なめ られる 意味。 なめられる人の性格や原因!舐められやすい人が人になめられない方法

【改善不要】なめられる人の性格・特徴・原因に当事者が思うこと|HSPの繊細革命

なめ られる 意味

舐めるという行為はコミュニケーションや愛情表現ですが、舐められた側がそれをどう思うかは人によりけりです。 舐められる夢をみたときに、嫌な印象を受けたり不快感を持ったならば、それはコンプレックスなどに対する嫌悪感を意味しています。 馬鹿にされたり見下されているような感覚に嫌悪感を抱いているということです。 舐められることが不快で、思わず「舐めんじゃねー」と言いたくなるような心境なのかもしれません。 次からは、シチュエーション別に舐められる夢の意味を10選紹介していきます。 この10選で紹介するシチュエーションが全てではありませんので、あなたの見た夢が10選の中にあるかはわかりません。 ですが、自分がみた夢のシチュエーションをよく思い出しながらこの10選を読んでみてください。 また、舐められる夢の意味10選とは別にコンプレックス関連の夢に興味がある人は下の記事も参考になると思います。 犬に舐められる夢は、夢占いではあなたが親しい人物といい信頼関係を築けていることを意味しています。 夢占いにおける犬はあなたの周囲の人物を表しており、その中でも信頼のおける親しい人物を表しているのです。 犬に舐められるということは、その人物の中でもあなたの評価が高くお互いに信頼し合えているということです。 猫に舐められる夢は、夢占いではあなたが周囲にいる嫌なタイプの女性に嫌悪感を持っていることを意味しています。 夢占いにおける猫は気まぐれ・嘘・高慢・意地悪などを連想させる嫌なタイプの女性を意味しているのです。 猫に舐められるということは、その女性に馬鹿にされたり見下されている気がしているということです。 普段から上からものを言ってくるような高慢な女性や、嫌がらせをしてくるような女性なのかもしれません。 あなたを舐めきったような態度に不快感を感じているのでしょう。 また、犬は舐めるだけではなく噛み付いてくることも多いものです。 夢の中で噛みつかれたことがある人は下の記事も参考にしてみてください。 顔を舐められる夢は、夢占いではあなたが周囲の人々から非常によく見られていること、評価や好感度がアップしている状態を意味しています。 夢の中における顔は、自分自身のイメージ・感情・他人からの評価を気にする気持ちを意味しているのです。 日常で知人などに好意を込めて顔を舐められることはまずないでしょう。 ですが、夢の中では周囲の人から顔を舐められることも普通に起こり得ることです。 顔を舐められたので、周りからの評価は概ね良好な状態であり、異性の人物などの好感度も高まっていますので、恋愛に発展する期待も持てるでしょう。 意中の人物に顔を舐められるようなら積極的にアプローチしていきましょう。 しかし、顔を舐められることに不快感を持ったり、顔を舐められる夢に悪い印象を受けた場合は、夢占いではあなたが周囲の人々からの評価に不満を持っていることを意味しています。 何か周囲の人々に馬鹿にされているような感覚や、見下されて舐められているような気持ちがあるのかもしれません。 夢占いにおける首は、あなたの生活の基盤となる仕事や経済力を表しているのです。 しかし、仕事の能力や経済力は評価されているのですが、注意が必要な場合があります。 なぜなら、仕事の能力や経済力を評価している人物の中には、あなたに擦り寄ってきてその力を利用してやろうという人がいるからです。 もちろん正当に評価してくれている人もいるでしょうが、このような人物には注意しましょう。 また、夢の印象が悪かった場合は、夢占いではあなたが妬まれている可能性を意味しています。 舐められる指によってそれぞれ違う人物を意味していますので、指が意味する人物像と周りの人を照らし合わせて考えましょう。 まず、親指を舐められる場合は、親や権力者などの自分より立場が上だと感じている人との関係性を表しています。 次に、人差し指を舐められる場合は、パートナーや恋人など大切な人、中指を舐められる場合は上司や部下など利害関係のある人を表しています。 また、薬指を舐められる場合は友達やこれから互いを知る人など、あなたが対等だと感じている人、小指は後輩や子供などの自分より立場が下だと感じている人を表しているのです。 