ダンまち lv9。 ダンまち ファミリアクロニクル episodeフレイヤ アリィと8人の眷族

【ダンまち】最強キャラはいるのに強さランキングがない理由

ダンまち lv9

次回以降が非常に気になる一冊でした。 まだ読んでいない方は是非お近くの書店、またはリンクからご購入して頂けると嬉しいです。 いつものように、ネタバレありの感想です。 読了後にどうぞ。 様の、神様としての一面を知ることのできましたね。 そして、ファミリアの面々について深堀する一冊でもあります。 本巻は300pほどの長編と、ファミリアの幹部たちの短い過去編で構成されていました。 キャラごとに読んだ感想などを。 彼女のカリスマ性というか、人を惹きつける魅力が少しわかった気がします。 正直、私は自身にそこまで魅力を感じていなくて、外見的魅力以外の、彼女の内面的魅力についてはよくわかっていない部分がありました。 今回の巻では、ファミリアの面々が心酔するほどの、彼女自身の内面的魅力、その一端を感じることができましたね。 は、彼女を心酔するものたちに対して邪険に扱うことはしませんし、自分の所有物に対しては、それなりに愛着も示します。 そして、彼女のお眼鏡に合う、魂の輝きを持つ者に対しては、成長を促します。 今回のアリィのように。 そしてベルのように。 それは、尊大で傲慢に見えるけれども、間違いなく彼女なりの愛である。 そして、神に共通する子供たちに対する愛でもある。 ファミリアの幹部たちは皆、愛を知らずに生きてきた。 そんな彼らに、が愛を教えた。 だから彼らはより深い愛を求めて、そしての愛を独占したいが為に自身を磨き続けるんでしょうね。 伴侶オーズとは? そういえば、伴侶ってなにを指しているんでしょうね? 現実の神話から言うと、オーズといえばの旦那ってことになりますよね。 ちなみにオッタルは愛人らしい つまり単純に考えれば、旦那を求めている、ということ。 そして、伴侶の条件は輝いた魂の持ち主かつ、が求めても輝き続けることができる魂。 アリィの例から言うとそんなところでしょうか。 の隣に立つことのできる人って、結局のところ神なんだろうな、と思います。 そこで思いついたんですけど、オーズとって、とに通ずる部分が多いらしいです。 もしかしたら、世界においてのオーズ=なのかもしれないですね。 つまりオーズとはゼウス級の主神の存在、それをは求めている。 そして、って半神半人 正確には半神半巨人 なんですよ。 ベル君の出生が不明な以上、半神半人っていうのもあり得そうですよね。 しかし、作中で神と人の間に子供は出来ない、と明示されているわけですから、半神半人は生まれようがないんですよね・・・。 違うのかなあ。 ただ、ベル君はゼウスの縁者であることは間違いがなさそうですし、今回、記述のあったゼウスファミリアのLv8の傑物と、ゼウスファミリアと仲の良かったヘラファミリアのLv9の女帝あたりが出生に関わってそう、というのは予想できそうですね。 の『真の望み』は伴侶を人から神にして、自分と並び立つものを作り上げたい。 そんなところかもしれないですね。 そうなると、伴侶を人から神にする計画みたいなのを企てているのかも? 『戦盤』の件からも考えると、自分より上に立つものは許せないって言ってましたし。 オッタル 彼の出生や幼少期、そして、ミア・グランドの過去など情報量の多い過去編でした。 ミアって昔は美人だったんですね。 どこかで見れたりするんだろうか。 そして、示唆されたのが先ほども触れた、『頂点』と呼ばれていた彼以上の存在。 本編しか読んでいないので、間違っているかもしれませんが、おそらく初出だと思います。 そらLv8、Lv9とかを知っていれば、Lv7の自分を頂点だなんて思うわけないですよね。 彼もベル君と同じように、未だに誰かの背中を追い続けていたようです。 シル 短いながら、最も気になる部分でした。 彼女は何をに捧げたのか、そして、何を得たのか。 シル=の端末説とか、が人間のふりをしている時の姿だとか、今までも色々と言われていたんですが、今回の話でシルの存在自体は確かに存在していたことはわかりましたね。 問題は今の彼女はどういった存在なのかということ。 彼女はになりたいと願った。 そしてはその願いに答えた。 ヘルン の侍女 はシルをシルと呼ぶことに躊躇いを感じていました。 シルという存在を借りて人間の体を得たが、今のシルと呼ばれている存在だったりして。 シル 人間の体 を使って人間 ベル と子を成したいとかそんな考えかもしれないですね。 実はそれが『真の望み』だったりとか? 最後に 各キャラについて思いついたことを乱雑に書いていきました。 内容としては非常に先が気になる終わり方でしたね。 ただ、の魅力はベル君によるところが大きいと思っているので、本巻は少し物足りない部分もあったり・・・ 次巻以降はベル君もちょくちょく出てくるみたいなので、今後も購入していこうと思います。 