外壁 塗装 ユー ホーム。 ホームページリニューアル|福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユーペイント|現場ブログ|福岡市で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁・屋根&防水塗装専門店 U

外壁塗装

外壁 塗装 ユー ホーム

こんにちは、福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユーペイントです。 今回、ホームページを大幅にリニューアルし、新しいスタッフの「ぬりねこちゃん」のご挨拶もかねてご報告いたします。 いつもお世話になっている皆様これからご縁をいただく皆様当社は、日頃より塗装を通じたサービスでお客様に喜んで頂きたいと常々考えておりました。 その想いを、会社の決意表明としてステートメントを掲げさせていただきます。 【「for you」の精神を持って塗装を通じたサービスをお届けします】 この言葉を胸にスタッフ一同、お客様やその先の笑顔のために塗装を通じたお手伝いができるよう、技術を磨き、情報を手に入れ、サービス内容を向上させてまいります。 また、その想いを言葉にするだけでなく、ある生き物に命を吹き込みました。 それが、当社の新しいスタッフであり、メインキャラクターの「ぬりねこちゃん」です。 「猫は幸せを招く」日本だけでなく、世界各地でもそのような言い伝えがあります。 幸せを招く猫は様々な特徴がありますが、毛の色が3色ある「三毛猫」やしっぽが、くねっと曲がっている「鍵しっぽ」を持つ猫。 日本においては、招き猫が有名ではないでしょうか。 そして、当社は色を自在に操る塗装屋です。 「色」にも様々な意味があり、当社が最も大切にしているテーマカラーは「虹色」です。 夢・希望・幸運などの意味を持ち、お客様の数だけあるご自宅やご家族に対する思いを塗装サービスを通じた虹の架け橋で実現し、お客様にとっての幸せをお届けする一助となるようにと当社のシンボルとして「ぬりねこちゃん」が生まれました。 使命 お客様に塗装を通じた幸せをお届けすること 特徴 幸せを招く鍵しっぽをもつ三毛猫 色の持つ意味• 黄色とオレンジ ご縁を繋ぐ(お客様と当社の出会いを表しています)• ピンク 惚れる(お客様と当社の関係性を表しています)• グリーン 安全(緑の足で一歩一歩確実に歩みます) 外壁塗装や屋根塗装、外装・内装リフォームのことなら福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユーペイントへいつでもお気軽にお問い合わせください。 このブログでは• 現場での作業内容• 受付スタッフの日記• 塗装に関する豆知識• 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 U-PAINT店長 山口 博城 HIROKI YAMAGUCHI 「人生を楽しむ」 その答えはお客様、そして我々にとって 「人」の数だけ答えがあると思います。 そして「今ある現状をさらに良くしていきたい」という思いは共通しているのではないでしょうか。 家を建てる、もしくは買う。 そんな人生においての一大イベントを終え、ご家族の環境にも様々な変化が訪れた頃。 私たちはこのタイミングで社会に貢献できると考えております。 今の暮らしを維持する為に塗装を考えている• 次世代に引き継ぐため、最後の仕事として塗装を考えている• 売却する際、少しでも評価額を上げるため、塗装を考えている つまり、お客様の数だけ「答え」があるということです。 塗料には数えきれないほどの種類があり、さらにはメーカー、塗り方まで考えると組み合わせは無限大です。 そして塗装サービスを行う企業様も近年増えてまいりました。 このような中で、お客様の立場からすると• どこに頼んでよいかわからない• どんな塗料を使えばよいかわからない• 適正な価格はいくらなのかわからない といった「 悩み」がでてきます。 当社は、まるでもう一度家づくりをするかのように、 お客様が抱える「悩み」を「楽しみ」に変えたい そんな想いで塗装サービスをお届けしております。 ディズニーランドに客船に乗って風と景色を楽しむ「マーク・トウェイン号」があります。 マーク・トウェイン氏はアメリカ現代文学の祖とも言われる方で、ノーベル文学賞を受賞した偉大な作家の方々から尊敬されるすごい方でもあり、数々の名言を残されています。 自分を元気づける一番良い方法は、誰か他の人を元気づけてあげることだ。 — マーク・トウェイン — 「まず何事も自分から与えていこう。 与える人にあらゆるものが集まっていくよ」という考え方です。 「for you」の精神 当社は 「for you」の精神を持って 塗装を通じた幸せをお届けします という理念を持ち お客様が抱える「悩み」に真剣に向き合い、今までの経験・知識・技術を惜しむことなくお客様へ提供し続けます。 お客様がいてこその会社であり、その想いが廻り巡って大きくなり、会社へ返ってくる事で、当社の発展、社会の貢献、社員の幸せにつながると信じています。 コツコツ。 コツコツ。 一歩ずつ。 福岡市・糸島市とエリアは限られますが、誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々精進してまいりますので、どうぞ末永く、よろしくお願い申し上げます。

