ストレージの空き容量がありません android。 スマホのストレージ空き容量を手っ取り早く確保する方法5選

Androidスマホの保存容量が少なくなったときの対処方法。ストレージをチェック!

ストレージの空き容量がありません android

Android端末は外部SDカードを挿す事ができますので、大きいファイルや画像などを外部SDカードに保存する事で、内蔵メモリ 内部ストレージ の容量を大幅に節約する事ができます。 Android用のアプリは外部SDカードに移動できる物も多いので、購入時に内部メモリの容量をあまり気にする必要がありません。 しかし、システム、またはアプリのアップデートや新しいアプリを落とす時などは、内部メモリの容量が必要になってきますので、ある程度の余裕が無いとアップデーターが有るアプリを開く事ができないという事態にもなりかねません。 今回は 「不要なアプリは削除したし、画像や動画も整理したのに・・・何故か容量が足りない」という時に内部メモリを整理して容量を増やす お掃除方法をご紹介します。 ページコンテンツ• 基本的なお掃除 まずは基本的な掃除方法をご紹介します。 「既に手は尽くした」という方は、次の方法まで読み飛ばしてください。 写真・動画の仕分け 画像・動画をGoogleフォトやDropBox・外部SDカードなどにバックアップします。 端末の中を徹底的にお掃除 Android端末では、整理をしているにも関わらず、容量が厳しいという事が多々起こります。 その原因のファイルを全て洗い出して、徹底的にお掃除する方法をご紹介します。 不要ファイルを一つずつ探して削除していては 時間が幾らあっても足りませんので、アプリにお願いして一括整理してしまいます。 Androidの定番ファイラー「ESファイルエクスプローラー」のアナライズ機能を使って整理します。 しかし、万が一の事もありますので、ファイルの削除に関しては全て自己責任でお願いします 次に「ごみファイル」をタップしてゴミを掃除します 「古いAPK」「不要な広告」やサムネイルなど選択して「今すぐクリーニング」をタップ 「アプリに関するフォルダー」はアプリで使用した一時データやサムネイルなど、不要なファイルを直接削除する事ができます。 容量パンパン 25G以上 だった端末が19. 43Gまでスリムになりました。 私は、大きいアプリは全てSDカードに移動していますので、不要なファイルだけで5. 5ギガもあったという事になりますね。

