オープン ハウス 欠陥 住宅。 大手ハウスメーカー欠陥住宅の事例

荒井正昭(オープンハウス)社長の年齢や経歴は?学歴や資産と年収を調査!

オープン ハウス 欠陥 住宅

上:オープンハウスの公式採用ツイッターアカウント。 「自分の子どもに入ってほしくない会社。 これから働こうという若い人にもっと知ってほしい」(元社員) 下:街頭でティッシュを配るオープンハウスグループの従業員女性(東京都内) その急成長ぶりから、財界の注目を集める不動産会社「オープンハウス」(本社東京都千代田区、荒井正昭社長)。 東証一部上場を果たしたのは2013年9月と比較的最近で、その後の伸びは目覚ましく、上場直前の売上高970億円(2013年9月期)から、直近2018年9月期の3,907億円へと、わずか5年で約4倍に激増させた。 「死ね、殺すぞ、といった怒号が毎日のように職場で飛び交っていました。 中身の入ったペットボトルで部下の頭を殴りつける事件も起きています。 その業績の急激な伸び方には目を見張るものがある。 創業は1997年、現社長の荒井正昭氏が設立した。 伊藤忠商事子会社の不動産業「株式会社センチュリー21ジャパン」とフランチャイズ(FC)契約をして、住宅売買の仲介業務で業績を伸ばしていく。 ちなみに「センチュリー21」をめぐっては、FC加盟店が家賃滞納者に対して、鍵にカバーをかけるなど悪質な方法で追い出し行為を行っているとして、2009年、弁護士らでつくる「全国追い出し屋対策会議」(代表幹事・増田尚弁護士)が本社に警告書を送っている。 もっともオープンハウスが「センチュリー21」FC加盟店時代にどんな仕事ぶりをしていたかはわからない。 創業10年後の2007年には伊藤忠商事の子会社「イートピアビジネスネット株式会社」(後に「株式会社アイビーネット」と社名変更)の全株式を取得し、事実上買収する。 さらに5年後の2012年、「センチュリー21」とのFC契約を解消し、翌2013年に東証一部に株式上場を果たす。 2009年(9月期・連結)の売り上げ高は約297億円、経常利益28億円だった。 年々100~200億円規模で業績を伸ばし、上場直前の2013年(同)には売り上げ高約969億円、経常利益約92億円をたたき出す。 株式上場後の業績の伸びはさらに目ざましく、2015年(同)の実績は、売り上げ高1793億円、経常利益202億円と、2年前の約2倍を達成。 上場5年後の2018年には、売り上げ高3907億円、経常利益460億円と、上場前の4倍の業績を実現する。 2018年9月期の有価証券報告書の記載によれば、筆頭株主は代表取締役社長の荒井正昭氏で、43・42%(2400万株)と、ほぼ半数を保有している。 文字どおり荒井氏のオーナー企業である。 2018年9月期の株式配当は1株98円だから、2400万株を保有する荒井社長は、1年で23億5200万円の配当を得た計算だ。 これとは別に役員報酬が2億4000万円ある。 昨年末には渋谷区広尾の高級住宅街にある三井財閥系の啓明学園保有の宅地・建物を買いとり、自宅にした。 5億円はくだらないと思われるが、いまの荒井氏にとっては安い買い物にちがいない。 数字だけをみれば、オープンハウスは業績絶好調の「超優良企業」で、そのオーナー荒井氏は大成功を遂げたビジネスマンというところだろう。 上司が部下を激しく恫喝する光景が毎日のように繰り広げられ、ときとして暴力事件も起きる陰惨な社内事情について証言するオープンハウス元社員の男性。 男性が在職中に得た確証高い社内情報によれば、2016年5~6月ごろ、池袋営業センター(豊島区池袋)で、営業センターの責任者にあたるセンター長の男性が、部下の男性マネージャーの頭を水の入ったペットボトルで殴打するという暴行事件が起きた。 暴行のきっかけは「営業成績」をめぐる詰問だった。 マンションや戸建て住宅の販売契約を獲得するのが営業担当社員の仕事だ。 その業績に不満があったセンター長は、「(成績が)なぜ上がらないんだ」とマネージャーを詰問した。 ひとしきり詰問が終わり、その場から立ち去りかけたマネージャーがとった何気ない仕草を「反抗的な態度だ」と見とがめた。 そして感情を爆発させ、持っていた水の入ったペットボトルで後頭部を強く殴りつけたという。 上司の殴打によって、マネージャーは耳が聞こえづらくなる症状を訴えて病院に行った。 暴行罪に問われてもおかしくない出来事である。 じっさい、被害に遭ったマネージャーの男性も腹に据えかねて事件化を望んだ。 しかし、会社の介入により刑事告訴はせずに示談となった。 そうして結局、被害者の男性は退職した。 一方の加害者は、部長級から次長級へと一段階降格したものの、会社に残った。 箝口令がしかれ、事件のことは社内でも一部の者しか知らない「秘密」となった。 「似たような事件がほかにもあります。 別の営業所・・・渋谷だったと思いますが、部長級の上司が部下に対して暴力を振るう事件が起きたと聞いています。 被害者の社員が出社しなくなって問題になった。 このときは、加害者の上司が自主退職しました。 元社員の男性によれば、2016年の5~6月ごろ、上司が部下の後頭部を水入りのペットボトルで殴る事件が起きたという。 東証一部に上場するからには、高いコンプライアンス意識が要求されているはずだ。 経営者の目の届かないところで「パワハラ」が起きてしまったのだろうか。 そんな筆者の想像を、元社員の続く話は完全に打ち砕いた。 男性の職場だった本社でも、上司が部下を恫喝する「ツメル」光景が、毎日のように、公然と繰り広げられていたというのだ。 男性によれば、丸の内本社の職場は、広いフロアに500~600人の社員がいたが、ほぼ毎日、そのどこからか怒号が聞こえた。 100メートル離れた先にもはっきり届くくらいの大声だった。 「ふざけるんじゃねえ」 「死ね」 「殺すぞ.

