ゴールデン カムイ 232。 232ゴールデンカムイ最新話ネタバレ233あらすじ考察~新たな囚人!?道化の登場!|ドラマ・映画・マンガの無料動画視聴!最新話ネタバレ

ゴールデンカムイ231話ネタバレ考察感想あらすじ!遂に子供が産まれる!

ゴールデン カムイ 232

スポンサーリンク 心強い助産師 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 今回ついにオソマちゃんの母が登場! 出産の手伝いに来ました。 懸念されるのが第七師団による監視ですが、しかしその見張りの兵士はマカナックルが毎日酒を飲ませているようで、オソマちゃんが顔を踏んでも昼までは絶対に起きないそうです。 鶴見にバレたらどうするんですかね…。 フチがインカラマッの腹を触ります。 なんと触っただけで男の子か女の子か分かるらしい。 骨盤の大きさで判断しているようですが、首の後ろにいる憑神が教えてくれるのだそうです。 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 そんな名人芸を持つフチの正体は… 19歳の頃からお産を助けている百戦錬磨のイコインカラマッ(とりあげ女)! アシリパもフチが取り上げたのだそう。 そのゴッドハンドで見極めたマタギっ子は男の子なのか女の子なのか…。 アイヌでは男の子ならうつ伏せに、女の子なら仰向けに出してあげないと長生きしないと言われているそうです。 スポンサーリンク やはり来ていた月島 谷垣は心強い彼女たちにインカラマッを任せることにしました。 そして自分はやはり、月島を迎え撃つために山へ向かおうとします。 インカラマッが「戦わないで!」と伝えるも、「必ず戻る。 俺は不死身だ」と覚悟の表情で答えました。 その様子は完全に死亡フラグのそれ。 「あなたは不死身じゃありません!」と必死に止めようとするも、谷垣は颯爽と小屋を飛び出していきます。 しかし月島はすでにここまで来ていました! 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 待ち構えていたのか、小屋から出た瞬間に襲い掛かられる谷垣。 時すでに遅くすでに小屋まで襲撃にきてしまった月島を前に、谷垣は「俺だけ殺せ。 インカラマッやフチたちには何もするな」と睨みつけるように訴えます。 すると月島は「お前はずっとずっと前に選択を間違った」と言いました。 「隊に戻らず、インカラマッやフチに出会った時から…」 つまり鶴見の下にいることが月島の思う正しさだと言いたいのでしょう。 スポンサーリンク 鯉登の選択 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 「もういい!月島やめろ!」 そこにやってきたのは鯉登。 月島の後を追ってきたのだと思いますが、月島は彼が谷垣たちを見逃したことには気づいていたようです。 他の者にも示しがつかない」と月島。 「あなたも鶴見中尉を裏切ったということでいいですか?」 月島は鯉登にも銃を向け、空ろな目で鯉登も造反者となるのかを問いました。 鶴見に疑念を抱き始めているはずの鯉登にはっきりと答えを出させようとする質問。 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 対し鯉登はまず「これは上官命令だ」と銃を下ろさせました。 そして今の意思を明確に伝えます。 「私は鶴見中尉殿と月島軍曹を最後まで見届ける覚悟でいる」 スポンサーリンク 鯉登の訴えは月島に届くのか 鯉登の言葉に月島も意外そうな顔をしました。 やはり鯉登も鶴見の元を離れると予想し、月島が始末しなければならないと覚悟していたのかもしれません。 家族ごとすべて騙され利用されていたとなればもう不信感しかないはずですからね。 しかし鯉登は樺太での月島の話(鶴見中尉殿の行く道の途中でみんなが救われるなら別に良いという言葉)に同意し「そのために私や父が利用されていたとしてもそれは構わない」と言うのです。 あえて離れず、鶴見に本当の目的があるのなら見定めたいのだと鯉登は言うのです。 ただし、もしその先に納得する正義がひとつも無いならば「後悔と罪悪感に苛まれるだろう」とも言います。 「だからこそ我々はあの2人(谷垣とインカラマッ)だけは殺してはいけない」 しかし鯉登の言葉に「私にはもう遅い!」と反論する月島。 