確定申告 国税庁。 国税クレジットお支払サイト

中途退職者の確定申告のやり方【必要書類さえあればネットで簡単】

確定申告 国税庁

確定申告期限の柔軟な取扱いについて(国税庁) 確定申告期限の柔軟な取扱いについて(国税庁) 国税庁からのお知らせ 令和元年分の申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限につきましては、先般、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、令和2年4月16日(木)まで延長いたしました。 期限を延長した結果、確定申告会場の混雑は例年に比べかなり緩和されています。 各確定申告会場においては、感染防止に万全の措置を講じております。 また、ご来場いただいた納税者の皆さまには、マスクの着用やアルコール消毒液の利用をはじめとした感染予防にご協力をいただいており、確定申告会場での感染はこれまで確認されておりません。 申告実績を見ると、自宅からのe-Taxによる申告の増加などもあり、既に昨年の約9割の申告がなされています。 今後とも、申告相談に当たっては、感染リスクの防止を更に徹底してまいります。 確定申告期限の柔軟な取扱いについて 昨今の新型コロナウイルス感染症の各地での感染の拡大状況に鑑み、更に確定申告会場の混雑緩和を徹底する観点から、感染拡大により外出を控えるなど期限内に申告することが困難な方については、期限を区切らずに、4月17日(金)以降であっても柔軟に確定申告書を受け付けることといたしました。 申告書の作成又は来署することが可能になった時点で税務署へ申し出ていただければ、申告期限延長の取扱いをさせていただきます。 4月17日以降の申告相談について 現在までの申告状況を踏まえれば、4月17日(金)以降に税務署へお越しになる方の数は、比較的限定的となると考えられます。 そこで、4月17日(金)以降の申告相談につきましては、確定申告会場のように先着順に申告相談をお受けする方式ではなく、納税者の皆さまにお待ちいただくことなくスムーズに申告できるよう、原則として、事前予約制とするなど、感染リスク防止により一層配意した形で行うことといたします。 国税庁では、確定申告会場に出向かなくても自宅等から簡単に申告を行っていただけるよう、スマートフォン等によるe-Taxなどの手段をご用意しています。 ぜひ利用いただくよう、お勧めします。 詳しくはをご覧ください。 また、令和元年分の還付申告については、5年間(令和6年12月31日まで)申告することが可能です。 令和2年4月6日 国税庁 小田原税務署 TEL.

次の

2020年の確定申告は税務署に行かずに郵送・ネットで提出すれば、安心・安全 [確定申告] All About

確定申告 国税庁

領収証書は発行されません。 領収証書が必要な方は、最寄りの金融機関又は所轄の税務署の窓口で納付してください(窓口ではクレジットカードによる納付はできません。 クレジットカード納付は、国税庁長官が指定した納付受託者に立替払いを委託する手続です。 クレジットカード納付については、国税通則法により、納付手続が完了した日をもって延滞税や利子税を 計算することとなっておりますので、法定納期限内に当サイトにおいて納付手続が完了していれば、クレジットカード利用代金の引き落とし日が法定納期限よりも後になった場合でも延滞税等は発生しません。 なお、法定納期限後に当サイトでの納付手続を行った場合には、延滞税等が発生することがあります。 当サイトにおいて納付手続が完了すると、その納付手続の取消しはできません(誤って納付手続をされた場合は、後日税務署から還付等の手続を行うことになりますので、所轄の税務署へご連絡ください。 納付手続の完了後、その納付手続により納付済となった国税については、納税の猶予等を受けることはできません。 クレジットカード納付をしてから、納付済の納税証明書の発行が可能となるまで、3週間程度かかる場合があります。 納付税額に応じた決済手数料がかかります 最初の1万円までは76円 消費税別 、以後1万円を超えるごとに76円 消費税別 が加算されます。 また、分割払い・リボ払いの場合は、別途各カード会社の定める手数料が発生する場合がありますので、ご利用の前にカード会社へお問い合わせください。 なお、決済手数料は国の収入になるものではありませんので、誤って納付手続をされた場合、還付等の対象にはなりません。 申告所得税及復興特別所得税 消費税及地方消費税 法人税 法人税(連結納税) 地方法人税 地方法人税(連結納税) 相続税 贈与税 源泉所得税及復興特別所得税(告知分) 源泉所得税(告知分) 申告所得税 復興特別法人税 復興特別法人税(連結納税) 消費税 酒税 たばこ税 たばこ税及たばこ特別税 石油税 石油石炭税 電源開発促進税 揮発油税及地方道路税 揮発油税及地方揮発油税 石油ガス税 航空機燃料税 登録免許税(告知分) 自動車重量税(告知分) 印紙税 国際観光旅客税 国際観光旅客税(告知分)• 申告所得税及復興特別所得税• 消費税及地方消費税• 法人税• 法人税(連結納税)• 地方法人税• 地方法人税(連結納税)• 相続税• 贈与税• 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)• 源泉所得税(告知分)• 申告所得税• 復興特別法人税• 復興特別法人税(連結納税)• 消費税• たばこ税• たばこ税及たばこ特別税• 石油税• 石油石炭税• 電源開発促進税• 揮発油税及地方道路税• 揮発油税及地方揮発油税• 石油ガス税• 航空機燃料税• 登録免許税(告知分)• 自動車重量税(告知分)• 印紙税• 国際観光旅客税• 国際観光旅客税(告知分).