次の

【炎上】不動産業「オープンハウス」のキャッチセールスに激怒 / 子供を持つ母親「ノイローゼになりそう」 | バズプラスニュース

オープン ハウス 欠陥 住宅

大きなライフイベントは人生の中でいくつか存在しますが、その中でもマイホーム購入は理想や夢が詰まった格別なものです。 せっかくなら、その理想や夢をなるべく多く実現したいと思いますよね。 オープンハウスは、東京23区を中心として横浜や川崎、埼玉、名古屋で戸建て住宅と土地を仲介する不動産会社です。 企画・開発・建設を担当するオープンハウス・ディベロップメントと、建築を担当するオープンハウス・アーキテクトがあり、互いに協力し合ってお客様の「等身大の家づくり」を実現しています。 建売販売とセミオーダーの注文住宅を取り扱っており、それぞれのプランに合わせて選択可能です。 今回は、そんなオープンハウスの注文住宅の特徴や坪単価、評判などを徹底深掘りしてまいります。 また、ハウスメーカー選びの際に絶対に押さえておいて欲しいポイントを先にお伝えしておきます。 それは、 少しでも気になったハウスメーカーや工務店の情報を集めて、しっかりと比較・検討すること。 住宅展示場にいきなり行ってしまう人や、土地探しから始めてしまう人が多いのですが、順番を間違えています。 一番最初に行うべきは、 自分の条件に少しでも合っていると感じた住宅メーカーのカタログや資料を集めること。 しっかりとハウスメーカーに関する知識を身に着けた上で住宅展示場に足を運ぶことで、営業マンの話を鵜呑みにせずに済みますし、価格・条件交渉でも有利に立つことができます。 また、最初から偏見で依頼する住宅メーカーを絞り込んでしまうのではなく、少しでも気になった会社があれば、資料を取り寄せておくことをおすすめします。 最初は全く考えていなかった住宅メーカーの中に、自分達の条件とぴったり合う会社が見つかったという人は本当に多いものです。 ただ、複数社に資料請求することが大切だとわかっていても、何社ものハウスメーカーに資料請求の依頼をかけるのは面倒なもの。 そんな時に活用して欲しいのが、全国の住宅メーカーに一括で資料請求ができる、のカタログ一括請求サービスです。 予算やエリア、テーマごとにハウスメーカーを検索できるので、あなたの条件にあったハウスメーカーを簡単に絞り込むことができます。 運営会社のLIFULLは従業員数1000名を超える東証一部上場企業ですから、無理な営業電話をするような悪徳業者に出くわすこともありません。 スマホやPCから3分もあればカタログを請求できるので、家を建てる最初のステップとして実施しておくことをおすすめします。 前置きが長くなりましたが、ここからオープンハウスの注文住宅の評判などを解説していきます。 賃貸マンションに住んでいたのですが、もうすぐ更新するというタイミングで、次の引っ越しをどこにするか悩んでいました。 最初はまた別の賃貸マンションを考えていたのですが、たまたま会社の同期がオープンハウスで家を建てたと聞きました。 実際購入して良かったと話をしていたので、軽い気持ちでオープンハウスに申し込んでみることに。 すると、ちょうど理想の立地の土地に空きが出ていることが分かり、戸建ての購入を決めました。 オープンハウスは、標準仕様のひな型があるのですが、その通りにする必要はありません。 ポイントでここはこだわりたいと思う場所があれば、オプションとして付けることで、自分の好みにあった家にすることができたので、満足です。 最初はもともと住んでいた家の建て替えを使用かと考えていたのですが、土地の面でいろいろと問題があり悩んでいました。 たまたまきっかけがあったオープンハウスさんから、条件のいい土地を紹介してもらえたことがきっかけで、住み替えを決断したんです。 私が高齢であったこともあって、息子と共有で家を購入し、二世帯住宅にする形で所有していくことにしました。 息子夫婦の意見を取り入れながら話し合いを進め、理想の家を建てられたのではないかと思っています。 