ジャガイモ 水やり。 ジャガイモの育て方(栽培)!収穫時期や種類など9つのポイント!

じゃがいもの収穫目安|早いと小さい!梅雨は腐るのですぐ食べる?じゃがいもの収穫目安|早いと小さい!梅雨は腐るのですぐ食べる?

ジャガイモ 水やり

ここでは春の植え付けを前提に、ジャガイモ作りで失敗しないためのポイントを家庭菜園の流れに合わせてご紹介します。 事前準備のポイントと注意点 プランター プランターを使用する場合は、深さ30cm以上の深型プランターを用意しましょう。 横幅が30~40cmで1株、80cm程度で2株植えられます。 土は市販の野菜用培養土が使用できます。 培養土の袋 プランターを置くスペースがないという方は、収穫量は少なくなりますが、培養土の袋で育てることもできます。 袋の底に排水用の穴をいくつか開けるのを忘れないようにします。 畑 通常は石灰を入れて土の酸度調整をしますが、ジャガイモは酸性の土が好きな野菜なので、ジャガイモを育てる土には石灰を入れないようにします。 植え付けの1週間以上前までに1㎡あたり完熟堆肥2~3kgと成分8-8-8程度の化成肥料や有機配合肥料を100gほど施してよく耕しておきます。 種イモを購入します 種イモは12月下旬ごろから販売が始まりますが、冬は寒さで種イモが腐ってしまうことも多く、初心者は暖かくなる3月以降に購入して始めるのが安心。 種イモは、ホームセンターや園芸専門店などで4月中旬くらいまで購入が可能です。 初心者におすすめの品種 ジャガイモには「男爵薯(だんしゃくいも)」、「メークイン」、「キタアカリ」、「インカのめざめ」などさまざまな品種がありますが、品種による育てやすさにはそれほど差がないので、料理での使いやすさや食感の好みなどで、好きな品種を選んで大丈夫です。 種イモの選び方 農林水産省の検査機関の検査に合格し、品質がきちんと保証されているのが種イモです。 スーパーなどで売られているジャガイモではなく、合格証の付いた種イモを購入するようにしましょう。 より初心者が失敗しないための選び方のポイントは、切らずにそのまま植えられるくらい小さな種イモを選ぶこと。 目安としては、1kg20個程度入っているものがおすすめです。 芽出しをします(浴光育芽) 植え付けの2~3週間前から、種イモの芽出しをします。 毎日朝から夕方くらいまで、日なたに種イモを並べ、太陽光に当てます。 夜は寒いため家に取り込みます。 これを2週間くらい行っていると種イモから芽が出てきます。 緑や赤、紫色の硬い芽が出てくればOKです。 芽出しは必ずしも行う必要はありませんが、芽出しをすると種イモをそのまま植え付けたときよりも発芽がそろって、その後の生育がよくなります。 種イモを切ります 1個が30~50g程度の種イモは切らずにそのまま植え付けますが、約50g以上の大きい種イモは、芽出し後、大きさに応じて切ります。 切り方は、1片が平均40g程度になるように、芽が出ている場所を残して縦に切ります。 切った種イモは切り口から腐るのを防ぐため、切り口に「草木灰」や「ハイフレッシュ」などを付けてから、直射日光で1日天日干しして乾かします。 長時間乾かすとしなびてしまうので注意しましょう。 種イモを植え付けます 種イモを水はけのよい場所に植え付けます。 幅60~70cmで深さ10cmくらいの植え溝を掘り、30cm間隔で植え付けます。 植え付ける場所が深すぎると芽が出にくくなるので、土が5cm上にのるくらいが目安です。 芽かきをします ジャガイモから出てきた芽が5cm程度に伸びたら、硬くてよい芽を数本残して残りは引き抜きます。 通常は2~3本残すのがよいといわれていますが、残す本数は好みで大丈夫です。 種イモが動かないようしっかり押さえ、土の下の方で芽を切るようにしましょう。 1回目の土寄せと追肥をします 暖かくなるとテントウムシダマシなど、害虫が出始めるので防除します。 害虫は見つけたら捕殺が基本ですが、直接捕まえるのに抵抗がある方は天然成分を使用した殺虫剤などを散布してください。 薬剤を使う前の防除法としては、葉裏や株元の落ち葉の下など、細かく株を毎日観察し、卵や群生する幼虫を見つけたらすぐに捕殺することです。 病気で気を付けたいのは「そうか病」と「疫病」です。 そうか病 ジャガイモに出やすい病気です。 そうか病にかかるとイモの表面にかさぶたのような病斑ができます。 健全な種イモを選び、連作を避け、未熟な堆肥を使わないこと、アルカリ性の資材を控えると防ぎやすくなります。 一度病気になったら防除できませんが、皮を厚くむけば食べることができます。 疫病 葉が黒くなります。 疫病になっても収穫でき、状態がよければ食べることも可能ですが、雨などで病原菌が土壌に残ると腐ります。 2回目の土寄せと追肥をします 草丈が30cmほどに成長したら、2回目の土寄せと追肥をします。 1回目同様、土に追肥を混ぜた後で土寄せをしましょう。 ジャガイモが大きくなってくると土から出てしまうことがあります。 太陽光に当たると緑色になり有害物質であるソラニンの含有量が増えるため、土から出たジャガイモは土寄せをして埋めるようにしましょう。 緑色になったジャガイモはソラニンを多く含むため、食中毒を起こすので食べないようにしてください。 花が咲いたら取ります 花が咲くと種ができ、トマトのような実がなります。 大きな影響はありませんが、ジャガイモの成長に必要な栄養分が実の方に取られてしまうので、できれば花は取り除くようにしましょう。 収穫します 一般的には6月中旬ごろが春植えジャガイモの収穫時期ですが、品種や地域、天候により収穫時期が変わってきます。 葉の7~8割が黄色くなって枯れてきたころを収穫目安としてください。 ジャガイモは雨天や雨上がりに収穫すると腐りやすいので、晴天が続いて土が乾いているときに掘り上げます。 掘ったジャガイモは風通しのよい日陰で土がさらっと落ちるまで乾かし、早めに取り込みます。 長時間日に当てると水分が飛んでシワシワになったり、ソラニンの含有量が増えたりするので注意しましょう(ソラニンは早く収穫しすぎても残るので注意が必要です)。 収穫後は、すぐに食べるか、貯蔵する場合は風通しのいい冷暗所に保管します。 また、収穫したジャガイモを種イモにすると病気が発生しやすいので、種イモとして使わないようにしてください。 家庭料理には欠かせないジャガイモ.

