ウイグル チベット。 【中国共産党の臓器狩り】100万人を超えるウイグル人を収容所へ

なぜ中国のウイグル人弾圧にイスラム諸国は沈黙するのか?

ウイグル チベット

トルコ系遊牧国家の形成 で活動したの遊牧民。 モンゴル草原から中国西部のオアシス地帯で活動し、はじめ同じトルコ系のに服属していたの9部族( トクズ=オグズ)の中の一部族であった。 8世紀に突厥(第二帝国)が衰退した後、に自立してその王は柔然、突厥と同じくを称し、ウイグル国家を建国した。 中国では回紇、のちに回鶻(いずれも訓はかいこつ)などと表記される。 8世紀にはモンゴル高原を支配し、唐に対抗する遊牧国家の大国を形成し、安史の乱では重要な存在となった。 しかし、9世紀にキルギスの侵攻を受けてウイグル国家は解体、中央アジアに移動して定住生活を送るようになり、それによってが進んだので、彼らが定住した地域をというようになった。 東トルキスタン(タリム盆地)のウイグル人はイスラーム化し、現在の中国のの主要住民となっている。 安史の乱とウイグル 、唐王朝に対する節度使が反旗を翻し、反乱軍がを占領するという、が起こった。 安禄山はイラン系のであり、商人や軍人として唐王朝の内部で活動しており、反乱軍にも多く含まれていた。 唐の玄宗は長安を脱出し、変わった粛宗は援軍をモンゴリアの遊牧国家ウイグルに求めた。 ウイグルの可汗(王)は唐支援を約束、唐王室との間では婚姻が結ばれた。 ウイグル軍は反乱軍に奪われた洛陽の奪還などで活躍し、最終的に763年に安史の乱を鎮定するのに大きな力を発揮した。 参考 「安史の乱」の見方 従来はは唐王朝に対する「反乱」であり、ウイグルは唐王朝を助けた、という大筋で説明されることが多かった。 しかし、実際にはそのように単純ではなく、ソグド人やウイグル人など中央ユーラシアの諸民族の関わりが想像以上に大きかったことが判ってきた。 また乱の経過の中で、ウイグルは一時、反乱軍と協力して唐を倒そうとする動きも見せており、もし反乱軍とウイグルの同盟が強固になっていれば、唐はその時点で滅亡し、後の遼や玄のような「征服王朝」が早くも成立したかも知れない状況であった。 現実にはそうはならなかったが、安史の乱は次の10世紀にユーラシアに一斉に登場する遊牧民が農耕民を支配する中央ユーラシア型国家(征服王朝)の先駆的な動きだったと捕らえることができる。 反乱の鎮圧に功のあるウイグル汗の後ろ盾もあり、マニ教は中国全土に広がることとなった。 768年にはウイグル人のために長安にマニ教寺院の大雲光明寺が建立された。 牟羽可汗はマニ教を保護することで、中央アジアから中国にかけて広く活動しているの商業活動や軍事力を支配下におこうと考えたものと思われる。 牟羽可汗は反対派のクーデタで殺害されたが、その後、ウイグルではマニ教が復興し、国教となっている。 マニ教を国教としたのは世界史上、ウイグルだけである。 同じころ唐の武将であったトルコ系鉄勒の僕固懐恩がウイグルの牟羽可汗と結んで謀叛を企てたと疑いをかけられ、やむなく反旗を翻した。 その後は、ウイグルとチベットは敵対関係に入り、西域を巡って789~792年に激しく戦った。 ウイグル国家の解体 ウイグル帝国はモンゴリアにあっては中央アジアの交易ルートを抑え、を保護して東西貿易に従事させ、を受け入れて独自の文化を築いた。 しかし830年代末になると、ウイグル帝国は連年の自然災害と内訌が続き、ついににの侵攻を受けて、持ちこたえることが出来ず崩壊した。 西ウイグル王国 このとき多くのウイグル人はモンゴリアを脱出し、その遺民の一部はに移住、オアシス都市を支配して850年頃までにはを建国した。 初めは都を焉耆に置き、9世紀末から10世紀に盆地に入って定住農耕生活に入り、高昌を夏の都とした。 彼らは独自のを生み出すなど高い文化を誇った。 