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 「たくさん殺してきた…利用して死なせてしまった者もいる」 やはり月島はあの闇深い目の奥に多くの後悔と罪悪感を押し込めていたのでした。 震える声で呟くその言葉の背景には炭鉱事故で亡くなった江渡貝くんが描かれていますので、江渡貝くんの死は彼にとってもひとつの罪悪感であったことが窺えます。 あの時複雑な顔をしていましたからね。 鶴見の下ですでに多くの罪を重ねてきた月島。 しかし鯉登は「まだ遅くないッ!」と訴えます。 月島は、本当に大切なものを諦め捨ててきた自分は自分の仕事をやるしかないのだと返しますが、その言葉に鯉登は月島の心を見出しました。 スポンサーリンク 月島の心 月島が捨てたもの…それはもちろんいご草ちゃんへの想いです。 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 ここで初めていご草ちゃんの顔が描かれましたがすごく可愛いです! 影が晴れたということは月島がいご草ちゃんへの想いに向き合えたということでしょう。 月島は鯉登に答えるのではなく、インカラマッに声を掛けました。 「インカラマッ…あの子は…」 その顔は先ほどまでの形相とは違って今にも泣き出しそう。 谷垣に放った「お前はずっとずっと前に選択を間違った」という言葉は、もしかしたら自分自身に言いたかったことなのかもしれませんね。 憑き物が落ちたように弱い表情を見せる月島。 病院では彼女の申し出を冷たく断っていましたが、改めて藁にでも縋るようにインカラマッの占いに想いを託しました。 インカラマッは占いを始めます。 スポンサーリンク いざ出産! しかしそこで陣痛が! 占いは中断され、先ほどまで争っていた男たちにオソママが「続きはあとでやって!」と迅速に指示を出します。 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 「あんた(谷垣)はお湯をたくさん沸かして!あんた(鯉登)は近くでワラをたくさん集めてきて!あんた(月島)はこの子(稲妻子)見てて!」 有無を言わさない迫力…強い。 そして着々とアイヌ式の出産準備が整っていき、フチのお祈りが捧げられました。 「お産の神様が私のそばを良く見守ってくだされば、良きお産、穏やかなお産をして神様のかたわらに赤子を授けられることでしょう」 男たちもおまじない。 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 「ニスホリピレ(臼躍らせ)」と難産(安産?)のおまじないで、谷垣と鯉登が小屋の中で激しく臼を転がされています。 これこれ、こういうゆるいシーンがいいかげん見たかったんですよ! その後男たちが外で待機させられる中、いよいよインカラマッの出産が始まりました。 お産道具などアイヌの文化を書いてくれているのでまた勉強になります。 チカパシ・エノノカや稲妻子とともに、この物語を照らす大きな光だと思います。 第七師団が稲妻夫婦を殺し、フチの元に預けた彼らの子を再び月島や鯉登が抱いているところに運命の巡り合わせ・命のサイクルを感じますね。 光といえば、あの月島の心を浄化した鯉登がとても眩しかったですね。 今回の月島の表情から、彼がいかに苦しんでいたかが伝わります。 野田サトル「ゴールデンカムイ」231話より引用 誘拐に携わった月島としては、鯉登からの「利用されていたとしても構わない」という言葉も救いとなったことでしょう。 確かに今までしてきたことに対してはもう遅いのかもしれません。 しかしそこに正義があるのかをきちんと見極めていけば、今後後悔や罪悪感を無くしていく行動ができるでしょう。 谷垣たちを見逃したのがその始まり。 2人はその中で鶴見を見届けるという選択をするようですが、鶴見の支配から離れるということでもありますので果たして今まで通り部下としていられるのかどうか…。 鶴見も2人の変化には気づき始めていそうですし、鶴見の目的に大義があるのかでまた展開が変わってきそうです。 そして出産を機に占い能力を失っていないと良いのですが、月島はインカラマッの導きで是非いご草ちゃんと再会して欲しいものですね。 さて、「マタギ父になる」編が神回として終了し感涙なわけで、次回はその後の様子をまったり見たいところ。 だからこそここでまた対比とも言える宇佐美編がブチ込まれてきそうでビビりつつも、どんな話が描かれるのかまた楽しみです!.

