ホームパーティー 料理。 持ち寄りレシピ44選|子どもも喜ぶホームパーティーに◎な簡単レシピ集。冷めてもおいしい人気おつまみも!

簡単なのに華やか!ホームパーティで役立つ、おもてなし料理のレシピ15選

ホームパーティー 料理

何をもっていこうか迷ってしまう、ホームパーティーやピクニックにぴったりなメイン、サラダ、デザートなどのレシピを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)掲載のレシピから厳選してまとめました。 大人のおつまみとしてもおすすめです! 子どもが喜ぶ簡単な持ち寄りレシピ|サラダ、メイン、デザート 【1】ヨーグルトのスマイル寒天 牛乳寒天に黒豆とみかんで顔を作るだけ!簡単なのに、それだけで子供の心をがっちりキャッチ!たくさん作って、微妙に表情が異なる寒天を量産しても楽しい。 【2】粗熱がとれたら牛乳、ヨーグルトの順に加えて混ぜ、カップに流し入れる。 【3】表面が少し固まってきたら黒豆とみかんを並べて顔に見立てる。 【2】さやいんげんは塩ゆでして輪切りにする。 【3】【1】、【2】 、コーン、【A】 を混ぜ合わせ、塩で味を調える。 【4】1人分ずつカップに盛り、飾り切りにしたうずらの卵をのせる。 【3】ハムカップキッシュ ハムがカップになったかわいらしく子供に人気のキッシュ。 にんじんとアスパラを花のように並べるるだけで、子供の顔にも笑顔の花が咲きますよ。 【A】 を加えて混ぜる。 【2】にんじんは輪切りにして花形に抜き、ミニアスパラは縦半分に切り、ともにゆでる。 【3】プリン型やマドレーヌ型などにハムを敷き、【1】 を流し入れ、トースターで加熱する。 8割がた火が通ったら、【2】を花のようにのせ、さらに加熱する。 【4】粗熱がとれたら型から取り出す。 【4】カレー風味の鮭ピラフ ほんのりカレーが香るご飯に、子供が大好きな鮭をまぶして。 星形に抜いたパプリカで飾れば、簡単なのに特別の日のメニューのような華やかさに。 玉ねぎとにんじんはみじん切りにし、バターを熱したフライパンで炒める。 【2】米を洗って炊飯器に入れ、水を2合の目盛より少し少なめに注ぎ、【A】と【1】を入れて炊く。 【3】炊き上がったら、軽く刻んだ枝豆を加えて混ぜる。 【4】1人分ずつカップに盛り、ゆでたパプリカを型で抜いてのせる。 *鮭は市販の鮭フレークを使用したり、ツナに変えてもOK。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネータ ー、飾り巻き寿司インストラクター1級。 6歳の男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 『めばえ』2013年10月号 持ち寄りがラクチンでおすすめ!ピクニックにぴったりなお弁当レシピ 【1】ヨーグルトクリームトライフル 子供の好きな果物やお菓子を散らしましょう。 生クリームとヨーグルトをゼリーにした少しさっぱりしたトライフル。 【2】ボウルに生クリームと砂糖を合わせ、ハンドミキサーで角が立つまで泡立て、ヨーグルトを加えてさらに混ぜる。 【3】ボウルに水と粉ゼラチンを入れてふやかし、ボウルごと湯せんにかけてゼラチンを溶かし、【2】に加えて混ぜる。 【4】【3】をカップに流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。 細かい角切りにした【A】とグミを散らす。 【2】4種のころころフライ パーティーメニューにぴったり!肉団子やチーズ、ミニトマトをタネに。 カラフルピックで楽しくかざって。 じゃがいもは皮をむいてラップに包み、電子レンジで4分加熱してつぶす。 それぞれ小さく丸める。 