とり も て 佐賀。 高取伊好

【菱の実とり】アクセス・営業時間・料金情報

とり も て 佐賀

概要 [ ] 九州の陸上交通網において、・・・を結ぶ南北軸(・・・)と、・を結ぶ東西軸(・・・)の交点に位置し、国道や鉄道の結節点にあるため、物流施設の集積地でもある。 佐賀県における人口規模は・に次ぐ3位だが、人口密度は両市を上回り佐賀県内の自治体で第1位である。 があり、(23年)にはの全線開業に合わせてが完成した。 交通の利便性から企業進出が相次いでおり、人口増加が顕著である。 (平成16年)には、(平成18年)には九州シンクロトロン光研究センターなどが進出したほか、の九州センターが設置されており、九州におけるの中核としての機能を果している。 (平成25年)には九州初となる施設であるが開業した。 日本四大売薬の一つとして知られるが栄えた土地である。 鳥栖市に本社を置くは田代売薬を祖とする企業である。 九州で唯一の場であるがある。 (Jリーグ)に加盟するのホームタウンであり、JR鳥栖駅東側にがある。 の「住みよさランキング」では上位にランクインすることが多く、(平成22年)は九州ブロックで1位、全国総合ランキングで4位となった。 佐賀県の一部ではあるものの、市内東部は完全に福岡経済圏に属しており、普段の買い物などで佐賀方面へ行くことは稀であり、福岡県久留米市や筑紫野市、福岡市へと向かうことが普通である。 地理 [ ] ()に位置し、南の境を筑後川が流れる。 低地はに利用され、その中に市街地がある。 北西部はの東部にあたる。 :(848)、石谷山(754メートル)、城山(501メートル)、群石山(201. 1メートル)、朝日山(132. 9メートル)、雲野尾峠(400. 1メートル)• :、、安良川、大木川、山下川、秋光川、浦田川、本川川、前川、轟川、薬師川、宿川、重川• :河内ダム• :蔵土溜池・蔵上溜池・宿溜池・池田上溜池・池田下溜池・古野溜池・原古賀上溜池・原古賀下溜池・古賀第1溜池・古賀第2溜池・第1国泰寺溜池・第2国泰寺溜池• : 隣接している自治体 [ ]• 福岡県• 鳥栖の歴史は古く、には既に「鳥巣(とりのす)」と読まれていた。 古文書「」によると「の御代、この地にが置かれた」とあり、この地で様々なを飼育して献上していたことから「鳥巣」と称していたが、これが後に「鳥栖」に転化したという。 鳥屋が多かったことから、古くからの盛んな土地であった。 江戸時代 [ ] 政において、現在の市域東部はの飛び地で「田代領」と呼ばれ、のであった。 又、鳥栖市街地には、同じく長崎街道のが置かれていた。 田代宿には、対馬府中藩の米倉や代官所が設置されていた。 また、の立ち寄る場所であり、応接の為の施設も備えられた。 藩主のが、との貿易で朝鮮から輸入したの実物と知識が豊富に供給された事と、収入源を確保する目的から、領民には薬の製造を副業とする者が増え、次第に他領でも行商するようになった。 江戸時代後期には日本四大売薬の一つと数えられ、九州の薬商の大半を田代産の薬が占める程であった。 明治期から第二次世界大戦まで [ ] や時に薬が不足したことをきっかけに業の拡大がみられた。 期には、現在のなどが「やといったに近い」地の利を活かして販路を拡大させている。 また、江戸時代から続いた生産は生産に代わり、が盛んになった。 後述する鉄道網の整備により、から初期にかけて工場()や工場(当時としてを生産していた)が開業したものの、時には戦況悪化による衰退がみられた。 交通都市としての発展もみられ、鉄道網としてはの最初の区間として博多から筑後川北岸まで開通した(現在の、(22年))のを始め、(明治24年)には佐賀、(明治31年)には長崎・佐世保方面(現在の・・)までが開業し、(9年)の全通をもって東西南北へと整備された。 最盛期の(昭和23年)頃には「」「の町」と称されるほどであった。 (7年) - が勃発。 市内朝日山において、政府軍と反乱軍の戦闘が行われた。 (明治22年) - 町村制により、以下の各村が発足。 :轟木村・・• :田代村・• (明治29年) - 郡制施行により、上記各村は全てに属する。 (明治40年) - 轟木村が町制を施行し、 鳥栖町となる。 (11年) - 田代村が町制施行し、となる。 第二次世界大戦後 [ ] (29年)には鳥栖町・田代町・麓村・基里村・旭村の2町3村が合併し鳥栖市が成立。 「鉄道の町」としての機能を失いつつあったのに対し、道路網の整備が進められ((昭和35年)の改良、(昭和47年)の開通、(昭和48年)の開通)、交通都市としての性質も変化した。 文字通り「交通都市」となった鳥栖市は、地の利を活かした企業誘致を進めたことにより、工業都市としても発展を続けた。 現在は物流拠点としての整備も進められている。 (29年) - 鳥栖町、田代町、基里村、麓村、旭村が対等合併して市制を施行し、 鳥栖市が発足。 (昭和36年) - 鳥栖駅を含む鹿児島本線門司港-久留米間が電化開通。 昭和30年代、鳥栖機関区は従業員約700人・在籍機関車50両以上と全盛期を迎える。 (昭和37年) - 「轟木工業団地」造成開始。 企業誘致が活発化し1967年には製造出荷額で佐賀市を抜いて県内で1位になる。 (昭和40年) - 国立九州工業技術試験所(現在の)開所• (昭和47年) - が完成• (昭和48年) - - 鳥栖ジャンクション - が開通• (昭和51年) - 佐賀県で(若楠国体)開催。 鳥栖市ではバレーボールと馬術を実施。 女子バレーボール(成年女子)で久光製薬バレー部が優勝。 (昭和53年) - 流通・製造の拠点「鳥栖商工団地」の分譲開始(1980年流通部門用地完売、1987年全区画完売)• (昭和59年) - 鳥栖駅操車場(ヤード)廃止• (昭和60年) - 佐賀大和IC-鳥栖JCTが開通• (昭和62年) - ・鳥栖-間開通、ジャンクション全面供用開始• (平成2年) - 「鳥栖西部工業団地」完成• (平成5年) - 鳥栖北部丘陵新都市「弥生が丘」の開発開始(1998年住宅分譲開始)• (平成6年) - 後の鳥栖フューチャーズ が鳥栖市に移転。 鳥栖市のプロサッカーチームの歴史が始まる。 (平成8年) - 完成• (平成13年) - フューチャーズが親会社撤退により解散する。 クラブ存続運動が実る形で、サガン鳥栖が新たに創設される。 (平成13年) - JR鹿児島本線にが開設• (平成16年) - 開業• (平成18年) - 物流団地 「グリーン・ロジスティクス・パーク鳥栖」分譲開始(2013年完売)、佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター開所• (平成23年) - ・が開業• (平成25年) - (愛称・サガハイマット)開設 行政区域変遷 [ ]• 変遷の年表 鳥栖市市域の変遷(年表) 年 月日 旧鳥栖市市域に関連する行政区域変遷 (明治22年) 施行により、以下の村がそれぞれ発足。 (明治40年) 轟木村は町制施行・改称し、 になる。 (昭和11年) 4月1日 田代村は町制施行し、 になる。 (昭和29年) 4月1日 鳥栖町・田代町・基里村・麓村・旭村とともに合併し 鳥栖市が発足。 変遷表 鳥栖市市域の変遷表 1868年 以前 明治22年 4月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在 轟木村 轟木村 明治29年3月26日 発足 明治40年3月19日 鳥栖町に 町制改称 昭和29年4月1日 鳥栖市 鳥栖市 鳥栖市 藤木村 真木村 鳥栖村 宿村 麓村 山浦村 立石村 牛原村 江島村 旭村 儀徳村 下野村 田代村 昭和11年2月11日 町制 永吉村 柚比村 神辺村 萱方村 酒井東村 基里村 酒井西村 姫方村 飯田村 酒井東村の一部 の編入 昭和14年1月1日 町制 昭和34年 鳥栖市の編入 行政 [ ] 市長 [ ]• (2007年3月15日就任、4期目) 歴代市長 代 氏名 就任 退任 初代 海口守三 1954年 1965年 2代 安原謙市 1965年 1970年 3代 原忠實 1970年 1987年 4代 山下英雄 1987年 1999年 5代 1999年 2007年 6代 2007年 現職 国際親善姉妹都市 [ ]• ( ) マスコットキャラクター [ ] (平成16年)から鳥栖市のマスコットキャラクター。 治安・防衛 [ ] 警察• 自衛隊• 消防 [ ]• 国家機関 [ ]• 独立行政法人九州センター:鳥栖市宿町• (女子収容施設):鳥栖市山浦町 議会 [ ] 鳥栖市議会 [ ]• 定数:22• 会派別議席数• 鳥和会:10人• 新風クラブ:4人• ・小さな声の会:3人• :2人• 議員団:2人• 基の会:1人 佐賀県議会 [ ]• 選挙区:鳥栖市選挙区• 定数:3人• 任期:2019年4月30日 - 2023年4月29日• 投票日:2019年4月7日• 当日有権者数:57,177人• 投票率:42. 49% 候補者名 当落 年齢 党派名 新旧別 得票数 中村圭一 当 49 無所属 新 7,283票 下田寛 当 39 新 6,252票 向門慶人 当 48 現 5,268票 指山清範 落 53 自由民主党 現 5,261票 産業 [ ] 鳥栖市に本社を置く企業 [ ]• - を設立・運営している。 鳥栖市に工場・事業所を置く企業 [ ]• 鳥栖工場• 鳥栖工場• 鳥栖工場• 鳥栖工場• 鳥栖工場• 鳥栖本部・工場• 鳥栖コーヒー工場• 鳥栖工場• 佐賀事業場• 九州工場• 鳥栖工場• 旭工場• 村田工場• 九州センター鳥栖印刷工場 - 毎日新聞・を印刷している他、を委託印刷している。 九州物流センター• 鳥栖印刷工場(プリントメディア西部鳥栖工場) - 読売新聞・を印刷• 鳥栖工場• 鳥栖物流センター 地域 [ ] 詳細は「」を参照 市外局番 [ ]• 0942 (久留米MA。 