オクラ の ゆで 時間。 オクラの下処理、ゆで方とゆで時間は?レンジでも簡単にできる!

30秒ゆでて漬けるだけ!「オクラのゆずこしょう漬け」 #今日の作り置き

オクラ の ゆで 時間

オクラのゆで方、ゆで時間 まずはオクラをゆでる前のしたごしらえから。 オクラにはヘタ・ガクとうぶ毛がありますので、気になる方はそれらを取ってください。 うぶ毛は表面をこすって落とします。 オクラどうしをこすり合わせるように揉んだり、まな板の上で転がす(板すりと言います)ようにすれば良いです。 ヘタ・ガクついては、ガクのみ切り落とし、ヘタは残すようにしたほうがゆでた時に中が水っぽくならなくて良いです。 時間がない、面倒という場合はうぶ毛やガクを残したまま茹でてもOKですよ。 ゆで時間は2分が基本 オクラゆで方は、小さじ一杯程度の塩を入れ、沸騰させたお湯に入れます。 ゆで時間は2分が基本です。 固めが好きな方は1分半程度で好みに合わせてゆで時間を調節してください。 ゆで時間が少ないと固いうえに、ネバネバが少なくなります。 また、ゆですぎると、ネバネバの成分が外に出てしまい、栄養価が落ちます。 ゆでた後は、ザルにあけて水気を切り、冷まします。 水にさらさず、そのまま冷ますほうが良いです。 Sponsored Links オクラの栄養とその効能は? ネバネバが特徴のオクラですが、ネバネバしたものは体に良さそうな印象がありますよね。 では、オクラにはどのような栄養とその効能があるのでしょう? オクラの栄養価 まず、オクラのネバネバには ガラクタン、アラバン、ペクチンという成分が含まれます。 これらには、動脈硬化の予防や、コレステロール・血糖値の上昇おさえるといった成人病予防の効果や、便秘や下痢を解消する整腸作用の効能あります。 その他にも ナトリウム、カルシウム、各種ビタミンも含まれ、 栄養価とその効能が高い野菜なのです。 オクラの旬は6月~8月 オクラは 6月・7月・8月に旬を迎える夏野菜です。 鹿児島県を中心に九州・四国地方で多く生産されています。 ハウス栽培やタイなどの東南アジアからの輸入もあり、比較的季節を通して入手しやすい野菜と言えます。 __________ 我々の食生活には野菜、特に緑黄色野菜が不足しがちと言われます。 そんな中オクラは値段も手ごろで入手もしやすく、さらには栄養とその効能も豊富と、良いとこだらけの野菜かもしれません。 ゆでてそのままサラダにのせても良いですし、刻んでゴマやかつお節、納豆などとまぜても楽しめます。 意外にも味噌汁の具にもなるんですよ。 栄養・効能の豊富な旬のオクラを積極的に食べることは、夏の暑さをのり切る食材の1つの方法かもしれませんね。 <関連記事>.