隠し味のはちみつがポイントの子供に人気のサラダ。 ゆで卵は粗くつぶす。 ブロッコリーは小房に分けて、塩少々(分量外)を加えた熱湯でゆでる。 【2】玉ねぎはキッチンペーパーで水けをよく絞り、【A】と混ぜ、【1】も加えて混ぜる。 【4】くるくるキャンディサンドイッチ 一口サイズにカットしてラップで包むから、見た目がかわいく、空ける楽しさもあって、子供たちに喜ばれる一品。 【2】パン2枚にバターの半量といちごジャムを塗り、端からくるくると巻く(いちごサンド)。 【3】パン2枚に残りのバターを塗り、ハム、半分に切ったチーズ、薄切りにしたきゅうりをのせ、端からくるくると巻く(ハムチーズサンド)。 【4】に【1】、【2】、【3】をそれぞれ3等分に切り、ラップでキャンディ状に包む。 【5】シュリンプポップコーン 味をつけた小麦粉の液を絡めて揚げるだけ!えびフライより簡単でサクッと揚がるので登場回数も増えますね。 【2】えびに塩、こしょうをふり、【1】をからめ、パン粉をまぶす。 【6】野菜たっぷりコールスロー キャベツだけでなく、きゅうり、にんじん、コーンもあわせて彩りよく。 レモンとはちみつを加えた手作りドレッシングで。 【2】【1】がしんなりしたら、水けをしっかりと絞り、缶汁をきったコーンと合わせ、混ぜ合わせた【B】で和える。 【7】いちご入りスティックチーズケーキ 胚芽クラッカーを使っているのでとっても簡単&香り豊か。 細長く切って個包装にすると食べやすい。 クッキングシ ートを敷いた型に敷き詰め、冷蔵庫で20分冷やす。 【2】鍋に【A】を入れてザッと混ぜ、中火にかけ、アクを取りながら15分煮る。 50gを残してフードプロセッサー(またはミキサー)にかけてピ ューレ状にし、ざるでこす。 【3】ボウルに室温に戻したクリームチーズと砂糖を入れてよく混ぜ、生クリームを3回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。 【4】【3】に溶いた卵を5回に分けて加えてそのつどよく混ぜ、コーンスターチを加えてさらによく混ぜる。 【2】のすべてを加えてザッと混ぜる。 【6】しっかりと冷まし、ステ ィック状に切り分ける。 【8】クマのいなり寿司 かわいいクマちゃんが並ぶお便合箱のフタを開けただけで子供の喜ぶ顔が浮かびます。 ハムやチーズで少しずつ表情の違うクマちゃんを量産して。 そのまま冷ます。 【2】ボウルにご飯を入れ、混ぜ合わせた【B】を加えてしゃもじで混ぜ、【1】に等分に詰める。 【3】子どもの分には、ハムとチーズ、のりでクマの顔をつける。 【9】お花のくるくる肉巻き お弁当にもピッタリ!アスパラ、ウィンナーの断面がかわいらしく、海苔の黒もアクセントに。 【2】ラップを広げ、豚肉5枚を5mmずつずらして重ね、のり1枚をのせる。 その上に、【1】を1本のせ、下にミニウインナー3本を横に並べ、同様にあと3回繰り返す。 その中央にチーズ1本をのせて、くるりと巻く。 同様にもう1本作り、ともに片栗粉をまぶす。 【3】フライパンにサラダ油を弱~中火で熱し、【2】を転がしながら焼き、混ぜ合わせた【A】を加えて煮からめる。 冷めたら、食べやすい大きさに切る。 【10】ハートのかにかま卵焼き 卵焼きの切り口を合わせてハート形に。 同様にあと2回繰り返す。 【3】【2】が冷めたら厚さ2cmに切り、それぞれ斜め2等分にし、切り口を合わせてハ ート形にする。 教えてくれたのは 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立をつづ ったブログ「よめ膳@YOMEカフ ェ」が人気で、毎月200万アクセスを誇る。 女の子のママ。 『めばえ』2014年6月号 【11】キャンディーベジバーグ アイスのバーについたハンバーグ!