次の

【ゴールデンカムイ】232話ネタバレ!鶴見中尉の本当の目的とは?指の骨が関係してる?

ゴールデン カムイ 232

Sponsored Link 出産開始! フチの村を鶴見の部下が見張っているだろう谷垣は心配していましたが、「その兵隊さんは毎晩うちの人が酒飲ませてて昼間で絶対に起きないから大丈夫」だとオソマのお母さんが言います。 その間にフチがインカラマッを見始めました。 お腹を触って性別を調べているのだそうですが、アイヌでは赤ん坊が男だったらうつ伏せに、女だったら仰向けに出してあげないと長生きしないと言われているのだそう。 その判別方法は、19歳の頃からお産を助けているフチの名人芸なのだそうです。 アシリパもフチが取り上げました。 その様子に安心した谷垣はインカラマッを彼女たちに任せ、自分は追ってきているだろう月島を山で迎えうつことにしました。 インカラマッが制止するも、「必ず戻る。 俺は不死身だ」と言い飛び出していく谷垣。 しかし小屋から出るとすでに月島が待ち構えていました。 ここまで来ても容赦ない月島の攻撃で谷垣は小屋の中に吹っ飛ばされてしまいます。 「俺だけ殺せ」と、インカラマッとフチたちを守ろうとする谷垣。 月島は「お前はずっと前に選択を間違った」と言いました。 月島を追ってきていたようです。 谷垣を頼ることがアシリパを見つける唯一の方法ではないと、彼らを追うことをやめさせようとしました。 しかし「脅しは実行しなければ意味がない。 他の者にも示しがつかない」と、鯉登にも銃を向ける月島。 「あなたも鶴見中尉を裏切ったということでいいですか?」月島は、鯉登も造反組なのかと問い質します。 すると鯉登は「上官命令だ」として銃を下ろすよう言いました。 「私は鶴見中尉と月島軍曹を最後まで見届ける覚悟でいる」 それが鯉登の答え。 以前月島が鯉登に「鶴見中尉殿の行く道の途中で皆が救われるなら別に良い」と言っていたことを挙げ、鯉登は「私も同意見だ」と伝えます。 そのために自分や父が利用されていたとしても、鶴見に本当の目的があるなら見定めたいのだと言います。 「もしその先に納得する正義がひとつもないのならば後悔と罪悪感にさいなまれるだろう」 だからこそあの二人だけは殺してはいけないのだと鯉登は言います。 しかしすでにたくさんの人を殺し、江渡貝くんのように利用して死なせてしまった者もいるということがすでに罪悪感となっていた様子の月島は、「私にはもう遅い!」と言い返しました。 「まだ遅くない!」と返す鯉登。 本当に大切なものを諦め捨ててきた月島は「私は自分の仕事をやるしかない」のだと言います。 その言葉に、「その厳格さは捨ててきたものの大きさゆえか?」と問う鯉登。 すると月島は表情を変え、震える声でインカラマッにいご草ちゃんの行方を聞こうとしました。 Sponsored Link 無事出産! すぐに占いを始めるインカラマッ。 しかしお腹の痛みに耐えかね中断してしまいます。 するとオソマ母が「あんたたち続きはあとでやって!もう生まれちゃうから!」と場を仕切り始めました。 谷垣にはお湯を沸かすように、鯉登にはワラをたくさん集めてくるように、月島には稲妻夫婦の赤ちゃんを見ているように、男たちにキビキビと指示。 男たちはオソマ母に言われるまま出産準備を手伝い、おまじないをし、いざ出産が始まると外で待機。 そしてフチの手によって、新たな命が天から下りてきました。 インカラマッ無事出産!! 赤ちゃんは元気そうです。 ゴールデンカムイ・マンガの最新刊を無料で今すぐ読む方法!! 漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介したいと思います。 U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます! 31日間無料期間があり、登録後すぐに600Pもらえます。 (1巻無料で読めます) 600Pを使ってすぐに ゴールデンカムイや他のマンガを無料で読むことができます!• 次におすすめなのが music. jp! こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに600Pもらえて 無料で読むことができます! music. jpは、更に 動画を見れる1000Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています! U-NEXTも、music. 利用されていたことが分かった上でこんな選択ができるとか…鯉登は樺太を経て本当に成長したんだなと。 そして鯉登が導きようやく月島の本心も見えました。 やはりいご草ちゃんのことを捨てきれていなかったというか、殺していた自分の気持ちを溢れさせたシーンはグッときましたね。 そしていご草ちゃんはすごい可愛い娘でした。 ゴールデンカムイ232話の予想や考察 この後どうなったのかなど、もう少しこの人たちの話を見ていたいですね。 いご草ちゃんの行方を聞いて月島がどんな行動するのかも気になります。 でもあんまり無理させちゃいけないからとりあえず月島・谷垣は病院に帰るのかな。 アシリパのことも気になると思いますが谷垣は母子のもとにいてあげて欲しいですね。

