愛に出会い恋は続く 結婚式。 「科学的に証明された結婚・恋愛が長続きする8つの方法」について考えてみた!

【夢占い】結婚式の夢の意味は?式場・出席・自分・失敗・招待状など状況別に解説!

愛に出会い恋は続く 結婚式

3年しかもたない恋を乗り越えて、 夫婦が幸せに一生添い遂げるためにどうすれよいのか。 「恋は3年で冷める」、「愛は4年で終わる」!? 人類学者ヘレン・フィッシャー博士のベストセラー著書『愛はなぜ終わるのか』の中で、「愛は4年で終わる」と提唱されています。 博士は、いろいろな国を調査し、統計的に結婚して4年後に離婚する傾向が高いこと発表しました。 脳科学的データからすると、ドーパミン効果は3年で切れてしまいます。 そして、ドーパミンが切れたことによって、感情のままに押し流されてきた恋は終わりを告げます。 だから、結婚して4年目を迎えた頃に、自分の将来を真剣に考え始めるのです。 「結婚して4年目に離婚する夫婦が多い」というヘレン・フィッシャー博士の発表は、脳科学によって裏付けされます。 人間は2足歩行を始める約400万年前までの進化の過程で、他の乳類に比べて骨盤が小さくなりました。 骨盤が小さくなると、子宮・産道の大きさが制限され、他の哺乳類のように1人前になるまでお腹の中で育てることができなくなります。 そのため、赤ちゃんが自分で食事・排便等ができるようになるまで、手取り足とりつきっきりで育ててもらわないと生きていけなくなりました。 このように、母親が子どもにつきっきりになって保育しなければならなくなると、父親が妻子を保護し、食事を与えなければ妻子は生きていけません。 こうやって、子孫繁栄のために夫婦が協力して一心不乱に子育てをする期間が3年です。 さらに人間は、2足歩行をするようになって、脳が大きくなり、人間は先を予測する能力(想像力)と理性を発達させました。 この想像力によって、女性は出産・子育ての苦痛や苦労を予測し、男性は妻子を守り育てることで感じる重責を予測します。 さらに、子供を産み育てることで、男女ともに、生活の上での制約をされることも予測します。 その予測に対し、理性による判断によって、子孫繁栄を阻む決断をしかねません。 そこで脳内物質ドーパミンが、出産・子育ての期間3年の間、理性的判断を抑制して本能や感情を優先させます。 こうして、子孫繁栄という人間の一番大きな本能的行為を、ドーパミン効果による恋愛システムが守り抜いたのです。