子供心をわしづかみです。 12等分にしてアイスクリームバー(木製)を刺し、直径4cmほどの平丸形に形作る。 【2】フライパンにサラダ油を中火で熱し、【1】を並べ入れる。 2分ほど焼いてこんがりしたら裏返し、フタをして、弱火で4分ほど蒸し焼きにする。 ケチャップを添える。 【12】カップキッシュ アルミホイルで簡単キッシュ。 ミックスベジタブルも入っているので栄養満点、彩にも重宝するおかずです。 ソーセージは小口切りにする。 【A】を混ぜ合わせる。 【2】直径7cmほどの厚手のアルミカ ップ6個に【1】を等分に入れ、予熱したオーブント ースターで9~10分焼く。 途中、表面がこんがりしたらアルミホイルをかぶせる。 【13】カラフルパウンドおにぎり 海苔を敷いたパウンド型にカラフルなご飯を詰めるだけ!ピクニックなら、その場で切り分けるとみんなから歓声も上がりそう。 切るたびに違った断面が楽しめます。 【2】ラップを使 って、ボウルごとに丸おにぎりを4~5個作る。 サイズはバラバラでOK。 【2】を色が重ならないように入れ、スプーンの背で軽く押しながら詰めていく。 【3】で敷いたのりのはみ出し部分は内側に折り、水を少量つけて留める。 型底に敷いたラップで表面を包み、5分ほどなじませる。 【5】型から取り出してラップを外し、食べやすく切る。 電子レンジ(600Wの場合)で4分30秒ほど加熱する。 皮から実をすくい取ってボウルに入れ、フォークでつぶして冷ます。 枝豆はさやから出し、【A】とともにボウルに加えて混ぜる。 【2】ハムは半分に切り、レタスはひと口大にちぎる。 【15】カップチョップドサラダ カップに入っているので持ち運びが便利。 子供は「自分用」がとっても嬉しいのでサラダもペロリと食べてくれますね。 5cmの角切りにしてボウルに入れ、塩を振ってサッと混ぜる。 10分ほどおいてギュッともみ、水気を絞る。 きゅうりは1cm角に切る。 【2】ボウルで【A】を混ぜ合わせ、【1】、コーン、ミ ックスビーンズを和えて、カップに盛り付ける。 【16】ピーマンカップのタルタルグラタン ピーマンのカップなのでパクっと頬張って食べられます。 中に入っているのはマヨネーズ味のゆで卵とツナ。 ゆで卵は粗みじん切り、ツナは缶汁を切る。 【2】ボウルで【A】を混ぜ合わせ、ゆで卵、ツナを加えて混ぜる。 【3】【2】を6等分にしてピーマンに詰め、パン粉を振る。 オーブントースターでパン粉がこんがりするまで、8分ほど焼く。 フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、肉の皮面を下にして3分ほど焼く。 こんがりしたら返し、フタをして弱火で7分ほど蒸し焼きにする。 フライパンの余分な油をペーパータオルで拭き取り、【B】を混ぜて加え、よく絡める。 粗熱が取れたら食べやすく切る。 【2】食パンは麺棒で薄くのばす。 【3】きゅうりは斜め切り、サラダ菜、トレビスは食べやすくちぎる。 トマトは薄いくし形切り、ゆで卵は縦に4等分に、チ ーズは半分に切る。 パクチーは3~4cmに切る。 【4】【2】に【1】と【3】を好みでのせ、巻きながら食べる。 【2】直径約23cmの耐熱皿にオーブンペ ーパーを敷く。 電子レンジ(600Wの場合)で2分ほど加熱して、そのまま冷ます。 【3】残りの材料分は【2】を繰り返す。 【19】生春巻きサラダ 子供にはマヨネーズとオイスターソースを合わせた付けだれを。 【2】残りのきゅうり、レタス、大根、にんじんをせん切りにする。 巻き終わりの先に【1】のえびときゅうりを3切れずつ交互に置いて両端を内側に折り、最後まで巻く。 残りも同様に6本作り、食べやすく切る。 【4】【A】を混ぜ合わせ、スイートチリソースとともに添え、【3】につけながら食べる。 