ブラッド ハウンド 使い方。 【APEX LEGENDS】ブラッドハウンドの使い方【キャラクター紹介】|This

【Apex】ブラッドハウンドの使い方と解説

ブラッド ハウンド 使い方

ブラッドハウンドは、Apex Legends(エーペックスレジェンズ)のシーズン1に登場した初期キャラクター(レジェンド)であり、エーペックス初心者から上級者まで幅広いプレイヤーに使われている人気のキャラです。 ここでは、ブラッドハウンドの立ち回りのコツや能力・スキルの使い方、ブラッドハウンドにおすすめの武器やアイテムをまとめて解説しています。 ブラッドハウンドの基本情報• 名前:ブラッドハウンド• 本名:不明• 年齢:不明• 帰るべき世界:不明• パッシブアビリティ:トラッカー• 戦術アビリティ:全能の目• アルティメットアビリティ:ハンティングビースト• 役割:サポート・索敵• ヒットボックス:中• 登場:Year1(初期レジェンド) ブラッドハウンドの能力・スキル ブラッドハウンド のパッシブアビリティ・戦術アビリティ・アルティメットアビリティ(ウルト)について、それぞれの能力と使い方のコツをまとめて紹介します。 パッシブアビリティ:トラッカー ブラッドハウンドのパッシブアビリティのトラッカーは、敵の行動の痕跡を視認することができる能力です。 また、痕跡はブラッドハウンドのみ視認できますが味方に通知することができるため、チームに貢献しやすい能力です。 戦術アビリティ:全能の目 ブラッドハウンドの戦術アビリティの全能の目は、敵の位置や人数・敵の置いた罠などを短時間視認することができる能力です。 全能の目で探知したものはブラッドハウンドだけでなく味方全員が視認することができるため、探知系の能力として非常に強力です。 ただし、 ブラッドハウンドの全能の目で探知されたことが敵にも伝わってしまう・ブラッドハウンドの位置が大まかに分かってしまうため、乱戦時に使いすぎると味方が不利になってしまうことがある点に注意しましょう。 アルティメットアビリティ(ウルト):ハンティングビースト ブラッドハウンドのアルティメットアビリティ(ウルト)のハンティングビーストは、敵の姿をサーモグラフィー的に分かりやすく視認することができる能力です。 全能の目とは違ってブラッドハウンド本人のみ敵を視認することができます。 また、 ハンティングビースト中は自身のスピードもアップするため、自身の攻撃力と機動力を高めて敵を一気に殲滅することが可能です。 ブラッドハウンドの使い方・立ち回りのコツ ブラッドハウンドの使い方や立ち回りのコツをまとめて紹介します。 全能の目は基本的にどんどん使う ブラッドハウンドの戦術アビリティの全能の目は、 リチャージ時間が短く高頻度で使うことができる能力であるため、チャージされたらどんどん使って索敵するようにしてください。 特に、 ジャンプ直後は近くの敵の位置やチーム数が不明確であることが多いため、全能の目を使って索敵を行う立ち回りが非常に重要です。 Apex Legends(エーペックスレジェンズ)では、先に相手を見つけることができたチームが勝利するケースがほとんどであるため、全能の目は味方にとって強力な武器です。 斥候兵として索敵を担当する ブラッドハウンドは、斥候兵としての索敵能力が高いキャラ(レジェンド)であるため、 新しいエリアに移動する際などに最前線に立って索敵を行う立ち回りが重要です。 戦術アビリティの全能の目を使ってスピーディーに索敵をして味方の進行をサポートしましょう。 突っ込み過ぎないように注意 ブラッドハウンドは索敵能力が高いキャラであるため、つい 単独行動をしたり味方との距離が離れすぎてしまったりという立ち回りをしてしまいがちです。 気付いたら自分が敵に囲まれていた・味方がピンチだったということが無いように、進行スピードと味方との距離感には注意して立ち回りましょう。 また、 ブラッドハウンドの逃走能力は平凡であることも覚えておきましょう。 ハンティングビーストはお早めに ブラッドハウンドのウルトのハンティングビーストは、近距離戦において非常に強力な能力であり先に敵をダウンさせることが重要な役割であるため、早め早めの発動を意識すると効果的に使いこなすことができます。 ブラッドハウンドにおすすめの武器 ブラッドハウンドにおすすめの武器を初心者向け・上級者向けに分けて紹介します。 初心者におすすめの武器 エーペックス初心者の方がブラッドハウンドを使う際におすすめの武器をまとめて紹介します。 RE45 RE45は近距離戦に強くリロード速度が非常に早いハンドガンであるため、ブラッドハウンドの立ち回りと相性が良い武器です。 メインウェポンとして使うにはやや攻撃力に欠けますが、サブウェポンとしては非常に使いやすい武器です。 R99 R99は近距離戦向きのサブマシンガンであるため、ブラッドハウンドの立ち回りと相性が良い武器です。 ただし、拡張マガジン等のアタッチメントを装着しないと使いづらい武器である点に注意が必要です。 EVA8 EVA8は近距離戦に強く機動力の高いショットガンであるため、ブラッドハウンドの立ち回りと相性が良い武器です。 腰だめ撃ちの精度も高いため、高速で立ち回りながら敵にダメージを与えることができます。 上級者におすすめの武器 エーペックス上級者の方やブラッドハウンドを使い慣れている方がブラッドハウンドを使う際におすすめの武器をまとめて紹介します。 ウイングマン ウイングマンは、単発のダメージが非常に大きいハンドガンであり、近〜遠距離の広いレンジに対応できる武器です。 ブラッドハウンドは近距離戦主体のキャラですが、遠距離戦も対応できるようにしたいという場合はウイングマンをおすすめします。 高度なエイム力が求められる武器であるため上級者向けです。 ピースキーパー ピースキーパーは近距離戦最強のショットガンであるため、ブラッドハウンドの立ち回りと相性が良い武器です。 単発のダメージが非常に高いものの連射速度が遅いため、正確なエイム力と立ち回りが求められる上級者向きのショットガンです。 また、シーズン5からピースキーパーは金武器になったため実際に装備できる可能性は高くありませんが、ピースキーパーを見つけたらブラッドハウンドに装備させることをおすすめします。 ブラッドハウンドにおすすめのアイテム ブラッドハウンドが積極的に拾っておきたいおすすめのアイテムをまとめて紹介します。 シールドセル・バッテリー ブラッドハウンドは前衛を担当することが多く敵の攻撃を受ける可能性が高いため、シールドセルやシールドバッテリーを多めに持っておくことをおすすめします。 特に使用時間の短いシールドセルが重要であるため、バックパックに余裕があれば最低8つは持っておきたいところです。 アークスター アークスターは敵のボディシールドに対してダメージが大きいため、先に投げておくことでボディシールドを削った状態で交戦開始することができます。 特に、ブラッドハウンドの立ち回りとアークスターの相性が良いため、見つけたら拾っておきましょう。 --- 以上、Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の人気キャラクター・ブラッドハウンドの使い方・立ち回り・能力のコツとブラッドハウンドにおすすめの武器・アイテムのまとめでした!ご拝読いただきありがとうございました。 [Apex攻略・レジェンド攻略] 一緒に読みたい記事 Pekotaro06.