次の

Androidスマホ、内部ストレージの空き容量を増やす方法

ストレージの空き容量がありません android

Androidの内部ストレージとは、 Android本体に最初から内臓されているデータ保存場所です。 購入時には、Androidに必須なシステムアプリ、連絡先やカメラなどの基本的なアプリ、メーカーアプリなどがあらかじめ保存されています(プリインストール)。 購入後に撮影した画像データや、後からインストールしたアプリなども、基本的に内部ストレージに保存されます。 内部ストレージの容量は、機種により違い、内臓されているため後から増やせません。 そのため、Androidを何もせず使い続ければ、空き容量がなくなり端末の動作にも影響を与えます。 つまり「内部ストレージ不足」になります。 対して、 外部ストレージはSDカードのことで、Androidに後から挿入してデータを保存できる小さな保管庫です。 家にたとえると、内部ストレージは最初からある収納のことで、外部ストレージは後から買ってきた本棚などの収納のことです。 「設定」の開き方は、あれば 設定アプリから、 または端末上部の通知バーを下ろし右上の歯車から開きます。 この例は、内部共有ストレージが内部ストレージになります。 合わせて「メモリ」と言われることも多く、ストレージ容量が足りない時に「メモリ不足」と表現することもあります。 設定内のメニュー内容などは機種により多少違いますが、同じようなものを探して開くか、設定上部の検索バーで「ストレージ」と検索しましょう。 実際は、端末のメモリ容量不足の場合は1~2つのアプリ削除で解決できないことも多く、端末に入っている知らないアプリが原因になっているケースがあります。 その場合は2つ目の方法を試しましょう。 Android端末の「設定」から「アプリ」を開き、表示されたアプリから必要のないアプリをひとつずつ削除します。 この時に 「無効にする」と出てきたら、システムアプリなど 削除できないもののため、削除せずに「アップデートの停止」があればそれだけ実行しましょう。 というのも、 一旦無効にしたアプリを復活させるには端末初期化する必要があり、 無効化操作は望ましくないためです。 最後に、 内部ストレージから希望のデータだけをSDカードに移動する方法をご案内します。 カメラなどのアプリは、 SDカードが入っていれば、設定から「保存先」をSDカードに設定できます。 設定後の新しいデータはSDカードに保存されるため、毎回データを移動しなくて済みます。 SDカードを入れたら、カメラのデータ保存先を変更しましょう。 ただし、LINEなどのアプリから画像などの保存や、Webからファイルなどをダウンロードする際は、本体の内部ストレージに保存されるため、3番目の方法で定期的にデータをSDに移動して端末メモリの空き容量を増やしましょう。 SDカードのメリットは、AndroidにSDカードを入れるだけで大容量の外部ストレージを確保できるため、SDカードの容量さえあれば内部ストレージの容量を確保できることや、SDカードの規格が合えば機種変更時もこの方法でデータの移動ができることなどがあります。 デメリットは、画像などを移動すると撮影日時がデータを移動した日時に変わってしまうことや、端末ごとSDカードを紛失した場合はデータも紛失してしまう可能性があることです。 そのため、PCやクラウドサービスも併用してバックアップをとりましょう。 また、SDカードにデータが転送できない場合は、下記リンク先の記事を参照ください。 AndroidでUSB接続メニューを選択すると、 PC側でエクスプローラー(機種名が表示されたフォルダ)が起動するため、 移動したいデータがあるフォルダを開いて、通常のPCの 「コピー」または「移動」操作で、PC内の任意の場所(フォルダ)に移動します。 こちらも、 移動中にデータ破損する可能性があるため、コピーをとってからAndroid内のデータを削除する方法をオススメします。 また、 コピーや移動中は、PC操作をせずに完了するまで待ちましょう。 このメリットは、確実にデータのバックアップをPCにとれるため、PCが故障さえしなければデータの安全性は保たれます。 デメリットは、データ転送用USBケーブルが無ければ準備が必要になること、またPCを共有している場合は、フォルダにパスワードを設定するなど自分でセキュリティ管理が必要になります。 最後にご紹介するのは、 クラウドサービスを利用する方法です。 クラウドサービスとは、クラウドというインターネット上のサーバーにオンラインでアクセスし、端末のデータをバックアップしたり、端末紛失時などデータを復元したりできるサービスです。 つまり、 インターネット上のデータ保管庫です。 インターネットと聞くと不安になる方もいらっしゃるでしょう。 しかし、現在のクラウドサービスは セキュリティも確立されており、 無料で一定の容量を利用でき、 同じアカウントでPC・スマホ等どの端末からも同じデータを共有できるため、 万が一の時のためにも利用されると良いでしょう。 SDカードやPCによるデータの移動と組み合わせて利用すると、Androidのメモリの空き容量を補うだけでなく、 Androidのデータのバックアップをとっておく意味でもオススメです。 アップロードをタップ後、 「最近」と表示されたページが開きますが、そこに移動したいデータが無ければ 左上の横3本線から、本体の内部ストレージ(機種名)を選び、該当のフォルダを開きます。 移動したいデータを長押し+複数タップで選択し、右上の「開く」をタップするとアップロードされます。 データ容量により、ある程度の時間がかかります。 アップロードが終わるまで何もせず待ちましょう。 完了したらアップロードしたデータを確認し、必要に応じて端末のデータは削除してください。 このGoogleドライブからアップロードする方法のほかに、 内部ストレージのフォルダから「共有」でGoogleドライブを指定してアップロードする方法もあります。 注意点として、サインイン時などにこのような確認画面が出ることがあります。 「カメラのアップロード」は、開始するとAndroidのカメラで撮影した画像や動画をOneDriveに自動でアップロードするようになります。 無料版を利用する場合は容量に限りがあるため「今はしない」を選びましょう。 プラン変更は、画面右下の「自分」タプからいつでもできます。 PC版であれば毎月249円でストレージのみ50GBまで利用できるOneDrive50GBというプランもあります。 Dropbox画面の左上横3本線から「設定」を開き、 「お友達を招待して無料容量を獲得」をタップします。 次の画面で 「名前とメールアドレス」にカーソルを合わせ、「連絡先へのアクセス」を「許可」すると入力できるようになります。 メッセージを受け取った相手が そこからDropboxをインストールすると、500MBが無料で追加されます。 無料ストレージを増やせる機会のため、ぜひ友達や家族とメモリの空き容量を獲得しましょう。 また、無料版のDropboxには、Dropbox Paperというファイルを共有して作成・編集したり、その場でコメント機能でチャットしたりできるツールもあります。 共同作業する場合などにとても有効です。