【20】豚バラと野菜の串焼き 串にささっているので食べやすい。 【2】竹串に【1】を1本、じゃばら状にした豚肉1枚、ししとう1本、豚肉1枚の順に刺す。 残りも同様にして串を6本作り、塩、粗びき黒こしょうを振る。 【3】フライパンにサラダ油を入れて強めの中火で熱し、【2】を並べ入れる。 フライ返しで軽く押さえながら、こんがりと焼き色がつくまで2分ほど焼き、返してさらに弱火で3分ほど焼いたら【A】を絡める。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 『めばえ』2016年8月号 冷めてもおいしい持ち寄りレシピ!フィンガーフードなら子どもも食べやすい! 【1】ワンタンカップのポテトサラダ ワンタンの皮が器に。 盛り付けたらまとめてトースターで焼くなので簡単にたくさん作れます。 【2】じゃがいもは皮をむいて1. 5cm角に切り、水からゆでて熱いうちにつぶし、缶汁をきったツナ、マヨネーズ、酢、塩・こしょう・砂糖を混ぜる。 【3】容器から出した【1】に【2】を盛り、ゆでて星形に抜いたにんじん、刻んだミニトマトを飾る。 【2】ハムのミニロールパイ ハムとパイを巻いて切って焼くだけ。 簡単なのにとってもおいしく、子供たちに人気のメニュー。 手前からしっかりと巻き、巻き終わりを手で押さえて形を整える。 【2】【1】を包丁で8等分に切り、渦巻きの断面が見えるようにオーブンシートを敷いた天板に並べ、手のひらで軽く押しつぶす。 卵黄と牛乳を混ぜて塗る。 【3】きゅうりボート たらことチーズがよく合います。 ボートに見立ててコーンを並べたら彩りもとってもキレイ。 クリームチーズとたらこを混ぜてのせ、コーン3粒をそれぞれに飾る。 【4】シーフードカナッペ かにと小えびをマヨネーズで。 クラッカーに載せて食べたら大人も満足なオードブルに。 あれば刻んだパセリを散らす。 *具は食べる直前にのせる。 【5】カマンベールチーズフォンデュ カマンベールチーズの上をくりぬき、チーズに牛乳を加えてとろ~り!お好きなものをチーズにくぐらせいただきましょう。 ウインナーはゆでてから食べやすい大きさに切る。 フランスパンは2~3cm角に切る。 【2】カマンベールチーズは表面に丸く切り込みを入れて表面を薄く削り取る。 オーブンシートを敷いた耐熱皿にのせ、電子レンジ(600W)で1分30秒~2分加熱する。 途中ふつふつしたら取り出し、牛乳を入れて軽く混ぜ、さらにチーズが溶けるまで加熱して軽く混ぜる。 【3】器に【2】と【1】を盛り、野菜やウィンナーに溶けたチーズを絡めながら食べる。 *大人用には少量白ワインを加えても。 【6】フライドチキン照り焼き味 チューリップにするほんのひと手間が食べやすく、パーティー感をアップさせます。 ちょっと和風なのでパクパク食べやすい。 切り込みから骨を出し、細いほうの骨を逆に倒すようにして取り出す。 肉をめくるようにして、太い骨からはがす)。 ビニール袋に入れて【A】を加え、袋の上からもみ、2時間以上おく(時間がないときはしょうゆを少し多めに入れ、漬けずに作る)。 【2】【1】に混ぜ合わせた【B】を加え、袋の上から軽くもんでなじませる。 【3】【C】を混ぜ合わせて、【2】にまぶしつけ、5分くらいおいて手で握るようにして形を整える。 *チューリップ型はお肉屋さんでもしてもらえます。 【7】スティック春巻き ほんのり甘いカボチャのスティック。 チーズとハムの塩味がきいていて後ひくおいしさ。 チーズは5mm幅のスティック状に切る。 巻き終わりを混ぜ合わせた【A】で留める。 【8】えびフライの天むす風おにぎり 子供にはまずお腹いっぱいにさせることが大切です。 市販品を使ってパパッと作って、一つでも満腹感をしっかり感じる天むす風おにぎり。 