ジューシー 餃子 作り方。 ひと手間で ジューシー餃子 作り方・レシピ

餃子をジューシーにするレシピ!プロが作る本格餃子レシピも紹介

ジューシー 餃子 作り方

餃子をジューシーに仕上げる一工夫 餃子をジューシーに仕上げるにはどんな一工夫がいるのでしょうか。 タネにスープを入れる• 肉だけを先によく捏ねる• 野菜の下処理をきちんとする• タネに牛脂を入れる タネにスープを入れる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 タネにスープを入れることです。 鶏ガラスープの素をぬるま湯に溶かしたものでもいいですよ。 スープ以外にも、調味料の味付けによっては水を加えるレシピもあります。 タネに水分を多く含ませることで、噛んだ時にじゅわーっと肉汁の出る食感になります。 ひき肉だけを先によく捏ねる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 ひき肉と調味料だけを先によく捏ねることです。 ひき肉と調味料をボウルに入れて、粘りが出るまでよく錬り合わせます。 スープや水を加えているので柔らかいタネになりますが、それをしばらく冷蔵庫で寝かせると肉に水分が吸収されます。 包む直前に野菜を加えて混ぜるようにしましょう。 野菜の下処理をきちんとする 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 野菜の下処理です。 野菜はキャベツや白菜が中心になりますが、これらは水分を含んでいるのでそのまま使うとみずっぽいタネになってしまいます。 荒くみじん切りしたキャベツや白菜に塩をふり、10分ほどおいてから水気をよく絞ります。 こうすることで野菜の水分が抜け、タネと合わせた時にも味がなじみやすくなるんですよ。 ニラは水抜きは必要ないので、刻んですぐに混ぜ合わせてましょう。 ひき肉と野菜を混ぜすぎないように合わせ、すぐに包んでいくのがポイント。 タネに牛脂を入れる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 タネに牛脂を入れることです。 牛脂でなくても、脂を加えることでじゅわっと肉汁がほどよく脂をもって出てきますよ。 牛脂はスーパーによっては売っているところもありますし、お肉を買えばついてくるところもあります。 豚の背脂ミンチが売っていれば、豚ミンチと混ぜて使うのもいいですね。 牛脂は冷凍保存しておけるので、多めに手に入ったら冷凍庫で保存しましょう。 牛脂が手に入りにくい場合、ごま油を入れるレシピもあります。 肉汁あふれるジューシー餃子レシピを大公開! 肉汁があふれ出るジューシーな餃子、食べたいですよね。 そんな餃子レシピを公開しましょう。 材料50~60個分:ひき肉300g、キャベツ400g、ニラ1束、しょうが・にんにく一片ずつ。 調味料:酒大1、醤油大1、オイスターソース大1、鶏ガラスープ 顆粒ならお湯で溶いて冷ましたもの 60cc~100cc、ごま油小2、塩コショウ適量。 まずはひき肉と調味料を 粘りが出るまでよく混ぜて、冷蔵庫で30分くらい寝かせておきます。 キャベツはみじん切りにし、塩を振って水抜きをします。 しょうが・にんににくはみじん切りorすりおろし、隠し味に砂糖を小1混ぜてもOK。 包む直前に寝かせておいた肉のタネと野菜を優しく混ぜます。 キャベツはよく絞って 包んだらすぐに焼いていきましょう! ジューシー&パリパリの餃子にするには焼き方がカギ 次に焼き方のポイントを見ていきましょう。 