開業届 出してない 持続化給付金。 【持続化給付金】2019年開業でも給付!使いみちは自由?税金は?夫婦それぞれ個人事業主だと?

今さら聞けない「持続化給付金」。対象や申請方法、必要書類について。

開業届 出してない 持続化給付金

開業届を出しなさい!フリーランスの特権を享受せよ! 開業届を出しなさい!フリーランスの特権を享受せよ! 開業届を出しなさい!フリーランスの特権を享受せよ! 開業届を出してない!フリーランス給付金も受け取れない! 【持続化給付金】を申請しようとしたら【売上】がありませんねと言われた。 何か間違ったことをしていたんだろうか? 何とか【持続化給付金】を受け取る方法はないかしら? あなたはこんな疑問を抱いていませんか? 実は、この記事を読めば、その疑問が解消できるとともにあなたはフリーランス給付金とも言うべき【持続化給付金】を受け取る準備ができます。 この記事では、受け取る資格を得るための【開業届】の仕組みを解説し、そうすることの優位性をご紹介します。 記事を読み終えると、【フリーランス】はリスクが高いという誤った固定概念を払拭して、その特権を享受できるようになります。 開業届は正式には【個人事業の開業・廃業等届出書】といいます。 税務署に【個人事業主として開業した】ことを報告するための書類です。 突然ですが問題です。 会社員であり、かつフリーランスであることは可能か?• フリーランスは、会社員に比べて大幅に税金を減らすことができるか?• フリーランスは、会社員に比べて大幅にセキュリティネット的に有利か? 正解は 全てイエスです。 そもそも【フリーランス】【フリーランス】といいますが、税務上は何の規定もありません。 【フリーランス】とは、特定の企業や組織に属さず、仕事ごとに契約を結ぶ働き方のことです。 それに対して税務上の位置付けは【個人事業主】となります。 個人事業主とは、株式会社などの法人を設立せず、個人で事業を営む人のことを指します。 「じゃあ、会社員でない【フリーランス】は、全て自動的に【個人事業主】にしてしまえばいいんじゃあ」と思われるかも知れません。 でも、会社員以外の働き方には【無職】【年金受給者】【公務員】【投資家】等々あります。 だから私は給料じゃなくて報酬をもらっているんで、【個人事業主】だよと届け出る必要があるんです。 先程の 全てイエスの質問の【フリーランス】は【個人事業主】と言い換えることができます。 次に各質問の回答が全てイエスになる根拠を解説します。 そしてコインロッカーに投資して【事業所得】を確定申告で計上し続けました。 なぜそんなことができるのか? 根拠は2つあります。 【開業届】に会社員であるかどうかの【記入欄】なし• 【確定申告書】の【記入欄】に【給与所得】と【事業所得】が併記されている 「副業は禁止されているんじゃあ?」 副業を禁じているのは会社の内規です。 「あの会社、給料が安いもんだから従業員が副業なんかしてるゼ。 」 こう言われるのを避けるためです。 それも本業だけでは十分な収入を提供できなくなっています。 すでに絶滅した恐竜のように過去の遺物になりそうです。 【給与所得】には【給与所得控除】ぐらいしかありません。 【所得】=【収入(売上)】ー【費用(控除額)】なので、費用が多ければ多いほど【所得】を減らして【所得税】を減らせます。 特に【減価償却費】は現金流出をともなわない費用ですので 所得ゼロ=税金ゼロにすることも可能です。 【事業所得】で【確定申告】できる【フリーランス】は大幅にお得なんです。 確かにそうなんですが、以下の理由で【フリーランス】に軍配が上がります。 自己負担ではあるけれど【社会保険】に相当する制度が【フリーランス】にもある• 同じく受けられる 助成金・補助金が豊富 いかがでしょうか? 本来は、 これほど【フリーランス】は有利なんです。 それなのに、なぜこれほど【フリーランス】は割を食っているという話がまかり通っているんでしょう? 次の現象が原因です。 【フリーランス】=【個人事業主】のはずなのに【開業届】を出されていない方は結構いらっしゃいます。 税務上はこれらの方々は【自称フリーランス】になります。 【自称フリーランス】だと次章のような問題が発生します。 ここで具体例を出させていただきます。 出演者は• 30代独身女性• スポーツのインストラクター• スポーツジムに出張してインストラクターをしていたがジムが閉鎖• フリーランス• 前年度の確定申告は【給与所得】と【雑所得】• 雇用契約を結んでいるわけではないので【雇用保険未払い】当然【失業手当】なし• 【持続化給付金】を申請しようとしたら【事業所得】がないので該当しませんと言われた 税務署もよくこんな確定申告を受け取ったと思いますが、心当たりはあります。 この方は、 【開業届】を出していないんですね。 