魔女 の 宅急便 ジジ 喋れ ない。 魔女の宅急便/ジジが途中から話せない!なんで喋れなくなったの?

魔女の宅急便・ジジの最後の言葉の意味は?なんで喋れなくなったのかについても

魔女 の 宅急便 ジジ 喋れ ない

明 元 る マ た 気 く ジ 黒 ま で て ョ い に 前 子 服 凹 向 さ 着 む き | た ん 🌸🌸🌸🌸🌸🌸 🎀今夜9時🎀 🌸🌸🌸🌸🌸🌸 — アンク@金曜ロードSHOW! 大人になったからなんだとはわかるんだけど、切ない😭 — こもり 丁寧に暮らす引きこもり komohikifun 成人式は、すでに東京で働いていたので、出席しなかったですね。 その代わり、上京する前日に観た『魔女の宅急便』を観返しました。 ジブリでいちばん好きなんですよ、とくに、最後にジジと話せなくなるところが。 成長には代償がともなうものだよっていうメッセージ、さすがだと思います。 テレビでその事を知ったキキはトンボの元へ。 ホウキはなかったため、デッキブラシを借りて、空を飛ぶことの成功(魔力を失っていたが力を発揮した) なんとかデッキブラシを操り救出に成功。 街の人気者になり称賛され幕を閉じます。 最後の最後では、ジジが猫の鳴き声を発すると、涙ながらにキキがほほに引き寄せます。 そして、物語は終焉を迎えます。 この最後の鳴き声(言葉)は「自分の想いで必死にモガいてよく頑張ったね。 あとは自分の力で前を向いて進みなさい」という意味があると考察します。 なぜ、こんなに見守るような、まるで親のような発言なのかは、なぜジジが途中から喋れなくなったのかに本当の意味は隠されています。 なんで喋れなくなったのかについても 魔女の宅急便。 好きなセリフと場面がいっぱいある。 その時々でぐっとくる場面や言葉が全然違う。 じたばたする。 なんでなんで最後までジジの言葉分からんのや。 そしてなんでそれをキキは受け入れられるんや。 大人になるって寂しい。 大人になるって嬉しいけど寂しい。 寂しい。 なんでジジは喋れなくなったの? それともキキが聞けなくなったの? 最後は魔力も戻ったし、聞こえてもいいのに。 ニコニコして見れる映画でした。 — タク from ダイタク daitakutaku ジジが喋らなくなった理由は様々な憶測がありますが、監督である宮崎駿さんは正式にジジが喋らなくなったことについて言及しています。 「ジジの声はもともとキキ自信の声で、キキが成長したためジジのこえが必要なくなった。 変わったのはジジではなくキキ。 」 ジジは最初から人間の言葉を喋っているようですが、実はそうではなくキキ自信の声だったという事です。 最後、デッキブラシをなんとか操ることに成功している事から、魔力の力は飛べなくなった頃より確実に復活しています。 それでもジジの声が戻る事はありません。 この点からも、ジジの声は魔力とは無関係と言う事がわかります。 キキは13歳で独り立ちし、その見守り役としてそばにいました。 新しい街に住むようになり、トンボやウルスラ(絵描きの少女)などとの出会いで成長しました。 そして、自分の力で最後のシーンでトンボを助けた事により、「もうキキは独りでやっていける」と安堵したのだと思います。 途中飛べなくなった時点でキキはすでに自分の力で成長し変化していたため、喋れなくなったのだと思います。 なので、今後もジジは喋る事なく、そばで見守るだけの存在になるのだと思います。 むしろ、喋らなくてもキキとは通じ合うそんな関係かもしてませんね。 まとめ 今回は魔女の宅急便・ジジの最後の言葉の意味は?なんで喋れなくなったのかについて考察していきました。 多く語らない作品であるからこその良さが「魔女の宅急便」にはあります。 キキは13歳ですが、成長の過程は現代の大人でも十分感銘を受ける内容だと思います。 最近、上手く行かないなと思っている人ほど、見て欲しい作品です。 是非、今回紹介したジジにフォーカスしてみましょう! 「魔女の宅急便」関連記事.

