると、不安になってしまいますよね。 で人気の「1dayクイックアイ埋没法」は、切らない二重術。 まぶたの裏側で二重を留める手法なので、まぶたの表に傷をつける通常の埋没法より、痛みが少ないと評判です。 とはいえ、皮膚に糸を通すため、多少の痛みは生じます。 なかには「チクっとした痛みを感じた」「我慢できる程度だったが痛みはあった」という口コミも。 痛くないという口コミの方が圧倒的に多いTCBですが、痛みの感じ方は個人差があるため、一概に痛くないとは言い切れないようです。 ただ、TCBでは痛みの感じ方に合わせた対応ができるよう、麻酔のバリエーションを豊富に取り揃えています。 1人1人に合った、気分が落ち着くような麻酔の仕方をしてくれるので、大きな痛みは感じにくいでしょう。 麻酔の注射も超極細針で行い、痛点を避けた施術をしてくれます。 また、TCBは、術前カウンセリングが丁寧なことで有名。 整形する前は、不安なことがあって当然です。 TBCでは、不安を解消できるまで、医師がしっかり対応してくれます。 痛みはもちろん、傷跡やダウンタイムについてなど、不安なことは無料カウンセリングで納得できるまで相談しておきましょう。 カウンセリングは無料なので、相談して納得できてから施術を検討するのがおすすめです。 「1dayクイックアイ埋没法」の2点留めは、14,300円でできるため、かなり安いと評判。 しかし、まぶたの状態によっては、2点留めだけではきれいな二重にならないこともあります。 理想の二重にするためには、どうしても「まぶたの脂肪除去」や「切開」が必要になってしまう場合も。 そうなると、追加料金がかかってしまうため、思っていたより高くついてしまうこともあるようです。 適切な施術方法は、まぶたの状態によって異なります。 そのため、どれくらいの料金がかかるかの判断は、カウンセリングで確認するのが1番早いです。 カウンセリング自体は無料なので、まずはまぶたの状態を見てもらって、必要になる施術を確認してみるのがおすすめです。 基本的に、カウンセリングの時点で医師が適切な施術法を提案してくれるため、「二重がとれる」なんてことはありません。 万が一、二重がとれてしまった場合も、保証期間中であれば無料で再施術が可能です。 安くすませたいからといって、医師の意向を無視して2点留めにこだわると、失敗につながってしまうので注意しましょう。 ダウンタイムも少なく、術後すぐにメイクもできると評判です。 しかし、「1週間程度は腫れがあった」「ゴロゴロ感があった」という口コミもありました。 腫れるか腫れないかは、体質によっても異なります。 また、施術方法によってもダウンタイムにかかる時間が変わると思っておいた方がいいでしょう。 埋没法は、切開法に比べればダウンタイムが少ないですが、数日から1週間は腫れることもあると考えておいた方がいいかもしれません。 1dayクイック法には、「瞼板法」「挙筋法」の2種類があり、「瞼板法」の方が腫れが少ないといわれています。 ダウンタイムが気になる方は、「瞼板法」を選択するのも1つの方法です。 体質によっては腫れることもありますが、TCBでは施術後の腫れや違和感を感じた場合、すぐに診察してもらえます。 保証制度やアフターケアの体制が整っているため、万が一の場合も安心です。 正直、二重デザインの上手さは、医師によって異なります。 福岡院の村田院長は、「自然職人」といわれる名医。 「二重ならTCBの村田院長」といわれるほど口コミ評判で、自然でバレない二重にしてくれます。 外科医として技術が高いのはもちろん、デザインの美しさにもこだわり、徹底して腫れを抑えた施術を行ってくれるので安心。 福岡で二重整形を考えているなら、TCBの村田院長に相談してみるのがおすすめです。 TCB福岡院の公式ホームページやインスタグラムでは、実際に施術した症例写真を見ることができます。 理想の二重になれそうか、チェックしておきましょう。 福岡院では「Dr指名モニター」という、医師を指名できるモニターもあります。 条件が合えば、料金が100%オフになることも。 ただ、条件が合わなければ、モニター審査で断られたり、たいして安くならなかったりする可能性もあります。 InstagramやYouTubeなど、SNSのフォロワーが多い方は割引額が大きくなりやすいかもしれません。 ただ、モニターは、術前術後の写真や動画提供への協力が必要。 WEB上に写真が公開され、宣伝に使用されるというリスクを考えた上で応募しましょう。 料金重視で「とにかく安く二重整形したい!」という方は、モニターを使ってみるのもありです。 でも、初めての二重整形はどうしても迷ってしまいますよね。 失敗しないためにも、整形を受ける前に、まずは無料カウンセリングで不安なことを相談しておきましょう。 TCBのカウンセリングは丁寧なので、「痛みはないか」「どんなデザインにするか」「料金はどれくらいになるか」など、気になることに全て答えてくれます。 事前に納得できるまで確認しておくことで、後悔しない二重整形ができますよ。

次の