次の

ホームページリニューアル|福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユーペイント|現場ブログ|福岡市で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁・屋根&防水塗装専門店 U

外壁 塗装 ユー ホーム

建物のシリーズによって工法が異なりますが特徴的な部分を以下の通りまとめてみました。 基本的には一般的な外壁塗装で問題ありませんが注意点がいくつかありますので確認してみてください。 積水ハウスは鉄骨住宅工法の代表は外壁にダインコンクリートを使用した「イズ・ステージ」、木造住宅工法の代表は外壁にボードを使用した「シャーウッド」。 セキスイハイムは鉄骨住宅工法の代表は陸屋根の「パルフェ」や「デシオ」、傾斜屋根の「ドマーニ」、木質系住宅工法は「ツーユーホーム」や「グランツーユー」などがあります。 積水ハウスの外壁材とメンテナンス 現在、積水ハウスが使用する外壁材は、SHウォール(サイディング)、ベルバーン 陶器 、ダインコンクリート(PC)の3種類。 SHウォール(サイディング)とダインコンクリート(PC)は、10~20年程度でメンテナンスが必要になります。 ベルバーン(陶器) ベルバーンは、屋根瓦と同じ焼き物で紫外線による劣化はほとんどないため、塗装の必要はありませんが、外壁目地部分には防水及び緩衝材としてシーリングが打設されていますので、ここの打ち直しが必要になります。 シーリングに関しては耐用年数約30年で設定されていますが、紫外線の多い南面や西面においては、実際のところ20年程度と予測します。 ダインコンクリート(PC) ダインコンクリート自体は、「独立気泡」のため水などの浸入は考えられませんので、塗装が落ちても外壁としての機能はしっかりと果たしてくれます。 ただ、コケや汚れの付着による美観の悪化、シーリングの寿命(20年程度)など、結局20年程度で塗り替えの必要がでてきます。 SHウォール(サイディング) SHウォールは、工場製造ラインでアクリルシリコン塗装が施されています。 アクリルシリコン塗料の耐用年数は10~15年ですので、その頃になると、汚れや色あせ、コケなどの付着により塗装が必要になってきます。 塗装を怠ると素材が水分を含み、乾燥・含水を繰り返し素材が反ってきたりします。 セキスイハイムの外壁材とメンテナンス セキスイハイムの外壁は、大きく分けると、磁器タイルかレリーフウォール(SFCボード)です。 磁器タイル 磁器タイルの場合、塗装メンテナンスは不要です。 目地については定型ガスケットを使用しており、耐用年数は30年程度とされ、交換の際はガスケットを引っ張って取り外すだけなので、メンテンナンスも容易です。 レリーフウォール(SFCボード) レリーフウォール(SFCボード)は、木造住宅で採用されているサイディングボードです。 木の繊維と熱硬化型セメントをミックスして作った外壁材で、コンクリートの強さとカタさ、木のしなやかさと粘り強さを併せ持った素材です。 