ペットショップ 売れ残り 引き取りたい。 ペットショップ 売れ残り 猫 里親, 売れ残り猫の里親になる方法は? ペットショップで売れ残ってしまった場合、 ボランティア団体などど連携して 譲渡会に出す こともあります。 または、そのまま ペットショップ内で 里親を募集するケースも ある

ペットショップの裏事情、売れ残りの動物たちの行く末とは

ペットショップ 売れ残り 引き取りたい

ブリーダーさんの元へ 大抵の場合は、ブリーダーさんの元へ返していることが多いようです。 多くのペットショップはブリーダーさんと契約をし、猫や犬といったペットを仕入れています。 そのため、売れ残ってしまった猫は仕入先であるブリーダーさんの元に返すのが一般的なのです。 しかし、ブリーダーさんの元に帰ったからといって、幸せな生活が待っているとは限りません。 悪質なブリーダーさんの場合、売れ残った子を劣悪な環境に追いやって、適当に飼育をしたり、繁殖用の猫として体がボロボロになるまでこき使ったりすることもあります。 さらに酷いブリーダーさんになると、こっそりと猫を外に捨てたり、「引き取り屋」とよばれる売れ残りの子を引き取る業者げ売り飛ばしてしまうこともあるのです。 うちの子も売れ残りちゃんです。 「大人の猫を探しているけど一人暮らしが理由で譲渡会に断られる」と友人に話したところ、数週間後に「近所のペットショップで2歳半の子が3万で売られている」と連絡がありました。 スコティッシュフォールドとマンチカンという人気猫種のミックスでしたが、柄の出方が綺麗じゃないため(いわゆるサビ猫)売れ残ったのか。 ブリーダーが経営しているお店とのことで、「一か月単位で値引きされていく(友人談)」そうです。 ちなみに2歳半だったうちのお嬢さんはワクチン代込で3万円という激安価格でした。 命に価格をつける、売れ残ったら値引き、というのもイヤな話ですが放置されたり変な団体に売り払われるよりはマシかと。 初日から布団に入ってくる甘えん坊で、朝ご飯を食べた後は膝に乗ってきて喉を鳴らしながら1時間ほどウツラウツラしています。 大変だけど幸せ・・・ 私もペットショップの存在には、常々疑問を抱いており、ペット用品専門店にすればいいのにと思っている人間のひとりです。 ペットショップは必要ないと思います。 譲渡の審査が厳しいのはいた仕方ないとも思いますが、今でも保健所には、沢山の動物たちが、殺処分へのカウントダウンをされています。 先ずはそういった子たちを救い出すために、各々何ができるか考えてみてはどうかと思います。 悪質なブリーダーへの処罰も、もっと厳しいものにしてくれることを望みます。 自分なりに色々調べてはみるのですが、日本は動物の命に対し、あまりに安易で無関心のように思えます。 どうか悲惨で孤独な動物たちが、一日でも早くいなくなることを願ってやみません。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

ペットショップ 売れ残り 猫 里親, 売れ残り猫の里親になる方法は? ペットショップで売れ残ってしまった場合、 ボランティア団体などど連携して 譲渡会に出す こともあります。 または、そのまま ペットショップ内で 里親を募集するケースも ある