次の

祝福される♡不倫からの略奪婚・略奪愛の5つの法則

愛に出会い恋は続く 結婚式

結婚を「ゴールイン」と言うけれど、実際は式を挙げたときがスタート。 別の人間がある日突然"家族"になるのだから困難はつきものだし、長い時間を共に過ごすうちに「この結婚は私にとって正しい選択だったのかしら…」と思うことも。 そんな疑問を持ったとしても何とか日々をやり過ごす夫婦が多い中、『(原題)』の著者である作家の ロビン・リナルディ(50歳)さんは夫婦関係を維持したまま"自由恋愛"を試みるという大胆な決断をしたんだそう。 彼女の 1年に渡る体験談をコスモポリタン イギリス版からお伝えします。 ロビンさんとスコット・マンスフィールドさんは結婚して 17年の夫婦。 長い結婚生活の後、 2人は 「結婚したまま、お互いが自由に交際する"オープン・マリッジ(自由結婚)"を試してみる」という決断をしたそうです。 1年間、お互いに誰と付き合っても、交際相手が何人いても、関係がセックスを伴うものであって OK。 自由に恋愛を楽しむという大胆な試みでした。 ロビンさんはサンフランシスコ在住。 ワイン醸造家である夫のスコットさんとの結婚生活は停滞していたと<>に語っています。 「週に 1度セックスする生活は悪くはなかった。 でも夫とのセックスに、沸き上がる情熱のようなものは感じられなくなっていました」。 しかしセックスがマンネリ化したことが、彼女にオープン・マリッジを決意させたのではありません。 彼女は子どもがほしいと願い、 30代前半にスコットさんを説得しようとしました。 しかし彼はどうしても子どもを欲しがらず、それがお互いの関係にヒビが入るきっかけとなったのです。 「私は生涯子どもを持つこともなく、これまでに付き合った男性も 4人だけ。 そんな状態でいつか老いて死んでいくなんて真っ平! 他の男性とも付き合って、 もう 1度恋愛を謳歌したかった」と、彼女は著書に書いています。 「中年に差しかかったときにこういった問題に直面すると、パートナーに隠れて浮気をし、そして離婚することがあります。 離婚することで人生が変わることはあるけれど、私は夫をだまして浮気をしたくなかったし、夫にも自由を与えたかったんです。 でもこれはうまくいくかどうか分からない大きな賭けでもありました」と、当時の心境を語るロビンさん。 6年前、話し合いの末オープン・マリッジを試みることを決めた時、ロビンさんはスコットさんと暮らしていた家の近くにアパートを借り、月曜から金曜まではそこで生活することに。 その家に男性を招きいれるのは彼女の自由ですが、週末はスコットさんの元に帰り、"円満な夫婦"として過ごしていました。 お互いの平日の生活や恋愛について尋ねることはなかったそうです。 「想像したほど違和感のある生活ではありませんでした。 新しい暮らしを私はすぐに気にいり、平日と週末の生活のバランスもちょうどいいと感じていました。 夫ともこれまでと同じように 週 1ペースでセックスし、でもオープン・マリッジの刺激も楽しむ。 そんな風にうまくやっていたんです」 Getty Images 新しい生活を始めると、 2人はいくつか守るべきルールがあることに気づきました。 さて、オープン・マリッジをスタートさせたロビンさんは、まずセックス情報サイト< nerve. com>のデート欄にこんな投稿をしました。 