2,000トンの過熱圧縮で、高密度の材質に仕上げているため、水分を含む隙間が少なく、凍害が発生しやすい寒冷地などにも適した外壁材です。 外壁表面はアクリルシリコンによる塗装処理が施されています。 10~20年程度での塗り替えが必要になります。 屋根について ステンレス折版屋根 セキスイハイムのフラット屋根(陸屋根)は錆に強いステンレスを使用しているため、一般的にはメンテナンスは不要ですが、美観やその性能を維持するために定期的な再塗装が必要です。 ハウスメーカーのホームページによると30年毎の再塗装との記述もありますが、 夏の暑さを和らげたい人は、外壁塗装と同時に遮熱塗料で塗装するのもお勧めです。 セメント瓦 セメント瓦は、防水性能を表面の塗装に頼っているため定期的な塗装メンテナンスが必要です。 表面の塗装が劣化して吸水しやすくなると、藻やコケが付着し美観を悪化させます。 また、素材が露出した部分は脆くなり、ひび割れが発生しやすくなります。 そうなる前に定期的なメンテナンスをお勧めします。 塗料のグレードにもよりますが、10年毎に再塗装が必要です。 セキスイハイムの屋根は、スレート屋根、セメント瓦、陶器瓦、陸屋根(塩ビシート防水)など多種にわたります。 スレート屋根(カラーベスト) スレート屋根(カラーベスト)は、美観の維持と屋根材保護の観点から、10年毎の塗装メンテナンスが基本です。 スレート屋根の寿命は、塗装メンテナンスをおこなわない場合25年~30年程度です。 この頃に屋根の葺き替え(屋根材の交換)を検討する時期が来ます。 その費用(塗装費用の5倍程度)を捻出したくなければ、定期に塗装メンテナンスをおこない屋根材の寿命を延ばす必要があります。 錆が発生してからですと取り換えの必要も出てくる可能性があるため、外壁塗装と同時にメンテナンスを行いましょう。 塩ビシート防水 ダインコンクリート(PC)に多い陸屋根(塩ビシート防水)は、塩ビシート専用の塗料で素材を保護することで、耐用年数を延ばすことができます。 メンテナンスを怠り塩ビシートが劣化してしまうと、塗装メンテナンスではなく張り替えなど大掛かりな工事が必要になり、費用も塗装の5倍程度かかります。 早めのメンテナンスをお勧めします。 塩ビ被膜鋼板について 胴差や破風、シャッターボックスなどの付帯部は、金属素材が錆びないように塩ビシートで保護されています。 この部分が剥離し錆が発生しているケースが良く見受けられます。 剥離部を剥がしサビ処理を行う必要があります。 また、塩ビシートには柔軟性を持続させるため可塑剤が含まれています。 この可塑剤の上に塗装してしまうと、可塑剤の油分が塗膜に浸透してしまい、塗膜がいつまでも完全硬化せずに表面のベタつきが残ってしまいます。 このべたつきが、ホコリを付着させ、黒ずみのような跡がでることがあります。 塩ビ被膜の見極めと下塗り材の選定が重要になります。 外壁ジョイント部のガスケットの処理 塩ビ被膜の付帯部と同様に、ゴム状で、柔軟性を持続させるために可塑剤が含まれています。 可塑剤が塗膜に移行しない下塗り材を塗布してから、通常の塗装工程にはいります。 ガスケットの寿命は30年程度です。 塗装を行うことで、紫外線による劣化を防ぎ、さらに延命することが可能です。 