なお、ウイグル人の別な一派は花門山を通って河西地方に向かい、チベット人が840年代に河西回廊から撤退した後に、南進して甘州ウイグル王国を建てている。 ウイグル人の定住化の歴史的意義 トルキスタンの成立 9世紀にモンゴル高原を中心としたウイグル人の遊牧帝国が崩壊し、ウイグル人の一部がタリム盆地に移住し、オアシス都市に混じって定着して都市の商人や都市周辺の農耕民となったことによって、それまでなどのイラン系民族が住民であった地域がトルコ民族が主体となる、いわゆるトルコ化がすすむ第一歩となり、トルコ化した中央アジアをと言うようになる。 ウイグル人が中央アジアに定住したことの歴史的な意義とは、中央アジアのトルコ化がもたらされたことである。 8世紀頃からが中央アジアに入ってきたが、トルコ系民族で最初にそれを受け入れたのは10世紀の西トルキスタンを支配したで、その影響で東トルキスタンの一部オアシス都市にもイスラーム教が広がった。 トルキスタン全域は、12世紀にはの支配を受けたが、 13世紀はじめにはのモンゴル帝国に服属した。 13世紀後半にはこの地域を拠点としたが起こり独立政権の観を呈したが14世紀初めまでには平定され、ウイグル人の中心は東トルキスタンの高昌に移った。 その後、チャガタイ=ハン国が再興され、14世紀には東トルキスタン(タリム盆地)のウィグル人のイスラーム化が進んだ。 西トルキスタンではチャガタイ=ハン国が衰え、1370年にティムール帝国が現れる。 中央アジアのトルコ系民族ウィグル人は、14世紀ごろから高昌を中心に東トルキスタン、タリム盆地のオアシスで定住し、イスラーム化した。 その間、モンゴル高原にはモンゴル系部族の興亡が繰り返され、17世紀にが東トルキスタン、チベットなど広範囲に勢力を伸ばした。 一方、東方の女真の建国した清朝は、1644年までに中国全土に支配を及ぼし、康煕帝・乾隆帝は相次いでジュンガルとの戦争を進め、のまでにを征服し、として支配、ウイグル人はその支配下に組み込まれた。 彼らが、現在の中国ののウイグル人の先祖であり、現在の中華人民共和国を構成するの一つである。 参考 唐~元のウイグル人と現代のウイグル人の関係 唐代の歴史に出てくるウイグルと、現代中国ののウイグルとは直接的にはつながっていないので注意を要する。 引用 実は古い時代のウイグルが民族集団として活躍するのは唐帝国からモンゴル帝国(元朝)の時代までであり、それ以後ウイグルの名前はいったん消滅する。 ウイグルの流れを汲むが、モンゴル時代以降徐々にイスラム化していった東トルキスタン東部のトルコ人たち、並びにそれより早く治下にイスラム化した東トルキスタンの西部のトルコ人たちは、オアシス都市群ごとに自己認識し、トゥルファン人とかクチャ人とかカシュガル人というふうに出身地に応じてばらばらに呼ばれるようになる。 それが20世紀前半になって東トルキスタンの政治的統一の必要に迫られた時、かつて栄光に包まれていたウイグルの名前を全体名称として採用するのである。 そうした 新ウイグルには、旧カラハン朝治下のカシュガル人、コータン人までも含まれ、後者がイスラム教徒()であったため誤解が増幅されたのであるが、本来の古代ウイグル人には一人もイスラム教徒はいなかった。 彼らの宗教はモンゴル草原で遊牧をしていた時代はとであり、天山地方に民族移動して百年以上経て農耕・都市生活に馴染むと共にへの改宗が顕著となり、モンゴル帝国時代にはほとんどのウイグル人が仏教徒で一部にキリスト教徒が混じっていた程度である。 言語についていえば、唐~元代の古ウイグル語と近現代の新ウイグル語とは、基本的に同じトルコ語である。 文法に大きな変化はない。 しかし文字はすっかり変わり、また語彙も相当に変わっている。 つまりイスラム化以後はアラブ=ペルシア系の語彙が流入し、さらに清朝以後は大量の漢語が借用された。 <森安孝夫『シルクロードと唐帝国』2007初刊 2016 講談社学術文庫 p.