ペットショップ 売れ残り 引き取りたい

私はペットショップで働いています。 今はウサギを飼っています。 やはりお客様は小さい子を選びます。 ウチに長くいる子はやっぱりお値段が下がってしまいますが、おトイレも躾をして 「この子だったら飼っても良い」 そう思って頂ける様に、慣れたおトイレやエサ入れを、そのまま譲っています。 長く居る子は、ペットショップのケージに長く居るので、おトイレなどを変えてしまうと、また躾が必要なので、、、 あと、長く居る子はある程度性格が解ってくるので、その子の性格などもアドバイスできます。 そうすると、質問者様の様な優しい方が、必ずお家に連れていってくれます。 だから、大丈夫です。 優しい方のお家にその子も行くと思いますよ。 ウチのお店では、幼稚園の園長さんが幼稚園で飼う為に、という方もいます。 小さくては管理も大変だし、子供さん達に安易に触らせられないから、という事で、、、 今ウチにはウサギがいます。 大きくなると「ウチにくる?」なんて思いますが、殆どの子がお家が決まります。 なんか、長くいると情がわいてしまって、お家が決まると嬉しい半分、ちょっと別れ惜しいですけどね(笑) うさぎ飼い始めてからペットショップに行くと、大きい子の方が可愛く、今にも死にそうな子ウサギが多くないですか? 飼うまでは全く気付かなかったけど、うちの子もそんな安価に販売しているペットショップからお迎えしたのに、まだ病気知らずなので、元気な子でよかったなと思うばかりです。 あと、やはり顔つきも含めて年と共に昔とは全く変わりますよね。 私は今の子じゃない子に一目惚れして、うさぎをお迎えすることを決意したのですが、一目惚れした子は私が迎えに行く少し前に他のお家が決まってしまったんです。 そのことを店員さんから聞いた時、店員さんは、あの子はもう大人だった。 今は小さい子が入っているよ。 とセールストークをしてきましたが、全く響きませんでした。 なので別のお店でお迎えしました。 一目惚れした子に良く似た子ウサギを。 お店もそういう扱いをするんでしょうね かわいそうに。 私も見に行く度、可愛くてお迎えしたくなりますが、やっぱり、うちの子のことを考えると、一羽だけに愛情を注ごうと決めます。 余裕があれば多頭もいいのでしょうが、社会人未熟者二人とうさぎだけの生活なので、余裕があるとは言えません… 私の知り合いのショップは、不幸にして引き取り手がいなくなったウサギのための飼育場を建てていす。 地方のショップなので、土地の心配が無かったという事もありますが、売れ残ったウサギやショップに来てから病気が発覚したウサギなどをそこで飼育しています。 また別のショップでは、引き取り手のないウサギは「お店の看板ウサギ」としてずっと飼育しています(看板ウサギが何頭もいるんですが)。 ただそういう恵まれた環境にないショップやホームセンターなどではどうなんでしょうね? 本当は、体が出来ている、ケージに慣れている等を考えると、初心者ほど月例の高いウサギ(要するに大きくなったウサギ)を迎えた方がいいと思うのですが、どうしても可愛い方を選んでしまいがちですね。 それは致し方ないと思います。 成長した子を迎えるのが好きな、多頭飼いをしているウサ友さんもいます。 多頭飼いをしているため、大人になって精神的に落ち着いたウサギの方が世話しやすいのだそうです。 今はケアのしっかりしたショップにしか行っていないので、店頭にいるウサギに関しては余り気にしません。 でも1度だけ、後ろ髪を引かれる思いをした事はあります。 入荷したウサギ(フレミッシュジャイアント)が妊娠していて、ショップに来てから子供を産んでしまった事がありました。 2カ月ほどして販売を始めたのですが、フレミッシュジャイアントなので子ウサギでもかなりの大きさでした。 そのため、引き取り手がつかず、いつも店先にいました。 フレミッシュにも興味があったのでウチの子にしようかと思いましたが、価格が10万円以上したので買うに買えず、結局諦めました。 しばらくして店頭から姿が消えたので行方を聞くと、ブリーダーさんに引き取ってもらう事にしたとの事でした。 それが本当である事を願って、店を後にしました。 忘れる努力はしていません。 今でも、あの子たちは幸せになっているか気になっています。