オープンハウスは、こちらの意図を組んだ提案をしてくれて、かつ予算内で収められたので助かりました。 オープンハウスは、担当者の提案力の高さや、比較的リーズナブルで価格帯であることから、予算内で希望の家を建てられたという声が見られました。 オープンハウスの悪い口コミ オープンハウスの営業の方から営業を受けたのですが、提案もわかりやすいし、注文住宅についての相場観や住宅ローンについていろいろと教えてもらえました。 ただ、少し営業の姿勢がしつこいなと正直感じました。 オープンハウスの口コミなどを調べると、「営業がしつこい」と感じる人が少なくないようです。 ただ、不動産会社として営業をすること自体はもちろん悪ではありませんし、オープンハウスの家の性能に関してネガティブな評価はほとんど見当たりませんでした。 買う気が無い状態で営業をかけられるのは迷惑かもしれませんが、事前にオープンハウスの住宅に関する情報を調べて購入をすでに検討している方にとっては、大きなデメリットではないのかなと感じます。 オープンハウスの注文住宅の特徴・性能まとめ ここから、オープンハウスの工法や、耐震性、断熱性など各種性能についていくつか紹介していきます。 オープンハウスの工法 オープンハウスの注文住宅は、木造軸組み在来工法を採用しています。 木造軸組み在来工法とは、日本で古くから使用されている伝統的な工法です。 柱や梁といった丈夫な「線」で家を支えるため間取りの自由度が高く、また窓などの開口部を大きく取りやすいという特徴があります。 自由度が高いため、住む人のニーズに合わせた家づくりをしやすい工法です。 家を支える「線」である骨格、柱や梁には構造用集成材が採用されています。 集成材は無垢材と比較したときに強度のばらつきや変形といった、家の強度を下げるリスクが少ないという特徴を持っています。 この強い集成材を専門のプレカット工場で高い精度で加工し、現場で正確に組み立てるため、安定した強い家を作ることができます。 オープンハウスの間取り オープンハウスの朱注文住宅は、あらかじめ用意された参考プランをもとに作っていくセミオーダー形式です。 とはいえ、• 多くの参考プランが用意されている• 木造軸組み在来工法なので、間取りの変更も可能• 内外装や設備も希望に合わせて変更可能 と、ほぼ自由な家づくりができると言って差し支えのない環境が用意されています。 カスタマイズ事例によると、3階建ての参考プランをベースにして• 1階のサービスルームをなくし、水回りの機能を集約させる• 駐車スペースからの出入り口を追加• 3階にロフトを追加 といったカスタマイズも可能なようです。 オープンハウスのデザイン 間取りの項目でもふれたように、オープンハウスの注文住宅はセミオーダー形式です。 内外装などのデザインも、参考プランをベースにして作っていきます。 家づくりを進めていく中で、間取りをまず決めてその後に「カラー詳細打ち合わせ」が行われます。 そこでショールームで実物を見たり、サンプル品を参考にしたりしながらコーディネーターとともに理想のデザインを作り上げていくことになります。 もちろん、デザインが好みの参考プランを選んで、プランのデザインをそのまま採用することも可能です。 オープンハウスの耐震性 木造軸組み在来工法には「自由度が高い」というメリットがありますが、耐震の面では「横からの力に弱い」という弱点があります。 オープンハウスの注文住宅は、この弱点を克服するためにいくつかの対策を取り入れています。 耐力面材 横からの力に強くするため、壁に「耐力面材」を取り入れています。 簡単に言うと、柱だけではなく板を打ち付けて「面で支える力」も追加しているということです。 柱だけだと線と線が交わる角の部分に横からの力が集中してしまい、耐えきることが難しくなってしまいます。 しかし耐力面材を取り付けることで横からの力は分散するため、強い負荷が一か所に集中することがなくなり十分な耐力を発生できるのです。 剛床 オープンハウスの注文住宅は、すべての床に「剛床」を取り入れています。 