外壁ジョイント部のシーリングの処理 積水ハウスのダインコンクリートなどにある外壁目地のシーリングの処理ですが、基本的にすべて撤去し、新しく打ち替えます。 ここで使用するシーリング材は、少々費用が高くても、高耐候性シーリング材を使用してください。 弊社のオススメは、オート化学のオートン超耐シーラーやオートンイクシードです。 弊社仕様の塗料との相性も確認しています。 相性が悪いと、シーリングに塗装した塗料が数年で剥がれてくることがありますので、ダインコンクリートの実績が豊富な塗装店を探してください。 ベランダ塩ビシート防水 塩ビシートの上に床材が敷かれていて、紫外線による劣化が少なくあまり傷んでいない時には、漏水点検とシーリング補修だけおこなうこともあります。 塩ビシートが露出し、築20年以上経過している場合には、シート自体が硬化し、柔軟性がなくなって裂けてしまうこともあります。 塩ビシート防水が裂けてしまったら、必ず室内に漏水してしまいます。 現在の状態の見極めが重要です。 塩ビシートが傷んでいる場合には、塩ビシート防水の重ね張りを行います。 2重のシート防水になりますので、防水性能はかなりアップします。 玄関・アルミ手すり笠木の色あせ (塗装前) (塗装後) 紫外線劣化の特徴の一つでもありますが、玄関扉やベランダ笠木などの金属部分の色褪せの状態です。 ベランダや玄関ドアは南面に設置されることが多いため紫外線劣化が早く進んでしまいます。 ベランダの笠木部分が激しく白化しています。 手すり部分も同じような現象が起きています。 玄関ドアは専用の下地処理剤を用いて新築時とほぼ同じ色で塗装しました。 白化していた笠木や手すりも溶剤系のフッ素塗料を用いて塗装を行いきれいに仕上げます。 場合によってはタック(べたつき)が残る場合もありますのでプライマーや仕上げ塗料の選定には注意が必要です。 積水ハウスのフレアトーン 積水ハウスが提案するオリジナル塗料フレアトーンは、複数の色を混ぜた多彩色塗装で、深みのあるやわらかな表情を作り出します。 この塗料は積水ハウス専用の塗料の為、塗装店に直接依頼する場合は使用することが出来ません。 フレアトーンで塗装したい場合は、類似品を選択することになります。 いくつか類似塗料をご紹介します。 ・エスケープレミアムマルチカラー(エスケー化研) ・水性ペリアートUV(日本ペイント) ・水性ゾラコートEX(関西ペイント) エスケープレミアムマルチカラーは、フレアトーンの製造元であるエスケー化研の塗料です。 成分としてはかなり近いと思います。 まとめ 積水ハウス・セキスイハイムのメンテナンスは上述したように、一般的な建物とは異なり施工する職人の経験と知識によっても品質が大きく左右されてしまいます。 もし不安であればハウスメーカーに施工を依頼するのが1番ですが、塗装に掛かる費用も非常に高額となります。 もし価格を抑えてハウスメーカー同様以上の高品質な工事を受けたいとお考えであれば市川塗装まで一度ご相談下さい。 積水ハウス・セキスイハイムの外壁塗装の実績が豊富な全国の優良塗装店をご紹介することも可能です。 お気軽にご相談ください。