油をひかずにくっつかないフライパンに並べる• 水ではなく熱湯を入れる• 最後に油をたらす 油をひかずにくっつかないフライパンに並べる ジューシー&パリパリ餃子にするには、 くっつかないフライパンで焼くのがポイントです。 フッ素樹脂加工やテフロン加工がおすすめ。 フライパンに 油をひかずに焼き始めます。 先に餃子を並べてから火をつけましょう。 鉄などの油が要るフライパンの場合は、先に油をひいてなじませておくと焼きやすくなります。 焼き目がついたら熱湯を入れる ジューシー&パリパリ餃子にするには、蒸す時に水ではなく 熱湯を入れるのがポイントです。 水を入れると温度が下がり、皮がふやふやの餃子になってしまうので注意しましょう。 最後に油をたらす ジューシー&パリパリ餃子にするには、 最後に油をたらすのがポイントです。 水分がほとんど飛んで、音が変わってきたら仕上げの合図。 フタをあけ、ごま油 もしくはサラダ油 をまわりからまわしかけてパリっとなるように焼き上げます。 肉汁あふれるジューシー餃子レシピ5選 それではいよいよ肉汁あふれる餃子レシピを紹介していきます。 スープがミソのジューシー餃子レシピ• プロの味!?ジューシー餃子レシピ• 白菜の浅漬けでジューシー餃子レシピ• ラム肉を使ったジューシー餃子レシピ• 定番の材料に鶏ガラスープ100cc 顆粒の場合お湯にといたもの を用意します。 ひき肉200gあたりの量ですので、たくさん作る場合は計算して増やして作りましょう。 先にひき肉と塩コショウ、そしてスープをよく混ぜ冷蔵庫で30分ほどねかせるのがコツです。 最初混ぜる時スープが多くて戸惑うかもしれませんが、混ぜているうちに お肉がスープを吸っていくので大丈夫ですよ。 粘りが出るまで混ぜましょう。 あとは野菜と混ぜて包んで焼くだけです。 材料は基本のレシピですが、酒はあれば紹興酒を使ってみるとよいですよ。 なければ普通の酒でOKです。 ひき肉と調味料、スープをよく混ぜたら最後に野菜を合わせます。 野菜を入れたらあまり捏ねすぎないように注意しましょう。 最後に 片栗粉でタネをコーティングするのがコツです。 タネの水分から皮を守ってくれます。 包んだらすぐに焼くようにしましょう。 餃子の定番野菜はキャベツとニラですが、 白菜の浅漬けを使っても美味しくなります。 ひき肉と調味料は初めによく混ぜます。 にんにくは使わず、しょうがのおろし汁を入れるのがポイント。 隠し味に砂糖を少しいれます。 白菜の浅漬けは、水にさらして辛くない程度に塩抜きしておきましょう。 タネに粘りがでたら、キャベツのかわりに粗微塵切りにした白菜の浅漬けを入れます。 ニラと長ネギも追加し、やさしく肉と混ぜ合わせましょう。 あとは包んで焼くだけです。 定番餃子も、少しの工夫で違った出来上がりになりますよ。 定番餃子は豚のひき肉を使いますが、 ラム肉でも旨味のつまったジューシーな餃子が出来ます。 材料は定番餃子と同じでですが、追加でパクチーかミントを少々用意しておくといいですね。 ラム肉の独特の臭みを消してくれる役割です。 ラム肉のひき肉はなかなかないので、薄切り肉やこま切れを買って包丁で刻むかフードプロセッサーで細かくしましょう。 あとは肉を調味料を先によく混ぜて寝かせるのは同じです。 ラム肉は 体を温める効果やアンチエイジングの効果があるので、冷え性の女性にもおすすめですよ。 ひき肉は鶏を使います。 鶏もも肉のミンチがジューシーさを出してくれるのでおすすめですよ。 他の材料は定番餃子のほぼ同じで、ニラは入れますがにんにくは使いません。 鶏ガラスープを先にひき肉に混ぜ込むのも同じ要領で行います。 スープをよくタネに含ませてから、野菜や小梅の刻んだもの、大葉を加えて包みます。 小梅と大葉でさっぱりなのに、もも肉の脂の旨味も感じられるレシピです。