次の

チベットとウイグルに中国がしたことは、国際社会からもっと避難されるべき侵略

ウイグル チベット

モンゴルのーと文化は、モンゴル人がモンゴル南部と呼ぶことを好むもので、ゆっくりと静かに攻撃されています。 世界は注意を払う必要があります。 マッシモ・イントロヴィーニュ aobao (石のヒープ)はの伝統的な宗教の持続性を証明( ) の地域でのによる授業は、COVID-19の流行により中止されました。 今では、生徒は二度と再開しないと言われており、 すべての授業は中国語で行われます。 これは 高校、通遼国籍大学やいわゆるの他の地域にも拡大すると予想されています。 この動きは、 が「」と呼んでいるものからモンゴルの、言語、文化を根絶するためのより大きなキャンペーンの一部と見なされるべきであり、ほとんどのモンゴル人は「」が歴史的には中国のによって作成された名前。 帝国時代に開始された主な戦略は、モンゴル人が現在少数派である地域へのの大規模な移民を組織することです。 約500万人のモンゴル人が「」の人口の20%を占めています。 文化革命の恐怖の後、少なくとも30,000人(ただし、一部では100,000人)が殺害された後、彼らは文化的、宗教(仏教と伝統的なモンゴルの信仰)、および言語が尊重されると約束されました。 110ありました。 この地域で話され書かれているは文化的な記念碑です。 それはまだ伝統的な文字で書かれていますが、独立したモンゴルでは、はで書かれています。 これは、その国がの衛星国家であったときを思い出させます。 また、社会問題や経済問題もあります。 の多くのモンゴル人は牧畜民であり、政府が「」の名で牧草地を奪ったとき、彼らはしばしば抗議します。 多くの場合、的口実は、天然資源が豊富な国で、 をというCCPの意図を偽っています。 たとえば バイリンレフトバナー(バナーは郡に相当する行政単位です)の合計(郷)バヤンウルから400人を超えるモンゴル人のが、CCPがの名の下に土地を奪った後のバナーの首都リンドンシティに向かって行進しました。 200人近くが逮捕され、その多くはペッパースプレーと暴力で拘束された。 これらの抗議活動を支持する活動家も刑務所に行きます。 2020年6月5日には、南(内)モンゴルのヘシグテン旗所は 8ヶ月とそれぞれ懲役4ヶ月間に、これらの活動家、TsogjilとHaschuluuのうちの2人を。 Tsogjilは、作者およびのホストでもあります。 彼は以前、有名な詩人であり、州でモンゴルの文化を維持するのに苦労した有名な詩人でありであるSechenbaatarの拘留に抗議したため に。 また、2019年には、地域の文化革命の犠牲者の証言を集めた本を出版した後に、ラムジャブA. ボルジギン ました。 やの対応国ほど国際的にはあまり知られていませんが、(または南部)モンゴルで起きていることは文化的ジェノサイドでもあり、CCPは「シニカリゼーション」の名の下に古くて誇り高い文化を破壊しようとしています。 米国に本拠を置く は、進行中の民族虐待に関する貴重な情報を定期的に公開しています。 一人にしてはいけません。 yoshi-osada.

次の

【中国共産党の臓器狩り】100万人を超えるウイグル人を収容所へ

ウイグル チベット

なぜウイグルを弾圧するのか? ウイグル地区は、中国にとって最大のエネルギー供給源である。 天然ガス生産で80%、原油生産で60%を占める。 天然ガスは4300キロのパイプラインで上海まで送られていて、 それが上海の発電能力の40%を支えている。 なお地元のウイグルでは使うことはできない。 自治区の住民2000万人のうち半分はウイグル族。 彼らが反乱を起こして天然ガスを止めることになれば、中国経済が麻痺してしまう。 中国政府はどんなことがあろうとウイグルを手放すつもりはないし、独立などけっして認めない。 なぜチベット虐殺? 1950年代以降に虐殺されたチベット人は、120万人と言われているが、なぜ中国はチベットにこだわるのか。 13億の民が水を安定的に得るためには、水源を自分達の領土にしておこうという発想。 毛沢東以外の偶像は不要。 チベットのシンボルである。 チベットを55年に四川省に併合したため中国のイメージに。 わずか半世紀の事。 チベット亡命政府のまとめた、チベット3州の死者数は以下 拷問:173,221 死刑:156,758 戦闘:432,705 飢餓:342,970 自殺:9,002 傷害致死:92,731 合計:1,207,387人 ダライラマのインタビューより 私たちチベット人のことについて少しお話しましょうか。 私たちは祖国を失いました。 私は十六歳のとき自由を失い、二十五歳のときに祖国を失ったのです。 しかし、希望と決意を失ったことは一度もありません。 自由と祖国を失った時からすでに五十年、六十年の月日が経ちましたが、今もなお、私は完全な情熱と自信をもってこの問題に立ち向かっています。 がんばれダライラマ。 個人的には、中国にしろフランスにしろ、第二次大戦の戦勝国が、弱い民族から搾取して、少し反抗されるとテロと決めつけてやりたい放題というのは、ちょっと違うと思っています。

次の