葬儀 受付 マナー。 受付係を頼まれたら|葬儀マナーガイド

葬儀の受付係が「ありがとうございます」と言うのはマナー違反なの?

葬儀 受付 マナー

葬儀マナー 受行係を頼まれたら 【開式一時間前には会場に到着しましょう】 喪家側より指示がない限り、身支度を整え開式一時間前には会場に到着しましょう。 到着後は喪家に挨拶をし、祭壇へ一礼をします。 駐車場や、焼香所、待合所の位置を確認しましょう。 【役割分担の確認をしましょう】 受付係の他に、駐車場係や、案内係、返礼品係などを依頼される場合もあります。 葬儀社とよく相談をし役割を決めてください。 また受付を「一般」や「会社関係」などに区分する場合もありますのでよく相談をして下さい。 【備品の確認しましょう】 芳名帳や香典帳、事務用品などを確認しましょう。 最近は帳面ではなくカード式を用いる葬儀社も多くなっています。 不明な点は葬儀社へ相談しましょう。 【準備は30分前までに】 開式の30分前までには準備を整え。 お手伝いを始められるようにしましょう。 【早めに到着した会葬者の案内】 早めに到着した会葬者は、受付を済ませて頂き待合所へ案内します。 事前に待合スペースの位置や有無を確認しておきましょう。 【弔電や供物が届いたら】 弔電や供物、供花が届いたら速やかに葬儀社へ報告しましょう。 【会葬者への対応】 会葬者は会場に到着するとまず受付をします。 受付所はその葬儀の窓口的扱いなので、礼を持って接して下さい。 まず一礼をし会葬者を迎えます。 そして芳名帳に記帳をお願いします。 氏名だけでなく、住所も記入して頂きましょう。 そして香典を受け取ります。 会葬者よりのお悔やみの言葉に対しては、「ご丁寧に恐れ入ります」などと返します。 返礼品の引換所が別の場合は、引換券を渡します。 【会葬者の指名を記載する】 頂いた香典は袋から現金を出し、金額を確認します。 香典帳に会葬者の氏名と住所、頂いた金額を記入します。 受付所は現金を扱うところなので、焼香などでその場を離れる際は十分に注意して下さい。

次の

葬儀・お葬式での香典マナー 香典袋書き方・金額相場・渡し方|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