次の

魔女の宅急便でジジが喋れなくなったのはなぜ?原作でも話していない?

魔女 の 宅急便 ジジ 喋れ ない

魔女の宅急便でジジが喋れなくなったのはなぜ? ジジ 「みつかっちゃうよ」 — アンク@金曜ロードSHOW! その旅の相棒でもある飼い猫のジジは少女と同じ時期に生まれ、ずっと一緒に暮らしていました。 魔法の力によって会話をすることも出来ていた2人 1人と1匹? ですが、物語の途中からジジは人間の言葉を話さなくなってしまいます。 ジジが人間の言葉を話さなくなってしまったのがキキの魔法の力が弱まってしまった頃からなので、そのことが原因でジジの言葉を理解できなくなってしまったのではないか、キキがトンボに恋をしたから、またはジジが普通の猫と出会い、恋をしたからなど色々な説がありますが、この件に関しては宮崎駿監督もスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーもそれぞれ過去に言及していました。 鈴木プロデューサーはジジが話さなくなった理由について『キキとジジの会話はキキ自身の自分との対話を表していてキキが成長し自分を確立した時、その対話の必要性がなくなりジジが話さなくなった』と語り、宮崎駿監督は『そもそもジジの声はキキの心の声であり、ジジが話している訳では無い』とも語っていたようです。 少女だったキキがトンボやコリコの街の人々との出会いを通じて成長し、大人になったことでジジに頼ることなくしっかりと自分の道を進み始めた、ということを表しているのでしょうか。 おソノさんが のために作ってくれたのがミルク粥。 物語の舞台のモデルのひとつとされるスウェーデンには「ポリッジ」というミルクのお粥があります。 牛乳で煮込んでつくる甘いお粥で、お米ではなくオーツ麦を使っているそうです。 — アンク@金曜ロードSHOW! 原作の中では13歳の少女だったキキが35歳になり、キキとトンボが出会い、トンボの進学で離れ離れになってしまった2人の遠距離恋愛から結婚そして母となってからのキキの様子まで、映画では描かれなかったキキのその後が描かれています。 本来であれば魔女猫と魔女は魔女が独り立ちして結婚をすると別れて暮らすのが魔女界のルールのようですが、キキの修行が終わり、トンボと結婚した後もキキとジジは共に暮らしていています。 そしてジジもこの20数年の間に普通の猫との交流を深め、結婚し18匹もの子宝に恵まれていました。 キキとトンボ、キキとトンボの間に生まれた娘と息子にジジと奥さんと18匹の子猫たち… とても賑やかそうですね! この長い物語の中では映画と違いジジは最後まで人間の言葉を話しています。 ただ、原作の中でも途中キキの魔法が弱まってしまった時にジジの言葉にも影響が出てしまった、というエピソードはあったようです。 『ジジの声はキキの心の声』という発想は宮崎駿監督オリジナルの発想のようですね。 思春期の少女が成長する過程を描くことの多い宮崎駿監督らしい解釈だと思います。 スポンサーリンク まとめ おちこんだりもしたけれど、 私はげんきです。 — アンク@金曜ロードSHOW! キキとジジの会話シーンに注目して見るとより深く魔女の宅急便の世界観を理解できるかも知れませんね! スポンサーリンク 最後までお読みいただき、ありがとうございました!•