ioriS この記事は、当ブログにおける個人情報の保護指針、およびその扱い方についてまとめたものです。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事が可能です。 お問い合わせの際には、お名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 当サイトに掲載している広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス、(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト)を利用します。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定は、お使いのブラウザによって違います。 お使いのブラウザをご確認の上、設定してください。 アクセス解析について 当ブログはGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 Googleアナリティクスは、トラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このデータは匿名で収集されています。 個人を特定するものではありません。 Cookieを無効にすることで収集を拒否することができます。 お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当ブログでレビューした商品のご購入やご利用の最終的な判断は、読者様の責任でお願いします。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が含まれたり、古い情報が記載されている場合がございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権 当ブログの文章、画像等の著作権はioriS及び各作者にあります。 全体一部を問わず無断使用はできません。 運営者 ioriS 初出掲載:2020年3月20日 読み込んでいます….

次の

【ダンまち】オッタルの過去!レベル8と9の存在と最強を越えようとする最強

ダンまち lv9

【ダンまち】オッタルの過去!レベル8と9の存在と最強を越えようとする最強 2019年12月21日 2020年5月14日 ダンまちに登場するフレイヤファミリア団長オッタルの過去は決して明るいものではありませんでした。 今でこそ頂点や猛者などと言われていますが世界最強の派閥ゼウスファミリア、ヘラファミリアにはオッタル以上の冒険者がゴロゴロいました。 最強と呼ばれるオッタルが追いかけた最強の存在は未だにオッタルを武人として強くさせています。 もしまだゼウスファミリアとヘラファミリアがあれば今のオッタルでも敵わないほどです。 今回はそんなオッタルの過去についてです。 以下、原作最新刊ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかファミリアクロニクルepisodeフレイヤの一部ネタバレになるので注意して下さい。 まとめ 目次• 【ダンまち】オッタルとフレイヤの出会い 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オッタルは幼い頃に捨てられ一番古い記憶は寂れた路地裏の夜でした。 カビ臭く凍てつく寒さ。 そして空腹を通り越した飢えは徐々にオッタルの体を氷のように冷たくしていきます。 当時のオッタルは自分の名前すら分からずどうしてここに居るのかも理解出来ませんでした。 思考も痛みも無くどんどん衰弱していく体は、いつ命を失ってもおかしくありませんでした。 そんなときに出会ったのがフレイヤファミリアの主神「女神フレイヤ」でした。 フレイヤ「貴方、独り?」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 幼かったにも関わらずオッタルはフレイヤの美しさに見惚れます。 フレイヤは手を差し伸べ目の前の幼子に「名前」を聞きますが自分の名前や存在、どうして此処に居るのかも分からないオッタルは答えることが出来ませんでした。 何も返ってこない幼児を見てフレイヤは無邪気な少女のような笑顔で幼子に言います。 フレイヤ「じゃあ、私が貴方に名前をあげる。 貴方は『オッタル』よ」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 以来、オッタルにとってフレイヤが全てとなります。 オッタルがフレイヤの恩恵を授かったのは拾われた数年後で自我がはっきりと確立した頃。 