葬儀 受付 マナー

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• ここまで、弔問客として、または受付の手伝いとして葬儀に関わる場合の受付での挨拶についてご説明してきました。 どのような立場で葬儀に参加する場合でも、丁寧な言葉づかいを心がけ、忌み言葉を使わないようにすることは最低限のマナーです。 以下で 葬儀の受付での挨拶に関するマナーについて詳しくご説明します。 丁寧な言葉遣いを心がける 葬儀は故人の死を悼む場です。 ご遺族を始めとして心痛を抱えた方々が集う場です。 そうした方々の無用な心労を増やさないように丁寧な言葉づかいを心がけましょう。 そうして 丁寧な言葉づかいを心がけ葬儀の場への配慮をすること自体、 故人への弔意を示すことにもなります。 大声で話をしない 葬儀は故人との別れを偲ぶ場です。 特にご遺族は看病などで疲れ切っていることもあります。 そうでなくとも一般に静謐(せいひつ)さが求められる場です。 ですので、お話をする際も 大声で話さないようにしましょう。 また、故人を思い思わず涙してしまうこともあるかもしれません。 大声で泣くことがマナー違反とは言えませんが、堪えもせずにむやみに悲しみを表現をしようとすることは 一般的にはあまり好まれないようです。 葬儀で避けるべき話題や表現に気をつける 大切な人を失くして悲しみに暮れているご遺族の気持ちに配慮し、その場に相応しくない話題や表現をすることは避けましょう。 特に、「辛いだろうけど頑張って」など 安易な励ましは避けるように気をつける必要があります。 応援の気持ちを伝えることは構いませんが、• 不吉な言葉 さらに不幸を招くことを予感させるような不吉な意味にとらわれうる言葉は使わないようにします。 「落ちる」「消える」や数字の4といった言葉はもちろんですが「大変」「とんでもないこと」といったつい会話のなかで使ってしまうような言葉も避けた方が良いとされるので注意が必要です。 重ね言葉 「重ね重ね」のように、同じ言葉を連続する言葉です。 不幸が連続するような予感を抱かせるため避けるべきとされます。 「たまたま」「またまた」「いよいよ」「たびたび」といった言葉を何気なく使ってしまわないようにしましょう。 不幸が続くことを連想させる言葉 その他にも不幸が続くことを連想させる言葉を口にすることは良くないとされています。 「再び」「追って」「繰り返し」「再三」といった言葉です。 なお、忌み言葉とは異なりますが、故人やご遺族の宗教によっても使って良い言葉が異なることもあるため気をつける必要があります。 通夜の受付での挨拶• 弔問客として葬儀に参列する場合、受付では「この度はご愁傷様です」とお悔やみの言葉を伝え、「お供えください」と伝えて香典をお渡しします。 一般の参列者の方とご遺族の方に対する挨拶は異なること、香典はあくまで故人・ご遺族のために「預かる」ものであることに注意が必要です。 弔問客として葬儀に参列する場合、または、遺族・遺族の代表(受付手伝いなど)として葬儀に参列する場合のいずれも、忌み言葉を避け、丁寧な言葉遣い(大声を出さない、安易な励ましをしないなど)を心がけることは最低限のマナーです。 どのような立場で葬儀に参列するにしても、深い悲しみに暮れるご遺族の気持ちに配慮しつつ故人の死を悼む気持ちを込めて参列することが大切です。 葬儀では言葉遣いの他にも服装や細かな所作など気をつけなければいけないマナーが多くあります。 「終活ねっと」ではそういったマナーの他にも、葬儀自体にかかる費用・手続など葬儀全般に関して幅広くご紹介しています。 気になる方はぜひ以下の記事などもご参考にしてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