次の

オクラの茹で時間は何分?レンジでもOK?ヘタも食べられる? | 野菜の知恵袋

オクラ の ゆで 時間

スポンサーリンク オクラの下処理方法!ヘタは食べられる? オクラは調理前に下処理をすべき野菜ですが、ちゃんと下処理すればヘタも美味しく食べられます。 オクラを茹でる前、下処理の方法は以下のとおり。 1、オクラのヘタを食べやすくする オクラはガクと呼ばれる少し硬い部分をとれば、ヘタ自体は食べられます。 下処理の際はヘタについているガクの部分を、くるりと包丁で削るようにとればOK! ガクは口に残り後味が悪くなるので下処理で取り除くべきですが、面倒なら取らないで食べることもできます。 2、オクラの産毛をとる 産毛は動画のように生のオクラを塩もみすると簡単に取れます。 産毛取りで使った塩は茹でる時にもそのまま使えるので、洗い流す必要はありません。 塩もみする前、あらかじめオクラの表面を洗っておくといいでしょう。 もし塩を洗い流してしまった場合は、茹でる時に塩小さじ1を沸騰したお湯に入れてください。 オクラがしっかりと浸かる量のお湯を沸かす• 下処理後、塩が付いたままのオクラを入れる(オクラを入れた後、冷やす用の氷水を作る)• 2分~2分半ほど茹でた後、あらかじめ用意しておいた氷水で急速に冷やす• 冷えればざるなどにあげる オクラの茹で時間は2分~2分半がベストで、長すぎるとふにゃっとした食感になり美味しく頂けません。 最後に氷水でしめることで、• 余熱で中まで火が通ってしまうのを防ぐ• 鮮やかな色がキープできる といった効果を得られます。 氷がなくて急速に冷やせない場合は茹で時間を1分半~2分に短縮し、ざるで冷ますのがおすすめです。 オクラはレンジでも調理できる?加熱は何分? 軟らかくなりすぎたり焦げ付いたりが心配かもしれませんが、レンジ調理でもオクラは美味しく食べられます。 オクラのレンジ調理はお湯で茹でるより時間や手間がかからず、栄養も抜け落ちないのでおすすめ!。 レンジでチンする手順も簡単です。 オクラの下処理後、塩を洗い流す• 重ならないようにオクラをお皿に乗せ、ラップする• 1袋分(オクラ約7~8本)を600Wで1分加熱して完成 レンジ調理はお湯と違って茹でないのでオクラが水っぽくならず、本来の風味を楽しめます。 オクラのおひたしなどオクラメインの献立にするなら、お湯で茹でるよりレンジ調理した方が美味しくなるはずです。 まとめ オクラのヘタは食べにくいガクの部分さえ取り除けば、残りの部分は食べられます。 下処理後の茹でる時間は2分~2分半がベストで、これより長いと食感が失われるので要注意。 レンジでチンすれば約1分で料理でき、茹でた時のように水っぽくならないのでおすすめですが、加熱時間はオクラの量やレンジの機種によって若干変わります。 始めは1分に設定して硬さをみて、10秒単位で追加加熱しながら好みの堅さに調整してくださいね。

次の

オクラの茹で時間は何分?レンジでもOK?ヘタも食べられる? | 野菜の知恵袋

オクラ の ゆで 時間

オクラの下処理を簡単に!ネットや塩を使った産毛の取り方 まず、オクラの下処理でやっておきたいのがチクチクする「産毛」を取る事です。 オクラには、こんな感じで触ると痛い無数のうぶ毛が生えています。 特に路地物の野菜は産毛が固く、そのまま食べると食感が悪くなってしまうんですね。 まな板の上にオクラを乗せて塩を適量ふり、オクラをゴロゴロとこすりあわせる「板ずり」というやり方をすると、産毛が取れるのですが・・・ この方法だと、オクラによっては産毛が手に刺さって痛い時がありますし、オクラも思うようにとげが取れないことがあるんです。 そこで、活躍するのが「オクラが入っているネット」です。 スーパーなどで売られているおくらはネットに入っていますが、そのネットを使ってネットごとまな板の上でゴロゴロすると、産毛が簡単に取れるんです。 ) 1分ほど転がした後は、水で流してすすぐと、いい感じに産毛が取れています。 このヘタは、正直とっても取らなくてもどちらでも良いのですが、取ってから茹でた方が、茹で上がりに丸ごと食べられますし、仕上がりも綺麗に見えます。 ただ、この時にばっさりヘタを包丁で切ってしまうと、オクラの中にお湯が入って、オクラのネバネバがゆで汁の中に出てしまうんですね。 茹でた後にオクラ全体がネバネバしてしまいますし、全体的に柔らかすぎてべちゃべちゃの茹で上がりになってしまいます。 そこでおすすめなのが、鉛筆削りのようにヘタを斜めに削る方法です。 このように、オクラのヘタの付け根に包丁をあてて、ヘタに沿って包丁を入れていき、斜めに皮をむくようにすると、ヘタの固い部分だけが綺麗に取れます。 オクラの量に合わせて、フライパンやお鍋にたっぷりのお湯を沸かして、お塩を一つまみほど入れ、オクラを投入します。 この時に、あまりにも皮が固い場合は、オクラの皮につまようじで穴を開けると、中まで火が通りやすくなります。 また、オクラの皮がぱんぱんに膨れて破裂することもなくなるので、ほんの少し穴を空けておくと綺麗に仕上がります。 色が全体的に鮮やかな緑になってきたら茹で上がりの目安です。 市販のものですと約1分30秒から2分ほど。 皮が固い物だともう30秒ほど茹でる感じです。 ヘタの下の部分をつまようじで差してみて、簡単に突き通せるようなら大丈夫です。 オクラは生でも食べられるお野菜なので、堅めのシャキシャキした食感が好きな場合は短めに、しっとりネバネバがお好きな時は長めに・・と調節されてくださいね。 茹で上がりはざるにあげてそのまま冷ますのですが、この時も余熱で柔らかくなります。 あまり茹ですぎるとここでしんなりなり過ぎてしまうので、茹ですぎてしまった時は冷水につけて冷ました方が美味しくなりますよ。

次の