そして、もし手の指を舐められることに不快感を持ったり夢に悪い印象を受けた場合は、舐められた指が表す人物との関係性に不満を持っていることを意味しています。 場合によっては、その人物との間にトラブルが起こってしまう可能性もあるので注意が必要です。 やる気が高まり積極的に何かに取り組める状態にあるということです。 「胸に秘めた思い」という言い方があるように、夢占いにおける胸は主に感情をしまっておくところを意味し、その他幸福・生命などの意味があります。 周囲の人々からの評価を得られていることで、あなたの気分が高揚しやる気が高まっているのです。 しかし、胸を舐められる夢に不快感を持ったり胸を舐められる夢に悪い印象を受けた場合は、気力が低下し心が沈んでいることを意味します。 周囲の人々からのあなたを舐めているような評価に、胸が抉られているようです。 気力が低下していますので、人によっては何も手に付かない腑抜け状態になるかもしれません。 周囲の評価は大事ではありますが、それが全てではありません。 周囲の評価ばかりを気にしてオドオドしたり一喜一憂したりせずに、周囲の声からは一旦耳を塞ぎ自信を持って胸を張りましょう。 夢占いにおける背中は支えや後ろ盾を意味しており、背中を舐められるということは周囲の評価や好意が、あなたの背中を支えてくれている状態を意味しているのです。 あなたはそれらの後ろ盾があるからこそ、自信を持って立っているということです。 しかし、背中を舐められる夢に不快感を持ったり夢に悪い印象を受けた場合は、夢占いではあなたの自信のなさを意味しています。 「後ろ指を指される」という言葉があるように、背中はあなたの不安や心配も意味しており、あなたが周囲の人々の陰口や評価に怯えながら自信のない日々を過ごしていることを表しているのです。 何かにチャレンジしたり、新しいことを始めるにはいい時期かもしれません。 足は夢占いにおいては、あなたの何かをしようという気持ちや行動力、そして自分自身を支えるものを意味しています。 足を舐められるということは、周囲の人々の評価や良好な関係があなたを支える基盤となっており、それが自信になっているということです。 基盤がしっかりしているので、何かをしたいという前に進む意欲が高まっている状態にあります。 土台がしっかりしていることで、何事にも積極的に取り組むことができるのです。 しかし、足を舐められる夢に不快感を持ったり夢に悪い印象を受けた場合は、夢占いではあなたが精神的に不安定で消極的になっていることを意味しています。 周囲の人々の評価や希薄な人間関係により、あなたを支えているものがグラついている状態です。 これでは中々前に進む一歩は出てきません。 アソコを舐められる夢は、対人運が上昇しあなたが気力に満ち溢れていることを意味しています。 夢占いにおけるアソコは、あなたのアイデンティティを表しており、アソコを舐められることは自分が自分でであること、つまりあなたの存在そのものが周囲の人々に受け入れられている状態です。 しかし、アソコを舐められる夢に不快感を持ったり、アソコを舐められる夢に悪い印象を受けた場合は精神が不安定になっています。 アソコを舐められることで、周囲の人々に舐められているような気分に陥り、精神状態が不安定になっています。 アイデンティティが揺らいで、自分で自分を保てないような状態になってるということです。 周囲の人々に囚われず、しっかりと自分を保ちましょう。 舐められる夢の夢占いでアイデンティティを確立しよう! 舐められる夢の意味10選いかがだったでしょうか。 この10選にあなたがみた夢がありましたか?紹介した10選の中に夢にみたものがあった人もなかった人も、舐められる夢はあなたに対する周囲の人々の評価など、対人関係を意味していることはわかっていただけたと思います。 舐められる夢をみるということは、基本的にあなたが周囲の人々の評価を気にしているということです。 しかし、周りばかり気にしていては、いざという時に自分では何もできなくなってしまいます。 また、アイデンティティが確立されておらず、どこか自信のない人間は人としての魅力も薄いものです。 ですから、アイデンティティを確立することでしっかり自分を持ち胸を張りましょう。 あなたが自信に満ち溢れたならば、その姿は周囲の人々の目により魅力的に映るることでしょう.