葬儀の「受付」のやり方は?誰に頼む?使う挨拶の言葉・記帳方法・マナー

葬儀 受付 マナー

「ご愁傷様です」という言葉は、普段使いなれないだけによそよそしいイメージがありますが、相手を気遣う意味が含まれている大変丁寧な言葉です。 遺族に会ったら、まず気持ちを伝えて心をこめた挨拶をします。 「このたびはご愁傷様です」 「このたびは突然のことで大変でしたね」 「心からお悔やみ申し上げます」 など、よく使われるフレーズを覚えておきましょう。 最初からいきなり病状や死因などを聞くのは失礼です。 お通夜・葬式での会話マナー2:受付 マナー本では「受付での挨拶は『このたびはご愁傷様です』と言うように。 」と書かれていることが多いですが、実際は軽く黙礼して受付を済ます人が多いようです。 お通夜・葬式での会話マナー3:お葬式の開式前の言葉 開式前の遺族は親戚や参列者、僧侶への挨拶に加え、式の打合せ、供花の札の順番の決定など、あわただしい時間を過ごしています。 お付き合いの度合いにもよりますが、遺族への挨拶はできるだけ手短にし、お悔やみの言葉に加えて「お手伝いできることがあればお申し付けください」と声をかける程度にしておきます。 お通夜・葬式での会話マナー4:故人と対面するときの言葉 故人と親しい場合、最後に会ってお別れをしたいという気持ちになるでしょう。 対面するときは、必ず遺族の許可を得ること。 勝手に棺の中を覗いてはいけません。 許可を得たら、故人へ近づき手を合わせ一礼して対面します。 「安らかなお顔ですね」など、遺族をいたわる言葉と「ありがとうございました」というお礼の言葉を忘れずに。 お通夜・葬式での会話マナー5:通夜ぶるまいの席 通夜ぶるまいの席では、大声で話したり飲みすぎてしまわないように注意しましょう。 故人や遺族と親しい間柄だったら、故人を一緒に思い出しながら遺族の胸の内をぜひ聞いてあげてください。 悲しみは避けて通れないものですが、その悲しみや心の痛みを否定しようとすると、かえって長い間苦しむことになるといわれています。 克服するためには正面から死を受け入れることが大切ですが、友人知人との会話を通じて「故人を上手に思い出す」こともひとつの方法といわれています。 忌み言葉とは 忌み言葉にとらわれる必要はありませんが、できるだけ避けるような心配りも大切。 忌み言葉とは、「重ね重ね」「かえすがえす」など同じ言葉をかさねたものや、「再び」「続いて」など、死があたかも次々に連鎖するようなイメージを与えるような言葉をいいます。 言霊(ことだま)という言葉があるように、言葉には霊が宿るという言い伝えもあり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるに違いないとおそれられていたこともあって、葬儀の際は忌み言葉を避けるようになりました。 具体的には次のような言葉があげられます。 【二度続くイメージ】 「重ね重ね」「返す返す」「またまた」「たびたび」「くれぐれも」「いよいよ」「次々」 【次も続くイメージ】 「重ねて」「続いて」「追って」「再三」「再び」 忌み言葉は単に「語呂合わせ」から敬遠されるのであって、実際に不幸と直結するわけではありません。 死を忌み嫌った時代には、忌み言葉は敏感に受け止められがちでしたが、現在は死は避けて通れないもので受け止めるべきという考えに変わってきています。 マナーの本質は思いやりですから、「イヤだな」と受け取られてしまう言葉はできるだけ避けるように心がけつつ、気にしすぎて型どおりの言葉にならないよう、できるだけ自分の言葉で真心をこめて遺族と接することが大切です。 「ご冥福をお祈り申し上げます」の多用は危険 「ご冥福をお祈り申し上げます」という一文、一般的に使われているお悔やみの文ですが、厳密にいえば多用できない文だということをご存知でしょうか? 冥福とはわかりやすく説明すれば死後の幸福のこと。 仏教では亡くなった人は四十九日の間、冥土を旅しながら生前の行いに対する裁きを受けます。 「冥福を祈る」とは、冥土の旅を無事に終えて、良い世界へ転生できるように祈ることをいいます。 冥土をさまようという概念を持たない浄土真宗では不適当な言葉となります(浄土真宗は、人は死後すぐに浄土へ行くという教えに基づきます)。 ちなみに「ご冥福をお祈り申し上げます」を言い換えるとしたら、「哀悼の意を表します」が適当です。 その他、宗教色のある言葉をご紹介します。 【宗教色のある言葉】 「往生」「成仏」「供養」は仏教用語。 「天国」キリスト教での死後の世界。 「神様」キリスト教、神道等で用いる言葉。 仏教では一般的に使用しない。 「冥福」のほかに、「供養」も浄土真宗では使用しません。 気にしすぎたらキリがありませんし、使用したからといってトラブルになるわけではありませんが、覚えておくと便利です。 その他お葬式でのNG言葉と言い換え例 葬儀では死を意味する直接的な表現も避けます。 「死ぬ」「死亡」「生きる」「生存」などを言う場合、次のような言葉に置き換えて話すと良いでしょう。 【言い換え】• 大切な人を亡くした人のほとんどは「家族や友人の支えが一番ありがたかった」と答えます。 気の利いた言葉でなくてもかまいません、そっと声をかけてあげるだけでも力になれるかもしれません。 Q: キリスト教の場合は「昇天」「召天」という言葉の意味は? A: 「昇天」と「召天」は似ているようですが意味は違います。 「昇天」は天へ昇ること。 「召天」は天に召されることを意味し、受身になります。 基本的には葬儀の場での笑顔は禁物とされています。 しかし、遺族をいたわる穏やかな笑顔なら大丈夫。 」などと微笑む程度なら、きっとその場が和むはずです。 Q: 自分の焼香が終わった後、遺族の前でひとこと挨拶するべき? A: 焼香は読経の途中ではじまることが多いので、焼香後は小声でひとこと挨拶するか、何も言わずに礼だけします。 特に参列者が多い場合は、焼香の列が滞ってしまうので軽く目礼する程度にしておきましょう。 【関連記事】•

次の