次の

【Apex Legends】ブラッドハウンドの能力や立ち回り【エーペックス レジェンズ】

ブラッド ハウンド 使い方

ブラッドハウンドの生い立ち 「諦めるな。 そうすれば勝てる」 ブラッドハウンドは、フロンティア史上最高の狩人のひとりとしてアウトランズ中で知られているが、それ以上のことを知る者はいない。 正体は謎に包まれており、囁かれるおぼろげな人物像は噂の域を出ない。 大金持ち、血に飢えた殺りく者、ゴリアテ使い、元奴隷、コウモリ人間など、語り手によってその姿は変わっていく。 唯一確かなことは、ブラッドハウンドはApexゲームにおいて一目置かれるべき参加者であることだ。 類いまれな追跡能力を駆使することで、隠れる対戦相手を嗅ぎ出し、敵の動きを追うことができる存在として、どのチームにおいても重宝される。 地球の古代スカンジナビアの神々の天恵に従うブラッドハウンドは、運命を死へと続く変えることのできない道であると信じている。 そして、その諦念は彼女の力となっている。 なぜなら、最期の時が訪れるまでは、誰にも自分を止められないことを知っているからだ。 引用 ブラッドハウンドは、本名や年齢が不明な謎多きキャラクターです。 APEXゲーム内設定では、謎多きものの注目を集める人物で、持ち前の追跡能力を生かしたハンターとしての資質はチームメンバーに重宝されるものとなっています。 そしてこのキャラクターには、宗教的な一面もあり、神々の天恵に従い戦い続けているという話です。 ちなみに、このキャラクターは女性のようですね。 (最初男性キャラだと思ってました。 ) ブラッドハウンドの能力 戦術アビリティ:全能の目 周囲にオレンジ色のレーダーを展開し、敵の位置を可視表示できます。 壁やオブジェクトに隠れた敵も透視して表示できるので、籠城されたときにも対処しやすくなります。 能力を使用すると、敵側にも自分の居場所がばれやすくなっているので、周囲の状況に注意が必要です。 パッシブアビリティ:トラッカー 敵の足跡を発見し、追跡することができる能力です。 敵がどこに向かって移動しているかがすぐにわかるため、敵を追跡したい時に便利な能力です。 アルティメットアビリティ:ハンティングビースト 雄たけびをあげた後、移動速度の向上や敵の可視化が付与された状態になります。 籠城した敵を一気に追い詰めたり、バンガロールのスモーク等に隠れた敵を一方的に攻撃することができます。 能力使用時の雄たけびをあげているときは、若干隙ができるので、安全を確保したタイミングで使用することをオススメします。 ブラッドハウンドの戦い方や立ち回り ブラッドハウンドは、敵の行方を追跡し位置を把握しつつ、相手の隙を見つけて一方的に叩く戦法ができます。 なるべく相手の接近し、相手が回復やシールド修復をしているタイミングを狙います。 「全能の目」や「ハンティングビースト」を使えば、ある程度場所は絞れると思います。 ただ注意としては、第三勢力が近くにいないことを確認して、周囲に気を配りながら戦いましょう。 ブラッドハウンドの能力は、隙が多い能力が多いので、狙った敵が倒せても漁夫の利が発生する場合があります。 ブラッドハウンドの評価 索敵能力と追跡能力は、他のキャラクターと比べてもトップクラスに優れているキャラクターです。 敵を仕留めきれずに、パーティ全滅の機会を逃してしまったり、相手が隠れて回復した後に反撃を食らうリスクが少なくなるため、安定した戦況を保ちやすいです。 しかし、能力を使う際の隙が弱点になることや、敵に囲まれた際の戦線離脱手段が無いことから攻められている状況になると、非常に弱くなってしまうキャラクターです。 常に有利な戦況を作れる味方と組み合わせて、パーティを組む必要があるでしょう。 まとめ 今回は、ブラッドハウンドの個別解説記事を書いてみました。 なかなか運用が難しいキャラクターなので、初心者には難しいキャラクターですね。 各キャラクターに振り分けられている個別能力を使わずとも、思い通りの戦闘がこなせるようになってから使い始めるくらいが丁度いいです。

