ジャンヌ ダルク 映画。 ジャンヌ・ダルクのレビュー・感想・評価

ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ ダルク 映画

ジャンヌ・ダルクの紹介:1999年フランス,アメリカ映画。 「オルレアンの乙女」としてフランス史に名を残したジャンヌ・ダルクの人生を描いた作品。 時は百年戦争の真っ只中、ジャンヌはフランスの田舎に暮らす敬虔なキリスト教徒だった。 ある日教会から帰ると、村はイギリス軍に襲われており、姉も目の前で暴行の末殺害されてしまう。 それでも神に救いを求めるジャンヌはある日、教会で神の声を聞き、自分が神の使者であることを確信する。 時は経て成長した彼女は、王太子に認められフランス軍を指揮。 彼女の存在で軍は息を吹き返し、闘いは奇跡的な勝利を収めるが…。 監督:リュック・ベッソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ(ジャンヌ・ダルク)、ジョン・マルコヴィッチ(シャルル7世)、フェイ・ダナウェイ(ヨランド)、ダスティン・ホフマン(ジャンヌの良心)、ヴァンサン・カッセル(ジル・ド・レ)、ほか ジャンヌダルクのネタバレあらすじ:承 孤児となったジャンヌは親戚の元へ預けられますが、心の傷は癒えません。 それでも、神の考えを聞きたいと教会で告解することは止めませんでした。 そしてある日、ジャンヌは周囲の忠告を無視してまだ許されていなかった聖体拝領を行います。 時は流れ、フランス・シノンの城にいるシャルル王太子のもとに神の使者を名乗るロレーヌの乙女から手紙が届きます。 シャルルをリヨンで即位させる手伝いをしたいというのです。 シャルルの周囲は疑いながらも「ロレーヌから乙女が表れフランスを救う」という昔からの予言を信じ、会うことを決めます。 その乙女こそジャンヌでした。 シノンの城を訪れたジャンヌはシャルルの影武者を見破り、重要拠点であるオルレアンを奪還するため、自分に軍勢を与えるよう願います。 フランス軍の将軍であるデュノワやジル・ド・レは、戦ったこともない田舎娘の傘下につくことに不服でした。 兵士たちの小馬鹿な態度に怒ったジャンヌは髪を切り、甲冑をまとい決意を露わにします。 ジャンヌダルクのネタバレあらすじ:転 翌日、オルレアンは英国軍の奇襲に遭っていました。 敗北感漂うフランス軍を見かねて、ジャンヌは白い旗を掲げて自ら先陣を切り、単身砦に駆け込み、敵の弓矢を受けても兵士たちを鼓舞します。 そんなジャンヌの姿を見たフランス軍は士気を取り戻し、念願だったオルレアン奪還を叶えます。 しかしその勝利には、フランス・英国両国の兵士たちのおびただしい血が流れた結果でもありました。 オルレアンを奪還し、シャルルは念願だったランスでの即位式を行います。 ランスで即位式を行う事は、真のフランス国王になる証でした。 続いてジャンヌたちはパリを奪還すべく戦いますが、王からの援軍は無く敗北に終わります。 国王となったシャルルと王家にとって、交渉を妨害するような行動を続けるジャンヌは、次第に疎ましい存在となっていたのです。 ジャンヌダルクの結末 徐々に孤立していくジャンヌは、やがてシャルルや王家の人々によって「魔女である」として捕縛されます。 困惑しながら、幻想の中で神に救いを求めていると、目の前に謎の男が表れます。 過去に自ら神のように振る舞ったこと、全知全能の神がジャンヌを求める必要がどこにあるのだ、と問いかけますが、それでもジャンヌは自分が神の使者であること、神が救ってくれることを信じていました。 異端審問でもその姿勢は変わりません。 牢獄の中で神に祈りを唱えていると、再び謎の男が表れ「神が本当にお前を必要としたのか?」と問いかけます。 ジャンヌは狼狽しながらもドンレミ村で神の姿を見た後現れた剣こそ神の徴だと訴えます。 しかし謎の男は、物事の原因は無限にあり、剣が突然現れたのも、ただの偶然でしかない、事実を見たのではなく、見たかったことを見ただけだと答えます。 ジャンヌがお告げだと信じていたことは凡てジャンヌの願望であり、幻想でした。 そしてジャンヌは広場に設けられた処刑場にいました。 異端審問の結果、ジャンヌは数多くの重罪を犯した異端者として火あぶりの刑を命じられます。 最後まで神が救ってくれることを信じますが、多くの観衆が見守る中、ジャンヌは魔女として火あぶりにされます。 処刑から500年経ったのち、ジャンヌはヴァチカンにより聖人に列せられるのでした。 以上、映画「ジャンヌ・ダルク」のあらすじと結末でした。