次の

android 内部ストレージ空き容量があるのに、アプリ更新時、容量不足

ストレージの空き容量がありません android

Androidスマホのストレージに空きを増やす方法• :不要なデータを減らして容量を確保する• :一部のAndroid端末が対応。 外部ストレージにより容量自体を増やす• :保存場所をパソコンに変えて、スマホからデータを削除する• :データをクラウドサービスに保存し、端末のストレージを確保する microSDカードはiPhoneだと利用できないため、AndroidスマホとiPhoneとを差別化する1つのポイントになっています。 また上記のうち、Googleはクラウドサービスを利用する方法を一貫して推奨しています。 まず最初にストレージの空き容量を確認しよう ストレージの空き容量を増やす大前提として、Androidスマホ・タブレットのストレージにどれくらいの空きがあるのかを確認しましょう。 「設定」アプリで[ストレージ]をタップすると、「写真と動画」「音楽と音声」「ゲーム」などの項目ごとに消費・占有しているストレージ容量が目安として表示されます。 Android 9. 0搭載スマホの内部ストレージ。 まだ空き容量が残っている Androidでは、PCのように内部のデータをファイラーで覗けますが、この画面で表示されているのは内部構造ではなく、データの種類ごとに大まかに分類されたものにすぎません。 機種によっては、「ダウンロード」という項目があったり、外部ストレージ(microSDカード)関連の項目があったりしますが、この画面でストレージ全般を把握できることに変わりありません。 【方法1】スマホに保存してあるアプリやデータ、ファイルを削除する スマホに保存してあるアプリやデータを削除することで空き容量を増やす、最もシンプルな方法です。 削除できる項目には次のようなものが上げらます。 キャッシュを削除する キャッシュとは、さまざまなデータを端末内に一時的に蓄積しておき、動作を高速化する仕組みのこと。 キャッシュされたデータを削除すれば、スマホの空き容量を増やすことができます。 日常的に使うアプリのキャッシュをクリアしてもその場しのぎの対策にしかならないかもしれませんが、逆に 利用頻度が少ないアプリなら有効策となることもあります。 ただし、空き容量を増やすテクニックとしての位置づけは、アプリ削除や動画・写真の削除ほど効果的ではない点に留意してください。 キャッシュをアプリごとに削除する方法 キャッシュはアプリごとに削除できます。 左:キャシュが2. 27MBある 右:[キャッシュを削除]することでキャッシュが0Bに減少した アプリ別の「ストレージ」画面で[キャッシュ]を選択します。 これでキャッシュが削除されます。 アプリを削除する(アンインストール) 一般的に、 もっとも容量削減に効果を発揮しやすいのが、端末にインストールされているアプリの削除です。 とくにゲームアプリの場合、アプリ本体(apkファイル)のサイズと初期データのサイズを合わせると1GBを優に超えることも多々あります。 不要になったアプリを残しておくとストレージを占領するのみならず、無駄にバックグラウンドで通信するケースがあるなど、デメリットが生じます。 定期的にアンインストールできるアプリがないか見直すことをおすすめします。 「設定」アプリで[アプリと通知]から削除したいアプリを選んで、「アプリ情報」画面に移動し、[アンインストール]をタップすれば削除できます。 ホーム(ランチャー)アプリによっては、ホーム画面でアプリアイコンを長押しすればアンインストールのメニューが表示されるものもあります。 また、アプリアイコンを長押ししてドラッグ・アンド・ドロップによるアンインストールも便利です。 なお、Google Playのアプリページからもアプリをアンインストール可能です。 