「現在オープン・マリッジ中の 44歳、知性と魅力を備えたキャリアウーマンです。 35~ 50歳のシングル男性との出会いを求めています。 刺激的な経験をシェアできる方、連絡待っています」 すると 1日で 23人もの男性からコンタクトが来たのだとか。 彼女の最初の"愛人"は 40歳の弁護士でしたが、すぐに若い恋人に乗りかえ。 ラスベガスのホテルで 23歳の男性とのセックスを楽しみ、その直後に夫のスコットにメッセージを送る…という、セックスとアバンチュールに富んだ日々を送っていました。 オープン・マリッジを経験してしまった私は、性の扉を開けてしまったのです。 2人の女性とのセックス、そしてスリーサム( 3人でのセックス)も含め、 1年間で合計 12人と関係を持ったロビンさん。 約束の 1年が終わったとき、元の結婚生活に戻ることの難しさを感じました。 「元の家、元の生活に戻ることは想像以上に大変でした。 オープン・マリッジを経験してしまった私は、性の扉を開けてしまったのです。 たった 1人としかセックスできない閉ざされた世界に戻るのは苦しかった。 そして 私自身が大きく変わってしまったことを、改めて自覚しました。 大胆で成熟した、大人の女性であることに気づいたんです」 その思いは、夫のスコットさんも同じでした。 オープン・マリッジを試した1年間の内、約半年を年下の女性と過ごし、 1年前とは違う男性になっていました。 元の生活に戻った 2人に一石を投じる出来事が起こったのは、オープン・マリッジ終了から約数カ月後のことでした。 ロビンさんが関係を持った男性の 1人だったアーデンさんからメールが来たのです。 アーデンさんに再会するとすぐにまた関係を持ち、そして彼に夢中になりました。 彼と過ごす時間を特別なものと感じるようになったロビンさんは、 もう引き返すことは不可能だと悟ったそうです。 「スコットとの結婚生活が満たされていた時期もあったし、彼には本当に感謝してる。 でも私のように感情で動く人間は、先に進むしかないのよ」 ロビンさんとスコットさんは結婚生活に終止符を打ちました。 その後、現在に至るまでロビンさんはアーデンさんと交際しています(自由恋愛ではなく、 1人の人と真剣に交際するモノガミー的恋愛で)。 スコットさんも新しいパートナーを見つけたそう。 そしてロビンさんに「この経験を本にしたほうがいい。 僕たちだけの経験談ということではなくて、たくさんの人たちの結婚生活にも通じる本をね」と背中を押してくれたとのこと。 彼女は< >の取材に対し「このオープン・マリッジ経験は誰にでもすすめられるものではないわ。 もし 結婚生活を維持したいのであれば、やらないほうがいい」と答えています。 「情熱にはいろんな形があり、またその想いが溢れだす形態も人それぞれです。 私はかつて『母になりたい』という熱い想いがありました。 でもたくさんの恋人と関係を持った経験を通して、情熱はさまざまなところに見いだせるものなのだと知ったんです。 女性同士の友情や、クリエイティブな活動にも情熱の糸口はあるものです。 また、情熱は自分の内側から出てくるものであって、パートナーからもらうものではないことも大切なポイントです」 現在、アーデンさんと幸せに暮らしているロビンさんですが、今の幸せが永遠に続くとは思っていないと語ります。 「すべてのことは、人生の過程でしかないの。 先のことなんて誰にも分からない。 Translation:.

