プロピル チオ ウラシル。 プロピルチオウラシル

untitled

プロピル チオ ウラシル

用法・用量• 成人 通常、成人は初期量1日6錠(主成分として300mg)を3~4回に分けて服用します。 重症には1日8錠~12錠(400~600mg)を服用します。 機能亢進症状がほぼ消失したなら、1~4週間ごとに漸減し、維持量1日1~2錠(50~100mg)を1~2回に分けて服用します。 小児 通常、小児の初期量は5歳以上~10歳未満では1日2~4錠(主成分として100~200mg)、10歳以上~15歳未満では、1日4~6錠(200~300mg)を2~4回に分けて服用します。 機能亢進症状がほぼ消失したなら、1~4週間ごとに漸減し、維持量1日1~2錠(50~100mg)を1~2回に分けて服用します。 妊婦 通常、妊婦は初期量1日3~6錠(主成分として150~300mg)を3~4回に分けて服用します。 機能亢進症状がほぼ消失したなら、1~4週間ごとに漸減し、維持量1日1~2錠(50~100mg)を1~2回に分けて服用します。 正常妊娠時の甲状腺機能検査値が低下しないよう、2週間ごとに検査し、必要最低限量を服用します。 いずれも、年齢・症状により適宜増減されます。 必ず指示された服用方法に従ってください。 飲み忘れた場合は、気がついた時に、1回分を飲んでください。 ただし、次に飲む時間が近い場合は1回とばして、次の時間に1回分を飲んでください。 絶対に2回分を一度に飲んではいけません。 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 この薬は効果があらわれるのに時間がかかります。 途中でやめると症状が悪化したり、が再発したりします。 体調が良くなったと自己判断し、薬を飲むのをやめたり、効かないからといって量を増やしたりせず、指示どおりに飲み続けてください。 稀な副作用• 無顆粒球症、白血球減少 発熱、のどの痛み、からだがだるい• めまい、鼻血、歯ぐきの出血、動悸、息切れ、階段や坂を上る時の動悸や息切れ、あおあざができる、出血が止まりにくい• 低プロトロンビン血症、第VII因子欠乏症、血小板減少、血小板減少性紫斑病 鼻血、歯ぐきの出血、あおあざができる、皮下出血、出血しやすい、出血が止まりにくい• 劇症肝炎、黄疸 皮膚や白目が黄色くなる、尿が黄色い、尿が褐色になる、食欲不振、吐き気、おう吐、発熱、頭痛、判断力の低下、考えがまとまらない、意識がなくなる、羽ばたくような手のふるえ• SLE様症状 顔に蝶型の赤い斑点、発熱、筋肉の痛み、関節の痛み、リンパ節のはれ、からだがだるい、上腹部の痛み• 頭痛、息苦しい、発熱、から咳• 抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎症候群 血尿、鼻みず、鼻づまり、咳、のどの痛み、発熱、あおあざができる、皮下出血によるあざ、皮膚の潰瘍.