次の

最新ネタバレ『ゴールデンカムイ』231

ゴールデン カムイ 232

ゴールデンカムイ 最新232話 ネタバレ! 谷垣とインカラマッの子は女の子 無事に女の子を出産したインカラマッ。 谷垣は感動にむせび泣きながらわが子を抱き上げる。 鯉登と月島は、酒を飲んで寝かされていた見張りを起こす。 鯉登「鶴見中尉殿には黙っておいてやるから、街で頭を冷やしてこい。 これまで通り問題なしと報告し続けろ」 谷垣はオソマとも再開。 オソマは谷垣を見て目を輝かせるが、友達に呼ばれるとすぐそちらへ行ってしまう。 鯉登の本心を問う月島 鯉登が過去の真実を知った時、地べたをバタバタ走って回った例のアレについて、月島が問う。 月島「あれは本心ですか?それとも誤魔化そうとしたのですか」 鯉登「好きに取れ。 ただ私は、鶴見中尉殿が皆を犠牲にして私腹を肥やしたり、権力欲を満たしたいだけのくだらない人間とは思えない」 鯉登は逆に月島に対して、鶴見中尉の本心に心当たりがないか?と質問。 月島「本当の目的などないかもしれませんが…指の骨…いえ、関係ないかもしれませんが」 月島は鶴見がぐったりいすに座りながら、机の上に置かれた二つの指の骨を眺めているのを目撃したことがあった。 鯉登「同胞のため、身命を賭し戦う…それが軍人の本懐だ。 お前の鶴見中尉に対する態度は健康的でない。 私は鶴見中尉を前向きに信じるから…お前はその私を信じ、ついてこい!」 さわやかな笑顔でそう言う鯉登に、月島もやわらかい微笑で応える。 鯉登はさらに、自分の写真を張り付けていたコラ写真を取り出し、チョキ、と何か細工する。 月島の顔部分に張られていた鯉登の顔写真が半分に切り取られ…上が鯉登、下が月島という異様な有様になるのだった。 こういうことだ、と鯉登は言うが、月島には意味がわからないのだった。 谷垣たちは南へ 一週間後、谷垣とインカラマッは赤ん坊を抱え、馬にまたがって南へ向かうことに。 見送る鯉登と月島。 インカラマッは話しそびれていた占いの結果を伝えようとするが、必要ない、と断る月島。 またもやフチに助けられてしまったことを申し訳なく思いながらも、谷垣は妻と娘と共に、追っ手を逃れて南へ向かっていく。 それぞれの動向 札幌では宇佐美と菊田が事件の調査を継続中。 たまたま側を門倉とキラウシが通るが、お互い気づかずに通り過ぎていく。 札幌には土方と尾形の姿も。 尾形「鶴見中尉たちが来ていてもおかしくない。 あんたら、またも物売りに変装したらどうだ?」 一方、杉本たちは空知川流域のアイヌ集落で、海賊房太郎の情報集め。 歌志内の炭鉱で変な刺青の男を見た、という情報を得て、海賊房太郎だ!と確信。 そして当の海賊房太郎はというと、まさにその歌志内の炭鉱の町にいた。 房太郎は物売りに変装し、子供に「良いものをあげるから」とどこかへ連れ込んでいくのだった…。 [ad] ゴールデンカムイ 最新232話 感想と考察レビュー! 鶴見中尉が持っていた骨は、亡くなった奥さん(フィーナ)と子供(オリガ)の指でしょうね…。 指を見ている鶴見中尉は後ろ姿だけで表情までは描かれていないのですが、これまで一度も見せたことがないような、力なくぐったりしているような姿勢でした。 スパイ活動のための仮初の家族…ではなく、やはり本当に愛していたのだろうな…と感じました。 インカラマッが無事に女の子を出産し、谷垣と三人でこれから家族として幸せに生きてくんだろうな…というシーンを描いた後でこの「指の骨」のエピソードが来たので、幸せからの落差で鶴見中尉の哀しみがより一層引き立てられて胸に来るものがありました。 鶴見中尉の本当の目的、という話題から、この「指の骨」のエピソードが出てきた当たり、鶴見中尉の真意を探る上で、やはりこの亡くなった家族のことが大きく影響していそうですね。 鯉登少尉は月島の病的ともいえる姿勢に対して、「健康的ではない」という言い回しをしているのが印象的でした。 その上で、自分は鶴見中尉を前向きに信じるから、その自分を信じてついてこい、というのは、これまでとやることは同じようで、でも鯉登と月島の心持ちが大きく変わる、お互いの心を救済するすばらしい対応だったように思います。 その後のバージョンアップ?したクソコラ写真で感動が台無しになってるのも含めてとても良かったです。

次の