次の

ジャンヌ・ダルクのレビュー・感想・評価

ジャンヌ ダルク 映画

ジャンヌ・ダルクの紹介:1999年フランス,アメリカ映画。 「オルレアンの乙女」としてフランス史に名を残したジャンヌ・ダルクの人生を描いた作品。 時は百年戦争の真っ只中、ジャンヌはフランスの田舎に暮らす敬虔なキリスト教徒だった。 ある日教会から帰ると、村はイギリス軍に襲われており、姉も目の前で暴行の末殺害されてしまう。 それでも神に救いを求めるジャンヌはある日、教会で神の声を聞き、自分が神の使者であることを確信する。 時は経て成長した彼女は、王太子に認められフランス軍を指揮。 彼女の存在で軍は息を吹き返し、闘いは奇跡的な勝利を収めるが…。 監督:リュック・ベッソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ(ジャンヌ・ダルク)、ジョン・マルコヴィッチ(シャルル7世)、フェイ・ダナウェイ(ヨランド)、ダスティン・ホフマン(ジャンヌの良心)、ヴァンサン・カッセル(ジル・ド・レ)、ほか ジャンヌダルクのネタバレあらすじ:承 孤児となったジャンヌは親戚の元へ預けられますが、心の傷は癒えません。 それでも、神の考えを聞きたいと教会で告解することは止めませんでした。 そしてある日、ジャンヌは周囲の忠告を無視してまだ許されていなかった聖体拝領を行います。 時は流れ、フランス・シノンの城にいるシャルル王太子のもとに神の使者を名乗るロレーヌの乙女から手紙が届きます。 シャルルをリヨンで即位させる手伝いをしたいというのです。 シャルルの周囲は疑いながらも「ロレーヌから乙女が表れフランスを救う」という昔からの予言を信じ、会うことを決めます。 その乙女こそジャンヌでした。 シノンの城を訪れたジャンヌはシャルルの影武者を見破り、重要拠点であるオルレアンを奪還するため、自分に軍勢を与えるよう願います。 フランス軍の将軍であるデュノワやジル・ド・レは、戦ったこともない田舎娘の傘下につくことに不服でした。 兵士たちの小馬鹿な態度に怒ったジャンヌは髪を切り、甲冑をまとい決意を露わにします。 ジャンヌダルクのネタバレあらすじ:転 翌日、オルレアンは英国軍の奇襲に遭っていました。 敗北感漂うフランス軍を見かねて、ジャンヌは白い旗を掲げて自ら先陣を切り、単身砦に駆け込み、敵の弓矢を受けても兵士たちを鼓舞します。 そんなジャンヌの姿を見たフランス軍は士気を取り戻し、念願だったオルレアン奪還を叶えます。 しかしその勝利には、フランス・英国両国の兵士たちのおびただしい血が流れた結果でもありました。 オルレアンを奪還し、シャルルは念願だったランスでの即位式を行います。 ランスで即位式を行う事は、真のフランス国王になる証でした。 続いてジャンヌたちはパリを奪還すべく戦いますが、王からの援軍は無く敗北に終わります。 国王となったシャルルと王家にとって、交渉を妨害するような行動を続けるジャンヌは、次第に疎ましい存在となっていたのです。 ジャンヌダルクの結末 徐々に孤立していくジャンヌは、やがてシャルルや王家の人々によって「魔女である」として捕縛されます。 困惑しながら、幻想の中で神に救いを求めていると、目の前に謎の男が表れます。 過去に自ら神のように振る舞ったこと、全知全能の神がジャンヌを求める必要がどこにあるのだ、と問いかけますが、それでもジャンヌは自分が神の使者であること、神が救ってくれることを信じていました。 異端審問でもその姿勢は変わりません。 牢獄の中で神に祈りを唱えていると、再び謎の男が表れ「神が本当にお前を必要としたのか?」と問いかけます。 ジャンヌは狼狽しながらもドンレミ村で神の姿を見た後現れた剣こそ神の徴だと訴えます。 しかし謎の男は、物事の原因は無限にあり、剣が突然現れたのも、ただの偶然でしかない、事実を見たのではなく、見たかったことを見ただけだと答えます。 ジャンヌがお告げだと信じていたことは凡てジャンヌの願望であり、幻想でした。 そしてジャンヌは広場に設けられた処刑場にいました。 異端審問の結果、ジャンヌは数多くの重罪を犯した異端者として火あぶりの刑を命じられます。 最後まで神が救ってくれることを信じますが、多くの観衆が見守る中、ジャンヌは魔女として火あぶりにされます。 処刑から500年経ったのち、ジャンヌはヴァチカンにより聖人に列せられるのでした。 以上、映画「ジャンヌ・ダルク」のあらすじと結末でした。

