おそ るる に 足り ない。 KJCLUB

KJCLUB

おそ るる に 足り ない

「恐るるに足らず」とは? 「恐るるに足らず」という言葉を聞いた事があるでしょうか。 「恐るるに足らず」は 「おそるるにたらず」と読みます。 ヒーロー物のアニメなどを見ている時に、敵に向かって 「恐るるに足らず」と言う登場人物がいるかもしれません。 ただし日常生活を送っている上では、それほど耳にする機会が多い言葉ではありませんので、知らない人も多いでしょう。 そこで 「恐るるに足らず」という言葉の意味や使い方を紹介します。 この言葉の意味を知る事で、何か新しい困難に遭遇した時に 「恐るるに足らず」と言いたくなるかもしれません。 「恐るるに足らず」の意味 「恐るるに足らず」には、どのような意味があるでしょうか。 「恐るるに足らず」には、 「怖がったり、不安がったりするほどのものではない」 「実際はそれほど大した事はない」とい意味があります。 例えばアニメや映画に、新しい敵役が登場した時に、一般の人は恐れおののいてしまうでしょう。 しかしヒーローや、その仲間たちは、敵の能力を冷静に分析し、それほど強くないと感じた時に、 「恐るるに足らず」と言います。 このよに、 「恐るるに足らず」には、怖がったり不安がったりするほどのものではないという意味があります。 「恐るるに足らず」の言葉の使い方 「恐るるに足らず」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。 誰かが必要以上に何かを怖がっている時、あるいは何かを必要以上に不安がっている時などに対して、 「恐るるに足らず」という言葉をかけてみましょう。 例えば予防注射をする前に、注射が痛そうだと怖がり過ぎている友達がいたら、最近の注射はそれほど痛くないので大丈夫という意味を込めて、 「注射など、恐るるに足らず」と言ってみましょう。 また 「恐るるに足らず」という言葉を普通に言ってしまうと、時代劇の登場人物のようになってしまいますので、 「注射など、『恐れるに足らず』だよ」などというと自然になります。 「恐るるに足らず」を使った例文 「恐るるに足らず」という言葉を使った例文を紹介します。 様々な場面における、 「恐るるに足らず」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。 「恐るるに足らず」の例文1 「帝国軍など『恐るるに足らず』だ」 この例文は、ヒーロー映画などで正義の味方と巨大な悪が登場するようなストーリーに、登場しがちなセリフです。 正義の味方は、仲間や市民などを励ます意味も込めて 「恐るるに足らず」というセリフを言います。 実際には物語を盛り上げるためもあり、敵はそれなりに強く、正義の味方が苦戦するケースが多いですが、バッドエンドのストーリー以外では、たいてい正義が勝つようになっています。 「恐るるに足らず」の例文2 「心配性のAさんに、健康なら失業の不安など『恐るるに足らず』ですよと言った」 この例文に登場するAさんは、心配しがちな性格のため、失業する事を極度に不安がっているようです。 しかしこの例文にあるように、健康なら仮に現在勤めている会社をクビになっても、他の勤め先はいくらでもあります。 起こってもいない未来について心配するよりも、食事に気を配り、適度な運動をして健康を維持する方が健全です。 「恐るるに足らず」の例文3 「B課長は怖そうな顔をしているが、実は気が小さいので『恐るるに足らず』だ」 この例文に登場するB課長のように、見かけはとても怖いけれど、内面は気弱な人がいます。 同じ職場で働く事になってすぐの人から見ると、怖い人に見えますが、しばらく付き合ってみれば、実は小心者だと分かります。 「人は見かけによらぬもの」ということわざがありますが、外見と内面が一致しない人はたくさんいます。 逆に優しそうに見えて、怒らせたらとても怖いタイプの人もいますので、注意が必要です。

次の

子どもの発達障害は(発展途上ではあるが)「おそるるに足らないもの」になりつつある。のだが…

おそ るる に 足り ない

Vol. 2 本当に変わりたければ、毎日5分のストレッチができるくらいの 心の強さを 日本って、実は、先進国の中で、おそらく女性が最も体を動かさない国なんです。 体が硬くなると、心も硬くなる。 とすると、多くの女性が毎日ストレスフルだと感じているというのも納得できるかもしれません。 私が考える、ストレスに対処するための対策として、 まず、生活習慣と運動が挙げられます。 きちんと、一定の時間に起き、活動し、睡眠するということは、健康的な生活を送る上での基本。 夜更かしや寝だめは、ホルモンバランスを崩す原因となりかねません。 そして、毎日体を動かすことをいとわない習慣を早めに身につけること。 毎日、心を爽やかにするためには、月3回で3時間するよりも、 たとえ3分でもいいので、毎日することが大切です。 別の例を挙げれば、筋トレとしては、3日に1回で充分だとしても、精神的には毎日でないと効果がありません。 人によっては、体を動かすというのは、どうしようもなくイヤなことでしょう。 でも、騙されたと思って、1カ月間毎日ストレッチしてみてください。 そうすれば、驚くほど心も軽くなるはずです。 一カ月、雨の日も風の日も、元気じゃない日も……、続けられるのは、ひょっとしたら、100人のうち1人だけかもしれません。 でも、なかなか続かないということは、ずっとそのままの人生が続くということです。 たいがい動かないひとは、人のせいにして、無意識に内心で怒っているものです。 気づかないうちに怒りを抑圧し、溜め込んでしまい、すでに心が鈍感になってしまっている場合も多々あります。 本気で現状を変えよう、という革命心がある人は、実際には少ないもの。 変わりたいのであれば、体を動かすことで、ストレスの感じ方も変わってくるはずなのです。 とはいえ、個人でそういった実践ができる強い意志を持った人は、ひとにぎりでしょう。

次の

【怖るるに足り】の例文集・使い方辞典

おそ るる に 足り ない

「足りない」は「足りる」という動詞(上一段活用)を否定形にしたもので、「足らない」は「足る」という動詞(五段活用)を否定形にしたものです。 足りる:足りない、足ります、足りる…• 足る :足らない、足ります、足る… 歴史的に見ると、「足る」は万葉集にも現れるくらいの伝統的なことばで、いっぽう「足りる」は江戸時代以降になって使われるようになったことばです。 現代では「足る」は「信用するに足る情報」などのように、やや古風で硬い言い回しの場合に使われることがほとんどで、話しことばとしてはあまり使われません。 「千円あれば十分足るよ」というふうに言う地域もありますが、全国的な言い方ではありません。 つまり、あくまで理屈のうえから考えると、現代語としてよく使われているのは「足りる」なのだから、その否定形である「足りない」がふさわしいことばなのではないか、ということになります。 しかし、ことばは必ずしも一筋縄ではいかないもので、肯定形の「足る」はあまり使われなくても、否定形の「足らない」のほうは比較的よく使われています。 まとめると、おすすめするのは「足りない」だが、「足らない」も可、ということになります。 なお、「舌足らず、寸足らず」や「1時間足らずで仕上げた」などのように否定の「~ず」が接続する場合には、「~足らず」のみで「足りず」という言い方はありません。 これは否定の「ず」が古語的だから、新しい動詞の「足りる」ではなく古いほうの「足る」が使われるのです。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の