その間フレイヤが直々に面倒を見て育てました。 そして、オッタルがレベル2になるまで掛けた期間は二年。 ただ正確には恩恵を授かってから戦闘に身を置いたので実質一年でランクアップしてます。 フレイヤファミリアのホーム「戦いの野(フォールクヴァング)」ではフレイヤの寵愛を受けるためフレイヤの力になるため団員同士で戦いしのぎを削る派閥内競争があります。 オッタルはあの頃の「洗礼」をもっとも苛烈と記憶しています。 少し意味合いは変わりますがティオナとティオネが居たカーリーファミリアも同じ事をしていて、あそこは同レベル同士の団員を命を掛けて戦わせてランクアップをする手法を取っています。 カーリーファミリアはこれを「儀式」と呼びます。 この頃のオッタルには食べ物も住む家も着る服もあり生きてく上で必要なものは全て揃っていました。 フレイヤから温もりや感情をもらったオッタルにとって彼女が全て。 これは今も昔も変わりません。 感情が芽生えたとは言え口下手なオッタルにフレイヤを喜ばせることは出来ませんでした。 返せるものが一つもないオッタルはひたすら「強さ」に拘ります。 なによりフレイヤがオッタルに輝くことを望んでいるので「強さ」を追求するしかありませんでした。 オッタルの強さの理由はシンプルで全て「フレイヤ」の為。 この「全て」という言葉を何回も使ってますが、フレイヤファミリアに関しては本当にこれが全てです。 オッタルだけじゃなく他の団員達も一緒です。 「戦いの野(フォールクヴァング)」で行われる試練もそうですが「全て」フレイヤの為でもありそれが自分の為でもあります。 そして結果的にファミリアの強さにも繋がっています。 「全てはフレイヤの為」 【ダンまち】ミアの教えとオッタルとの関係 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 豊穣の女主人の店主「ミア・グラント」はフレイヤファミリアの元団長。 ファミリアの食事もミアが作っていてボロボロになった団員達はミアの料理で英気を養っていました。 ミアとフレイヤの関係は他の団員とは違い少し特殊で、基本的にミアはフレイヤを敬っていません。 そのため他の団員から狙われますがその度に拳一つで全員返り討ちにしてきました。 ミアがフレイヤファミリアに入った理由はスカウトでしたがフレイヤに「借り」があったので嫌々ながらも席を置く羽目になります。 その「借り」が何なのかは原作ではまだ明らかになっていませんが、ミアの性格からしてそれがよっぽどなのは確かです。 フレイヤファミリアを抜けた今でも席だけは残している。 当時から豪快でその強さはオッタルも認めるほどの「強さ」でした。 そして当たり前のようにあっさりと団長の座に着きます。 ある日オッタルは自分より遥か高みにいるミアに「どうすれば、お前を越えられる?」と訪ねます。 ミア「考えな。 アタシは強くなるなんてどうでもいいと思っちゃいるが、それでもいつだって、何に対してだって、考えるようにしてる。 頭の足りないドワーフなりにね。 考えないヤツは生きていけないよ。 どんな時も、どんな場所でも。 『化物』どもがひしめき合う今のオラリオなら尚更ね。 」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ この頃のミアはフレイヤからオッタルを見守るように言われていましたが特別何かを施したりはしてませんでした。 この時の解答もオッタルにとっては単純明快で自分が望んでいた解答ではありませんでした。 しかし、そんなミアの教えはオッタルの心に深く根付くことになります。 ミアは自分で考えてそれでも納得出来なかったら聞きに来い、じゃないと身に付かないということを身を持って経験していると話すと続けて、 ミア「ま、はっきりしていることは・・・食べないヤツは強くなることも、成長することもできないってことかね」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 以来、オッタルはフレイヤが目を丸くするほど食べるようになり今の体付きを得ます。 ミアがファミリアを抜けるという話をフレイヤから聞いたオッタルは「行くな、まだお前を倒していない」と言いますが ミアは「アタシに執着してどうする」と返します。 ミア「アンタがアタシを追いかけるように、これからアンタを追いかける連中がわんさか湧いてくるだろうさ」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 二人の関係は不思議で母と子でもなければ戦友とも呼べる仲ではありませんでした。 あえて言うとすれば子供のワガママを聞く年長者に近いのかもしれません。 