次の

【改善不要】なめられる人の性格・特徴・原因に当事者が思うこと|HSPの繊細革命

なめ られる 意味

なめられた出来事• 【小学生】社宅の年下のちびっ子軍団にサッカーボールをパクられた• 【中学生】1学年下の不良からいきなり「お前キモいねん」と言われた• 【高校生】同級生の女子に「つぶやきシロー」に似ていると3年間言われ続け、同窓会でも言われた(つぶやきシローが嫌というより、小ばかにされたのが嫌だった)• 【大学生】塾講バイトで小学生の生徒にめちゃくちゃナメられた。 飲食バイトでミスが多かったため「仕事ができないミケ男」と言われ続けた。 【社会人】勤めていた職場で、上司から毎日イジられ続けて仕事を辞めそうになるほど、悩んだ 同じ環境にいても、なめられずに済む人と、僕みたいになめられて、無礼な態度を取られる人がいます。 バイトで、同じミスをしているのに、自分だけキツく怒られたりして、モヤモヤしてました。 忘れられない体験、年下の大学生にヘドが出るほどなめられた 24歳頃のフリーター時代、とんかつ屋でアルバイトを始めました。 職場に現役の大学3回生が働いていたのですが、その子にヘドがでるほどナメられました。 新しい環境で、分からないことばかりだったので、とにかく積極的に質問して、仕事を教えてもらおうと頑張りました。 一番会う機会が多いのがその大学生でした。 教えるのが好きそうなタイプだったので、始めは色々と分からないことを聞きやすかったです。 でも、教えてもらっていると、 自信があって、堂々としていて、おしゃべり好きで、空気が読めて、仕事ができて、周りと同じことができる…. 確かに、なめられない感じの人でした! 人気者で友達も多そうだな、と思います。 このように、なめられやすい人の特徴と言われる傾向がネット記事に載ってます。 僕はその特徴を見事に備えている人間でした。 なめられないように必死で努力して疲れた 僕はなめられやすいクセに、なめられることが大っ嫌いです。 なめられるとプライドが傷つくし、ムカつくし、腹が立ちます。 だんだんストレスが溜まります。 自分の全てを否定されている気持ちになることもあります。 一度なめられることが習慣になると、エスカレートすることが本当に多いです。 暴言とか八つ当たりとか。 気分しだいで、コンプレックスをイジってこられたりとか。 でも、学校に通ったり、会社に勤めてたりしていると、逃れることは難しい。 なめられないように努力しても、結局いつも、なめられる特徴がバレて、辛い立場になっていきました。 恥をかきたくない• 格好良いと思われたい• 頭が良いと思われたい• 一目置かれたい• 認めてほしい つまり、なめられたくなかったんです。 実際は「自信が無い」「あまり話さない」「空気が読めない」「仕事ができない」「周りと同じことができない」という自分の性格がある。 それでもなめられたくなくて、認めてもらいたくて、全人生をかけて、弱点を克服する方向の努力ばかりしてきました。 受験で苦手科目を猛勉強したり、興味のない資格を取ったり、服装やら見た目ばかりを極度に気にしてきました。 なめてくる嫌な人間は存在する どんなに自分が成長しても、世の中には見下してくる人がいます。 本当に残念ですが、どこにでも、なめてくる人はいます。 なめられるかどうかは、結局相手の人格次第なんです。 人を見下して、無礼な態度を取れる人は、僕が嫌いな価値観で生きている人です。 だから、そんな人のことをいくら考えても時間の無駄になります。 仕返しとか、見返したいとか、相手と同じ土俵に経っても、自分が苦しむだけでした。 ここで、考えてみてほしいことがあります。 素の自分の良さを認めてくれた人もいる なめられるかどうかは、完全に相手次第だから、最終的にはどうすることもできません。 しかし、 数は少ないけど、今までの人生で、僕の良い所を認めてくれた人がいたんです。 記事で救われました ありのままの自分を、このように言ってくれる、優しくて素敵な人達が確かにいました。 嫌な人のことばかりに目を向けて忘れがちですが、誰にでも、きっとそういう人がいると思うんです。 考えてみると、年下になめられていたあのバイト先でも、僕のことを認めてくれる人がいました。 同じ調理場にいた別の大学1回生の子 「人生経験豊富なミケ男さんすごいです、色々教えてください!」 店長 「それは君に任せるよ、期待してるから!」 その人たちと仕事をする時は、なぜだか分からないけど、仕事がとってもやりやすかったです。 人生の中で、数は少ないけど、褒めてくれる人、認めてくれる人がいました。 だからこそ、僕は思うことがあります。 「なめられやすい人の特徴」なんて、もう調べない なめられやすい人の特徴なんて調べなくても良いです。 