【2】ラップにご飯を6等分してのせ、【1】を芯にして包むように三角形ににぎる。 塩をまぶし、のりを巻く。 【9】型抜きサンドイッチ 「自分の分は自分で」と、型抜きから子供たちと一緒にやるのも楽しそう!型や具はお好みのものでどうぞ。 【2】星型の大・中でパンを2枚ずつ抜き、片面にバターを塗り、大で【1】を、中で星で抜いたハムをはさみ、星の小型で抜いたチーズとともにピックで留める。 【3】ハートやツリーなどの型でパンを2枚ずつ抜き、片面にバターを塗り、チョコクリームやジャムをはさむ。 上になるパンは小さい型で抜いて中身が見えるようにしても。 *30分以上冷やすと、しっとりとなじんでおいしい。 型がない場合は包丁で切るか、瓶のふたなどの丸型で抜いても。 【10】カステラの一口ケーキ 小さく切ったカステラを用意したら、後は小さなアーティストに飾りつけは任せてもOK!思い思いのかわいらしくておいしいケーキを作ってくれるでしょう。 合計6組のケーキ台を作る。 【2】フルーツは小さめに切る。 【3】【1】のカステラの間にホイップを絞ってはさみ、上にもホイップを絞る。 【2】やチョコスプレーなどを飾る。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 11歳と6歳の女の子のママ。 『めばえ』2015年12月号 次のページでは大人のおつまみにもぴったりなレシピをまとめました!.

次の

自宅で盛り上がるホームパーティーの料理は?おすすめメインメニューまとめ

ホームパーティー 料理

【材料】• 卵…2個• 牛乳…100cc• 粉チーズ…大さじ1• 塩こしょう…少々• プチトマト…3個• ベーコン…1枚• パイ生地を6等分にして薄く伸ばす。 マフィン型に入れて形を整えフォークで穴を開ける。 トマトを半分、ベーコンを細切り、玉ねぎを薄切りにする。 ボウルに玉ねぎを入れてラップをかける。 電子レンジで2分間加熱する。 ボウルに卵を割り入れ、牛乳、粉チーズ、塩こしょうを加えて混ぜる。 玉ねぎ、ベーコンを加えて混ぜる。 焼きあがったパイ生地にスプーンの背を押し当てて、型に沿うように整える。 卵液を流し入れ、プチトマトをのせる。 器に盛り付けて出来上がり。 【材料】• ローストビーフ…1パック• 生ハム…1パック• きゅうり…1本• キウイ…1個• 人参…50g• サラダかまぼこ…4本• ミニトマト…4個• クリームチーズ…60g• じゃがいも…1個• 牛乳…小さじ2• 塩こしょう…少々• バター…10g 【作り方】• きゅうりをピーラーで薄く剥く。 キウイを一口サイズに、人参はせん切りにする。 サラダかまぼこを2cm幅に切る。 じゃがいもの皮を剥き、一口サイズに切る。 茹でて粉ふき芋にしたじゃがいもを潰す。 牛乳、塩、こしょう、バターを入れて混ぜる。 2cm程度のボール状に丸める。 具を巻いて竹串で留め、皿に並べたら出来上がり。 【材料】• じゃがいも…中3個• 卵…2個• 牛乳…大さじ1• スモークサーモン…1パック(80g)• ディルまたはイタリアンパセリ…適量 〈A〉• マヨネーズ…大さじ2• マスタード…大さじ2• 塩コショウ…適量(しっかりめに)• クリームチーズ…大さじ3 【作り方】• じゃがいもを洗い、濡れたままラップに包む。 電子レンジで4〜5分ほど加熱する。 加熱している間に卵と牛乳を溶き合わせる。 しっかり熱したフライパンで混ぜながら炒める。 じゃがいもの皮を剥き、フォークなどを使って潰す。 Aの調味料と炒り卵を加え混ぜる。 ラップを使って丸めて、スモークサーモンで包む。 仕上げにディルまたはイタリアンパセリを乗せて出来上がり。 