次の

外壁塗装・外壁工事リフォーム費用・相場をチェック|「ホームプロ」リフォーム会社紹介サイト

外壁 塗装 ユー ホーム

外壁の塗装は、家の外観を美しく見せるだけでなく、家の構造の劣化を防ぐ役割も。 見た目が変わらなくとも、家の長寿命化のため、定期的に塗り替えるなどメンテナンスが必要です。 外壁にカビなどの付着や、手でこすったときに白い粉が付くチョーキングが見られると、塗り替えの目安と言われています。 モルタル壁の場合は、それに加えてクラックや割れにも注意しましょう。 塗り替えのみなら、張り替えに比べて工期も経費も比較的少なめです。 外壁塗料は大きく分けてアクリル樹脂系、ウレタン樹脂系、シリコン樹脂系、フッ素樹脂系の4種類。 シリコン樹脂系は戸建住宅で一般的に使われており、フッ素樹脂系に次いで耐久性が高い塗料です。 もちろん、より耐久性の高いフッ素樹脂系塗料での塗り替えも可能。 ほかにも、太陽光で分解した汚れを雨で洗い流す光触媒や、暑さ寒さを伝わりにくくする断熱塗料など、機能性に優れた特殊塗料が豊富に流通しています。 フッ素樹脂系や特殊塗料はその分コストも高くなるので、どの程度掛かるかなど施工会社と相談しながら決めるとよいでしょう。 外壁をリフォームする際は、屋根と同時に行うと足場を組む手間やコストが一度に済み、効率的です。 さらに、同時に塗り替えることにより新旧の見た目の差がなくなるので、より一層美しい外観に仕上がります。 サイディングとは板状の外壁材で、シンプルなものからレンガ調などのデザインをほどこしたものまで種類はさまざま。 中でも窯業系サイディングはセメントを主原料にしており、重厚な質感が特徴です。 他の素材に比べて耐久性、耐火性に優れています。 デザインも金属系サイディングに比べてバリエーション豊富で、落ち着いた外観や華やかな外観など、それぞれのニーズに合ったものが見つかりやすいのもポイントです。 サイディングを張るリフォームは、既存の外壁の上から張る「カバー工法」と、壁を撤去して新しく張り替える方法の2種類があります。 金属系サイディングに比べて重量がある窯業系サイディングは、家に負荷が掛かってしまうため、カバー工法での使用はあまり一般的ではありません。 壁を撤去して張り替えるとコストが高くなりますが、壁の内側の劣化を見つけて補修することも可能。 家の構造のチェックと同時に断熱や補強も行えば、より一層、家の長寿命化につながります。 ほかのサイディング材に比べて比較的安価な金属系サイディング。 ガルバリウム鋼板やアルミでつくられており、中に断熱材が入っているため断熱性、防音性に優れた素材です。 窯業系サイディングに比べて非常に軽く、家に負荷が掛かりにくいため耐震性も高いと言えます。 また、吸水性が低く凍害に強いのも特徴。 凍害とは、外壁材に水分が入り込んで凍ったり溶けたりを繰り返し、劣化すること。 金属製サイディングは特に、凍害が発生しやすい寒冷地などに向いているでしょう。 金属系サイディングは重量が軽いため、既存の外壁の上から張る「カバー工法」で施工するケースが一般的です。 ただ、既存の外壁を含む下地の劣化が激しい場合、取り付けた新しい壁がしっかり留まらず落下する恐れがあります。 外壁の状態を施工会社にしっかりチェックしてもらいましょう。 壁を撤去して張り替える場合はもちろんですが、カバー工法でも新しいサイディング材を張るので、塗り替えに比べてより新築に近い外壁に仕上がります。 さらに、外壁全体のリフォームだけではなく、アクセントとして外壁の一部に張り、家の印象を変えることも可能です。 メリット• 断熱性、防音性、防水性に優れている• 水分の凍結膨張圧によって外壁材が劣化する「凍害」に強い• モルタル壁や窯業系サイディングより軽く、耐震性に優れている• 窯業系サイディングより軽く、重ね張りをしても家に負荷が掛かりにくいためカバー工法に向いている• カバー工法なら、下地からつくり直す必要がなく、その分のコストを削減できる• 新しい外壁材を張るため、塗り替えに比べて外観が新築に近い仕上がりになる デメリット• 窯業系サイディングに比べ、色やデザインの種類が少なめ• ほかの素材に比べて衝撃に弱く、傷が付きやすい• 海に近いなど、塩害が発生しやすい地域では錆びが出て劣化が早まることも• サイディングをつなぐシーリング材が劣化すると、雨がしみ込み雨漏りの原因になる 外壁塗装・外壁工事 リフォームのポイント• 遮熱・断熱効果のある材料・塗料を採用すると、暖房費やメンテナンスコストが節約でき、トータルコストを抑えることができる場合があります。 外壁のメンテナンスサイクルは平均5~10年程度ですが、耐久性の高い材料を採用するとそのサイクルを延ばすことができます。 足場をかける費用がかかるので、屋根のメンテナンス時期も近いようなら、一緒にリフォームするのが良いでしょう。 代表的な外壁材としては、耐震性や防耐火性に優れいている窯業系(ようぎょうけい)サイディングがあります。 窯業系サイディング材とはセメント系材料に繊維質系の材料を混ぜることで、軽いながらも強度をもった外壁材です。 他の外壁材に比べて、施工の簡易さ(工期の短さ)が特徴で、レンガ・タイル調や木目調など、多種多様な種類もあることで最近人気の外壁材となっています。

次の