次の

誰も知らない魔女の宅急便『なぜ黒猫のジジは喋れなくなったか?』

魔女 の 宅急便 ジジ 喋れ ない

先日、通算9回目くらいの鑑賞で、いくつか新たな気づきがあったので、個人的にまとめておきたい。 まず、この映画には明確な表のプロットが存在する。 それは、「仕事を通じて子供から大人へ成長する少女の物語」である。 物語の冒頭で、象徴的なアイテムが2つ出てくる。 父におねだりしてもらった携帯ラジオと、母から強引に渡された古い大きなホウキである。 キキがそれをほしかったかほしくなかったかに関わらず、この2つのアイテムは、どちらもキキに「無償で」提供されたものだ。 だが、親元を離れて海の見える街に住み始めてからのキキは、誰の施しを受ける時も、自分なりにその「対価」を払おうとする。 オソノさんに部屋を貸してもらったときは、パン屋の手伝いが約束だったし、に猫のぬいぐるみを修繕してもらったときは、彼女の家の掃除を引き受けることが条件だった。 一見すると誰もかれもがキキに甘すぎるきらいがないでもないが、実際には、キキは親切には親切で返そうとするし、逆に彼女が誰かに親切にした際は、自分の考える範囲でその「お代」を請求することを学んでいく。 むろん、駆け出し社会人のキキは、その「お代」の勘定を間違うことがある。 頑張っておばあさんと作ったニシンのパイを、孫娘から「嫌いなのよね」と一蹴されるシーンがその最たるものだろう。 キキは自分の親切が相手から当然感謝されるものと期待していた。 だが、そうならなかった。 冷たい孫娘の態度にイラッと来てしまいがちなこのシーンだが、単にキキが、相手に過剰な対価を期待していたに過ぎない。 キキはおばあさんっかり代金を受け取っているのだし、届いたニシンのパイが好みでないことは孫娘の責任ではないからだ。 同じようなことは、社会人であればだれもが経験したことがあるだろう。 徹夜で書いた企画書を、上司から軽くボツにされた、などがそれである。 しかし、それが仕事というものだ。 想定していた通りの反応をもらえないことももちろんあるが、このシーン以外はおおむね、キキは相手から期待通り(多くの場合それ以上の)対価を得ていると言えよう。 オソノさんは部屋を貸すだけでなく朝食もつけてくれた。 のみならず、オソノさんの無口な旦那は、キキのために看板を作ってくれた。 は飛行能力を失って悩む彼女に有用なアドをしてあげたし、ニシンのパイのおばあさんは、キキが薪のカマドでのパイ作りを手伝ってくれたことに対して、配送代をはるかに超える金額の代金を支払ったことに加え、ケーキまで作ってあげた。 皆、キキの努力に親切で報いている。 ここまでは、過去8回の視聴の中で考察した内容であり、「」の基本プロットが、少女から大人への成長譚であることの大きな根拠である。 しかし、これだけでは説明できないシーンがあることに、9回目の視聴で気づいた。 それが、先述のラストシーンである。 さて、街に来てからのキキは様々な出来事を通して、「他人の施しを受けるなら、自分もその人にとって有用となることをする」という大人社会の基本ルールに基づいて意思決定を下していく。 が、最後の最後で、彼女はこのギブ・アンド・テイクの法則から逸脱した行動をとる。 例のデッキブラシである。 飛行船の暴走に巻き込まれたトンボを救うべく、キキはデッキブラシの所有者たるおじいさんに対して、「お願いです!必ず返します!」とだけ頼み込んで、やや強引に彼からデッキブラシを借りる。 それは、実家から旅立つ当日、父にねだってラジオを手に入れた行為と本質的には共通している。 この瞬間、街にやって来てからキキが己に課してきた「他人の施しを受けるなら、自分もその人にとって有用となることをする」というルールが崩れる。 諸々落ち着いてからこのおじいさんにお礼をした可能性はあるが、それが作中で描かれていないのは象徴的である。 なぜここに来て、キキはそれまでかたくなになって守ってきたルールを破ったのか。 状況が切迫していたのは当然あるが、キキの成長譚たるこの物語の絶対方針を転換してまで、のおじいさんとキキとのやり取りを描いたのは、何かしらの意図を感じる。 