スカッと。 福田沙紀、『スカッとジャパン』で恐怖の“悪女”を怪演 『ライフ』監督と再タッグ:紀伊民報AGARA

痛快TV スカッとジャパン

スカッと

トメは子離れできず過干渉、しかも、息子を世話したいというならまだ理解できるのだけど ワタクシを大事にして!嫁より優先して!だってワタクシは母親ナノヨ!という人。 私や私実家を貶める発言も多く、うんざりした夫は親と距離を置いて私を守ってくれていた。 ところが、ウトが逝ったあと、トメが病気を理由に同居を要請してきた。 弱って老い先短い可哀そうなワタクシの面倒を全部見てね、家事や介護は嫁がきちんとすること!と。 夫は、本当に病気ならば必要な援助はするけど、そのような理不尽な要求には応じられないと、きっぱり同居を断った。 悲劇のヒロインになりきったトメは、夫の弟に泣きつき、義弟は 「兄貴は病気の母さんになんて仕打ちをするんだ、母さんは俺が面倒を見る」と大見えを切って、勝手に同居を決めてしまった。 慌てふためいた義弟嫁に泣きつかれ、夫と私が義弟を説得しようとしたら ここでトメが「恩知らずの長男ちゃんなんか、もう縁を切るわ。 私が死んだら、遺産は全部次男ちゃんに遺すわ」発言。 これを聞いた義弟嫁が突然掌返して同居をOKした。 夫実家の資産は、動産は大したことないけど、先祖代々受け継がれている広い土地と、古いとはいえ立派な造りの家がある。 なぜか義弟夫婦は、私たちが遺産惜しさに同居を止めさせたがっているのだと邪推し 義弟嫁にいたっては、自分から泣きついて来たくせに、私を悪者にして責め立ててきた。 バカバカしくなった私たちは手を引き、夫は「遺産などビタ一文要らん。 全部お前たちに任せた。 その代わり、何があってもこちらに迷惑掛けるな」と言い渡した。 義弟は妙なテンションで「俺が本家、兄さんたちは勘当」宣言し、3DKのマンションで引き取り同居開始。 その後3年間は、ウトの法事にすら呼ばれない、行っても拒絶されるほどの絶縁ぶりだった。 ところが去年、義弟嫁が私に泣きついてきた。 今更何を言うかと着拒してもよかったんだけど、つい気になって聞いてしまった。 いわく、義弟は親孝行な息子をしたがるが、実際の世話は義弟嫁に丸投げ。 思春期に突然好きでもない祖母との同居を強いられたせいか、息子の反抗期が酷い。 トメが病気で老い先短いと言うから我慢していたけど、都会の病院でよく調べたら全然大したことない病気だった… おまけにトメまで、自分のしたことは忘れきって、夫に愚痴電話をかけてきた。 「ここでは全然大事にしてもらえない、孫ちゃんは私のことを臭い、汚いと言うの、 この間はお友達に、『うちの婆に早く死んでほしい』って、真顔で言ってたのよぅ~」だと。 甥の精神状態が心配だけど、そのセリフにスカッとした気持ちも、少しだけある。 我ながら性格悪いと思うけど。 こんな状態で、義弟が考え付いた解決策が、今は空き家になっている実家をリフォームして人に貸し、 ついでに広い庭の半分を潰して駐車場にして、収入を得る事。 それで息子の進学資金を確保し、小遣いもあげれば、全部お祖母ちゃんのお陰だと感謝して、仲良くなるに違いない!というのが、義弟の「名案」だったらしい そして相変わらず暴走ぎみの義弟は、またしても相談もなく実行開始…したところで判明した衝撃の事実。 土地も家も、所有者はウト兄だった。 ウト父が亡くなった時、ウトが貯金を、ウト兄が不動産を継いだが、 遠方に転居する兄に代わって家と庭の手入れをすることを条件に、格安の地代・家賃でウトメが住むことになったというような話だった。 書類関係もきちんと揃っており、嘘でも間違いでもなかった。 このことは、息子たちにはきちんと伝えるという約束になっていたが、 ウトはそんな話まったくしておらず、むしろ自分のものとして土地屋敷を自慢していた。 トメは事情を知ってるはずだったのに、脳内で話が都合よく書き換えられていた。 義弟は夫に、「兄貴は全部知っていたんだろう、汚いぞ」と喰ってかかったけど 「知るわけないだろう。 だいたい、登記がどうなっているか、固定資産税の支払はどうなのか、ちゃんと確認しろと言っても 大丈夫~大丈夫~という母さんの言葉を鵜呑みにしたあげく、 浅ましい事を言うなと俺を責めたのはお前と嫁だろうが」と言われ、真っ赤になって黙った。 かなりスカっとした。