【ダンまち】オッタルと世界最強のファミリア 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 今でこそフレイヤファミリアとロキファミリアが「オラリオ最強」と言われていますが、以前までは「世界最強」のファミリアが存在していました。 それが「ゼウスファミリア」と「ヘラファミリア」です。 しかし、隻眼の竜に敗れ弱った両ファミリアはフレイヤとロキの企てによって都市を追い出されます。 オッタルが初めて彼等に負けたのレベル3の頃で相手はゼウスファミリアの末端の団員。 その次にヘラファミリアの幹部で両方一瞬でヤラれました。 以降、敗北が続き勝つ事は一度もありませんでした。 遥か昔、オラリオに身を置く前にフレイヤはヘラと抗争し敗北し、その時に多くの眷属を失いました。 その時の恨みからフレイヤいつかヘラを王座から引きずり下ろそうと考えていた。 以来、オッタル含め他の眷属たちもフレイヤへの侮辱なども含めフレイヤを王座に変えようと躍起になっていた。 また当時の抗争にフレイヤは「たった一人で戦う怪物の力を見余った私のせい」とも話しているので相当力の差があったのかもしれません。 それでも高みを目指すオッタルは折れず立ち向かいますが、世界最強の壁は厚くその度にオッタルは強さを求め続けました。 返り討ちにする度にオッタルを見逃すゼウスファミリアのレベル8の男とヘラファミリアのレベル9の女。 両ファミリアは決して止めを刺さず「強くあれ」と言わんばかりにオッタルをその先へと駆り立てました。 オッタルがレベル5以降にランクアップする時には必ずゼウス・ヘラファミリアが関わっています。 レベル6の時は15年前、レベル7の時は7年前。 その後、隻眼の竜によりゼウスファミリアとヘラファミリアは壊滅。 彼等彼女等は次の「英雄の器」達に常に発破を掛け続けてきました。 「俺達を越えてみせろ、英雄の雛ども」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 少し余談。 ここに来てゼウスファミリアとヘラファミリアの事が少しだけ明かされました。 両ファミリアにはレベル8から9が居ることが確定しましたが、初めてオッタルが負けた相手は「末端」という事から恐らくレベル4~レベル6がゴロゴロしているのかもしれません。 一瞬で勝負が着いてるから結構なレベル差はある気がします。 ま、単純に上がレベル8・レベル9とかなら当然っちゃ当然な気もしますけど、もしかたらレベル10も居るのかもしれません。 ただそれ以上に気になったのは隻眼の竜の強さです。 これだけの冒険者でも敵わなかった相手にベル達はどうやって攻略するんでしょうね?精霊の力とか春姫のレベルブーストとか色々想像は出来るけど、個人的に春姫がキーマンな気もしなくないです。 (ヘスティアファミリアが倒すかはわかりませんが) 彼女の登場時からやたらとサラマンダーっぽい絵も描かれてるので何かしら精霊と関係あるのかなって勝手に想像してます。 ダンメモでも火の力を使ってるし何か関係があるのか・・・・ないのか・・・・ 【ダンまち】オッタルを越えようとする者 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア オッタルは鍛錬として一人でダンジョンに遠征する事があります。 前回は49階層の階層主を仕留めきれずに終わりました。 そして今回のオッタルの目的は37階層の階層主「ウダイオス」が落とすドロップアイテム「ウダイオスの黒剣」。 以前、アイズが単独でウダイオスを討伐した際に剣を装備していたと報告されていました。 オラリオの長い歴史の中でもそれは未確認でギルドでも剣について公式発表しその条件も公開しました。 レアドロップの発生条件 ・1対1の戦闘 ・少人数の戦闘 アイズの時はリヴェリアが同伴しましたが戦闘には直接関与していない。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 目的地に向かっているとオッタルの前に現れ勝負を挑んで来る者達がいました。 それはフレイヤファミリアの幹部のアレン、ヘグニ、ガリバー4兄弟の6人。 基本的にフレイヤファミリアの掟に幹部同士の地上以外での戦闘は禁止というルールがあります。 これは他の派閥に余計な刺激を与えない策としてフレイヤが設けました。 ただ今オッタルが居る場所はダンジョンであり地上でもなければ今回はベルに試練与えるためミノタウロスを鍛えてる訳でもないので、この件にフレイヤは一切関係していない事になります。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか つまり幹部同士でも戦える事になります。 memo フレイヤの側に控える事が出来るのは世話係を覗いて一番寵愛を受けている者になります。 他の団員はもちろん幹部連中もその場所を狙って居るので掟が適用されない限り常にオッタルに戦いを仕掛けている模様。 