そして、ハタと気が付いた。 おじいさんとのやり取りだけではない。 この、物語のクライマックスとなるラストシーン全体が、キキの定めた「ギブ・アンド・テイクの法則」から離れて、「無償の愛」に基づいて織りなされているということに、である。 キキは今、対価を請求することなくトンボ救出に挑もうとしている。 というか、トンボの危機に瀕して、彼女の頭から一時的に「施しに対する対価」という概念が抜け落ちた。 ゆえにキキは、おじいさんへの礼を失したままデッキブラシを借りたのである。 流れがあまりにスムーズで気が付かなかったが、キキにはトンボを助ける明確な理由が実はない。 しいて言えば、「街でできた最初の大事な友人だから」というのがそれだが、未回復の飛行能力を使用し、危ない橋を渡ってまで助けるような施しをトンボから受けたわけではない。 あまりにドライな考え方に見えるが、実際にこのラストシーンまでのキキの行動は「他人から優しくされたから、自分もそのお返しをする」という一貫した理念に貫かれている。 しかしそれは、裏を返せば「自分が一生懸命がんばったら、他人もそれに応えるべきである」という、ある種独善的な思想にも結び付いてしまう。 考えてみれば、初めてこの街にやってきたキキは、トンボから「無償で」施しを受けている。 トンボが、「ドロボー!ドロボー!」と叫んで警官の注意を逸らし、を受けていたキキを逃がしたアレである。 だが、キキはその無償の施しの受け取りを、「助けてって言った覚えはないわ」と拒否する。 彼女にとって、自分が対価を払えないサービスを受け取ることは、己が大人になるために課したギブ・アンド・テイクのルールを破ることと同義だったからである。 だが、最後の最後で、その無償の施しを拒否した相手であるところのトンボを、今度は彼女が自らのルールを破り、無償で助ける。 ここに、キキのギブ・アンド・テイクの理論は、真の完成を見る。 施しをくれた相手に対価を返すのは、ある意味で当然の義務である。 しかし、そうでない相手にも親切にするというのは、なかなかに難しい。 キキはそれをやってのけた。 トンボを助けた瞬間に感じるは、キキがこだわっていた安易なギブ・アンド・テイクの理想論に、「無償の隣人愛」が勝利を収めたことによる。 かくしてトンボは救われた。 さて、ここまで来ればエンドロールの直前、キキがしゃべれなくなったジジに微笑みかけた理由もわかるだろう。 私は、「最後にジジは会話能力を取り戻し、キキにだけにはジジの言葉がわかった」などという、作品の描写を無視した勝手な解釈に与しない。 また、「ジジはキキの自己像の反映で、ジジが会話能力を失ったのは、キキが成長してそれを必要としなくなったから」という、ジジを何者かの象徴として扱うことも、ここでは不要だと考える。 物語の意味性や象徴性に目を向けすぎると、本来は感覚で受け取るべき重要なメッセージを見失うことになる。 ジジがしゃべれなくなったことで、キキとジジとの関係は利害を超えたところに存在するようになった。 なぜならジジは、人語を操るというキキにとっての「有用性」を失ってしまったからである。 対してトンボはそうではない。 律儀で優しく才能もある彼は、きっとキキが無償の愛を注ぐ対象としてだけでなく、有用性のある友人としての側面もこれから持ち続けるだろう。 だが、ジジは違う。 彼は今後、キキに役立つアドを授けることもしないし、具体的な言葉で慰めることもしない。 今やジジは、意味性も象徴性も失った、ただの猫となった。 だからこそこの物語は、他ならぬジジに向けた笑顔で終わらなければならなかった。 ジジがしゃべれなくなった理由など些事にすぎない。 この映画の本質は、「それでもなお、キキがジジを愛した」という描写にこそある。 しゃべることはできなくなったが、ジジがキキの大切な、愛すべき友人であるという事実は変わらない。 愛する友人が、自分の肩に乗って「ニャー」と鳴けば、笑って抱きしめるのが当たり前の行為ではないか。 そしてその「当たり前」に、私はいつも胸を打たれ、涙するのである。

次の