剛床とは、24mm厚以上の構造用合板のことです。 これを土台や梁と一体化させることで高い水平剛性を確保することができるので、地震の横揺れなどに対して強い家を作ることができます。 構造金物 強い建物を作るためには、基礎や柱、梁をつなぎ合わせるための構造金物も重要なパーツです。 綿密な構造計算を行い、その結果に基づいて適切なパーツを適切な配置で使用しています。 制震装置 「耐震」ががっちりと強い構造で揺れに「耐える」仕組みであるのに対して、「制震」は地震のエネルギーそのものを吸収、「制御」し建物へのダメージを軽減する仕組みです。 オープンハウスの注文住宅は制振装置を採用しているので、住む人の安全を守るだけでなく、建物の耐久性自体も向上させる効果があります。 べた基礎 オープンハウスの注文住宅は、基礎に「べた基礎」を採用しています。 べた基礎には「建物の荷重を基礎全体で支える」という特徴があるため、地震の揺れに対して強さを発揮することができます。 建物が傾くのを防ぐ• シロアリの侵入を防ぐ• 地面から湿気が流入するのを防ぐ といった、効果もあります。 オープンハウスの断熱性・気密性 家は、家族が人生のうちの長い時間を過ごす場所です。 だからこそ、オープンハウスの注文住宅は家の中の空気にもこだわっています。 「夏は涼しく、冬は暖かく」を実現するため、外気に接する場所には高性能の断熱材を設置して、高い断熱性能を実現しています。 その断熱性能は、住宅性能表示制度の断熱性等級において最高クラスの等級である4に相当します。 また、建物の断熱性能を高めるには多くの熱が流入・流出する窓などの開口部の対策が重要になってきます。 オプションとして高機能の樹脂窓が用意されており、結露やカビの発生も軽減できる、より断熱性能の高い家を作ることも可能です。 オープンハウスの保証・アフターサービス オープンハウスは、充実したアフターサービスを用意しています。 地盤保証制度 オープンハウスでは家の土台である地盤について、全島で調査・解析を必ず実施しています。 またその調査結果に基づいて必要に応じた改良工事を行い、十分な地盤の強度を確保しています。 地盤品質保証の期間は市長20年で、万が一の地盤沈下によって建物に損害が発生した場合は最高で5,000万円の保証を受けることができます。 建物保証制度 オープンハウスでは、万が一建物に瑕疵(欠陥)が見つかった場合に速やかな対応を行えるよう、建物保証を付けています。 住宅の構造耐力上主要な部分…基礎、梁、柱など• 雨水の侵入を防止する部分…屋根、外壁など について、「住宅の品質確保の促進などに関する法律」にもとづき、10年間の保証を付けています。 それ以外のクロスなど仕上げ関係については、2年間の保証を付けています。 保証会社によるサポート 「住宅瑕疵担保履行法」によって、新築住宅を供給する事業者には万が一でも対応ができるように保険の加入などが義務付けられています。 オープンハウスも財団法人住宅保証機構に登録し住宅瑕疵担保履行法に基づく保険に加入しているので、• 引き渡し後10年間の瑕疵保証責任• 万が一事業者(オープンハウス)が倒産した場合の保証 も最後まで対応できる体制が整えられています。 定期点検 引き渡し後1年目と2年目に、無償の定期点検を行っています。 アフターサービス専門のスタッフが訪問し、建物の各所をしっかりと点検してくれます。 点検時以外でも、困りごとがあれば気軽に相談を受け付けてくれるそうです。 また有償には成りますが、1~2年目の定期点検が終わった後でも点検及びメンテナンス工事を実施してもらうことができます。 検査体制 オープンハウスでは工事の進捗に合わせて、専属の施工担当社員が必要な検査を実施しています。 「実際に住む人の目線」に立って隅々まで厳しくチェックを行うことで、高品質な家を実現しています。 オープンハウスの平均的な坪単価 オープンハウスの坪単価は、おおよそ35万円~60万円ほどとされています。 