なめられる人の特徴を知って、それを克服するような努力を勧められてきた僕の結論です。 なめてくる人を見返すためにする努力は、無駄とは言わないけど、人生を遠回りさせます。 もし、なめられたくないと思って何か努力をして辛くなっているのなら、なめられる人のために努力するのは、もうやめてみませんか? 素の自分を認めてくれる人と生きよう 無理していない素の自分を、自然にリスペクトしてくれる素敵な人との関係、ありのままの自分らしさが活きる関係にもっとたくさんの時間とエネルギーをかけましょう。 バイトも仕事も人間関係も、何もかも続かない、なめられてましまうタイプのダメダメ人間の僕。 それでも、自分の好きなこと、好きな場所、好きな人を探し続けています。 好きなこと、得意なこと、やってみたかったことから探した場所へ行くと、似た波長の人が集まっていて心地良さを感じます。 僕がかろうじて2年半勤められた会社は、今までのどんな会社よりも、僕のことを褒めてくれる人が多かったんです。 僕がやってきた趣味や学んできたことが、そこでは認められました。 だから、今までどんなことも1年 続かなかったのに、2年半続きました。 たかが2年半?と思われるでしょうけど、自己最長記録です。 そもそも、人をなめるという行為自体がおかしいと社会に問いたい なめられやすい特徴・性格だとか、そもそも、そういう価値観が歪んでいると思います。 インターネットでなめられやすい人の特徴を集めたサイトが上位表示されます。 しかし、ナメられないための克服方法を提示されても、本当に深く悩んで苦しんでいる人は何も救われません。 他人になめられたり、見下されたりすることを正当化する理由なんてない。 見下されても仕方ない人の特徴・性格・原因なんて一つも無いと言いたい。 日本の文化なのか、生物界の自然の摂理なのか、会社・組織のための価値基準なのか、集団心理が作用しているのか、なんであれ関係ない。 「変だな」「おかしいな」「間違っているな」と感じる基準に、自分が合わせる必要は無いんです。 僕は素のままの自分で生きて 「あなたことが好き」「あなたといると楽しい」「あなたといると落ち着く」と言ってくれる人とたくさん出会いたいんです。 だから、誰にもナメられないカッコ良い人生をあきらめています。 見下すことが社会の仕組み、ルールと言うのであれば、社会に疑問を感じます。 変だと思う価値観に、従う必要な無いと思います。 まとめ:なめられやすい人のたった1つの対処法 なめられ続けて生きてきた僕は、いつしか、なめられることを恐れていました。 他人になめられそうな自身の特徴を克服したいと思ってきましたが、 人をなめるという行為自体が否定されるべきことです。 変な基準に合わせるなんて、もっと変です。 人をなめて見下す嫌な人達、人をなめて見下す嫌な文化を、僕は否定し続けます。 ただし! なめてくる人のために自分の時間と労力を費やせるほど、人生は長くありません。 ぜひ、この機会にありのままの自分のことを認めてくれた人、良いところを探して褒めてくれた人を思い出してください。 自分の周りに、数は少ないかもしれないけど、素敵な人がいることに気づいてください。 そして、自分の良さを認めてくれるその人達との関係を、もっと大切にしていきましょう。 素の自分の良さを認めてもらえる場所で、もっとたくさんの時間を過ごしましょう。 今、そういう場所がないなら、今から探しましょう。 初めまして。 私も、なめられやすい人の特徴そのまま当てはまってました。 自分の人生なのに、いつも相手の顔色を窺って相手の事ばかり考えて… でも、その割に人間関係が上手くいかなくて落ち込む事が多かったです。 私の場合、敏感だけど鈍感なところもあり、それが身近な人になると「そんな悪い事はしないだろう」と信じきってしまうため裏切られたり、騙されたり…たくさん傷付いてきました。 やっぱり、時にはNO!と言う勇気を持ち、少しでも変だなと感じたら逃げる事、関わらない事が一番なのかな~と思います。 ここにはミケ男さんをはじめ、同じ悩みを持った人たちがたくさんいるのでとても心強いです。 これから先の人生、同じ感覚を持った人たちと何人くらい出会えるか分からないけど、ミケ男さんのブログを読んで私も居心地の良い場所、人探しの旅に出かけてみようと思いました。 まだまだ少数派なHSPだけれど、少しずつHSPの輪が広がっていったらいいですね。 この記事に本当に救われました。 僕もなめられやすい人の特徴をカンペキに備えてしまってるので、勤めてる会社でパワハラやモラハラに遭ってばかりでした。 心労が原因で不眠症になったり、家庭崩壊して離婚してしまったりする中で、ストレスから逃げるためにホント色々なことをしたものです。 そんな風に仕事をしながら生きてきて10年近くになり、ストレスを発散できる趣味も、自然にしていても仲良くしてくれる友達もできましたが、闘いの日々であることは変わりませんでした。 この先もそうでしょう。 そんな僕なので、この記事は、今まで読んだどの記事よりも共感できました!きっとこれだけ整理されて書かれておいでになるのは、僕なんかよりはるかに深く傷つき、悩まれた結果なんだろうなと感じて、涙が出てきました。 頑張ってください、応援してます!Twitterもフォローさせていただきました。

