大相撲 宇良 関。 人気の業師、宇良が2020年を白星発進「この1年でひざを完璧に」/初場所

宇良関の父親は沖縄!出身中学や経歴は?母親の影響でピンクのまわし

大相撲 宇良 関

宇良の現在【番付】怪我と復帰後と番付の流れ【最新情報】• 2017年7月:番付【前頭4】右膝怪我• 2017年9月:番付【前頭4】右膝怪我休場• 2017年9月:番付【前頭4】左手甲手術• 2017年11月:番付【前頭16】右膝前十字靭帯損傷・左膝暗月板損傷、両膝手術• 2018年1月:番付【十両11】リハビリ開始。 ようやく歩けるようになった• 2018年3月:番付【幕下10】リハビリ• 2018年5月:番付【幕下50】リハビリ• 2018年7月:番付【三段目30】復帰予定も、回復途上で延期• 2018年9月:番付【三段目91】復帰「6-1」• 2018年11月:番付【三段目33】三段目優勝• 2019年1月:番付【幕下23】右膝前十次靭帯断裂。 同じ場所• 2019年2月:番付【幕下36】• 2019年3月:番付【幕下16】• 2019年5月:番付【三段目16】• 2019年7月:番付【三段目76】• 2019年9月:番付【序二段36】リハビリ、基礎運動に専念中• 2019年11月:番付【序二段106】5場所ぶりに復帰。 白星を獲得。 宇良のコメント「自分の力にはまだまだ伸びしろがあると思ってる。 体を強くしていきたい」• 2020年1月:番付【序二段28】序二段7連勝後、7連勝同士の決定戦で勝利。 8戦全勝優勝 宇良は平成4年生まれだ。 相撲取りの引退時期を考えると減益はあと6年~8年。 番付はもちろん、力士生命としても、宇良にとって厳しいのが現実だ。 宇良の怪我を見た医者は言った。 「もう1回、相撲を取ることができる」 宇良の師匠である木瀬親方は「これで終わりじゃない。 宇良には気持ちが強い」 宇良は言った「土俵でもう1回頑張りたい。 ここでは終われない。 元気です」 医者、師匠、宇良本人共に、復帰への強い意識を持っている。 怪我の回復を心から祈ってる。 現在の大相撲では、膝の怪我は、呪いのように付きまとう【宇良】 大相撲の専門家によると、 「膝は完治していなくても、攻めは可能」 「膝の怪我は、力士生命を完全に立つものではない」 「前に出る相撲をするときは、膝に負担がかからない」 膝が不完全な状態で、土俵に上がれてしまう理由だ。 膝に負担がかかるウケは出来ないが、前に出てしまえば問題がない。 加えて、リハビリにも時間をかけることは出来ない。 実際、宇良は、たった1年で、前頭4から三段目50まで番付を下げている。 野球やサッカーのように1年2年、まるまるリハビリに使うという猶予はない。 こうした背景が、不完全な状態で、相撲に出ることになる。 そして、宇良はまた怪我をしてしまった。 公傷制度があった話につづく【宇良の復帰時期は?】 宇良のようにやむを得ない事情によって休場する力士のための制度で、「番付と給料を確保できる」ものがあった。 しかしソレは廃止された。 その詳しい話や、宇良の復帰時期についても.

次の

人気の業師、宇良が2020年を白星発進「この1年でひざを完璧に」/初場所

大相撲 宇良 関

大阪・寝屋川市出身のご当所力士、三段目・宇良(27=木瀬部屋)が全勝対決で安芸乃山を下し、6勝目を挙げ幕下昇進に大きく前進した。 立ち合いは足を狙うように低く当たって懐に入ろうとする。 だが、重い相手を簡単には押し切れず、左右に動きならが牽制。 最後は相手の腕をつかんで引き寄せながら、態勢を崩して押し出した。 「重かったですね。 モチャモチャした感じでした。 (大きい相手なので)出来るだけかぶられないようにしました」と息をつきながら話した。 膝のケガで昨年の初場所から4場所連続で休場。 九州場所で復帰し、序二段の先場所は7戦全勝で決定戦の末に優勝した。 今場所も6連勝を飾り、来場所の幕下復帰も濃厚になった。 「(戻ることができれば)うれしいですね。 上がりたかったんで。 あと一番、もちろん勝ちたいです」と連続優勝へ気を引き締めていた。