ドロップアイテムが目的のオッタルは「後にしろ」と言いますが聞く耳を持たない幹部達。 急遽始まった戦いにオッタルはかつてミアに言われたことや戦闘の助言をしながら戦います。 軽々と吹き飛ぶアレンには「軽すぎる。 もっと飯を食え、アレン」当然アレンはまるで母親のような言い草に怒ります。 そしてガリバー兄弟には「低い視点に頼りすぎてる上も取れ」と助言すると「いま全世界のパルゥムを敵にしたからな」と返されついつい謝るオッタル。 ヘグニに関しては中二病的な意味の分からない言葉に「分かる言葉で話せ」の一言。 加熱する戦いでしたが遅れてやってきたフレイヤファミリアの幹部ヘディンが来たことで状況は変わります。 ヘディンは今すぐ戦いを辞めるようオッタル達に言いますが当然他の幹部は反発します。 「フレイヤ様のお達しだ」 一気に黙る一同。 これでオッタルは心置きなくウダイオスの討伐に向かい難なくとドロップアイテムを手に入れます。 オッタルとウダイオスの戦いが終わると他の幹部達が現れその目はまっすぐオッタルを見添えていました。 「お前はいつか俺が倒し、俺が越える」 それはオッタルが過去にミアやゼウス・ヘラファミリア越えようとした時と同じでした。 オッタルは笑いながら彼等に言います。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 「俺に執着してどうする、阿呆どもめ」 歴史を繰り返すように過去にミアに言われたことを彼等に言うオッタル。 それから時間は過ぎ。 手に入れたドロップアイテムでオーダーメイドの武器を作ったオッタルはフレイヤに銘を付けてほしいと拝命を望みました。 「覇黒の剣(はこうのつるぎ)」と名付けたフレイヤは、 「貴方に立ちはだかった過去の闇をいつか制することを祈って、そう名付けるわ」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ その後もかつての最強達を追い越そうとオッタルは「強さ」を求めます。 【ダンまち】オッタルの魔法名と詠唱、スキルやその他ステイタス 最後にオッタルの魔法やステイタスについて少し書いてこうと思います。 ・レベル7 ・力:S999 ・耐久:S999 ・器用:S991 ・敏捷:S989 ・魔力:D566 【スキル1】戦猪招来(ヴァナ・アルガンチュール) 任意発動で発動後は獣化し全アビリティ超高補正。 発動毎に体力とマインドを大量消費する。 【スキル2】我戦我在(ストルトス・オッタル) 戦闘続行時に治力と精癒が一時発現し習得アビリティの全強化。 戦闘続行条件は体力に比例する。 【魔法】ヒルディス・ヴィーニ(効果については不明) 【詠唱】銀月の慈悲、黄金の原野。 この身は戦の猛猪を拝命せし。 駆け抜けよ、女神の神意を乗せて。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ さいごに というわけでオッタルの過去ということで情報は少ないですがゼウス・ヘラファミリアとの関係も明かされました。 千年の歴史を持つファミリアなのでレベルが今の冒険者たちを違い過ぎますね。 古代のモンスターは強かったらしいので得られる経験値も違うし場数もかなり踏んできたんでしょうね。 フレイヤとヘラの抗争もたった一人の力を見余ったのが原因でもあるようなので相当化物揃いだったと思います。 気になることは沢山ありますが作者曰くいつかゼウス・ヘラファミリアの話を書きたいとの事だったので気長に待ちたいと思います。 まとめ.

次の

クエスト

ダンまち lv9

【ダンまち】オッタルの過去!レベル8と9の存在と最強を越えようとする最強 2019年12月21日 2020年5月14日 ダンまちに登場するフレイヤファミリア団長オッタルの過去は決して明るいものではありませんでした。 今でこそ頂点や猛者などと言われていますが世界最強の派閥ゼウスファミリア、ヘラファミリアにはオッタル以上の冒険者がゴロゴロいました。 最強と呼ばれるオッタルが追いかけた最強の存在は未だにオッタルを武人として強くさせています。 もしまだゼウスファミリアとヘラファミリアがあれば今のオッタルでも敵わないほどです。 今回はそんなオッタルの過去についてです。 以下、原作最新刊ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかファミリアクロニクルepisodeフレイヤの一部ネタバレになるので注意して下さい。 まとめ 目次• 【ダンまち】オッタルとフレイヤの出会い 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オッタルは幼い頃に捨てられ一番古い記憶は寂れた路地裏の夜でした。 カビ臭く凍てつく寒さ。 