カステラ 作り方。 カステラ作りの得意な方、教えてください!!

本格カステラのレシピ

カステラ 作り方

カステラとは カステラとは、卵、小麦粉、砂糖を原料とした生地をオーブンで焼いたお菓子です。 カステラは和菓子に分類される 和菓子は、明治時代以降にヨーロッパから伝わってきた洋菓子と対になる言葉として定着しました。 そのため、明治時代より前に日本に伝わって発展したカステラは、厳密には和菓子に分類されます。 また、カステラはポルトガルから伝わったお菓子ではありますが、伝わったものを元に独自に発展して現在にカステラになりました。 そのため、ポルトガルにはカステラという名前のお菓子や似た見た目のお菓子もなく、カステラは日本独自の和菓子であると言えます。 和菓子としてのカステラの分類 和菓子は保存性によって 生菓子・ 半生菓子・ 干菓子に分類されます。 一般的に、水分を30%以上含むものが生菓子、水分が10~30%のものが半生菓子、水分が10%以下のものが干菓子とされています。 カステラは 生菓子に分類されており、その他に水羊羹、饅頭、どら焼きなどがも分類されています。 簡単なカステラの作り方 カステラの作り方で一般的なものをご紹介します。 カステラを作るときの注意点 卵を混ぜるときは、泡立て器を使ってしっかり混ぜます。 白っぽくなって軽く角が立つくらいが目安です。 薄力粉を混ぜ合わせる際は、ヘラを使って切るようにして混ぜます。 粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜる必要がありますが、練るように混ぜすぎると焼き上がりが硬くなってしまう恐れがあります。 砂糖の量はお好みによって調節できますが、あまり減らしすぎると生地が膨らまない可能性があるので注意しましょう。 冷ましたあとはすぐ食べても良いですが、1日程度おくとしっとりしてさらに美味しくなります。

次の

【みんなが作ってる】 長崎カステラのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

カステラ 作り方

稲富一夢筆/三十二相人形筒堅書 (天理大学付属天理図書館蔵) ポルトガル人が種子島に漂着したのが、1543(天文12)年。 フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸したのが、1549(天文18)年です。 カステラは、鉄砲の伝来やキリスト教の布教と共にもたらされました。 江戸時代の文献で『原城紀事(はらじょうきじ)』の中の『耶蘇天誅記(やそてんちゅうき)』からの引用文に、1557(弘治3)年、ポルトガル船で来港のバテレンが「かすていらなど」人々に与えたとあり、また小瀬甫庵(おぜほあん)の『太閤記』には、宣教師が「下戸にはかすていら」などのお菓子を与えて民衆に布教活動をしたという記述があります。 その後、信者を獲得するにはまず領主に布教すべしとして、位の高い武士などにも食べさせたようです。 『長崎夜話草』(長崎歴史文化博物館収蔵) (福砂屋カステラ読本より) 1719(享保4)年、長崎の天文学者西川如見(じょけん)の話をまとめた『長崎夜話草(やわそう)』には、「長崎土産」に「南蛮菓子、色々。 ハルテ、ケジヤアド、カステラボウル、花ボウル、コンペイト、アルヘル、カルメル、ヲベリヤス、パアスリ、ヒリヨウス、ヲブダウス、タマゴソウメン、ビスカウト、パン。 此外(このほか)猶(なお)有(ある)べし」とあり、14種類の南蛮菓子が出ています。 その頃からお菓子の製法書も相次いで出版され、カステラの作り方も多く出ています。 また、1785(天明5)年に長崎を訪ねた蘭学者である大槻玄沢もカステラを食べたと書物にあり、高価でしたがその頃には多くの人が食べるようになったと思われます。 27歳で長崎遊学、後に大阪で適塾を開いた緒方洪庵。 長崎でシーボルトやポンペ、吉雄流、楢林流の医学を学んだ若者は、遊学者の半数にも及んだ。 長崎は海外に唯一つ開かれた窓だったので、オランダ人や中国人などが出入りし、洋書や漢籍なども豊富にあり、海外の情報が分かりやすい街でした。 そのため、医学や蘭学を学ぼうと全国各地から若者たちが長崎に集まってきました、司馬江漢、伊能忠敬、高野長英、大田南畝(蜀山人)、緒方洪庵、吉田松陰、平賀源内、勝海舟、坂本龍馬など数多くの人が挙げられます。 医学、薬学を修めようと訪れた医学生がとくに多く、滋養食であるカステラの製法を、長崎のカステラ屋や出島に出入りする通詞から学んで国へ帰りました。 それがカステラを広めることにもなりました。

次の

パウンド型で作る簡単☆台湾カステラの作り方【卵2個分☆割れないポイント】

カステラ 作り方

卵白は使う直前まで冷蔵庫でよく冷やしておく。 薄力粉はふるう。 2 耐熱容器にサラダ油を入れ、ふんわりとラップをし、600Wのレンジで40秒加熱する。 薄力粉を再びふるいながら加えて混ぜる。 3 別の耐熱容器に牛乳を入れ、ふんわりとラップをし、600Wのレンジで30秒加熱する。 2に加えて混ぜ、卵黄を加えて混ぜる 卵黄生地。 耐熱バットに流し入れ、5cmの高さから2回落として空気を抜く。 6 ひとまわり大きい別の耐熱バットにぬらしたふきんをおき、5の耐熱バットを重ね入れる。 大きめの耐熱バットに2cm程度の高さまでお湯 分量外:適量 を注ぐ。 粗熱がとれたらそっと耐熱バットから外す。 竹串をさしてみて、どろっとした生地が付いてくる場合は、様子を見ながら追加で加熱してください。

次の