【材料】• 鶏骨付もも肉…1本• しょうゆ…小さじ2• みりん…小さじ2• にんにくチューブ…2〜3cm• 塩コショウ…少々• オリーブオイル…少々• じゃがいも…1個• ミニトマト…2〜3コ• ブロッコリー…50g 【作り方】• 鶏肉にフォークで穴を開ける。 塩コショウを擦り込んで30分以上置く。 じゃがいもとブロッコリーを食べやすい大きさに切る。 熱したフライパンにサラダ油をひき、鶏肉を皮目を下にして焼く。 じゃがいも、ブロッコリー、ミニトマトを入れて蓋をし、弱火で15~20分程焼く。 しょうゆ、みりん、砂糖、にんにくを混ぜる。 煮立たせたら弱火で2分くらい煮詰める。 器に盛り付けて出来上がり。 【材料】• 牛肩ロース… 350g• 塩こしょう…適量• にんにく…1片• 赤ワイン…200ml• オリーブ油…適量• トマト缶…1缶 〈A〉• 水 150ml• タイム 1枝• ローリエ 1枚 〈B〉• 蜂蜜 大さじ1• ケチャップ 大さじ2 【作り方】• にんにくを薄切りにする。 5cm位の角切りにした牛肩ロースに塩コショウを振る。 熱した鍋にオリーブ油をひき、にんにくを炒める。 香りが出たら牛肉を入れ、表面に焼き色がつくまで焼く。 赤ワインとAを加えて蓋を閉じ、弱火で30分煮込む。 Bを加えて蓋を閉じ、更に30分煮込む。 器に盛り付けたら出来上がり。 【材料】• 牛ひき肉…1kg• ハム…4〜6枚• スライスチーズ…6枚• ほうれん草…1カップ• ベーコン…12枚 〈A〉• 卵…2個• パン粉…1カップ• 塩…小さじ2• こしょう…小さじ1• ガーリックパウダー…大さじ1 【作り方】• ボウルに牛ひき肉とAを加え、スプーンで混ぜ合わせる。 鉄板にアルミホイルを敷き、牛ひき肉を敷き詰める。 ハムとチーズ、ほうれん草を乗せ、手前から奥に巻きあげる。 重ねながらベーコンを並べて巻きつける。 180度のオーブンで25分程焼きあげる。 アルミホイルを取って裏返しにする。 260度に温度を上げ、ベーコンに焼き色がつくまで焼く。 器に盛り付けたら、適度な大きさにカットして出来上がり。 【材料】• 枝豆(ゆでてむいたもの)…70g• 塩…適量• 片栗粉…小さじ1• 水…小さじ1• 大根おろし…適宜 〈A〉• 豚ひき肉…200g• 薄力粉…小さじ1• 山椒の粉…小さじ1• かつおだし…100㏄• 枝豆を塩を入れた湯(分量外)に入れて2分半程ゆでる。 ざるに上げてさやから豆を取り出し、薄皮を剥く。 ボウルに枝豆とAを入れて、粘りが出るまで手で混ぜる。 片栗粉と水を合わせる。 小鍋にBを入れて中火にかける。 ひと煮立ちしたら、4でとろみをつけて火を止める。 フライパンに7等分した3を丸く形作りながら並べ入れる。 ごま油をまわしかけて中強火にかける。 焼ける音がしてきたら蓋をして中火にする。 両面に焼き色が付いたら余分な油をキッチンペーパーで拭き取る。 6を加えて蓋を閉じ、中弱火で1分ほど煮る。 器に盛り付けて、大根おろしを乗せたら出来上がり。 【材料】• 牛もも肉(脂なし)…240g• 塩…0. 黒こしょう…少々• 大根…160g• 人参…20g• 青じそ…4枚• カットわかめ…4g• 水…少々 〈A〉• しょうゆ…小さじ2• 牛肉に塩こしょうを振ってすり込む。 熱した焼き網に乗せて強火で表面を焼き、氷水につけて冷ます。 取り出して水気を拭き取り、5〜6mm程度の厚さに切る。 大根と人参をせん切りに、わかめは水に浸けて戻してから水気をきる。 鍋にAを入れて煮立てる。 水で溶いたコーンスターチを加えてとろみをつける。 器に青じそを敷き、牛肉を乗せてタレを添えたら出来上がり。 【材料】• 鶏もも肉…1000g• 卵…2個• 薄力粉…50g• 片栗粉…150g 〈A〉• すりおろしニンニク…小さじ1• すりおろし生姜…小さじ1• 塩…少々• しょうゆ…60ml• 酒…60ml 【手順】• 鶏肉の余分な脂や皮を取り除く。 