そして空腹を通り越した飢えは徐々にオッタルの体を氷のように冷たくしていきます。 当時のオッタルは自分の名前すら分からずどうしてここに居るのかも理解出来ませんでした。 思考も痛みも無くどんどん衰弱していく体は、いつ命を失ってもおかしくありませんでした。 そんなときに出会ったのがフレイヤファミリアの主神「女神フレイヤ」でした。 フレイヤ「貴方、独り?」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 幼かったにも関わらずオッタルはフレイヤの美しさに見惚れます。 フレイヤは手を差し伸べ目の前の幼子に「名前」を聞きますが自分の名前や存在、どうして此処に居るのかも分からないオッタルは答えることが出来ませんでした。 何も返ってこない幼児を見てフレイヤは無邪気な少女のような笑顔で幼子に言います。 フレイヤ「じゃあ、私が貴方に名前をあげる。 貴方は『オッタル』よ」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 以来、オッタルにとってフレイヤが全てとなります。 オッタルがフレイヤの恩恵を授かったのは拾われた数年後で自我がはっきりと確立した頃。 その間フレイヤが直々に面倒を見て育てました。 そして、オッタルがレベル2になるまで掛けた期間は二年。 ただ正確には恩恵を授かってから戦闘に身を置いたので実質一年でランクアップしてます。 フレイヤファミリアのホーム「戦いの野(フォールクヴァング)」ではフレイヤの寵愛を受けるためフレイヤの力になるため団員同士で戦いしのぎを削る派閥内競争があります。 オッタルはあの頃の「洗礼」をもっとも苛烈と記憶しています。 少し意味合いは変わりますがティオナとティオネが居たカーリーファミリアも同じ事をしていて、あそこは同レベル同士の団員を命を掛けて戦わせてランクアップをする手法を取っています。 カーリーファミリアはこれを「儀式」と呼びます。 この頃のオッタルには食べ物も住む家も着る服もあり生きてく上で必要なものは全て揃っていました。 フレイヤから温もりや感情をもらったオッタルにとって彼女が全て。 これは今も昔も変わりません。 感情が芽生えたとは言え口下手なオッタルにフレイヤを喜ばせることは出来ませんでした。 返せるものが一つもないオッタルはひたすら「強さ」に拘ります。 なによりフレイヤがオッタルに輝くことを望んでいるので「強さ」を追求するしかありませんでした。 オッタルの強さの理由はシンプルで全て「フレイヤ」の為。 この「全て」という言葉を何回も使ってますが、フレイヤファミリアに関しては本当にこれが全てです。 オッタルだけじゃなく他の団員達も一緒です。 「戦いの野(フォールクヴァング)」で行われる試練もそうですが「全て」フレイヤの為でもありそれが自分の為でもあります。 そして結果的にファミリアの強さにも繋がっています。 「全てはフレイヤの為」 【ダンまち】ミアの教えとオッタルとの関係 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 豊穣の女主人の店主「ミア・グラント」はフレイヤファミリアの元団長。 ファミリアの食事もミアが作っていてボロボロになった団員達はミアの料理で英気を養っていました。 ミアとフレイヤの関係は他の団員とは違い少し特殊で、基本的にミアはフレイヤを敬っていません。 そのため他の団員から狙われますがその度に拳一つで全員返り討ちにしてきました。 ミアがフレイヤファミリアに入った理由はスカウトでしたがフレイヤに「借り」があったので嫌々ながらも席を置く羽目になります。 その「借り」が何なのかは原作ではまだ明らかになっていませんが、ミアの性格からしてそれがよっぽどなのは確かです。 フレイヤファミリアを抜けた今でも席だけは残している。 当時から豪快でその強さはオッタルも認めるほどの「強さ」でした。 そして当たり前のようにあっさりと団長の座に着きます。 ある日オッタルは自分より遥か高みにいるミアに「どうすれば、お前を越えられる?」と訪ねます。 ミア「考えな。 アタシは強くなるなんてどうでもいいと思っちゃいるが、それでもいつだって、何に対してだって、考えるようにしてる。 頭の足りないドワーフなりにね。 考えないヤツは生きていけないよ。 どんな時も、どんな場所でも。 『化物』どもがひしめき合う今のオラリオなら尚更ね。 」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ この頃のミアはフレイヤからオッタルを見守るように言われていましたが特別何かを施したりはしてませんでした。 この時の解答もオッタルにとっては単純明快で自分が望んでいた解答ではありませんでした。 しかし、そんなミアの教えはオッタルの心に深く根付くことになります。 