次の

なめられる人の性格や原因!舐められやすい人が人になめられない方法

なめ られる 意味

この記事の目次• なめられるのは、どういう人? 「あんまり俺をなめるなよ」とか「人になめられないようにしろ」とか言いますよね。 「なめる」とは「見下す」「馬鹿にする」の意味です。 学校でも会社など職場でも家庭でも、周囲の人たちから「なめられる」人がいます。 「なめられる」人には共通した特徴があります。 [「なめる」とはどういう意味?] 「なめる」とは「相手や物事を馬鹿にする・軽んじる・蔑む・みくびる行為を表す俗語」です。 戦国時代頃から使われ始めました。 「敵やライバルなどの人・武器などの物品・案件などを馬鹿にしたり見下したり軽蔑したりする」という意味です。 「なめてかかる」「なめた真似をする」などと言います。 「なめる」を漢字で書くと? 舌でなめる時は「舐める」「嘗める」と書きますが、馬鹿にしたり軽んじたりする時は「無礼る」となります。 広辞苑によれば、「無礼る」は「無礼 なめ 」が動詞化した言葉です。 「なめられる」の意味は? 「なめられる」は「無礼られる」ですから、相手の人から馬鹿にされたり軽く見られたりして無礼な扱いを受けることを意味します。 [なめられる人の特徴] 家庭や親族・学校・会社など職場で「なめられる」人には、共通した特徴があります。 つまり、見た目の第一印象と話し方によって、初対面の相手を判断してしまうのです。 オドオドして声の小さい人は、初対面から「気が弱そうだ」「たいした人間ではなさそうだ」と思われてしまう可能性があります。 自信なさそうな態度はなめられる オドオドしている人は自尊心が低く、自信がありません。 自信のなさそうな態度を見ると、周囲の人たちは「何をしても反撃してこない人間だ」と考えます。 見下して面倒な事や嫌な事を押しつけたり、パシリに使ったりします。 嫌なことをされてもやり返さず涙ぐんだりするので、余計になめられます。 声が小さくコミュニケーション力が低い 声の小さい人は何を言っているのか、相手によくわかりません。 周囲に自分の考えや思いが伝わりにくく、意思の疎通がスムーズにできません。 コミュニケーション力が低く、会話が下手です。 「何を言いたいのか、わからない」人はなめられます。 無口な人もなめられる 声が小さい人は会話するのが苦手で、無口になる傾向があります。 対話がしにくくなり、 「何を考えているのか、わからない」と周囲の人は不信感を持つようになります。 だんだん馬鹿にされ、なめられるようになります。 自分のミスや失敗でなくても、謝ります。 他人から責任転嫁されても怒りません。 周囲の人は、怒ってやり返さないので安心した責めたてます。 いつもニヤニヤ・ヘラヘラしている なめられる人は、いつもニヤニヤ・ヘラヘラ笑っています。 ミスや失敗を叱られる時も、ヘラヘラしています。 ニコニコした爽やかな笑顔ではありません。 周囲の人たちが怒らないか?不機嫌にならないか?と、常に気にしています。 気にするためオドオドした態度になり、相手に決して逆らいません。 実務に関する能力が低いのです。 仕事が遅い・要領が悪い なめられる人は仕事が遅く、仕事の要領が悪い傾向があります。 仕事が遅かったり要領が悪かったりすると、仕事全体がスムーズに進まず周囲の人たちがイライラします。 周囲の人たちに手伝ってもらったり頼ったりして、迷惑をかけます。 納期を守らないことが多いので、職場全体の仕事に支障が生じます。 同じミスを繰り返す なめられる人は同じミスや失敗を繰り返します。 何度注意されても、同じミスをします。 ミスが多いと仕事全体に支障が生じ、職場の同僚や先輩・上司の足を引っ張ります。 同じミスを繰り返すので、後輩にもなめられるようになります。 指示されないと動けない なめられる人は「指示待ち人間」です。 上司や先輩から指示されないと、何もできません。 自分の判断で動くことができないのです。 看板と実力にギャップがある 学歴や前の職場での地位が高いと、周囲はその人に期待します。 