結婚式 親族のみ 費用。 親族のみのお食事会結婚式

これで完璧♡親族のみの結婚式(少人数婚)の準備・演出まとめ

結婚式 親族のみ 費用

沖縄の【結婚式費用】の相場は? まず、「沖縄結婚式にかかる費用」から見ていきましょう。 データはこちらです。 おおむね、【50~200万円未満】が費用の相場と言えそうです。 つづいて「ゲストの旅費」についてお届けします。 【ゲストの旅費】を考えよう リゾートウェディングをするなら考えておきたいのが「ゲストの旅費」。 遠方のリゾート地だと、距離のぶん旅費が高くなりますよね。 「あまりたくさんの旅費をゲストに払ってもらうのは申し訳ない」 ということで、リゾートウェディングを挙げる場合は、ゲストの旅費を新郎新婦で負担することが多いようです。 沖縄リゾートウェディングでも、 Q. 挙式の列席者の旅費を負担しましたか? すべて負担した 31. では、「ゲストの旅費負担」には総額どれくらいかかるのでしょうか? 一番多いのは、【10~20万円未満】で19. 7割以上の人が、【60万円未満】には収まっているようです。 また、「新郎新婦ふたりの旅費」はこちら。 金額にバラつきがありますが、一番選んでいる人が多いのは【10~14万円未満】ですね。 【総費用】はいくら? さて、ここまでで「結婚式費用」と「旅費」それぞれの平均額がわかりました。 2つを合わせると、沖縄ウェディングの「総費用」は大体こんな感じです。 これはあくまで目安であって、どこから行くか、何人呼ぶかなど、条件によって額は変わってきます。 「節約する方法はないの?」 もちろんありますよ。 続いてその方法をお届けします。 費用をおさえるには? では、費用をおさえる方法3つと注意点をご紹介します。 方法1 お金をかけるところ・節約するところを明確にする 費用を抑えるコツ1つ目は、 「お金をかけるところと節約するところのメリハリをつける」こと。 たとえば、ゲストをもてなす料理にはお金をかけて、派手な演出は控えるなど。 大げさな演出をしなくても、「沖縄の豊かな自然の中でゆったり過ごす」というだけで、ゲストは満足してくれるかもしれません。 「旅費をおさえたい」という人は格安航空会社を使うのも一つの手です。 方法2 オフシーズンに結婚式を挙げる 旅行には、人の少ない「オフシーズン」がありますよね。 沖縄のオフシーズンは、 ・海で泳ぐには寒い12月~2月 ・連休のない4月と11月 だと言われています。 オフシーズンだと飛行機代や宿泊費が安くなりやすいので、結婚式費用をおさえるのにも効果的です。 方法3 二人だけで結婚式を挙げる リゾート地で結婚式を挙げる場合、悩みの種になりがちなのがゲストの旅費負担。 「いくらゲストが少人数といっても、1人何万円もかかるのはキツイかも・・・」 そんな場合は、思い切って二人だけで結婚式を挙げるという選択もあります。 「でも、さすがに全部二人きりっていうのはどうかなあ・・・」 と思った人。 先輩カップルの中には、沖縄で挙式したあと、地元でささやかな「お披露目パーティー」を開いた人もいるようです。 参考にしてみてはいかがですか? 節約するときはココに注意! 節約については注意してほしいことがひとつあります。 それは、 「ゲストに旅費を全額負担してもらい、さらにご祝儀までいただくのはマナー違反」 ということ。 沖縄のようなリゾート地へゲストを招待するときには、つぎの2つのうちどちらかを選びましょう。 新婚旅行を兼ねるといくらに? 「せっかく沖縄で式を挙げるなら、一緒に沖縄旅行も楽しみたい!」 という人は多いはず。 気になる新婚旅行の費用はどれくらいかかったのでしょうか? 【10~20万円未満】が37. ちなみに日数は【5日間】が29. 5%、【3日間】と【4日間】がそれぞれ24.