アプリデータを消去する 普段はあまり使わないにもかかわらず、端末から削除できないプリインストールアプリ(元々端末にインストールされているアプリ)の場合、そのアプリ内のデータを消去すると容量節約につながることがあります。 ただし、 アプリデータの消去はアプリの初期化と同義なので、コンテンツデータのほかログイン情報や設定情報なども削除されてしまう点に注意してください。 アプリデータを消去する方法 アプリデータの消去はアプリ削除(アンインストール)と同様、「アプリ情報」画面から実行できます。 写真・動画・音楽・漫画などのコンテンツデータを削除する 使い方によってはアプリ以上に容量を食うのが、写真や動画、音楽、漫画といったコンテンツのデータです。 後で必要になりそうなデータならば、事前にPCやmicroSDカード、クラウドサービスなどに移動・保存させておきましょう。 スマホ中上級者であれば、各種ファイルマネージャー(ファイラー)を使用すると、ストレスなくPC感覚でファイルを削除できるかもしれません。 写真・動画ファイルを削除する 写真・動画ファイルは、「ギャラリー」アプリや「フォト(Googleフォト)」アプリ、「アルバム」アプリなどから削除できます。 ここでは「Googleフォト」アプリで写真・動画を削除してみましょう。 削除ファイルが1個の場合、写真・動画のサムネイル画像を表示して、削除したい写真・動画をタップします。 写真・動画が拡大表示されるので、メニューのゴミ箱ボタン[ ]をタップします。 これで削除完了です。 サムネイルの時点で長押し選択後、メニューからゴミ箱ボタン[ ]をタップしてもOKです。 Googleフォトで複数選択 削除ファイルが複数の場合は、複数選択でまとめて消すと手間がかかりません。 「Googleフォト」アプリではサムネイルを長押しし、そのまま指を離さずにドラッグすれば複数枚を一度に選択できます。 音楽ファイルを削除する 定番アプリ「Poweramp」で楽曲を選択して[削除] 音楽ファイル(音声ファイル)は、音楽プレイヤーアプリから楽曲やアルバムを選択し、メニューから削除するのが手軽です。 漫画データのファイルサイズは大きくなりがちなので、マンガアプリを愛用しているユーザーは適宜対処していきましょう。 YouTubeからダウンロードした動画・音楽を削除する に加入しているユーザーは、端末に動画や音楽をダウンロードしてオフライン再生を楽しめます。 ダウンロードしたコンテンツはストレージを圧迫するので、あまり再生しないコンテンツは適宜削除するとよいでしょう。 詳しくは下記記事で解説しています。 appllio. com ダウンロードしたファイルを削除する ネットからダウンロードしたPDFファイルやPPTファイル、書類ファイル、画像ファイルなどで不要なものを削除すれば、さらにストレージに余裕が出てきます。 テキストファイルは一般的にファイルサイズが小さいので、普通は無視しても構いません。 「ファイル」アプリでファイルを選択後、削除ボタンをタップ ダウンロードファイルの削除は、プリインストールされている「ファイル」アプリや「ダウンロード」アプリから実行するのが分かりやすいでしょう。 【方法2】microSDカードにデータを保存する iPhone/iPadにはないAndroid端末の強みが、microSDカードを使ってストレージを増強できることです。 端末にmicroSDカードを追加する 当然ながら、まずはmicroSDカードを端末に挿さなければなりません。 しかし家電量販店などでmicroSDカードを物色してみると、それなりに値が張るものが多いことに気付かされるでしょう。 microSDカード初心者には、安さと信頼性が両立しているTranscend製microSDカードを最初の一歩としておすすめしておきます。 写真・動画の保存先をmicroSDカードに設定しておく 左:アルバムアプリのメニューボタン[ ]で[移動先]を選択 右:[場所]で「SDカード」を選択 カメラで撮影した写真・動画などの保存先は初期設定だと内部ストレージになっています。 