次の

初心者向け!ジャガイモの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

ジャガイモ 水やり

も凄かったけど、 じゃがいもの生命力も凄いよね! じゃがいもの収穫が早いと小さい? じゃがいもの 収穫が早いと小さいです。 ちまってしていて、かわいいのですが、 実はこれ 食べると食中毒を起こす可能性 があるそうです。 ジャガイモの芽(芽とその芽の根元)や、皮(特に光が当たって緑色になった部分)には、 天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれているので、これらの部分を十分取り除くことが大切です。 また、家庭菜園などで作られた 未熟で小さいジャガイモは、ソラニンやチャコニンを多く含んでいることもあるので、注意が必要です。 参考: 我が家は、2株ほどプランターから収穫 してから、 知らずに食べてしまいました。 お腹壊すかなと思ったのですが、 運よく大丈夫でした。 なので、 基本的には十分に大きくなった ジャガイモを収穫するようにしましょう。 じゃがいもの収穫が梅雨時期だと腐る? じゃがいもの収穫が梅雨時期だと、 雨が多く、 晴れるのを待てずに収穫 すると腐る可能性があります。 というのも、 採れたてのじゃがいもは 皮が柔らかく傷つきやすいです。 スーパーに並んでいる市販のじゃがいも みたいに傷がつきにくくなっていないのです。 そのため、 晴れた日に収穫して、 太陽にしっかり当てて乾燥させる ことで皮を傷つきにくくすることが 大切です。 乾燥させるとじゃがいもの保存も 効くようになります。 ちなみに、保存するときは 新聞紙を引いたダンボール の中に入れて、 暗くて涼しい場所に保管します。 じゃがいもの収穫後はすぐに食べる? とはいえ、 収穫後はすぐに 食べておいたほうが腐る 心配をしなくてよいです。 なので、その日の食べるって ときに合わせて収穫すれば 雨でも問題ないですね。 我が家は雨でも晴れでも どっちでも収穫しましたが、 その日に食べてしまいました。

次の

じゃがいもの収穫目安|早いと小さい!梅雨は腐るのですぐ食べる?じゃがいもの収穫目安|早いと小さい!梅雨は腐るのですぐ食べる?