次の

餃子をジューシーにするレシピ!プロが作る本格餃子レシピも紹介

ジューシー 餃子 作り方

パリッ!モチッ!ジューシーな焼き餃子を作るには? パリッ、モチッとした皮を噛むと中から肉と野菜のうま味たっぷり、ジューシーな肉汁が溢れ出る…。 餃子はまさにおかず界の「小宇宙」。 無限の可能性を秘めています。 焼き・茹で・蒸し・揚げ、調理法だけでもまったく違ったものになってしまうのも魅力のひとつですよね。 今回はビールにもご飯にも合う! 甘みのある白菜をたっぷり使った「パリパリ羽根つき焼き餃子」の作り方をご紹介します! 具材や調味料を入れる順番、きれいな餃子の包み方、美味しい焼き方、羽根の作り方も詳しく画像付きで解説します。 ちょっとしたコツで格段に美味しい焼き餃子が作れますよ! 【1】豚肉選び ジューシーな仕上がりが好きだったら脂身が多いバラ肉。 少しあっさりとしたのが好きならバラ肉にロース肉を合わせても。 もっとこだわる人はかたまり肉を包丁で叩いてミンチに。 鮮度も風味も自分で行った方が格段にいいし、自分好みのミンチ具合に調整できるからいいですよね。 ごろっとした肉感が残っている餃子も美味しいですよ。 【2】白菜にする?キャベツにする? 味の決め手のひとつが野菜。 水分量が多いので塩揉みをして水分を絞らないと肉ダネがベチャッとなってしまう。 水分を絞らなくてもOK。 冬になると白菜派、春になるとキャベツ派が多くなる傾向です! やはり旬のものを使いたくなりますよね。 【3】餃子のきれいな包み方 餃子で難関に思えてしまうのが「包み」ではないでしょうか。 肉ダネがはみ出してしまったり、焼いている途中に開いてしまったり…。 でも要領さえ覚えればあとはひたすら繰り返すだけ! 簡単できれいな包み方をレシピでご紹介します。 ちなみになぜ餃子は皮に「ひだ」を付けて包むかご存知ですか? 昔の中国で使われていた馬蹄銀(ばていぎん)という銀でできたお金に似せて「ひだ」を付けて作られたそうです。 見た目の良さもさることながら「ひだ」があることで皮がはがれにくくなる上、伸縮性も出るので焼いている途中に皮が破れてしまうのを防ぐ効果があるんですよ。 【4】上手な焼き方とパリパリの羽根 具材の配合と包み方が完璧でも、焼きを失敗してしまうと台無しです! 焦げた…、ブヨブヨの水っぽい餃子になった…、羽根がパリパリにならない…。 白菜はみじん切りにして塩ふたつまみ 分量外 をふり、塩揉みをして10分置いて水気をよく絞る。 青ネギは小口切りにする。 【肉ダネを作る】 2. 豚ひき肉に塩を加え、粘り気が出るまでよく混ぜる。 【A】を加えて全体になじんだら、青ネギと白菜をざっくりと混ぜる。 【包む】 3. 餃子の皮の中心に肉ダネをのせ、余白の上部分だけに水を少し付ける。 左手の人差し指で皮を右側に押して、右手の親指と人差し指で押された皮をつまむ様につけて4~5か所、間隔を開けて繰り返す。 下を平らにして、全体の形を整える。 【焼く】 4. フライパンに胡麻油・大さじ2をひき、餃子を並べたら中火で4分加熱する。 混ぜた【B】を加え、蓋をして3分、蒸し焼きにする。 しっかりした羽根がお好きな方は薄力粉を大さじ1へ変更してください。 今回ご紹介した基本の餃子レシピを参考にいろいろとアレンジして楽しんでいただければ幸いです! ちなみにオススメのアレンジ具材をご紹介しますね! まずは豚肉を「鶏肉」に代えてあっさりとした餃子にしても美味しいですよ。 野菜は白菜、キャベツ、ニラが一般的ですが、「香味野菜」もオススメです。 一番は「玉ねぎ」! 水分が出やすいので、みじん切りにしたらレンジで加熱して火を通し、水分を絞ってから肉ダネと混ぜて下さいね。 美味しい風味がプラスされて、ジューシーな仕上がりになりますよ。