全域) 健康 [ ] (22年)時点。 平均年齢:42. 30歳• 年少人口割合:17. 生産年齢人口割合:74. 老年人口割合:19. 専修学校 [ ]• 高等学校 [ ]• 中学校 [ ]• 鳥栖市立鳥栖西中学校• 鳥栖市立基里中学校 小学校 [ ]• 鳥栖市立田代小学校• 鳥栖市立基里小学校• 鳥栖市立麓小学校• 鳥栖市立弥生が丘小学校• 鳥栖市立旭小学校• 鳥栖市立若葉小学校 自動車教習所 [ ]• 交通 [ ] 新鳥栖駅 鉄道 [ ]• 中心となる駅: (JR九州)• - - 鳥栖駅 -• バス [ ] (一般路線) が運行する。 鳥栖駅および西鉄鳥栖()を拠点として運行され、市内北端・北西端・西端・南端の地域とを結ぶ市内線と、鳥栖市近隣の・・・とを結ぶ広域線がある。 小郡市() - - 鳥栖市中心部 久留米市(JR・) - 鳥栖市中心部 神埼市 - 吉野ヶ里町 - 鳥栖市中心部 鳥栖市内 2009年10月1日より主に西鉄バス路線のない地域で鳥栖市が運行しているで、鳥栖構内タクシー、に運行委託している。 鳥栖駅前にある商業施設「」を拠点として鳥栖駅の周辺を運行する路線が3路線、肥前旭駅に近いマックスバリュ鳥栖村田店を拠点として肥前旭駅の周辺を運行する路線が1路線ある。 いずれも曜日を限定して運行される。 高速バス の(高速鳥栖神辺バス停)があり、中心部・・との間を結ぶ高速バス「」が停車する。 土日祝日には鳥栖プレミアム・アウトレットと福岡市中心部を結ぶ高速バスが運行される。 時期によっては平日にも運行される。 、 を基に作成 道路 [ ]• :鳥栖IC、鳥栖JCT• (上り・方面、下り方面)• (・方面)• (・方面。 日田からで大分へ)• 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] 名所・旧跡 [ ]• サンメッセ鳥栖 - で有名な、ドイツのフッペル社製のピアノが展示してある。 観光スポット [ ]• 朝日山公園• 河内ダム周辺• とりごえ荘・やまびこ山荘• 市民の森• 河内河川プール• 四阿屋(あずまや)• 御手洗(おちょうず)の滝• 沼川河川プール• 杓子ヶ峰• 田代公園• 祭事・行事 [ ]• とす弥生まつり(3月の最終日曜日)• 花の日()• 鳥の日(から16日までの間の日曜日)• まつり鳥栖(7月最終日曜日)• 鳥栖山笠(夏休み最初の土・日曜日)• 土曜夜市(7月下旬の土曜日)• (〈22年〉は5月8、9日) 娯楽 [ ] スポーツ団体 [ ]• () - 過去に(基母体は「オレンジアタッカーズ」)のスポンサーとなった経緯もあり、現在はとの「ダブルフランチャイズ」扱いとなっている。 過去存在したスポーツ団体 [ ]• ((9年)解散)。 鳥栖市出身の有名人 [ ]• (江戸時代の力士・大関)()• (電気通信工学者)(1899年 - 1982年)• (政治家・北海道開発庁長官)(1915年 - 2008年)• (元プロ野球選手)(1921年 - 2006年)• ()(1919年 - 1997年)• (元プロ野球選手)• (監督、読売ジャイアンツ監督の父、同球団投手の祖父)(1935年 - 2014年)• (元プロ野球選手・監督)• (元騎手、実業家)• (元プロ野球選手)• (気象学者)• (・シリーズの脚本家として知られる)• (実業家・社長)• (頭取、元副頭取)• (自転車競技選手)• (元、監督)• (・所属・)• (元)• (元サッカー選手)• (プロレスラー)• (元サッカー選手)• (騎手・所属)• (サッカー選手)• プロ野球選手• 「」日本代表。 同コンクール世界大会グランプリ)• ミュージカル女優• アイドル、メンバー• (1968年マラソン日本代表) 鳥栖市の画像 [ ]• 「倭人語の解読」勉誠出版 2003年 271頁• John R. Bentley. "The Search for the Language of Yamatai". Japanese Language and Literature Vol. 42, No. 1 Apr. , 2008 , p. 角川日本地名大辞典編纂委員会『 41 佐賀県』、、1982年 より• 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、、2006年、より• - 鳥栖市• 鳥栖市. 2017年10月30日閲覧。 - 鳥栖市• 2018年12月22日閲覧。 2018年12月22日閲覧。 参考文献 [ ]• 中村周作 「九州のクロスロードシティ - 鳥栖市」『九州 地図で読む百年』 、編、1997年3月、47-52頁 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 に関連する地理データ -.