次の

【Apex Legends】ブラッドハウンドの立ち回りと使い方【エーペックスレジェンズ】|ゲームエイト

ブラッド ハウンド 使い方

Contents• アビリティ パッシブ:トラッカー トラッカーは敵の痕跡を画面に表示するアビリティです。 痕跡は60秒以内のありとあらゆるものが視覚化でき、敵の足跡や敵が開けたサプライボックスや扉の開閉などが全部情報として表示されます。 痕跡情報はシグナルとして送信することができますが足跡の方向までは伝えられないのでVCを駆使するか足跡から ある程度場所を予想して敵のいる地点にシグナルを立てましょう。 戦術アビリティ:全能の目 全能の目は前方を壁越しにスキャンし一瞬だけ敵の姿を映し出すスキルです。 ステルスすることの多いバトロワゲーにおいてこんなスキル強力すぎるので結構乱用したくなるのですが このスキルめっちゃ目立ちます。 エフェクトが壁をぬいてでてくるので逆に敵に場所がバレてしまうので乱用は NGです。 ほぼ腐るアビリティではありますがあえて使うなら バンガのスモークに対して使うか自分の位置バレよりも相手の位置を知る方が有効なときにのみ使いましょう。 応用編として目立つことを利用し 囮になることもできますが連携が難しく、VC推奨です。 アルティメット:ハンティングビースト ハンティングビーストは時間限定で画面が白黒化、敵は赤いハイライトで表示されさらには速度も上昇する万能アビリティです。 特に敵を赤いハイライトで表示するのが非常に使いやすく、 風船ジャンプでの遠方索敵をして先手を打つことも可能です。 このことからこのultの使い道は 遠方や敵のいそうな場所の事前索敵や場所の割り出しから近接戦闘時の戦闘力強化など使い道は多岐に渡り非常に強力なものとなっています。 実はジップラインやよじ登り中にultを使うとモーションなしで発動できます。 かなり強力ですのでお試しください。 使いこなすポイント! とにかく敵の位置を見つける 「トラッカー」や 「ハンティングビースト」のハイライト表示などでとにかく敵を見つけ 先手を打ちましょう。 APEXは先手を取ると有利になるのでとにかく攻め込まれないようにしましょう! また、 「全能の目」はバンガのスモーク対策や近接戦闘以外では使わないよう 半分封印くらいの方が戦いやすいです。 対策 ブラッドハウンドの トラッカーは追いかけるときには有効なのですが向かって来られる場合は効果が発揮できません。 また、全能の目は使われたとしてもハウンドの位置がわかりやすくなるだけなので ハウンドの対策としては攻め込むことが有効です。 意外とガン攻めに弱いです。 ただし、うまいハウンドは囮として全能の目を使ってくる場合もあるので慎重に攻め込みましょう! ブラッドハウンド総評 ブラッドハウンドは癖も少なく、ヒットボックスも平均的なため近接戦闘や敵を追い詰める動き方をすると 非常に強力なレジェンドです。 慣れないうちは戦術アビリティは使わず敵の位置はトラッカーの痕跡で割り出すような動きにするといいと思います。 また、ultは溜まるスピードもなかなか早いので 温存せずどんどん使って行った方が良いです。 僕は接敵毎か敵がいそうな場所に向かう時すぐ発動しています。

次の