しかし、高学歴・高役職という看板に反して能力が低いと、周囲の人たちはガッカリしてなめるようになります。 学校や家庭でも能力が低い人はなめられる 学校でも、他の学生たちが普通にしていることができないとなめられます。 家庭でも同じです。 動作がのろい・失敗が多い・要領がつかめずトンチンカンなどは、なめられます。 [なめられる女性の特徴] なめられる女性の特徴は、自尊心が低くて自信がありません。 しっかりした自分を持っていないので、恋人関係になると、男性はイライラすることが多くなります。 自尊心の高い自立した女性に成長しないと、男性からなめられるだけで深い信頼と愛情に基づいた恋愛関係になることはできません。 自分に自信がないので承認欲求が強く、「こんなに頑張っているのに」「こんなに優しくしてあげているのに」が口癖です。 男性は、なめるとともにウンザリします。 「かまってちゃん」意識が強い なめられる女は自尊心が低く未熟です。 自分から行動に出られず、子供のように他人にかまってほしがります。 恋愛関係になると、彼氏から常にかまってもらわないと不安になります。 しかも、他人の意見に流されやすく、皆と同じことをしていれば安心します。 「他人が自分をどう見るか?」「彼氏は自分をどう思うか?」ばかり気にして、オドオドした態度になります。 男性の遊び相手としては、都合の良い女です。 しかし、男性は真面目に交際をしなくなります。 時には感情を抑えられない 常に相手の言いなりになっていると、どこかで不満が溜まります。 子供のように急に不機嫌になったり、つまらないことで泣き出したりします。 男性は大人の女性として見なくなる可能性があります。 なぜ人になめられる? 周囲の人たちになめられると、不都合なことばかり多くなります。 家族・友人や恋人・学校や職場の人たちになめられるのは、その人の性格や心理に原因があるようです。 [人になめられる原因] 人になめられる原因は、ありのままの自分自身を受け入れないことです。 自分自身に対する評価が低く、自信がありません。 自尊心が低く、自分自身が嫌いで軽蔑しています。 人間には「ミラーニューロン」という細胞があり、他の個体の行動を自分がしているように錯覚して反応します。 自分自身を嫌い軽蔑している人に接すると、同じように見下すようになります。 自分自身を嫌い軽蔑している人を、尊敬したり好きになったりする人間はいません。 自尊心が低く、劣等感が強くなります。 そのため、自信のないオドオドした態度をとります。 劣等感が強いので、仕事や勉強にも自信がありません。 グズグズとためらったり迷ったりして、ミスも多くなります。 そのため、さらに劣等感が強くなるネガティブなスパイラルに落ち込んでいきます。 不幸な自分をアピールする 劣等感が強いと、他人を妬んだり羨んだりする傾向が強くなります。 他人の悪口を言いグチをこぼし、不幸な自分を周囲の人たちにアピールします。 不幸をアピールする人に接すると、ミラーニューロンの働きで自分も不快になりますから、嫌って避けるようになります。 見下すようになります。 相手がどんな無礼な無法な態度や行為をしても抑えることができません。 なめられる人は周囲の人たちから「どんなことをしても反撃してくる可能性がない」と思われているのです。 自分の意見を主張しない 自己主張の強い人は周囲の人たちから嫌われる可能性はありますが、なめられることはありません。 いつでもちゃんと反撃するので、相手も用心します。 自尊心が低いと、自分の意志や気持ちを強く主張することができません。 反撃力がないと思われて、なめられます。 YES・NOをハッキリ言わない なめられる人は自分に自信がないので、YES・NOをハッキリ言いません。 あいまいな言動をしているうちに、面倒な事や嫌な事を押しつけられてしまいます。 幼い子供は自分独りで生きていく力がありませんから、どうしても親を頼ります。 自分の力を信じられない人は、周囲の人に対する依存心が強くなります。 人に嫌われたくない 依存心の強い人は、周囲の人に嫌われることを恐れます。 友達や職場の同僚・上司から嫌われることを恐れて、常に顔色を窺います。 周囲の人たちに反発したり自己主張したりしません。 八方美人になる 人に対する依存心が強いと、だれにでも好かれようとして八方美人になります。 そのため、「あの人は少し強く言えば、こちらの言うことを聞く」「流されやすいタイプ」と思われるようになります。 無理難題を言われても、嫌われるのが怖くてNOと言えません。 ますますなめられてしまいます。 ネガティブ発言やネガティブ行動が多くなります。 気の弱い人間と思われて、周囲の人たちが強い態度に出やすくなります。 