次の

恋・愛・都・市〜恋がしたい〜

愛に出会い恋は続く 結婚式

結婚を「ゴールイン」と言うけれど、実際は式を挙げたときがスタート。 別の人間がある日突然"家族"になるのだから困難はつきものだし、長い時間を共に過ごすうちに「この結婚は私にとって正しい選択だったのかしら…」と思うことも。 そんな疑問を持ったとしても何とか日々をやり過ごす夫婦が多い中、『(原題)』の著者である作家の ロビン・リナルディ(50歳)さんは夫婦関係を維持したまま"自由恋愛"を試みるという大胆な決断をしたんだそう。 彼女の 1年に渡る体験談をコスモポリタン イギリス版からお伝えします。 ロビンさんとスコット・マンスフィールドさんは結婚して 17年の夫婦。 長い結婚生活の後、 2人は 「結婚したまま、お互いが自由に交際する"オープン・マリッジ(自由結婚)"を試してみる」という決断をしたそうです。 1年間、お互いに誰と付き合っても、交際相手が何人いても、関係がセックスを伴うものであって OK。 自由に恋愛を楽しむという大胆な試みでした。 ロビンさんはサンフランシスコ在住。 ワイン醸造家である夫のスコットさんとの結婚生活は停滞していたと<>に語っています。 「週に 1度セックスする生活は悪くはなかった。 でも夫とのセックスに、沸き上がる情熱のようなものは感じられなくなっていました」。 しかしセックスがマンネリ化したことが、彼女にオープン・マリッジを決意させたのではありません。 彼女は子どもがほしいと願い、 30代前半にスコットさんを説得しようとしました。 しかし彼はどうしても子どもを欲しがらず、それがお互いの関係にヒビが入るきっかけとなったのです。 「私は生涯子どもを持つこともなく、これまでに付き合った男性も 4人だけ。 そんな状態でいつか老いて死んでいくなんて真っ平! 他の男性とも付き合って、 もう 1度恋愛を謳歌したかった」と、彼女は著書に書いています。 「中年に差しかかったときにこういった問題に直面すると、パートナーに隠れて浮気をし、そして離婚することがあります。 離婚することで人生が変わることはあるけれど、私は夫をだまして浮気をしたくなかったし、夫にも自由を与えたかったんです。 でもこれはうまくいくかどうか分からない大きな賭けでもありました」と、当時の心境を語るロビンさん。 6年前、話し合いの末オープン・マリッジを試みることを決めた時、ロビンさんはスコットさんと暮らしていた家の近くにアパートを借り、月曜から金曜まではそこで生活することに。 その家に男性を招きいれるのは彼女の自由ですが、週末はスコットさんの元に帰り、"円満な夫婦"として過ごしていました。 お互いの平日の生活や恋愛について尋ねることはなかったそうです。 「想像したほど違和感のある生活ではありませんでした。 新しい暮らしを私はすぐに気にいり、平日と週末の生活のバランスもちょうどいいと感じていました。 夫ともこれまでと同じように 週 1ペースでセックスし、でもオープン・マリッジの刺激も楽しむ。 そんな風にうまくやっていたんです」 Getty Images 新しい生活を始めると、 2人はいくつか守るべきルールがあることに気づきました。 さて、オープン・マリッジをスタートさせたロビンさんは、まずセックス情報サイト< nerve. com>のデート欄にこんな投稿をしました。 「現在オープン・マリッジ中の 44歳、知性と魅力を備えたキャリアウーマンです。 35~ 50歳のシングル男性との出会いを求めています。 刺激的な経験をシェアできる方、連絡待っています」 すると 1日で 23人もの男性からコンタクトが来たのだとか。 彼女の最初の"愛人"は 40歳の弁護士でしたが、すぐに若い恋人に乗りかえ。 ラスベガスのホテルで 23歳の男性とのセックスを楽しみ、その直後に夫のスコットにメッセージを送る…という、セックスとアバンチュールに富んだ日々を送っていました。 オープン・マリッジを経験してしまった私は、性の扉を開けてしまったのです。 2人の女性とのセックス、そしてスリーサム( 3人でのセックス)も含め、 1年間で合計 12人と関係を持ったロビンさん。 約束の 1年が終わったとき、元の結婚生活に戻ることの難しさを感じました。 「元の家、元の生活に戻ることは想像以上に大変でした。 オープン・マリッジを経験してしまった私は、性の扉を開けてしまったのです。 たった 1人としかセックスできない閉ざされた世界に戻るのは苦しかった。 そして 私自身が大きく変わってしまったことを、改めて自覚しました。 大胆で成熟した、大人の女性であることに気づいたんです」 その思いは、夫のスコットさんも同じでした。 オープン・マリッジを試した1年間の内、約半年を年下の女性と過ごし、 1年前とは違う男性になっていました。 元の生活に戻った 2人に一石を投じる出来事が起こったのは、オープン・マリッジ終了から約数カ月後のことでした。 ロビンさんが関係を持った男性の 1人だったアーデンさんからメールが来たのです。 アーデンさんに再会するとすぐにまた関係を持ち、そして彼に夢中になりました。 彼と過ごす時間を特別なものと感じるようになったロビンさんは、 もう引き返すことは不可能だと悟ったそうです。 「スコットとの結婚生活が満たされていた時期もあったし、彼には本当に感謝してる。 でも私のように感情で動く人間は、先に進むしかないのよ」 ロビンさんとスコットさんは結婚生活に終止符を打ちました。 その後、現在に至るまでロビンさんはアーデンさんと交際しています(自由恋愛ではなく、 1人の人と真剣に交際するモノガミー的恋愛で)。 スコットさんも新しいパートナーを見つけたそう。 そしてロビンさんに「この経験を本にしたほうがいい。 僕たちだけの経験談ということではなくて、たくさんの人たちの結婚生活にも通じる本をね」と背中を押してくれたとのこと。 彼女は< >の取材に対し「このオープン・マリッジ経験は誰にでもすすめられるものではないわ。 もし 結婚生活を維持したいのであれば、やらないほうがいい」と答えています。 「情熱にはいろんな形があり、またその想いが溢れだす形態も人それぞれです。 私はかつて『母になりたい』という熱い想いがありました。 でもたくさんの恋人と関係を持った経験を通して、情熱はさまざまなところに見いだせるものなのだと知ったんです。 女性同士の友情や、クリエイティブな活動にも情熱の糸口はあるものです。 また、情熱は自分の内側から出てくるものであって、パートナーからもらうものではないことも大切なポイントです」 現在、アーデンさんと幸せに暮らしているロビンさんですが、今の幸せが永遠に続くとは思っていないと語ります。 「すべてのことは、人生の過程でしかないの。 先のことなんて誰にも分からない。 Translation:.

次の