都内でもあまり条件の良くない土地や、狭小地、変形地に対応した家づくりを行っていることもあり、全体的な価格が低めになっているようです。 またアフターサービスや広告を最低限のものにして人件費を抑えるなどの工夫を行い、コストカットを実現して価格に反映させているとのことでした。 オープンハウスの商品ラインナップ オープンハウスは建売住宅と注文住宅(セミオーダー)を取り扱っています。 建売住宅については、エリアなどの条件から検索することができます。 注文住宅は参考プランをベースに家づくりを進めるセミオーダー形式ですが、ホームページ上では参考プランが公開されていません。 詳細を知りたい方は、直接問い合わせることをお勧めします。 また、オプションや標準装備については一部公開されているので、以下のページを参考にしてください。 オープンハウスで家を建てるのに向いている人 オープンハウスの最大の売りは、コストパフォーマンスの高さです。 条件にもよりますが、東京都内の駅近くの立地であってもローコストでマイホームを持つことを可能にしてくれます。 ただしそのために、なかなか値段の付かない変形地や狭小地を利用している側面もあるので、• 値段の安さを最重要視する• 立地が良ければ、ほかの条件はあまり重要視しない という方におすすめです。 オープンハウスとよく比較されるハウスメーカー ローコスト住宅を手掛けているということで、オープンハウスとよく比較されるのがタマホームです。 タマホームの坪単価は、おおよそ40~45万円程度になるとされています。 オープンハウスの坪単価がおおよそ35万円~60万円なので、条件によってはオープンハウスのほうがより安価にマイホームを手にすることが可能です。 一番の違いは、家を建てる場所です。 「東京に家を持とう」というキャッチコピーを掲げていることからもわかるように、オープンハウスは「都市部でのローコスト住宅」に力を入れています。 一方でタマホームのキャッチコピーは「品質も、価格も、叶う家。 」となっており、建てる場所ではなく品質と価格の両立を目指していることがわかります。 もしあなたが家を建てる場所として検討しているのが郊外であるのなら、オープンハウスにこだわる必要はありません。 タマホームなどほかのハウスメーカーと比較検討の上、一番条件に合致するローコスト住宅を扱うハウスメーカーに決めるべきでしょう。 しかし「都市部に家を建てたい」「通勤に便利な駅近くがいい」といった希望があるのならば、オープンハウスを有力候補とするべきです。 都市部、駅近くといった立地はどうしても土地代が高くついてしまうため、建物本体がローコストであっても、全体としては結局高くついてしまった…ということになりかねません。 オープンハウスであれば、好立地の土地であってもその中で価格の付きにくい変形地などを生かす住宅を得意としているので、土地の価格も抑えながら好立地のローコスト住宅が実現できます。 オープンハウスが対応しているエリア オープンハウスは東京23区を中心に展開しています。 関東エリア…東京、神奈川、埼玉、千葉• 東海エリア…名古屋• 九州エリア…福岡 オープンハウスの会社概要 最後に、オープンハウスの会社情報をまとめておきますので、参考にしてください。 会社名 株式会社オープンハウス(Open House Co. , LTD. ) 本社所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12F(総合受付13F) 設立 1979年9月 代表 代表取締役社長 荒井正昭 従業員数(連結) 2,301名(2019年3月末現在) まとめ オープンハウスは価格の低さと、好立地の住宅を得意として支持を集めているハウスメーカーです。 その安さのためアフターサービスが他社と比較した際に手薄などの弱点はありますが、納得したうえで選ぶのなら非常に高いコストパフォーマンスを誇る家を建てることができます。 特に「なるべく安く、東京都内で好立地にマイホームが欲しい」と考えている人におすすめです。