次の

【確定申告書等作成コーナー】

確定申告 国税庁

令和元年(2019年)12月20日に国税庁よりが公表されました。 このFAQは2017年、2018年に続き、3回目の公開となります。 今回は、公表された内容に関して、過去から変更・追加された点を主に解説していきます。 今回の公表で変更・追加された内容 今回のFAQの内容には、2019年の所得税法改正の内容が反映されている項目もあり、仮想通貨の 評価方法の届出・変更など、仮想通貨投資家が必ず確認しておくべき内容も含まれています。 また、仮想通貨を時価より低額で譲渡した場合の取り扱いなど、新たな点も明確化されています。 それではチェックしておくべき変更点・追加された点をひとつひとつ見ていきましょう。 仮想通貨の取得価額 仮想通貨の取得価額は取得の方法により、以下のように決定することが明記されています。 対価を支払って取得した場合 購入時に支払った対価の額が取得価額となる(手数料などを含む)• 贈与または遺贈により取得した場合 贈与または遺贈のときの価額が取得価額となる(贈与・遺贈が行われた時の時価)• 死因贈与相続または包括(特定)遺贈により取得した場合 被相続人の死亡の時に、その被相続人が仮想通貨について選択していた方法(移動平均法または総平均法)により評価した金額が取得価額となる(被相続人が死亡時に保有する仮想通貨の評価額)• 例えば、1BTCを1,000,000円(購入手数料500円)で購入した場合の取得価額は1,000, 500円となります。 仮想通貨の評価方法の届出と変更について 従来、仮想通貨の計算方法についての届出は必要ありませんでしたが、2019年度からは、 仮想通貨を取得した年度の確定申告の期日(2019年度分は2020年3月16日)までに納税地の税務署長に届出を行うことが必要になりました。 届出を行わないと「総平均法」によるものとして扱われることになります。 また、計算方法を変更する場合も、納税地の税務署長に届出をする必要があります。 しかし、計算方法を一度選択すると、特別な理由がない場合は3年間変更できないので注意が必要です。 計算方法の届出・変更についての詳細や手続きの方法は以下をご参照ください。 仮想通貨の取得価額や売却価額が分からない場合 個人間取引を行って取引の記録をしなかった場合や、取引所の閉鎖などで取引履歴を取得できないなどの理由で仮想通貨の取得価額や売却価額が分からない場合は、 取得価額を売却価額の5%相当額とすることが認められています。 例えば、仮想通貨を1000万円で売却したものの、その仮想通貨の取得価額がわからない場合は、50万円を取得価額として計算することができます。 なお、売却時における交換レートは1BTC=1,200,000 円であった。 また、この取引での所得金額は39万円となります。 (参照:国税庁) まとめ 今回のFAQでは、2017年・2018年と過去に公表されてきた内容の変更と補足がされた形となりました。 仮想通貨の計算方法に関しては、今年度からどちらを選択するか届出が必要になったので必ず行いましょう。 届出を行わない場合は、自動的に総平均法が選択されます。 また、「FAQ」の位置づけはあくまで情報の補足であり、基本的には昨年度と同じ前提に基づいて確定申告を行うことになります。 仮想通貨の税金・確定申告の概要についてはこちらをご覧ください。 仮想通貨(暗号資産)の確定申告を簡単に終わらせる方法 以下の企業プロフィール欄に詳細を記載しておりますので、以下の [Gtaxで無料計算する]をご覧ください。

次の