ミアは自分で考えてそれでも納得出来なかったら聞きに来い、じゃないと身に付かないということを身を持って経験していると話すと続けて、 ミア「ま、はっきりしていることは・・・食べないヤツは強くなることも、成長することもできないってことかね」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 以来、オッタルはフレイヤが目を丸くするほど食べるようになり今の体付きを得ます。 ミアがファミリアを抜けるという話をフレイヤから聞いたオッタルは「行くな、まだお前を倒していない」と言いますが ミアは「アタシに執着してどうする」と返します。 ミア「アンタがアタシを追いかけるように、これからアンタを追いかける連中がわんさか湧いてくるだろうさ」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 二人の関係は不思議で母と子でもなければ戦友とも呼べる仲ではありませんでした。 あえて言うとすれば子供のワガママを聞く年長者に近いのかもしれません。 【ダンまち】オッタルと世界最強のファミリア 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 今でこそフレイヤファミリアとロキファミリアが「オラリオ最強」と言われていますが、以前までは「世界最強」のファミリアが存在していました。 それが「ゼウスファミリア」と「ヘラファミリア」です。 しかし、隻眼の竜に敗れ弱った両ファミリアはフレイヤとロキの企てによって都市を追い出されます。 オッタルが初めて彼等に負けたのレベル3の頃で相手はゼウスファミリアの末端の団員。 その次にヘラファミリアの幹部で両方一瞬でヤラれました。 以降、敗北が続き勝つ事は一度もありませんでした。 遥か昔、オラリオに身を置く前にフレイヤはヘラと抗争し敗北し、その時に多くの眷属を失いました。 その時の恨みからフレイヤいつかヘラを王座から引きずり下ろそうと考えていた。 以来、オッタル含め他の眷属たちもフレイヤへの侮辱なども含めフレイヤを王座に変えようと躍起になっていた。 また当時の抗争にフレイヤは「たった一人で戦う怪物の力を見余った私のせい」とも話しているので相当力の差があったのかもしれません。 それでも高みを目指すオッタルは折れず立ち向かいますが、世界最強の壁は厚くその度にオッタルは強さを求め続けました。 返り討ちにする度にオッタルを見逃すゼウスファミリアのレベル8の男とヘラファミリアのレベル9の女。 両ファミリアは決して止めを刺さず「強くあれ」と言わんばかりにオッタルをその先へと駆り立てました。 オッタルがレベル5以降にランクアップする時には必ずゼウス・ヘラファミリアが関わっています。 レベル6の時は15年前、レベル7の時は7年前。 その後、隻眼の竜によりゼウスファミリアとヘラファミリアは壊滅。 彼等彼女等は次の「英雄の器」達に常に発破を掛け続けてきました。 「俺達を越えてみせろ、英雄の雛ども」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 少し余談。 ここに来てゼウスファミリアとヘラファミリアの事が少しだけ明かされました。 両ファミリアにはレベル8から9が居ることが確定しましたが、初めてオッタルが負けた相手は「末端」という事から恐らくレベル4~レベル6がゴロゴロしているのかもしれません。 一瞬で勝負が着いてるから結構なレベル差はある気がします。 ま、単純に上がレベル8・レベル9とかなら当然っちゃ当然な気もしますけど、もしかたらレベル10も居るのかもしれません。 ただそれ以上に気になったのは隻眼の竜の強さです。 これだけの冒険者でも敵わなかった相手にベル達はどうやって攻略するんでしょうね?精霊の力とか春姫のレベルブーストとか色々想像は出来るけど、個人的に春姫がキーマンな気もしなくないです。 (ヘスティアファミリアが倒すかはわかりませんが) 彼女の登場時からやたらとサラマンダーっぽい絵も描かれてるので何かしら精霊と関係あるのかなって勝手に想像してます。 ダンメモでも火の力を使ってるし何か関係があるのか・・・・ないのか・・・・ 【ダンまち】オッタルを越えようとする者 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア オッタルは鍛錬として一人でダンジョンに遠征する事があります。 前回は49階層の階層主を仕留めきれずに終わりました。 そして今回のオッタルの目的は37階層の階層主「ウダイオス」が落とすドロップアイテム「ウダイオスの黒剣」。 以前、アイズが単独でウダイオスを討伐した際に剣を装備していたと報告されていました。 オラリオの長い歴史の中でもそれは未確認でギルドでも剣について公式発表しその条件も公開しました。 