次の

オープンハウスへ。営業最悪

オープン ハウス 欠陥 住宅

「都心の一軒家」と聞いて、多くの人は「高そう」「買えない」「金持ちが住む家」などと思うかもしれない。 ところが今、好立地で手の届く価格帯の戸建て住宅を年収500万〜1000万円の平均的な会社員が相次いで購入しているのだという。 そうした物件を提供するのが、1997年設立のオープンハウスだ。 同社は2001年に新築戸建て物件の販売をスタートし、売り上げをぐいぐいと伸ばしていく。 2013年9月には東証一部への上場を果たした。 2016年9月期の業績は売上高2472億1000万円(対前年比37. 9%増)、営業利益313億2000万円(同47. 0%増)と急成長を遂げている。 オープンハウスはなぜ都心の戸建て住宅を一般的な相場よりも安く販売できるのだろうか。 他社にはない同社の強みとは何だろうか。 一橋大学大学院 国際企業戦略研究科(一橋ICS)の大薗恵美教授が、オープンハウスの荒井正昭社長にインタビューした(以下、敬称略)。 消費者ニーズをくみ取った商品で急成長しているオープンハウス 都心に住みたいというニーズ 大薗: オープンハウスは、「東京に、家を持とう。 」をキーワードに、従来は通勤の便利なところでの家は無理だと思っていた人が戸建てを持てるという価値提供を掲げて事業展開しています。 私自身もそうだし、業界全体も、皆が無理だと思っていたことを成し遂げた結果、急成長を遂げています。 どういうきっかけでこの事業に取り組み始めたのですか? 荒井: 最初は仲介業からスタートしました。 私は起業する前に10年間、不動産仲介の会社でサラリーマンをしていて、顧客のニーズを把握していました。 彼らは都心に近い場所ほど喜ぶものの、自分たちが買えるような商品がないと思っていました。 そうした中、1987年に建築基準法が改正されて、準防火地域においても木造三階建てが解禁になりました。 その結果、土地がそれほど広くない都心部でも3LDKの家が作れるようになったのです。 それ以前ならばもう少し広い土地が必要でしたが、土地の値段が高くなるので顧客が望むような商品は提供できませんでした。 実は木造3階建ての販売は当社だけでなく、地場の不動産会社は昔からやっていたことです。 ただし大手デベロッパーが手掛けていなかったので、あまり世の中に知られていなかったのだと思います。 いくつかの小さな会社がやっていた中で、当社だけが大きくなっていったのです。 大薗: 規制が変わって、木造三階建てのビジネスができるようになった。 この事業機会は誰にも等しく与えられたもので、実際にそれを生かした地場の不動産会社もあったわけですね。 なぜ彼らはオープンハウスのように大きく成長しようと思わなかったのですか? 荒井: これは人間の心理で、普通はそこそこ成功したら満足してしまうのです。 成功するまでは努力するけれども、ある程度まで達成すると、もっと欲張ってやろうという人は少ないのではないでしょうか。 例えば、東京大学に入るまでは必死で勉強するけれど、入学後も継続して寝る間を惜しむような勉強をする人が少ないように。 もう1つ、当社と他社が異なるのは人材戦略です。 私が起業したときは大学卒の22歳人口が200万人いましたが、今は120万人にまで減っています。 当時、街の不動産会社は採用はいつでも簡単にできると思っていたので、先を見据えた人材採用をするような備えはありませんでした。 一方で、当社は今でも年間200人以上の採用を行っています。 大薗: 会社を大きくしたいという思いは最初からあったのですか? 関連記事• Web広告収入という選択をせずに、主にオリジナル商品の販売で年間28億円の売り上げを達成している東京糸井重里事務所。 その事業戦略について、同社CFOの篠田氏と一橋大学大学院の大薗教授が対談した。 全国各地の工芸品を扱う雑貨屋「中川政七商店」が人気だ。 創業300年の同社がユニークなのは、メーカーとしてだけでなく、小売・流通、そして他の工芸メーカーのコンサルティングにまで事業領域を広げて成功している点である。 取り組みを中川淳社長が語った。 公共事業の削減によって厳しい経営環境にある土木資材業界。 そうした中で踏ん張り続けているのが、独立系企業の前田工繊である。 効を奏した同社のユニークな戦略とは?• 化学メーカーのカネカは頭髪装飾品分野において世界で大きなシェアを誇る。 特にアフリカ地域ではブランド認知度も高い。 なぜカネカの商品は支持されるのだろうか。 2000年に日本初のインターネット結婚情報サービスを開始したのを皮切りに、現在では包括的な婚活支援サービスを提供しているIBJ。 会員の成婚率は5割超えという、業界でも高い数字を誇っている。 そんな同社の取り組みを石坂社長に聞いた。

次の