次の

プロピルチオウラシル

プロピル チオ ウラシル

副作用 添付文書に記載されている重大な副作用は、 、白血球減少、、低プロトロンビン血症、欠乏症、血小板減少、、、黄疸、様症状(発熱、紅斑、筋肉痛、関節痛、リンパ節腫脹、脾腫等)、、抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎症候群、、であるが、全て頻度不明である。 無顆粒球症の症状は全身倦怠感と発熱を伴う咽喉、消化管、皮膚の感染である。 血小板は血液の凝固に重要であり、減少すると、出血過多を起こす。 患者が繰り返し咽頭痛を訴えた場合は副作用を疑い投与を中止すべきである。 命に関わるより重大な副作用は突然の重篤なであり、死亡する例やが必要となる例もある。 無顆粒球症が治療開始後3ヶ月以内に起こることが多いのに対し、劇症肝炎は治療中何時でも発生しうる。 添付文書に記載される他の副作用は、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、脱毛、色素沈着、そう痒感、紅斑、悪心・嘔吐、下痢、食欲不振、頭痛、眩暈、末梢神経異常、発疹、蕁麻疹、発熱、CK(CPK)上昇、こむらがえり、筋肉痛、けん怠感、リンパ節腫脹、関節痛、唾液腺肥大、浮腫、味覚異常(苦味、味覚減退等)等であるがどれも頻度不明である。 妊婦に対する使用 プロピルチオウラシルは、のDに分類されている。 Dは、ヒト胎児への明確な危険がある薬剤である。 妊婦の命に関わり投与の利益が胎児への危険性を上回る場合にのみ投与すべきである。 プロピルチオウラシルは妊娠第一期の妊婦または妊娠最初期の女性においてのみ、(同じくD)より良いとされる。 胎児の重要な器官形成期においてチアマゾールが催奇形性を引き起こすからである。 妊娠第二期および第三期ではチアマゾールの奇形リスクは減少するので、プロピルチオウラシルの母体への肝障害リスクを考慮すると、チアマゾールの方が推奨される。 プロピルチオウラシルを妊娠末期に服用すると、経胎盤的に胎児に軽度の甲状腺機能低下症が発生する。 これは通常、治療せずとも数日間で消失する。 甲状腺機能低下状態は、新生児の甲状腺腫として見られ、児の脳下垂体からの甲状腺刺激ホルモンを増加させる。 Nakamura H, Noh JY, Itoh K, Fukata S, Miyauchi A, Hamada N June 2007. The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 92 6 : 2157—62. 2009年5月3日閲覧。 July 2009. Thyroid 19 7 : 673—4. 2005. Medical Physiology, Updated Edition. Elsevier Saunders, Philadelphia, PA• Abalovich M, Amino N, Barbour LA, et al. August 2007. Clin. Endocrinol. Metab. 92 8 Suppl : S1—47. Cho YY, Shon HS, Yoon HD December 2005. The Korean journal of internal medicine 20 4 : 335—8. の2008年12月22日時点におけるアーカイブ。 2015年10月5日閲覧。 2015年10月5日閲覧。 Online. epocrates. com. 2013年11月29日閲覧。 Fumarola, A; Di Fiore, A; Dainelli, M; Grani, G; Carbotta, G; Calvanese, A Jun 2011.

次の

プロピルチオウラシル

プロピル チオ ウラシル

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 頭痛、浮腫、過敏症、AST上昇、ALT上昇、脱毛、皮膚色素沈着、皮膚そう痒感、悪心、嘔吐、下痢 起こる可能性のある重大な副作用 無顆粒球症、白血球減少、発熱、全身倦怠、咽頭痛、再生不良性貧血、低プロトロンビン血症、第7因子欠乏症、血小板減少、血小板減少性紫斑病、紫斑、劇症肝炎、黄疸、重篤な肝障害、SLE様症状、紅斑、筋肉痛、関節痛、リンパ節腫脹、脾腫、間質性肺炎、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、抗好中球細胞質抗体関連血管炎症候群、ANCA関連血管炎症候群、急性進行性腎炎症候群、血尿、蛋白尿、肺出血、感冒様症状、肘関節痛、膝関節痛、上強膜炎、ANCA陽性血管炎症候群、アナフィラキシー、そう痒、発疹、顔面浮腫、薬剤性過敏症症候群、肝機能障害、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現、遅発性の重篤な過敏症状、ヒトヘルペスウイルス6再活性化、HHV-6再活性化、ウイルス再活性化 上記以外の副作用 食欲不振、眩暈、末梢神経異常、蕁麻疹、CK上昇、CPK上昇、こむらがえり、倦怠感、唾液腺肥大、味覚異常、苦味、味覚減退 チウラジール錠50mgの用法・用量• プロピルチオウラシルとして、初期量1日300mgを3~4回に分割経口投与する• 症状が重症のときは1日400~600mgを使用する• 機能亢進症状がほぼ消失したなら1~4週間ごとに漸減し、維持量1日50~100mgを1~2回に分割経口投与する• 小児に対しては初期量5歳以上~10歳未満では1日100~200mg、10歳以上~15歳未満では、1日200~300mgを2~4回に分割経口投与する• 機能亢進症状がほぼ消失したなら、1~4週間ごとに漸減し、維持量1日50~100mgを1~2回に分割経口投与する• 妊婦に対しては、初期量1日150~300mgを3~4回に分割経口投与する• 機能亢進症状がほぼ消失したなら、1~4週間ごとに漸減し、維持量1日50~100mgを1~2回に分割経口投与する• 正常妊娠時の甲状腺機能検査値を低下しないよう、2週間ごとに検査し、必要最低限量を投与する• なお、年齢、症状により適宜増減する.

次の