次の

鳥心

とり も て 佐賀

とりカニ合戦 〒840-0804 佐賀県佐賀市神野東2丁目7-1 営業時間 [月〜土] 17:00〜24:00 夜10時以降入店可 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 飲み放題、3000円以下の飲み放題コース、3000円〜4000円の飲み放題コース、4000円〜5000円の飲み放題コース、3時間以上の飲み放題コース 3000円以下のコース、3000円〜4000円のコース、4000円〜5000円のコース カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「とりカニ合戦」近くの施設情報.

次の

鳥心

とり も て 佐賀

お知らせ 20. 10 うちで食べようキャンペーン 第二弾のお知らせ 5,999円均一(クール送料込)に +999円で 「新商品炙り鶏」もしくは 美味だしをお試し出来るセットが登場!! 通常価格より 最大1657円お得なスペシャルセットです。 営業のお知らせ いつもご来店ありがとうございます。 昨今の新型コロナウイルス蔓延、外出規制の状況を鑑みまして当面の間、下記の内容へ営業体制を変更させて頂くことになりました。 ご利用予定の皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。 佐賀大和名尾庵本店 当面の間、 営業自粛させて頂きます。 全国各地の物産展、催事 催事情報記載の通り営業致します。 通販 通常通り営業致します。 一刻も早い事態の鎮静化を心より願っております。 株式会社名尾庵 代表 近藤 20. 13 うちで食べようキャンペーンのお知らせ 4種類5,999円均一(クール送料込) 通常価格より最大1577円お得なスペシャルセットです。 24 物産展中止のお知らせ 新型コロナウイルス拡大防止の為、下記物産展が中止となりましたの事をご報告致します。 大変残念ではございますが、ご了承ください。 7 通販再開致しました。 お待たせしました。 全国一律送料880円始めました!!! (北海道・沖縄及び一部離島については、1,880円となります) さらに10,000円以上お買上げで送料無料!!! 是非、この機会にお買い求め下さい。

次の