次の

宇良関の父親は沖縄!出身中学や経歴は?母親の影響でピンクのまわし

大相撲 宇良 関

新「技のデパート」と言われ注目を浴びている 宇良和輝が大相撲入りしました。 小柄ながらいろいろな技を使い相撲を取る姿は、かつての「智乃花」や「舞の海」を思い出します。 最近は外国勢が多いためか大型な力士が目立ちますが、小柄で技が豊富な宇良について調べてみましたのでお知らせいます。 スポンサードリンク 大相撲の宇良和輝って知ってる? 宇良和輝(うら・かずき)1992年(平成4)6月22日、大阪府寝屋川市出身。 4歳で相撲を始めたが、その後、小学3年生から始めたレスリングに力を注いだ。 鳥羽高校に入学後再び相撲に力を注ぎ、80キロ級の全国大会で2年時は3位、3年時は2位と活躍。 推薦で関学大学へ進学。 体格は中学入学時に身長1メートル47、体重47キロ。 高校入学時に1メートル52、53キロ。 現在は1メートル72、107キロ。 1890年創部の関学大学相撲部から初めて角界入りする宇良和輝ですが、兵庫県西宮市で木瀬部屋入門会見を開き「2年で関取」の目標に掲げたそうです。 1メートル72と小柄ではありますが、レスリング経験を生かした独自の取り口で今後期待が持てそうです。 宇良和輝の会見にはTVカメラ13台、25社100人もの報道陣が集結したそうです。 会見直後には情報番組の生放送にも出演するなど、宇良に対する注目はすごいものでした。 会見の中で、こんなコメントがあった。 無理だと思っても努力、挑戦を続けていかないと結果は出ない」。 大学2年までは基本に忠実な押し相撲を磨いた。 転機は2年生だった12年8月の西日本学生個人体重別選手権。 65キロ未満級で初戦敗退した。 前回11年には同級で全国優勝しながら、この時は経験が浅い京大の1年生に押し倒されたという。 「素人に負けて悔しかった。 もう体重別にこだわるのはやめた。 大きな相手に勝つのが相撲の醍醐味(だいごみ)」ここから技のデパート宇良和輝が始まったのですね。 その後、宇良和輝は無差別級へ転向。 毎日5合半の白飯、卵やスパムでたんぱく質をとり、ウエートトレで増量に励んだそうです。 同時に独自のスタイルも追求し、徳俵まで下がって仕切る、立ち合い直後からバックステップを踏むなど「相手の予測できない動きで主導権を握る」ことに心を砕いた。 中学時代に熱心に取り組んだレスリングの「飛行機投げ」を思い浮かべ、相撲の「居反り」を得意技にしたそうです。 教育学部所属で教師を目指しながら、「自分から相撲を取ったら他には何も残らない。 これ1本でいきたい」とプロ入りを決意したという。 憧れの遠藤も教師の勉強をし、結果、相撲を目指すことになったと聞いています。 智乃花も高校教師でしたし、角界では結構、教員を目指していた人もいるのですね。 バック宙ができる力士、宇良和輝! 宇良和輝は居反り、足取りが得意で「相手の予測できない動き」がモットー。 107キロでバック宙ができる運動神経を持つ。 居反りは中学までやっていたレスリングの「飛行機投げ」が原型。 立ち合いでいきなりバックステップを踏むなど、取り口はフリースタイル。 木瀬親方(元幕内肥後ノ海)は「最初は、これ、相撲かな? と思った。 スタイルを変えず多くの相撲ファンに見てもらいたい」。 宇良和輝のキャッチフレーズには「アクロバット」と即答した。 スポンサードリンク 過去の小柄な力士「技のデパート力士」 智乃花関 身長175cm 体重115kg 身長170cm 体重97kg 身長が当時169cmで日本相撲協会の新弟子検査基準に達しなかったため、目溢しを期待して当時角界のNo. 2であった9代出羽海が師匠を務める出羽海部屋を選び、1度不合格を経験した後、手術でシリコーンを頭に埋め身長を高くして合格を掴んだ。 多彩な技で大型力士を倒すその取り口から「技のデパート」、「平成の牛若丸」という異名を得て人気力士となる。 「猫騙し」の活用に始まり、「後退する立合い」、「くるくる舞の海」と言われた目回し作戦、1991年11月場所の曙戦でみせた「三所攻め」、1992年1月場所の貴闘力戦でみせた「居反り・襷反り」 大相撲の宇良和輝の成績と番付は?三段目から幕下へ昇進! 着実に番付を上げてきてますよね。 夏場所の優勝では 大一番は4日目の大輝戦だった。 同期で元学生横綱の強豪を上手投げで撃破。 「大輝君に勝ったことで負けられない気持ちが芽生えた。 相手にも失礼になるから」。 と闘志がいっそう増したそうです。 7番の相撲を振り返り、「まだ自分は相手に合わせる相撲しか取れず、攻撃的でもない」、稽古場では積極的な押し相撲を磨いており。 「番付を上げたら、前に出る相撲をとりたい」ともコメント。 相手の懐に潜り込み、後方に反って倒す居反りはまだ本場所の土俵で決めていない。 「居反れ!」という声が客席から飛ぶこともあるが、宇良和輝は「出す場面にならないと出ないので、いつか出るまで見守って頂ければ」と語っていました。 夏場所の午前中に行われる序ノ口の取組では、「宇良和輝」目当てのファンの姿も見られ、その人気がうかがえます。 名古屋場所では 大相撲名古屋場所は愛知県体育館で千秋楽を迎え、宇良和輝は序二段優勝決定戦で東36枚目・大輝(八角部屋)に押し倒され、夏場所の序ノ口に続く、連続優勝はならなかった。 立ち合いはもぐり込むように足を狙った。 いったん離れ、再び頭を付け合う体勢から押し込まれた。 土俵際でしゃがみ込むように粘ったが、最後は土俵下まで吹っ飛ばされた。 「立ち合いはもともと低いですから。 圧力に負けないよう(心がけた)」。 決定戦で初黒星がついて優勝は逃しましたが、記録として残る本割の連勝はまだ途切れていない状態。 「もともと(連勝を)狙っているわけではありません。 そこまで(こだわりはない)。 来場所も全力で頑張ります」とコメント。 秋場所では 大相撲秋場所6日目。 宇良が、今年の夏場所の序ノ口デビュー以来負けなしだった本割で初黒星を喫した。 連勝が16で止まり「まあ、そういうこともありますよね」とつぶやいた。 体の大きい相手に左四つがっぷりに組まれた。 いつもの速い動きが止まり、寄りに後退して背中から土俵外に落ちた。 「これで切り替えて挑める」と宇良もほっとした感じであった。 若い日本人の力士が活躍してもらえると本当にうれしいですね。 これからの活躍を見守っていきたいと思います。 スポンサードリンク 関連記事はこちら None Found•

次の