一口大に切ってボウルに入れる。 Aと卵を入れて混ぜ合わせる。 薄力粉を加えて混ぜ合わせたら、2時間以上冷蔵庫で休ませる。 ボウルに片栗粉と水を入れてかき混ぜる。 鶏肉を5に浸け、160度に熱した油で2〜3分ほど下揚げする。 取り出して余熱で火を入れる。 180〜190度の油で2度揚げする。 器に盛り付けたら出来上がり。 【材料】• ロメインレタス…5~6枚• プチトマト…10個• ベビーリーフ…適量• ベーコン…80g• パルメザンチーズ…大さじ1• クルトン…適量 〈A〉• マヨネーズ…大さじ5• 白ワインビネガー…大さじ1• パルメザンチーズ…大さじ2• 砂糖…小さじ1• オリーブオイル…大さじ1• レモン汁…大さじ2• プレーンヨーグルト…大さじ1• ホワイトペッパー…少々 【作り方】• ロメインレタスを手でちぎる。 ベビーリーフと共に冷水に取る。 トマトを4等分にする。 5mm角に切ったベーコンをカリカリに炒める。 Aを混ぜ合わせてドレッシングにする。 ロメインレタスとベビーリーフを皿に盛り付ける。 ドレッシングをかけ、プチトマトと焼いたベーコンを乗せる。 パルメザンチーズを振り、クルトンを散らして出来上がり。

次の

盛り上がること間違いナシ! ホームパーティーのアイデアまとめ

ホームパーティー 料理

「これからの女子会はホームパーティーだ!」 昔から女子会というものはありましたが、 最近の女子会は少し進化しています。 というのも、ホームパーティーのクオリティーが上がっているからです。 料理のクオリティーや種類が増えていたり、 パーティーの雰囲気がアメリカンな感じになってきているのが原因でしょうね。 単に女子たちが集まって、コンビニで買ってきた惣菜なんかでしっぽり過ごす時代は、もう無くなってきているのかもしれませんね。 ということで、今回は 女子会にあれば嬉しいおしゃれな持ち寄り料理を紹介していきます。 簡単に作れるおつまみレシピばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 人気コンテンツの目次• ホームパーティーの料理は見た目が大事!雰囲気を盛り上げる効果がある ホームパーティの料理は、味もさることながら 見た目も大事です。 お洒落な一品は気分も上がりますし、ワインも進みますからね。 ホームパーティーは、気の合う友人たちとの ごくごく限られた時間を最大限楽しみたいものです。 だからこそ、 最高の料理があればより最高の時間を過ごすことができますよ!! おしゃれが大好きな女子たち!! 服装などの見た目だけではなく、料理もおしゃれなものを作って 最高の女子会を満喫しちゃいましょう。 そこで今回は、加熱調理をほとんど行わないのが特徴の 「アンティパスト」というジャンルからお手軽な料理をご紹介します。 凝った料理を出すイタリア料理では、どうしても調理に時間がかかります。 そこで先ずは、 「これを食べて、続く料理をお待ちください」という意味で提供されるものとなっています。 さらに、この前に アミューズブーシェを取り入れる場合もありますが、こちらは食べる目的というよりはより 見た目と オリジナリティを重視します。 アミューズの名の通り、 来てくれたゲストを楽しませるという目的がありますよ。 サーモンのサラダ・ヴィネグレット 出典: ここで使用するサーモンは、 イタリア料理で最もよく見るお魚です。 ちなみに、サーモンの代わりに生ハムを用いても美味しく仕上がりますよ。 2種類のお酢を使う事により、 白ワインの甘さのある芳香と バルサミコ酢の熟成された深みのある香りがよく合います。 