次の

ペットショップ、ブリーダー、里親の違いを比較|悪質な繁殖業者にご用心|比較投票メディア|キュリー

ペットショップ 売れ残り 引き取りたい

今回の記事はブリーダーの方に書いていただきました。 ……………….. 「ブリーダーやペットショップで売れ残った猫はどうなるのですか」は よく聞かれる質問です。 2011年、動物愛護法改正の為の審議会に聴聞者として参加した際に配布された環境省の資料にはブリーダー・ペットショップ対象のアンケートが含まれており、その中に売れ残った動物はどうなるのかという質問がありました。 上位回答は、 自宅またはショップで飼う 里親を探して無償譲渡する スタッフが飼う 同業者・ショップに転売 繁殖用に残す 有償譲渡する 実験業者に譲渡、保健所引き取りはほぼありませんでした。 ただ、このアンケートに回答する業者は比較的良心的な部類だと思われるので、実態とはやや乖離があるかもしれません。 2009年に尼崎の動物取扱業者が違法飼育ということで動物愛護法違反で摘発されました。 この業者は老齢犬や繁殖に使わなくなった『不要』犬を保健所に持ち込んでいたことで話題になりました。 この業者は10年近くにわたり、年間約50〜60頭を『処分』していたということですが、もっと小分けにして、あちこちの保健所に持ち込んでいたという悪質ケースがあったと言われています。 現在では動物取扱業者からの持ち込みは拒否する自治体が増えています。 筆者の住む自治体では過去5年間は業者からの持ち込みは0で、動物取扱業者と分かれば引き取りはしない方針です。 となると『処分』先が無くなって困る業者が発生することになりますが、それを肩代わりするような業者が最近見聞されるようになってきました。 いわゆる「引き取り屋」と呼ばれる業者です。 引き取り屋の実態とは 2014年10月に発生した、犬の大量遺棄事件をきっかけに、その存在が明るみに出るようになりました。 約80頭の犬の遺体を遺棄したのは元ペットショップ従業員で引き取り屋をしていた人物でした。 引き取り屋とは、取扱数が多いブリーダーやペットショップから廉価 1頭1〜3万円ほど で生体を引き取るビジネスです 逆に言うと取扱数が少ないブリーダーやペットショップには無縁の存在です。 「引き取り屋」が必要になるのは、ペットショップにおいて、ショーケースを早く開けて次の子犬・子猫を入れたいとか、仕入れた後で子犬・子猫が売り物にならないと発覚した場合になります。 引き取り屋が引き取った動物は譲渡会を開いたり、フリーマーケットの一角にブースを借りるなどして、新しい飼い主さんを探します。 新しい飼い主さんには無償で渡すケースと有償で渡すケースがあるようです。 里親さんが決まらなかった場合は「引き取り屋」で飼われ続けるということになるようです。 その飼育環境が不適切ということで、近年動物愛護団体が危険視しています。 2016年5月には栃木県の「引き取り屋」が飼育動物に対し「ネグレクト」をしたということで摘発されました。 虐待の一種である「ネグレクト」は愛玩動物に対しては食餌給水を与えない、糞尿の始末をしない、疾病があるにも関わらず病院に連れて行かない、被毛などの手入れをしない、などが該当します。 「引き取り屋」は現在、動物取扱業者とされておらず、動物愛護法で管理される存在ではありません。 野放しかつ実態調査もされていないため、良心的な業者も問題業者も一緒くたになっている状態です。 ペットショップで扱われる商品個体は生体であるが故に売れ残った場合でも食料費がかかりますし、それだけではなく糞尿の始末をし、病気にかからないよう管理しなければなりません。 そのため引き取り屋の存在は必要悪であるとも言え、賛否をつけるのは難しいところではあります。 引き取り屋以外の売れ残りの対処 業者ブリーダーや自家繁殖ショップの場合は、売れ残りは繁殖用にまわされることが多いです。 また、あるブリーダーが手放す犬猫を別のブリーダーに斡旋するなど、ブローカー的な役割をはたすブリーダーやペットショップのバイヤーもいます。 全国展開しているような大手ペットショップやオークションだと、自社に里親募集する部門があったり、外部の里親探しNPOと提携状態にあるという話もあります。 このように「引き取り屋」の他にも、ペットショップの基準に合わなかった犬猫の新しい飼い主さんに斡旋するNPOや、売れ残りや繁殖リタイア犬猫の里親募集サイトなど、動物愛護的要素のある団体・個人も存在します。 動物愛護法改正の影響もあり、動物取扱業界は健全化が進んできていて、改正前よりは動物の命や健康が大切にされるようになり、悪徳業者も摘発されたり、廃業するようになってきています。 ただまだ動物の命を軽視する業者はゼロになったとはいえず、更なる健全化を期待したいところです。

次の