被害妄想はますますなめられる ネガティブ思考が高じると、冗談がわからない被害妄想の傾向になる可能性があります。 被害妄想の人はオドオドしているので、ますますつけこまれたりなめられたりします。 特に女性はグループ行動を好むので、グループからはじき出された女性は弱い立場になる可能性があります。 立場が弱いと反撃することもできないので、なめられやすくなります。 独りで行動できる人は強い グループでなくても独りで行動できる人は自立しています。 自己主張が強く、やられたらやり返します。 集団行動が苦手でも、なめられない人もいます。 本人は普通にしているつもりですが、何となく周囲の人たちの笑いを誘います。 学校ではクラスの道化役やパシリになり、社会人になると飲み会や宴会の盛り上げ役を務めます。 ただ、仕事になると馬鹿にされることが多くなります。 [なめられるデメリット] なめられる原因は本人の性格や心理ですが、なめられることで悩んでいる人は少なくありません。 なめられると、不本意なことが多くなりストレスが増すばかりです。 自分の意見や感情を無視される なめられると、自分の意見や主張が通らなくなる可能性が大きくなります。 自分の事情や都合など無視されて、相手の意見・主張・都合を押しつけられます。 いつも損な役回りばかり引き受けるようになります。 自己評価がますます下がる 損な役回りばかり引き受けていると、自己評価が下がり自分に自信が持てなくなります。 ますます気弱になり、ますますなめられるようになります。 自分よりも弱い人間に当たってストレスを発散することもあります。 そうすると、自己嫌悪になり、ますます自己評価が下がります。 なめられる人から敬愛される人へ 人になめられると、前述したようなデメリットが生じます。 仕事や勉強に支障が生じるだけでなく、人生を思い通りに生きられなくなります。 しかも、一度なめられると、その状態からなかなか脱け出せなくなります。 初対面からなめられないようにするのがベストです。 しかし、気の優しい人や弱い人は周囲の人たちに気を遣いすぎて、なめられてしまうことが多くなります。 なめられている状態から脱出する方法の基本は、自尊心を高く持つことです。 ありのままの自分自身を受け入れて、自分の価値を適正に認めます。 1, 堂々とした態度をとる なめられないためには、女性も男性も堂々とした態度で人に接するようにします。 自信に溢れた態度で、キビキビと行動するようにします。 堂々とした態度は他人に付け込まれる隙がなく、威圧感さえ及ぼすことができます。 なめられて嫌な思いをしている人は、背筋を伸ばして頭を高く掲げます。 人と接する時は、正面から相手の目を見つめて話すようにします。 目つきを厳しくして目力を強くします。 毅然とした態度で、「おとなしそう」「気が弱そう」というイメージを払拭します。 男性は汚れてヨレヨレになった服装はやめ、清潔なパリッとした恰好をします。 スーツやワイシャツはシワに注意します。 オーソドックスな大人の男性らしい服装や髪型にします。 女性は暗い地味な服装を避け、明るい暖色系の服を着ます。 「勝負服が赤」という女性は少なくありません。 髪も化粧やネイルもきちんとして、アクセサリーも着けます。 派手・華美にならないように上品に明るく見せるようにします。 職場にたち服装規定がある場合は、規定の範囲内で目いっぱいオシャレします。 ネガティブな発言が多いと、周囲にネガティブな印象を与えます。 堂々とした態度・毅然とした態度をとる時は、周囲に弱いネガティブな印象を与えないようにします。 自分の悩みを相談する時も、相手を選びます。 2, 大きな声ではっきり話す 毅然とした態度を示す時は、大きな声ではっきり話すようにします。 声が届くと、こちらの意見や気持ちが相手に伝わりやすくなります。 自分の意見や意思をきちんと主張します。 相手の目を見て、大きな声でハッキリ話します。 難解な言葉や外国語・専門語を多く遣うよりも、わかりやすい言葉で理解してもらうことを第一にします。 話す時は、ゆっくりと落ち着いた口調で低い声で話します。 相手が聞きやすく、コミュニケーション力が高くなります。 甲高い声は耳に不快に響き、早口で話すと話の内容が理解しにくくなります。 自己主張しないのと同じです。 3, 良好な人間関係を構築する 職場の人たちとの信頼を深め、できるだけ良好な人間関係を構築します。 まず、家庭や趣味のサークル・コミュニティなどで、だれにも馬鹿にされたり見下されたりしない良好な人間関係を構築します。 対等に快く付き合える場所をつくると、自分の力で生きる喜びや勇気が湧いてきます。 