次の

明治神宮での結婚式!親族のみの費用はどれくらい?|ブライダルフェアから始まる結婚式の悩みを解決するサイト

結婚式 親族のみ 費用

家族や親族のみの少人数結婚式の費用相場は? 少人数の場合、費用の相場はゲストが20~30名の場合で50~120万円ほどと言われています。 結婚式費用としてはそこまで高額でないために、新郎・新婦が全額を負担するケースも多いですが、両親から援助があったり親族からご祝儀をはずんでもらったりすると、それだけである程度の金額がまかなえる場合もあります。 親族で年配のゲストが多い場合、5~10万円のご祝儀が見込め、友人のご祝儀相場である3万円より高額であるためその分自己負担は少なくなります。 ただ、結婚式の時期や会場や料理のグレードなどによっても、提供されるプランはさまざまです。 まずは自分たちが結婚式をしたいエリアでどのくらいの金額の少人数プランが提供されているか確認し、相場をつかみましょう。 少人数結婚式の人数による内容の違い <10名前後の場合> 両家のご両親と新郎新婦で既に6名となるため、兄妹なども合わせると、家族だけの結婚式となります。 挙式だけで済ませる方もいますが、両家にせっかく足を運んでもらうため、「挙式+食事会」をセットにして、両家の親睦を深める機会と考えられる方が多いです。 <20名前後の場合> ご家族に加え、祖父母や叔父叔母、従妹や従妹の子どもなども呼べる規模となるため、親族のみの結婚式になります。 こちらも10名規模の場合と同様、披露宴というより「挙式+食事会」での結婚式スタイルが多いです。 ただ、料理と歓談を楽しむだけではただの食事会となってしまうため祝辞や乾杯の発声、親への花束贈呈など披露宴の要素を少し入れてみるとメリハリがでます。 家族・親族のみの少人数ならではの演出 少人数だからこそ可能なお料理の内容や演出にこだわってみましょう。 まずお料理ですが、20人、30人規模の場合ゲスト一人ひとりに違う料理を出すことは難しいですが、ゲスト層に合わせた料理を中心にセレクトすることは可能です。 おふたりの出身地の食材をベースした、オリジナルのコース料理を楽しんでいただくのはいかがでしょうか? 次に演出ですが、家族や親族のみといっても、なかには久しぶりに会う親戚もいるかもしれません。 おふたりの小さな頃から現在までの成長ぶりがわかるようなアルバムやスライドをスクリーンに流すアイデアは人気があります。 また、手作りの席札で一人ひとり手書きのメッセージを添えておくなど、少人数だからこそできる演出で感謝の気持ちを伝えてください。 少人数(40名以下)• レストランウエディング• 一軒家・邸宅貸切• ガーデンウェディング.