だから税務署もおかしいと思いながら確定申告を受け取らざるを得なかったんでしょう。 【給与所得】で計上していますが、【源泉徴収票】なんかないので、数少ない控除項目の【給与所得控除】も所得から差し引かれていません。 【雑所得】も使い勝手が悪いです。 【事業所得】で赤字だったら【給与所得】の黒字と【損益通算】トータルで税金を安くして、【源泉徴収】された 所得税を還付してもらえたりします。 【雑所得】は孤独です。 黒字になっても赤字の他の所得から差し引けず、赤字になっても他の黒字の取得を助けられません。 全ては【開業届】を出すという手間を惜しんだからなんですね。 というよりどうすればいいか知らなかったのでしょう。 【自称フリーランス】なので、土台はグラグラ。 コロナの襲来でその問題点が露わになった、そんな現状です。 でもご安心下さい。 そんな現状を打破するのが、このブログの役目。 一発逆転!してまいります。 まずは次章で開業届を提出することのメリットとデメリットを解説させていただきます。 開業届のメリット• 持続化給付金は申請してから降りるまで時間がかかる。 それまで持つかな? そんな方向けです。 開業届のデメリット• 【開業届】を提出• 【修正申告】を提出• 【修正申告】を認めてもらって【所得税の還付】を受ける• 申請が通って【持続化給付金】を受け取る 以上です。 「え、それだけ?」 それだけです。 単純に、 本来あるべき姿に戻しただけです。 これで、 【自称フリーランス】から【フリーランス(個人事業主)】にレベルアップしました。 色んなことができるようになりましたが、この記事の趣旨からは外れますので、詳しくは解説しません。 別途関連記事を書いてまいります。 次に開業届と修正申告をどんな手順で提出するのかを解説させていただきます。 税務署に行って【開業届】と必要なら【青色申告承認申請書】の原紙を手に入れる• 窓口で聞きながら税務署に提出• 【修正申告】の原紙を手に入れる• 窓口で聞きながら税務署に提出 税務署がすいていれば小1時間で終了します。 通常の確定申告とかだったら、毎年のことであなたも税務職員の方も手間なので、e-TAXとか郵送をお勧めしますが、これは1回出せば終了します。 書き直しが発生するとかえって面倒なので、窓口で出してしまいましょう。 必要となる情報ですが、• 自宅、もしくは事務所の住所• マイナンバー• 所轄の税務署名• 前年度【事業所得】なしで提出した【確定申告書の控】を持参• 【事業所得】以外の収入を合算して新たに【修正申告】の【事業収入】欄に記入• 【経費】に計上できるものを全て計上する• 窓口で聞きながら税務署に提出 賢く節税するなら【青色申告】は必須ですが、【開業届】すら提出していなかったので、現状はそれはハードルが高いでしょう。 最初の1年は【白色申告】にして慣れてきたら【青色申告】に切り替えましょう。 【白色申告】【青色申告】をされるのでしたら、こちらのサービスが役に立つでしょう。 【修正申告】は必ず前回と納税金額が変わるようにするのを忘れないようにして下さい。 そうしないと受け付けてもらえませんので。 【経費】に計上できる主な費用の一覧は次のようになります。 :NO: :勘定科目: :項目: :追記: 1 旅費交通費 移動に要した電車・バス代、ガソリン代等 2 接待交際費 お客さん等との打ち合わせの食事代等 自分が食べた分も含められます 3 減価償却費 所有する事務所・自宅・自動車等の固定資産の償却分等 耐用年数によります 4 広告宣伝費 チラシ・カタログ・HPの製作費等 5 水道光熱費 ガス・電気・水道代等 本来の【フリーランス】のあるべき姿を解説させていただきました。 再度【自称フリーランス】の方が現状を打開して、 フリーランスとしての特権を享受できるようになる手順を再掲します。 【開業届】を提出• 【修正申告】を提出• 【修正申告】を認めてもらって【所得税の還付】を受ける• 申請が通って【持続化給付金】を受け取る 以上です。 【フリーランス】=【個人事業主】になったことで色々な自由と保護がうけられるようになりました。 改めて念押ししておきますが、 でっち上げはダメですよ。 さらに今後の特権の活用方法として下記の融資を受ける方法の記事になります。 その際の賢い【失業手当】の受け方はをご覧下さい。 又、【失業手当】を受けつつ申請すれば受け取れる手当・制度があります。 こちらの記事でも小さなお子さんがいらっしゃる家庭で役立つ情報を公開しています。 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金はフリーランスの方も申請できます。 を参照下さい。 それは【ココナラ】です。 オンラインで完結するため、コロナ禍を避けるには最適です。

次の

開業届を出しなさい!フリーランスの特権を享受せよ!