誠意をもって生きる人の周りには必ず賛同者が寄ってきます。 お互い信頼を深めて、良好な人間関係を構築できます。 賛同者の輪は広がり、いつか職場の多くの人たちから敬愛されるようになります。 社長や大株主や大事な取引先の重役たちなど、大きな権力を持つ人と親しくなればなめられることはありません。 自分に力のない人が他人の大きな強い権力を借りてなめられないようにすると、周囲の人たちは心の中で「虎の威を借りる」人を嫌い軽蔑します。 でも、自分に実力がつくまでの間、緊急避難的に虎の威を借りるのは「世渡りの知恵」です。 4, 実力を養い、実績を上げる 職場でもどこでも社会の中で人になめられないためには、自分の能力を高めることです。 能力の高い人間をなめる人はいません。 職場においてなめられないためには、実力を養い実績を上げることが一番です。 どの職場でも本当に実力のある人は、同僚からも上司からも信頼され尊敬されます。 仕事の段取りを良くして、必ず期限までに正確に仕上げるようにします。 これだけでも周囲の人たちに迷惑をかけることが少なくなり、人間関係を改善できます。 「この分野なら、だれにも負けない」という自信と力は、自分の武器になります。 武装して有利に事を運ぶことができます。 常にエキスパートは尊敬されます。 結果を出すと、周囲の人たちの見る目や態度が一変します。 結果を出し続けて、周囲の尊敬を勝ち取ります。 誇りを持って一歩ずつ着実に進めば、仕事ははかどり結果を出すことが必ずできます。 以前の自分と同じようになめられている人がいたら、脱け出せる手助けをします。 助けられた人はもちろん、周囲の人たちからも信頼され敬愛されるようになります。 良好な人間関係が広がります。 5, 怒るべきときは怒る なめられないためには、対応をきちんとすることです。 怒るべき時には怒り、時には対立を恐れず自己主張をします。 あまりにも無礼な態度をされたり嫌なことばかり押しつけられたりした時は、大きな声で怒鳴りつけて怒りを示します。 相手が委縮するほど大きな声で怒鳴ります。 「怒らせると怖い」と思う人をなめることはしません。 職場で後輩や部下を率いる時は、「健全な恐怖感」を与えると効果的です。 自尊心を高く保つためには、自分の意志を押し通すことも大事です。 常に複数の選択肢を持つようにして、「最悪、この取引がダメになっても大丈夫」「この人に嫌われて縁を切られてもいい」と覚悟を決めます。 覚悟を決めると、人に媚びないで毅然とした態度を保つことができます。 毅然とした人は、相手の信頼と尊敬を得られます。 6, 環境を変える なめられている状態から脱出する方法は自分を変えることがベストですが、周囲の人たちに「なめられる存在」というイメージがしみついてしまっていると、なかなか脱出できません。 その時は、同じ会社でも自分の能力を活かせる部署に配置転換してもらいます。 思いきって転職することも良い方法です。 配置転換や転職をした時は、第一印象を大事にします。 外見を整え、堂々とした態度で振る舞います。 大きな声でハッキリ話し、明るいイメージを与えるようにします。 まとめ 自尊心が低いとなめられる 「なめられる」とは周囲の人たちから馬鹿にされて軽く扱われることです。 面倒なことや嫌なことばかり押しつけられ、本人の意見や気持ちなど無視されます。 自分自身をありのままに受け入れられない人は、自分を適正に評価できません。 自尊心が低くなり、劣等感が強くなります。 自分に自信がないため、常にオドオドした態度になります。 周囲の人たちから嫌われることを恐れ、自分の考えや思いをハッキリと言いません。 仕事が人並みにできないので、周囲に迷惑をかけます。 周囲の人たちに「気の弱い人」「何をしてもやり返さない、反撃力のない人」と思われ、なめられます。 なめられないためには、ありのままの自分自身を受け入れて自尊心を高く保ちます。 堂々とした態度・毅然とした態度で人に対応し、自分の意見や考えをしっかり主張します。 自分の能力やスキルを高め、仕事で実績を上げたり結果を出したりします。 周囲の人の信頼と尊敬を得て、対等で良好な人間関係を構築することができます。 怒るべき時は怒り、「反撃力のある怖い人」と周囲に思わせることが大事です。 なめられないためには、外見や話し方が大事です。 服装や髪型を整えて、背筋を伸ばし姿勢を良くします。 目力を強くして、相手の目を見て話します。 話す時は、大きな声でハッキリと話します。 低い声でゆっくり話すと、コミュニケーションが良くなります。 一度なめられると、なかなか脱出できません。 でも、自尊心を保ち適正な方法を続ければ、なめられる人から敬愛される人に変わることができます。

次の