次の

親族のみのお食事会結婚式

結婚式 親族のみ 費用

家族・親戚のみの結婚式とは? 家族のみの結婚式の特徴 家族・親族のみの結婚式は「家族婚」「ファミリー婚」などと呼ばれ、両親、兄弟姉妹とその家族を中心に、叔父叔母やいとこといった親族を招待する少人数の結婚式です。 ・アットホームな雰囲気 ・参加者が少ないので準備が楽 ・全体の費用が抑えられる といった特徴があります。 少人数の結婚式を挙げる人はどのくらいいる? 「ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ」によると、 全国:13. だいたい 7、8人に1人は少人数の結婚式を挙げているといえます。 親族はどこまで招待する? 家族・親族だけの結婚式はどこまで招待すべきなのか悩んでしまうこともあります。 招待ゲストの例をご紹介します。 1 新郎新婦+両親(6人前後) 家族婚の最少人数。 両家顔合わせに近い雰囲気になるでしょう。 2 新郎新婦+両親、兄弟姉妹とその家族(15人前後) 互いの兄弟姉妹の家族も招待。 小さい子供がいると場がなごみます。 3 新郎新婦+両親、兄弟姉妹とその家族、叔父叔母(30人前後) 仲のいい従兄弟(いとこ)を呼んでもいいですね。 4 両親、兄弟姉妹とその家族、叔父叔母、親しい友人 家族・親族だけの結婚式だけど、どうしても親友を数人呼びたい……!という方も多いはず。 ただし家族親族の中に、友人が数人だけだと居づらいと思う人も多いので、家族ぐるみの付き合いのある友人に限定するといいでしょう。 会場の収容人数に注意 たいていの会場は収容人数の下限・上限が決まっています。 会場と招待ゲスト、どちらか先に決めてしまうと人数が合わない場合があるので、平行して検討するといいでしょう。 家族・親族のみの結婚式プランと費用 ゲストが家族や親族だけの場合、下記のような少人数ならではのシンプルなプランが可能です。 (1)挙式のみ (2)食事会のみ (3)挙式+食事会 それぞれのプログラム例と、目安の費用をご紹介します。 (1)挙式のみ 教会式のプログラム例をご紹介します。 1 新郎入場 2 新婦入場(父親と一緒に) 3 賛美歌斉唱 4 神父の聖書朗読 5 誓いの言葉 6 指輪の交換 7 誓いのキス 8 結婚証明書署名 9 新郎新婦退場 10 ゲストお見送り プログラムのポイント 教会のチャペルや、神社で挙式のみ行います。 プログラムは一般的な挙式と同じです。 だたし、一般的な挙式は退場する新郎新婦をゲストが見送って終わりますが、挙式のみの場合は、新郎新婦がゲストをお見送りするのがおすすめです。 一人ひとりにプチギフトを手渡して「来てくれてありがとう」と感謝を伝えましょう。 所要時間:30分~1時間 費用目安 10万~30万円。 賛美歌や神父が不要な「人前式」は費用が抑えられます。 (2)食事会のみ 挙式は行わずに、食事会のみ行うパターン。 1 受付 2 新郎新婦入場 3 ウェルカムスピーチ(新郎新婦) 4 乾杯挨拶(どちらかの父親) 5 ケーキ入刀 6 歓談 7 新婦の手紙朗読・記念品贈呈 8 新郎挨拶 9 新郎新婦退場 10 ゲストお見送り プログラムのポイント 食事会だけだと盛り上がりに欠ける場合があるので、結婚式定番の「ケーキ入刀」や「花嫁の手紙」を組み込むのがおすすめです。 所要時間:2時間程度 費用目安 50~100万円 (3)挙式と食事会を行う 挙式の後、食事会を行います。 家族・親族のみの結婚式で一番多いスタイルです。 プログラムは(1)(2)を続けて行うのを想像していただけたらと思います。 挙式と食事会が同じ会場なら準備が楽ですが、別々の場合はそれぞれのプランナーさんと打ち合わせが必要です。 費用目安 60万~150万円。 費用は人数や会場によって大幅に異なりますが、大人数の「挙式+披露宴」よりは全体の費用がおさえられます。 ご祝儀 上記いずれのスタイルの場合も、基本的にはご遠慮しますが、特に親戚ゲストはご祝儀を持参するのが当たり前だと思う人も多く、結局はいただく場合が多いようです。 少人数の結婚式の場合、事前にご祝儀をくださる親戚もいると思うので、当日その方に失礼にならないよう、受付は設けない方がいいでしょう。 控室などで親が受け取るように配慮しましょう。 引き出物 引菓子とプチギフトのみ用意するといいでしょう。 プチギフトはゲストをお見送りする際に渡します。 ご祝儀をいただいた場合は、後日、半額程度の内祝いを個別にお返しします。 招待状 新郎新婦・両親・兄弟だけであれば、招待状はなくてもいいでしょう。 祖父母やおじおばなど親戚を招待する場合は準備したほうが丁寧です。 ご祝儀を辞退する文面 ご祝儀を辞退する場合は、下記の例文のように事前に招待状でアナウンスしておきましょう。

次の