次の

餃子のレシピ(作り方)

ジューシー 餃子 作り方

餃子をジューシーに仕上げる一工夫 餃子をジューシーに仕上げるにはどんな一工夫がいるのでしょうか。 タネにスープを入れる• 肉だけを先によく捏ねる• 野菜の下処理をきちんとする• タネに牛脂を入れる タネにスープを入れる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 タネにスープを入れることです。 鶏ガラスープの素をぬるま湯に溶かしたものでもいいですよ。 スープ以外にも、調味料の味付けによっては水を加えるレシピもあります。 タネに水分を多く含ませることで、噛んだ時にじゅわーっと肉汁の出る食感になります。 ひき肉だけを先によく捏ねる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 ひき肉と調味料だけを先によく捏ねることです。 ひき肉と調味料をボウルに入れて、粘りが出るまでよく錬り合わせます。 スープや水を加えているので柔らかいタネになりますが、それをしばらく冷蔵庫で寝かせると肉に水分が吸収されます。 包む直前に野菜を加えて混ぜるようにしましょう。 野菜の下処理をきちんとする 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 野菜の下処理です。 野菜はキャベツや白菜が中心になりますが、これらは水分を含んでいるのでそのまま使うとみずっぽいタネになってしまいます。 荒くみじん切りしたキャベツや白菜に塩をふり、10分ほどおいてから水気をよく絞ります。 こうすることで野菜の水分が抜け、タネと合わせた時にも味がなじみやすくなるんですよ。 ニラは水抜きは必要ないので、刻んですぐに混ぜ合わせてましょう。 ひき肉と野菜を混ぜすぎないように合わせ、すぐに包んでいくのがポイント。 タネに牛脂を入れる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 タネに牛脂を入れることです。 牛脂でなくても、脂を加えることでじゅわっと肉汁がほどよく脂をもって出てきますよ。 牛脂はスーパーによっては売っているところもありますし、お肉を買えばついてくるところもあります。 豚の背脂ミンチが売っていれば、豚ミンチと混ぜて使うのもいいですね。 牛脂は冷凍保存しておけるので、多めに手に入ったら冷凍庫で保存しましょう。 牛脂が手に入りにくい場合、ごま油を入れるレシピもあります。 肉汁あふれるジューシー餃子レシピを大公開! 肉汁があふれ出るジューシーな餃子、食べたいですよね。 そんな餃子レシピを公開しましょう。 材料50~60個分:ひき肉300g、キャベツ400g、ニラ1束、しょうが・にんにく一片ずつ。 調味料:酒大1、醤油大1、オイスターソース大1、鶏ガラスープ 顆粒ならお湯で溶いて冷ましたもの 60cc~100cc、ごま油小2、塩コショウ適量。 まずはひき肉と調味料を 粘りが出るまでよく混ぜて、冷蔵庫で30分くらい寝かせておきます。 キャベツはみじん切りにし、塩を振って水抜きをします。 しょうが・にんににくはみじん切りorすりおろし、隠し味に砂糖を小1混ぜてもOK。 包む直前に寝かせておいた肉のタネと野菜を優しく混ぜます。 キャベツはよく絞って 包んだらすぐに焼いていきましょう! ジューシー&パリパリの餃子にするには焼き方がカギ 次に焼き方のポイントを見ていきましょう。 油をひかずにくっつかないフライパンに並べる• 水ではなく熱湯を入れる• 最後に油をたらす 油をひかずにくっつかないフライパンに並べる ジューシー&パリパリ餃子にするには、 くっつかないフライパンで焼くのがポイントです。 