次の

ジャンヌ・ダルク | 無料映画倶楽部

ジャンヌ ダルク 映画

聖人に列せられるジャンヌダルクの生涯を描いた作品です。 ジャンヌダルクについては以前より興味を惹かれていて、ネット等で情報を集めたりしていました。 この作品も、ネット漁りの一環のような気持ちでの鑑賞でしたが、とても面白く感じられました。 オルレアンの闘いはしっかりと描かれていましたが、それ以外の合戦は余りフューチャーせずジャンヌの内面を抉っていきます。 彼女の恐怖、失望、葛藤、後悔、そして信仰。 特に牢獄でのシーンは秀逸で一見の価値はあると思います。 前述の通り、オルレアン以外の戦闘はあまり描かれていませんでしたが、そのオルレアンの闘いは迫力があり満足が出来るものでした。 ジャンヌを見捨てたシャルル7世周辺の事情も描かれていて、個人的な納得感の高い映画となりました。 リュック・ベッソンらしい、戦闘や時代背景よりジャンヌそのものの「人物」に焦点を当てている映画。 統合失調的な、「悪魔的に"何か"を信じている」ジャンヌを描いているだけで、熱心なカトリック信者という、わけではない。 英雄的なジャンヌダルクしか知らなかったのでこの映画を見るまでジャンヌの諸説について初めて知った映画だった。 キリストをも清々しく否定するホフマン演じるマント男がいい味を出している。 ジャンヌの狂気っぷりを演じるミラの「素じゃないの?? 」と思える演技もとても良かった。 勝手な妄想vだが、本人と多少似た性格だと思う笑。 あと可愛い。 前に1度見た映画だったけど、どんなものだったかと再鑑賞。 とにかくジャンヌが叫ぶ!震える!発狂する ? !現代社会だと傍から見ると結構やばい人な感じがする…笑。 ジャンヌを神の使いや聖女ではなく、1人の弱い人間として見た話という感じ。 ストーリーは史実の部分部分を切り取った形になっていて、歴史ものだからこそ出来る組み立て方になってるのかなと感じた。 ジャンヌ・ダルクの事知らなかったら全く付いていけなさそう。 あと全体的に暗い笑。 ミラ・ジョヴォヴィッチの演技が凄かったために、感情移入して最後まで見てしまった。 テレビ版でカットされてしまっていたのか、最後のシリ切れトンボ感が半端なくかなり物足りなかった。 総合して、話は途切れ途切れで物足りなかったけど、俳優の演技や戦争シーンの迫力は良かったという感じ。 ジル役の俳優さんがかっこよかったのにはとても満足。 イケメン。 笑 ネタバレ! クリックして本文を読む 何回も地上波でも放送されているこの映画。 私自身ジャンヌダルクが大好きで本とかもよく読んだ上で観た。 結構古い映画だからクオリティとかは考えないで観ても、かなりショック。 このミラジョボビッチの演技は本人のものかそれとも監督からの指示か。 ジャンヌはたくさんの男の先頭に立って戦ったのだから、確かに強いし勇気があってカッコいいのは分かる。 でも神からのお告げでこの戦争に参加した。 だから意志を持って勇気も持っていたはず。 でもこの映画で観られたのはそれより怒り。 セリフにはなくても表情に怒りが現れていてこれはジャンヌではないと思った。 それに戦いのシーンがすんなり終わってしまって必死感があんまりない。 最後の方では捕らえられた時に、ジャンヌの良心と話すときはいい演技もあったけど、これは違うでしょっていうのもあった。 処刑台に立ち、サインを迫られるときも、これから処刑されるかもしれないのに、あの様子は少し違う気がする。 全体的にショックというかガッカリだった。 新しいバージョンが欲しい。 そういえばデズモンドハリントンって今もカッコいいおじさんって感じだったけど、このころはもっとカッコよかったんですね笑 彼が見れてよかった。 女性の英雄、 神格化された 中世のヒーロー。 そのジャンヌダルクを超人としてではなく、1人の人間として描いています。 綺麗事で出来た素敵な英雄なんて 存在しません。 人の上に立つということは、弱い心では現時的には不可能です。 欲望渦巻く人間達の思惑をかいくぐり、または打ち勝ち利用し、率いなくてはなりません。 思い込みが激しいくらいに、もしくは野望に燃えなくては突き進むことは容易ではないでしょう。 まぁ、そんな現実的な世界で自身や人々の心と葛藤し、戦いを繰り返し仲間に支えられるようになり、現実的な1人の人間として神格化されるまで、その軌跡を描くことに成功していると思います。 個人的には 仲間との信頼関係の変わっていく過程がとても熱く感じ、好きです。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の