レアドロップの発生条件 ・1対1の戦闘 ・少人数の戦闘 アイズの時はリヴェリアが同伴しましたが戦闘には直接関与していない。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 目的地に向かっているとオッタルの前に現れ勝負を挑んで来る者達がいました。 それはフレイヤファミリアの幹部のアレン、ヘグニ、ガリバー4兄弟の6人。 基本的にフレイヤファミリアの掟に幹部同士の地上以外での戦闘は禁止というルールがあります。 これは他の派閥に余計な刺激を与えない策としてフレイヤが設けました。 ただ今オッタルが居る場所はダンジョンであり地上でもなければ今回はベルに試練与えるためミノタウロスを鍛えてる訳でもないので、この件にフレイヤは一切関係していない事になります。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか つまり幹部同士でも戦える事になります。 memo フレイヤの側に控える事が出来るのは世話係を覗いて一番寵愛を受けている者になります。 他の団員はもちろん幹部連中もその場所を狙って居るので掟が適用されない限り常にオッタルに戦いを仕掛けている模様。 ドロップアイテムが目的のオッタルは「後にしろ」と言いますが聞く耳を持たない幹部達。 急遽始まった戦いにオッタルはかつてミアに言われたことや戦闘の助言をしながら戦います。 軽々と吹き飛ぶアレンには「軽すぎる。 もっと飯を食え、アレン」当然アレンはまるで母親のような言い草に怒ります。 そしてガリバー兄弟には「低い視点に頼りすぎてる上も取れ」と助言すると「いま全世界のパルゥムを敵にしたからな」と返されついつい謝るオッタル。 ヘグニに関しては中二病的な意味の分からない言葉に「分かる言葉で話せ」の一言。 加熱する戦いでしたが遅れてやってきたフレイヤファミリアの幹部ヘディンが来たことで状況は変わります。 ヘディンは今すぐ戦いを辞めるようオッタル達に言いますが当然他の幹部は反発します。 「フレイヤ様のお達しだ」 一気に黙る一同。 これでオッタルは心置きなくウダイオスの討伐に向かい難なくとドロップアイテムを手に入れます。 オッタルとウダイオスの戦いが終わると他の幹部達が現れその目はまっすぐオッタルを見添えていました。 「お前はいつか俺が倒し、俺が越える」 それはオッタルが過去にミアやゼウス・ヘラファミリア越えようとした時と同じでした。 オッタルは笑いながら彼等に言います。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 「俺に執着してどうする、阿呆どもめ」 歴史を繰り返すように過去にミアに言われたことを彼等に言うオッタル。 それから時間は過ぎ。 手に入れたドロップアイテムでオーダーメイドの武器を作ったオッタルはフレイヤに銘を付けてほしいと拝命を望みました。 「覇黒の剣(はこうのつるぎ)」と名付けたフレイヤは、 「貴方に立ちはだかった過去の闇をいつか制することを祈って、そう名付けるわ」 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ その後もかつての最強達を追い越そうとオッタルは「強さ」を求めます。 【ダンまち】オッタルの魔法名と詠唱、スキルやその他ステイタス 最後にオッタルの魔法やステイタスについて少し書いてこうと思います。 ・レベル7 ・力:S999 ・耐久:S999 ・器用:S991 ・敏捷:S989 ・魔力:D566 【スキル1】戦猪招来(ヴァナ・アルガンチュール) 任意発動で発動後は獣化し全アビリティ超高補正。 発動毎に体力とマインドを大量消費する。 【スキル2】我戦我在(ストルトス・オッタル) 戦闘続行時に治力と精癒が一時発現し習得アビリティの全強化。 戦闘続行条件は体力に比例する。 【魔法】ヒルディス・ヴィーニ(効果については不明) 【詠唱】銀月の慈悲、黄金の原野。 この身は戦の猛猪を拝命せし。 駆け抜けよ、女神の神意を乗せて。 引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ さいごに というわけでオッタルの過去ということで情報は少ないですがゼウス・ヘラファミリアとの関係も明かされました。 千年の歴史を持つファミリアなのでレベルが今の冒険者たちを違い過ぎますね。 古代のモンスターは強かったらしいので得られる経験値も違うし場数もかなり踏んできたんでしょうね。 フレイヤとヘラの抗争もたった一人の力を見余ったのが原因でもあるようなので相当化物揃いだったと思います。 気になることは沢山ありますが作者曰くいつかゼウス・ヘラファミリアの話を書きたいとの事だったので気長に待ちたいと思います。 まとめ.

次の