開業届 出してない 持続化給付金

本人確認書類• 2019年の確定申告書類の控え• 2019年分の青色申告を済ませているなら、毎月の帳簿をつけて添付しているはず。 減収前の帳簿を使えばクリアできる可能性が高い。 (青色申告は、開業届を提出してないとできない) 「去年の総収入を比較すること」が絶対条件なので、税務署側でも過去と比較できる資料を求めてくると思う。 白色申告ならもらえないかも 上記の理由から、同じ副業でも• 今年に開業届を出したばかり• これまで白色申告で確定申告していた という状況なら、持続化給付金をもらうため条件である「売上が前年同月比で50%以上減少している」ことを証明できないため、給付の対象外となる可能性が高い。 また、 白色申告では毎月の収入・支出を書きつける帳簿の提出は不要である。 そのため、たとえ2020年2〜6月のうちにガクッと収入が減ったとしても、去年と同じ月とくらべることができる資料は、税務署にはない。 だから、 仮に数年前から副業を始めていたとしても、ずっと白色申告だったなら給付対象外と考えられる。 青色申告してこなかった人にとっては、給付金をもらうのは諦めたほうがいいのかもしれない。 退職したばかりの人はもらえるのだろうか 結局のところ、 去年の時点で開業届を出して青色申告を済ませているかどうかが分かれ道なのかもしれない。 先日、臨時給付金の支給条件について調べたが、どうやら持続化給付金のほうが条件はユルそうだ。 個人的には、今年3月末で退職したばかりの人はもらえるのか不安を感じる。 下手したら、どちらの給付金ももらえない可能性がある…… (傷病手当金や失業手当があるから、しばらくは大丈夫だと思うが) 仮に持続化給付金がもらえたとしよう。 (こんなガバガバ計算が許されるのか?というツッコミは置いといて) 臨時給付金と同様、あるのと無いのとでは大違いである。 4月末くらいに詳細が確定・公表されるとのことなので、それまで情報を待つしかないようだ。

次の

中小企業200万円 個人事業主100万円の現金給付策「持続化給付金」

開業届 出してない 持続化給付金

本人確認書類• 2019年の確定申告書類の控え• 2019年分の青色申告を済ませているなら、毎月の帳簿をつけて添付しているはず。 減収前の帳簿を使えばクリアできる可能性が高い。 (青色申告は、開業届を提出してないとできない) 「去年の総収入を比較すること」が絶対条件なので、税務署側でも過去と比較できる資料を求めてくると思う。 白色申告ならもらえないかも 上記の理由から、同じ副業でも• 今年に開業届を出したばかり• これまで白色申告で確定申告していた という状況なら、持続化給付金をもらうため条件である「売上が前年同月比で50%以上減少している」ことを証明できないため、給付の対象外となる可能性が高い。 また、 白色申告では毎月の収入・支出を書きつける帳簿の提出は不要である。 そのため、たとえ2020年2〜6月のうちにガクッと収入が減ったとしても、去年と同じ月とくらべることができる資料は、税務署にはない。 だから、 仮に数年前から副業を始めていたとしても、ずっと白色申告だったなら給付対象外と考えられる。 青色申告してこなかった人にとっては、給付金をもらうのは諦めたほうがいいのかもしれない。 退職したばかりの人はもらえるのだろうか 結局のところ、 去年の時点で開業届を出して青色申告を済ませているかどうかが分かれ道なのかもしれない。 先日、臨時給付金の支給条件について調べたが、どうやら持続化給付金のほうが条件はユルそうだ。 個人的には、今年3月末で退職したばかりの人はもらえるのか不安を感じる。 下手したら、どちらの給付金ももらえない可能性がある…… (傷病手当金や失業手当があるから、しばらくは大丈夫だと思うが) 仮に持続化給付金がもらえたとしよう。 (こんなガバガバ計算が許されるのか?というツッコミは置いといて) 臨時給付金と同様、あるのと無いのとでは大違いである。 4月末くらいに詳細が確定・公表されるとのことなので、それまで情報を待つしかないようだ。

次の