ソフィア シキ チェンコ。 Twitterで話題のヨーデルを歌っていたウクライナの少女・ソフィアって誰?

世界ふしぎ発見の篠原かをり(ミステリーハンター)は昆虫食好きの慶応大学生!かわいいTシャツ画像!

ソフィア シキ チェンコ

ウクライナのタレントショーで、12歳(当時)の少女のヨーデルが凄い反響を呼びました。 日本人にはあまり馴染みがないヨーデルですが、その完璧な歌唱力で心地よく耳に入ってきます。 とても少女とは思えない歌唱力! 間違いなく史上最高のヨーデル少女でしょう。 こちらがその動画になります。 彼女は誰?• ヨーデル・ガール、ソフィア・シキチェンコ• 彼女は2005年12月27日、ウクライナのキエフに生まれる。 アルプスの少女ハイジのように可愛いですね。 歌はピーター・ヒナン Peter Hinnen さんの、 Mein Pferd Tonky My Horse Tonky のCoverになります。 ピーター・ヒナンさんは、スイスのチューリッヒ生まれの素晴らしいヨーデル歌手です。

次の

[B!] ヨーデルの少女(ウクライナ)の名前はソフィア・シキチェンコ!感動する歌声の動画!アルプスの少女ハイジのように可愛い!

ソフィア シキ チェンコ

ウクルインフォルムが伝える。 絵の裏には、「ロマン・スシチェンコ 2019年 鯉 水彩 7月」と書かれている。 なお、ウクライナでは、日本文化において鯉が、強さ、忍耐力、目的達成のシンボルとされていることが知られている。 スシチェンコ記者は、絵とともに送った手紙の中で、最近病気になり、現在薬を飲んでいるところだと書いている。 また、最近、自身の下に手紙が遅れて届いていると伝えた。 スシチェンコ記者は、収容所の部屋には一人であり、普段は絵を描いて過ごしており、家に帰れる日を心待ちにしていると書いている。 これまで報じられたように、ウクルインフォルム通信のフランスの特派員であるロマン・スシチェンコ記者は、2016年9月30日、私的目的でモスクワを滞在していた際に国際ルールに違反する形でロシアの治安機関に拘束された。 同年10月7日、スシチェンコ記者にスパイの罪が言い渡された。 2018年6月4日、モスクワ市裁判所は、スシチェンコ記者に12年の厳格収容所への拘禁が言い渡された。 スシチェンコ記者は、拘束されている期間、様々な絵を描いており、これまでに、キーウ・ペチェルシク大修道院、ノートルダム大聖堂、聖ソフィア大聖堂(この絵はエピファニー・ウクライナ正教会首座主教に贈呈された)、聖ミコライ教会、リヴィウ、クロアチアのマカルスカの海岸、アテナイのアクロポリス、ジブラルタル、インドのムンバイ、トルコのイスタンブル、ストラスブール大聖堂等の絵を制作している。 2018年には、キーウ市内でこれらの絵の展覧会が開催され、その後ブリュッセル、ワルシャワ、パリ、キシナウ、ニューヨーク、プラハでも展覧会が開かれた。

次の

世界ふしぎ発見の篠原かをり(ミステリーハンター)は昆虫食好きの慶応大学生!かわいいTシャツ画像!

ソフィア シキ チェンコ

スイスの音楽文化として知られるけども、元々は関係者による山向こうの仲間へ情報伝達の為に出来た発声術だとか。 そんな、皆さん聞いた事あります? え? コレ? そういやあったなぁ・・・ という訳で今日は、日本の殺伐とした空気が少しでも和む事を祈り、陽気なをいくつかご紹介いたす。 フランツル・ラング 上の動画にも出演(?)してる人ですね。 残念ながら故人なので、もう歌声は聞けない・・・ でも動画という形で元気を残してくれてます!!!!!! ラングさんはキングとも呼ばれてる、界の重鎮だったそうです。 日本では「腰が素早い」で有名ですね! ・・・そうでもない? ソフィア・シキチェンコ 美少女のソフィアさんです。 まだ幼いと言うのにかなりの歌声! お母さんから才能を見いだされて、以外も幅広く活動なさってらっしゃるとか。 理想的な親子の関係ですね。 11歳でご立派だなぁ・・・ 終盤の歌声は必聴ですぞ! ・オシュ なんと家族でバンドを組んで民俗音楽を中心として活動してらっしゃるとの事。 珍しい組み合わせですが、家族なだけあって息ピッタリの演奏。 家で練習しても怒られたりしないんだろうなぁ・・・ 余談ですが、子供向け絵本も書いたりしてるとか。 最後に いやぁ~それにしてもソフィアさんの歌声はスゴイですな。 よく口がマメるもんだと言われながら育った儀等もコレには脱帽。 未来のトップは決まりかな? とりあえず誰も勝てんのは解ったwwwwwwwww kokemusigawa.

次の