とっても簡単なので、ぜひ挑戦してみてください!! サーモンのサラダ・ヴィネグレットの材料• サーモン• ベビーリーフ• オリーブオイル• ディルの葉• 白ワインヴィネガー• バルサミコ酢 サーモンのサラダ・ヴィネグレットの作り方 参考動画 工程1 ベビーリーフは良く水洗いしてから同じ大きさに切った水菜と混ぜておく。 そこに白ワインヴィネガー、みじん切りにしたディルの葉、塩、胡椒、オリーブオイルを混ぜたドレッシングをかけて軽く混ぜ合わせる。 工程2 一口大になるように皿に等間隔で盛り、その上にスライスしたサーモンを乗せます。 こうすることでサーモンの自重でサラダを押さえつけることが出来るため、フォーク1つですべて口に運ぶことが出来ます。 工程3 最後にサーモンの上にバルサミコ酢をつまようじで涙滴、もしくはハート型に乗せてから千切ったディルの葉を乗せて完成です。 ブルスケッタ・アッラ・プッタネスカ 出典: 炙ったものを意味する ブルスケッタに、 娼婦風という意味合いの プッタネスカベースの材料を合わせたアンティパストです。 ケッパーを使用しますが、好みによってはエストラゴンでも構いません。 しかし、セージ系統のものはどうしても味のばらつきを生むので お勧めしません。 ブルスケッタ・アッラ・プッタネスカの材料• バゲット• トマト• ケッパー• オリーブ• オリーブオイル• 玉ねぎ• パセリ• 塩コショウ• マスタード• レモン汁 ブルスケッタ・アッラ・プッタネスカの作り方 工程1 バゲットは手の幅程度の断面になるように切って軽くトーストします。 工程2 トマトは角切りに、オリーブは輪切りにしてみじん切りの玉ねぎと共に混ぜ合わせます。 そこにオリーブオイル、ケッパー、塩コショウ、マスタード、レモン汁を加えてマリネします。 工程3 仕上がったらバゲットの上に乗せ、上からパセリを振ります。 お好みでチーズをかけてからトーストし、チーズが溶けるくらいで取り出して食べても美味しく頂けます。 加熱調理をするアンティパスト ジャガイモとチーズのキッシュ 出典: キッシュは、パイ生地に様々な食材を入れて焼いた家庭料理です。 こちらはフランス生まれではありますが、中世の食文化において密接であった両国ではレシピや料理人による交流が盛んにおこなわれました。 なので、この料理もその時に定着したと言われ、 今でもイタリア料理のコースによく出されます。 ジャガイモとチーズのキッシュの材料• じゃがいも• 粉チーズ• 生クリーム• パイ生地• バター ジャガイモとチーズのキッシュの作り方 参考動画 工程1 ジャガイモは茹でるかレンジで柔らかくしてからマッシャーで潰します。 工程2 そこに粉チーズ、塩、胡椒、生クリーム、卵黄を加えてしっとりするぐらいまで混ぜます。 工程3 全体的に馴染んで行き渡ったらパイ生地を敷いたパイ型に入れて表面を調え、もう一枚のパイで覆います。 工程4 最後に上に卵黄を塗ってからオーブンで焼き上げます。 他にもパンチェッタを入れたり、アンチョビをアクセントにしたり、ホウレンソウで食感を足しても良いアレンジになります。 また、別途に暖かいホワイト系やブラウン系のソースをかけても美味しく召し上がれます。 まとめ 盛り付けの コツは 手前を低く、奥を高くを原則として行うと綺麗に仕上がります。 それ以外には色彩が偏らないようにすることや、統一感ある盛り方(渦巻や山型など)にするというものがあります。 しかし、それでもこの盛り方が正解だという形はありません。 ですので、自分がこれで良い仕上がりだと思えるようなものがベストですよ。 【関連】 最後までお読みいただきありがとうございます。 この記事が良ければ、SNSボタンでシェアをよろしくお願いいたします。 あなたの親切がモチベーションに繋がりますので、よろしくお願いいたします。

次の