サーター アンダギー。 沖縄のおやつといえばコレ♪「サータアンダギー」のおすすめ店10選

[沖縄県民が教える」本場のサーターアンダギーのレシピ

サーター アンダギー

より引用 こんにちは、僕の名前はみちゅ太郎、沖縄料理を愛してやまない海人(うみんちゅ)な太郎です。 僕は甘党なので沖縄料理の中でも「サーターアンダギー」が大好きで、毎日食べてます!おかげ様でお腹もサーターアンダギーみたいにまん丸です。 ある日いつものようにサーターアンダギーを口いっぱいに頬張り、幸せいっぱいのところに、ふと疑問が湧きました。 「サーターアンダギーっていったいなんなんだろう」と…。 そう考えたらもう頭の中はその疑問でいっぱい。 おかげで味に集中できなくなり、これじゃ幸せなサーターアンダギータイムを楽しめず、痩せてしまいます!そんな疑問を退治するべく、今回はサーターアンダギーについて調べていきます。 どうやって産まれたの? より引用 王朝時代時代まで遡ります。 宮中で出される料理や菓子作りをしていた料理人たちが、技術を習得する為に中国の福州や鹿児島へ渡りました。 そこで「サーターアンダギー」やお土産でも有名な「ちんすこう」などを生みだした。 と言われているようです。 今でこそ気軽に買えますが、昔はそうはいきませんでした。 気軽に買えるようになったのは、最近のことで1972年だそうです。 サーターアンダギーを気軽に食べられないなんて考えるとお腹がへこんでしまいそうです。 ちなみに、サーターアンダーギーはその表面に割れ目があるのが特徴で、その形状から沖縄県では「女性」を象徴するお菓子とされています。 そのため、縁起物として結納時などにも食されます。 そんな縁起物で大半を構成されている僕のお腹は相当縁起が良いのでしょうね。 たぶん、シーサーにも匹敵するのではないでしょうか?さてお次は名前の由来についてです。 なぜサーターアンダギーって言うの? より引用 沖縄の方言で「砂糖」のことを『サーター』。 「油」のことを『アンダ』。 「揚げる」ことを『アギー』と言うそうです。 つまり『サーターとアンダ+アギー』で「サーターアンダギー」と言うみたいです。 ようは砂糖を揚げた料理と言うことですね。 『砂糖天ぷら』とも呼ばれているようです。 甘党の血が騒ぎます。 さていかがだったでしょうか?普段何気なく食べているサーターアンダギーが実は縁起物だったり、名前の由来が沖縄の方言だったりと、新たに知れたことがあったでしょうか?ちなみに僕は、由来に「砂糖」と「揚げる」があるのは言葉の響きでなんとなく予想がついてましたが、「油」があったのが意外でした。 これで疑問もなくなったので、またサーターアンダギータイムを楽しむことができます。 アイキャッチ画像:より引用•

次の

サーターアンダギーミックス 145g/500g|ミックス粉|沖縄製粉

サーター アンダギー

今後一切、サーターアンダギーを直訳しないように!!笑 とはいえ、言い方を変えればボール状のドーナツです。 問題なのは、沖縄の先人達のネーミングセンスだけ。 だから大丈夫 笑) さて、沖縄に旅行に行った事がある方はサーターアンダギーを食べた事があると思いますが、おそらくあなたが食べたサーターアンダギーは揚げたてではないはず。 薄力粉・・・300グラム• 卵・・・Mサイズ3個• 砂糖・・・180グラム• バター・・・30グラム• ベーキングパウダー・・・6グラム• バニラエッセンス・・・3滴• 揚げ油・・・理想は1リットル サーターアンダギーの作り方• 材量を全て軽量する。 バター(30g)を湯煎で溶かしておく。 薄力粉(300g)とベーキングパウダー(6g)を合わせて振るっておく。 油を火にかけ、温めておく。 ボウルに卵 Mサイズ3個)を溶きほぐし、砂糖(180g)を入れ、泡立器でよく溶かす。 バニラエッセンス少々と溶かしたバターを入れ、しっかり混ぜる。 振るった薄力粉とベーキングパウダーを卵のボウルに入れ、極力練らないように注意しながら混ぜる。 器にサラダ油(分量外)を入れ、生地を摘みとるためのスプーンを準備しておく。 手にサラダ油をたっぷりと塗り、生地をスプーンで摘みとって丸め、温めておいた揚げ油に入れて揚げていく。

次の

沖縄で食べに行くのにおすすめ!サーターアンダギーのお店12選

サーター アンダギー

今後一切、サーターアンダギーを直訳しないように!!笑 とはいえ、言い方を変えればボール状のドーナツです。 問題なのは、沖縄の先人達のネーミングセンスだけ。 だから大丈夫 笑) さて、沖縄に旅行に行った事がある方はサーターアンダギーを食べた事があると思いますが、おそらくあなたが食べたサーターアンダギーは揚げたてではないはず。 薄力粉・・・300グラム• 卵・・・Mサイズ3個• 砂糖・・・180グラム• バター・・・30グラム• ベーキングパウダー・・・6グラム• バニラエッセンス・・・3滴• 揚げ油・・・理想は1リットル サーターアンダギーの作り方• 材量を全て軽量する。 バター(30g)を湯煎で溶かしておく。 薄力粉(300g)とベーキングパウダー(6g)を合わせて振るっておく。 油を火にかけ、温めておく。 ボウルに卵 Mサイズ3個)を溶きほぐし、砂糖(180g)を入れ、泡立器でよく溶かす。 バニラエッセンス少々と溶かしたバターを入れ、しっかり混ぜる。 振るった薄力粉とベーキングパウダーを卵のボウルに入れ、極力練らないように注意しながら混ぜる。 器にサラダ油(分量外)を入れ、生地を摘みとるためのスプーンを準備しておく。 手にサラダ油をたっぷりと塗り、生地をスプーンで摘みとって丸め、温めておいた揚げ油に入れて揚げていく。

次の