容量が大きくなりがちな写真・動画の保存先をmicroSDカードに設定しておけば、内部ストレージをいっぱいにせずに済みます。 たとえばXperiaでは、「アルバム」アプリのメニューから保存先を変更できます。 写真・動画をmicroSDカードに移動させる Xperia 5(Android 9. 0)で検証 撮りためた写真・動画をmicroSDカードに移せば、空き容量を増やせます。 移動には「アルバム」アプリや「ギャラリー」アプリ、「Googleフォト」アプリなどを利用するとよいでしょう。 Xperiaの例を挙げれば、「アルバム」アプリから画像を選択し、画面右上にあるメニューボタン[ ]から[移動先]をタップします。 場所を「SDカード」に指定し、フォルダー名を入力後[OK]をタップすればデータの移動が完了します。 【方法3】PC(パソコン)にデータを移動させる 念のため、パソコンのストレージにデータを移動させる方法も簡単に紹介しておきます。 Windowsの場合 Windows PCの場合、スマホとPCをUSBケーブルで接続することで、PCのエクスプローラーに端末名が表示されます。 ここでいつもどおり、端末内のファイルをPC内に転送できるようになります。 容量不足の原因になりがちな写真・動画は通常、DCIM( Digital Camera IMages)フォルダに格納されています。 Pixel 3a(Android 9. 0)で検証 PC側がスマホを認識してくれないときは、スマホの通知をチェックしてみてください。 「この端末をUSBで充電中」というようにUSB関連の通知が表示されていたらタップしましょう。 あとはUSB接続の用途に関する選択肢で[ファイル転送]を選択するだけです。 スマホの機種によって簡単に認識してくれる場合となかなか認識してくれない場合があります。 うまく認識してくれないときは、各機種のヘルプページなどを参考にしましょう。 appllio. com Macの場合 Macの場合、ファイル転送にはをMacにダウンロードし、インストールする必要があります。 あとはスマホとMacをUSBケーブルで接続し、Android File Transferを使ってWindows PCと同じようにデータを移動させられます。 【方法4】クラウドサービスを活用する 手持ちのデータがストレージ容量に収まりきらないなら、クラウドサービスを利用しましょう。 特に容量を圧迫しがちな写真や動画などのファイルは、無料で容量無制限の「Googleフォト」がおすすめです。 写真や動画は「Googleフォト」に保存する AndroidスマホにプリインストールされているGoogle純正の写真・動画向けクラウドサービス「Googleフォト」。 このGoogleフォトにバックアップした写真・動画を端末内から削除すれば、端末のストレージを大幅に節約することができます。 Googleフォトの使い方について詳しくは、下記記事で紹介しています。 appllio. com 音楽ファイルは「Dropbox」などに保存する もしスマホの中に音楽ファイルが大量に保存されているのなら、いったんやGoogleドライブ、OneDriveのようなクラウドストレージに保存場所を変更してみることを検討しましょう。 端末内に保存しておくのは、ヘビロテする楽曲や聴きたくなる頻度が高い楽曲だけで十分です。 クラウドサービスに音楽ファイルを保管し、好きなときにストリーミング再生で楽しめるアプリとして最適なのが「Google Play Music」。 最大5万曲を無料で保存できます。 さらに有料プランでは、バックグラウンド再生や広告不要の動画視聴が可能な「YouTube Music Premium」が料金内で利用できるメリットも。 30日の無料期間中はアルバムや曲のストリーミング、カスタム プレイリストの作成、広告不要のラジオステーションの視聴など全機能を試すことができます。

次の