ジャガイモ 水やり

そのため、乾燥には強いですが、湿気の高い状態は好みません。 また、冷涼な気候を好む傾向があるため、 高温多湿の環境下では、土の中のイモが腐ることがあります。 まずは水はけの良い土を使うことが大切ですが、 植え付け後の水管理もとても大切です。 地植えで育てる場合とプランターなどの容器で育てる場合の、 水の与え方を覚えておきましょう。 ジャガイモ畑は、やや乾燥気味に栽培します ・地植えの場合 ジャガイモはもともと土が乾燥しやすい環境で育っていたため、 頻繁に水やりをする必要はありません。 特に地植えで育てる場合は、雨が当たることも多いはずです。 植え付け前か後に、発芽までの水分を保つため、水を与えることは多いですが、 発芽以降は水やりをあまり必要としません。 雨が頻繁に降るようであれば、水やりはしなくて構いません。 長期間、雨が降らず、晴天の日が続いて土が乾いてしまっている場合のみ、 水を与えるようにすると、過湿にならずに済みます。 黒マルチなどを使って、マルチ栽培をしている場合は、 マルチのおかげで乾燥しにくくなっています。 そのため、マルチなしでの栽培に比べ、さらに水やりの頻度は下がります。 ただ、一度乾燥しきってしまった後は、 水が入り込みにくくなるため、水不足となる場合があります。 特に植え付け時は、上から水をかけても染み込みにくいので、 マルチをかぶせる前に、畝全体を水で湿らせると、過乾燥を防げます。 標準プランターで、こんなにできました!(デジマの秋作) ・プランターの場合 プランターや鉢などを使った容器栽培の場合、 地植えよりも土の量が少ないため、乾きやすくなります。 さらにベランダなど、雨の当たらない場所で栽培することもあり、 プランター栽培は、地植えの場合とは水管理が異なります。 基本的には、土が乾いたら水を与えるようにします。 野菜などの植物を育てる時の水やりの頻度に関して、 「毎日」や「何日に1回」など耳にしますが、本来は違います。 育てる環境などは、それぞれで異なります。 雨の当たる場所と当たらない場所では、水やりの頻度は違ってくるのです。 土の状態もチェックせず、毎日無心に水を与えていると、 過湿になってしまい、丈夫なジャガイモも調子を崩します。 できれば、土の中まで乾燥しているかを確認してから、水を与えるようにします。 実際に軽く掘って、乾燥具合を確かめてみると、よくわかります。 水を与える時は、必ず容器の底から水が染み出てくるまで、たっぷりと与えます。 土がしっかりと乾燥してから水を与えるので、 表面だけを湿らせるような水のやり方では、良くありません。 土の中心まで乾燥するのを待ち、水やりは土全体が湿るように与えます。 乾湿の差を出すことで根が活発に育ち、しっかりとしたジャガイモに育ちます。 一般的には、 春ジャガイモが主流です。 というのも、秋ジャガイモは暖地向きの作型だからです。 同じジャガイモ栽培でも、栽培する季節が違うと、水管理の注意点も違ってきます。 ・春ジャガイモの場合 春は降雨が意外と多いため、水をほとんど与えなくても済む場合が多いです。 涼しい時期でもあるため、土が乾きにくい場合も多いです。 けれど、だんだんと暖かくなるにつれ、ジャガイモも大きく生長してきます。 春は意外と空気が乾燥していることもあるので、 こういった時に晴れの日が続くと、急激に土が乾いてくることがあります。 春だからと過信せず、土の状態はこまめに見ておくようにしましょう。 ・秋ジャガイモの場合 秋のジャガイモ栽培が、春のジャガイモ栽培に比べて難易度が高いといわれるのは、 蒸れによってタネイモが腐ることが多いためです。 ジャガイモは冷涼な気候を好むため、 春のように肌寒い~暖かいくらいの気候であれば、良く育ちます。 ところが、秋ジャガイモの場合は、まだ残暑の時期にタネイモを植え付けるため、 水の管理を間違えると、土の中で蒸れて腐ってしまうことがあるのです。 春ジャガイモなら、多少の過湿になっても、 涼しい気候のために耐えられることもありますが、 秋ジャガイモは過湿になると、そのままタネイモが傷んでしまい、 収穫どころか芽も出ずに終わることもあります。 残暑を過ぎれば、だんだんと涼しくなって、 ジャガイモが育ちやすい気候となるので、 タネイモを植え付けて涼しくなるまでは、細心に管理するようにします。

次の