次の

福田沙紀、『スカッとジャパン』で恐怖の“悪女”を怪演 『ライフ』監督と再タッグ:紀伊民報AGARA

スカッと

女優の福田沙紀が、6日放送のフジテレビ系バラエティー番組『痛快TV スカッとジャパン』(毎週月曜 後8:00)のショートドラマ『恐怖の悪女!ナゾの行動の真相』に初登場。 演出は福田が2007年に出演し、悪女ぶりが話題を呼んだドラマ『ライフ』の谷村政樹監督が担当。 13年の時を経て、福田が怪演をみせる。 1人暮らしをしていた看護師の瀬川梨子(大友花恋)のところに、下の階に引っ越してきたという三田冬香(福田)があいさつに来る。 ある日、ベランダで洗濯物を干していた梨子が誤ってハンガーを下の階に落としてしまう。 下の階の三田を訪ねると、壊れたハンガーを渡されるも「壊れていましたよ」と言う三田に、渋々引き返す梨子。 しかしその夜…「拾ってやっただけありがたいと思えよ」と下の階から声が聞こえてくるような気がするのだ。 自分に対する言葉のように聞こえ不安に思っていた梨子だったが、次の日、さらなる恐怖が襲いかかる。 仕事をしていた梨子の前に3ヶ月前から働いていると言い、同じ看護師の制服を着た三田が姿を現す。 あまりの偶然にますます恐怖を感じる梨子だったが、昨晩の声の事を三田に訪ねると「寝言じゃないですか」とはぐらかされてしまう。 だが、その夜も寝ようとすると下の階からまるで梨子に言っているかのような罵声が聞こえてくる。 そんな事が毎晩のように続き、眠れない日々が続くようになるのだが…。 恐怖の展開にスタジオで見ていた村上佳菜子は「鳥肌が立つくらい怖かったですね」とドラマを絶賛。 3時のヒロインのかなでは「もうすぐ初めて1人暮らしをするんですけど…」と言葉に詰まると、司会の内村光良から「ごめんね」と謝られる場面も。 福田がどのような悪女ぶりをみせるのか、見どころとなる。 『ライフ』について福田は「本当にたくさんの反響をいただき、共に戦った強い印象のある作品となりました」と思い入れを語り、「今回、谷村監督と悪役を!ということで撮影が決まってからワクワクしていました。 また、最近はリモートでのお仕事も多かったので、改めて、実際に対面出来る喜びも感じました」と再タッグに感激していた。 「谷村監督の演出を受け、表情や声のトーンなど一つ一つ細かく確認しながら挑みました。 もっともっと撮影していたかったほど和やかで楽しい現場でしたのでみなさんにも楽しんで見ていただけたらうれしいです!」とコメントを寄せている。

次の

スカット

スカッと

(単位:mm) 品番 容量 幅 奥行 高さ 肉厚 重量 マンホール内径 備考 スカット1200 1,200 1,270 1,400 1,200 7. 0 56. 3 380 スカット1000 1,000 1,200 1,200 1,155 7. 0 48. 5 380 スカット600 600 1,150 1,200 820 6. 0 26. 5 380 スカット500 500 880 1,090 935 5. 0 22. 1 380 スカット300 300 750 935 830 4. 0 16. 5 280 スカット200 200 750 935 680 4. 0 13. 5 280 スカット100 100 560 735 600 4. 0 10. 3 320 ・フォークリフト使用時はパレットをお使いください。 ・受け台は消耗品のため、お取替えの場合は販売店までご相談ください。 ・薬品の運搬、比重が1. 0を超えるもの、その他特殊な液体等をご使用の場合は当社営業部または販売店までお問い合わせください。 ・ご使用前に、必ず水張りテスト及び水洗いをお願いします。 特にバルブ、ドレン口の水漏れが無いことを確認してください。 ・タンク本体の目盛りは目安としてご使用ください。 ・据付設置、埋設用にはご使用にならないでください。 ・運搬時にはしっかりロープをかけて、マンホールはしっかり締めてください。 ・保管は子供が近づかない所にし、マンホールはしっかり締めてください。 ・エンジン、モーターなど発熱するものや排気ガスなどが直接当たらぬようにしてください。 ・ドレンのネジは弊社規格のため専用部品のみの取り付けとなります。 市販のバルブ等を直接取り付けることはできません。

次の