フッ素樹脂加工やテフロン加工がおすすめ。 フライパンに 油をひかずに焼き始めます。 先に餃子を並べてから火をつけましょう。 鉄などの油が要るフライパンの場合は、先に油をひいてなじませておくと焼きやすくなります。 焼き目がついたら熱湯を入れる ジューシー&パリパリ餃子にするには、蒸す時に水ではなく 熱湯を入れるのがポイントです。 水を入れると温度が下がり、皮がふやふやの餃子になってしまうので注意しましょう。 最後に油をたらす ジューシー&パリパリ餃子にするには、 最後に油をたらすのがポイントです。 水分がほとんど飛んで、音が変わってきたら仕上げの合図。 フタをあけ、ごま油 もしくはサラダ油 をまわりからまわしかけてパリっとなるように焼き上げます。 肉汁あふれるジューシー餃子レシピ5選 それではいよいよ肉汁あふれる餃子レシピを紹介していきます。 スープがミソのジューシー餃子レシピ• プロの味!?ジューシー餃子レシピ• 白菜の浅漬けでジューシー餃子レシピ• ラム肉を使ったジューシー餃子レシピ• 定番の材料に鶏ガラスープ100cc 顆粒の場合お湯にといたもの を用意します。 ひき肉200gあたりの量ですので、たくさん作る場合は計算して増やして作りましょう。 先にひき肉と塩コショウ、そしてスープをよく混ぜ冷蔵庫で30分ほどねかせるのがコツです。 最初混ぜる時スープが多くて戸惑うかもしれませんが、混ぜているうちに お肉がスープを吸っていくので大丈夫ですよ。 粘りが出るまで混ぜましょう。 あとは野菜と混ぜて包んで焼くだけです。 材料は基本のレシピですが、酒はあれば紹興酒を使ってみるとよいですよ。 なければ普通の酒でOKです。 ひき肉と調味料、スープをよく混ぜたら最後に野菜を合わせます。 野菜を入れたらあまり捏ねすぎないように注意しましょう。 最後に 片栗粉でタネをコーティングするのがコツです。 タネの水分から皮を守ってくれます。 包んだらすぐに焼くようにしましょう。 餃子の定番野菜はキャベツとニラですが、 白菜の浅漬けを使っても美味しくなります。 ひき肉と調味料は初めによく混ぜます。 にんにくは使わず、しょうがのおろし汁を入れるのがポイント。 隠し味に砂糖を少しいれます。 白菜の浅漬けは、水にさらして辛くない程度に塩抜きしておきましょう。 タネに粘りがでたら、キャベツのかわりに粗微塵切りにした白菜の浅漬けを入れます。 ニラと長ネギも追加し、やさしく肉と混ぜ合わせましょう。 あとは包んで焼くだけです。 定番餃子も、少しの工夫で違った出来上がりになりますよ。 定番餃子は豚のひき肉を使いますが、 ラム肉でも旨味のつまったジューシーな餃子が出来ます。 材料は定番餃子と同じでですが、追加でパクチーかミントを少々用意しておくといいですね。 ラム肉の独特の臭みを消してくれる役割です。 ラム肉のひき肉はなかなかないので、薄切り肉やこま切れを買って包丁で刻むかフードプロセッサーで細かくしましょう。 あとは肉を調味料を先によく混ぜて寝かせるのは同じです。 ラム肉は 体を温める効果やアンチエイジングの効果があるので、冷え性の女性にもおすすめですよ。 ひき肉は鶏を使います。 鶏もも肉のミンチがジューシーさを出してくれるのでおすすめですよ。 他の材料は定番餃子のほぼ同じで、ニラは入れますがにんにくは使いません。 鶏ガラスープを先にひき肉に混ぜ込むのも同じ要領で行います。 スープをよくタネに含ませてから、野菜や小梅の刻んだもの、大葉を加えて包みます。 小梅と大葉でさっぱりなのに、もも肉の脂の旨味も感じられるレシピです。

次の