ナルト 転生 夢小説。 転生した私はペットとしてダラダラ生きることにした

おすすめナルトSSまとめてみた「厳選8選」│ネットで暇つぶし

ナルト 転生 夢小説

オレはとりあえず、九尾…九喇嘛と和解しないことには始まらないと思い、あのあと和解を試みた 最初の内は「おい」とか、「ここから出せ」とか、「四代目のガキ」とか言ってたけど今はオレの一番の理解者であると同時に相棒でもある 九喇嘛『ナルトよ、今お前何か失礼なこと考えてなかったか?』 ナルト「 いや、九喇嘛と最初に話した時のことを思い出してただけだってばよ 」 九喇嘛『そうか…。 ならワシは寝るぞ』 そう言って九喇嘛は寝てしまった。 まぁ、今ではこんな感じでお互い気兼ねなく接している仲だ…もちろん、この事は誰も知らない オレは九喇嘛と和解したあとくらいから九喇嘛の知識や力を借りて修行するようになった 忍としての基本的な忍術、体術、チャクラコントロールを体得した そしてここ最近は三代目のじーちゃんに忍術の修行をつけてくれるよう頼んでいるのだが、いつもはぐらかされていた…。 ナルト side out [newpage] ヒルゼン side ここ最近ナルトのヤツが毎日のように修行をつけてくれと言ってきておるが、まだあやつには早い それに力を付けてしまえば確実に今よりひどい迫害を受けるであろう…。 ワシはそれが心配なのじゃ ナルトよどうか不甲斐ないワシを許してくれ…。 ヒルゼン side out ナルト side オレはある夜、九喇嘛と尾獣モードの能力を上げようと思い修行をしていた…、すると…。 九喇嘛『気づいたか?ナルト』 ナルト「 あぁ、どうやら、誰か他里の忍者に誘拐されそうになっているみたいだな 」 九喇嘛『どうするのじゃ?ナルト』 ナルト「 もちろん、助けに行くってばよ! 」 そう言ってオレは尾獣モードのまま、トップスピードで犯人の所へ走って行った ナルト side out ??? side へへへ、これでようやく任務完了だ。 後はこいつをオレたちの里に連れて帰れば… ???「ちょっと、いきなり何するのよ!! 早くあたしを解放しなさいよ!」 他里の忍「そうはいかねーなー、こちとらやっと手に入れた"白眼"をそうやすやすと手放すワケねーだろ?」 ???「"白眼"?アンタ何言ってんの?あたしは"白眼"なんてワケのわからないものは使えないわよ!」 他里の忍「はぁ!? どういうことだ!お前日向一族の娘じゃねーのか!? 」 ???「日向一族?あたしは日向じゃないわよ!あたしは"山中"一族のいのって言うのよ!」 他里の忍「な、何だってーー!? 」 他里の忍 side out [newpage] いの side あたしは今日、ママに頼まれたおつかいを済ませて家へ帰っているとこだ 場所は何か大きい屋敷の近く、そー言えば"日向"って表札に書かれていたわね いの「あーあ、遅くなっちゃったなぁ~。 ママに叱られなければ良いけど…。 」 そう呟きながら通って来た道を、歩いていると…、いきなり口をふさがれ抱えられていた いの「ンー、ンー! え、何?何なの!? 」 ???「へへへ、やった、やったぞ!これでオレは…。 」 何かブツブツ言ってる、怖いよ…。 助けて、パパ、ママ…。 私は必死に泣くのを我慢しながら祈っていた そしてこの私を連れ去った人の話を聞いているうちに、この人はどうやらあたしを"日向"ってとこの子と間違えてたらしい いの「日向一族?あたしは日向一族じゃないわよ!あたしは"山中"一族のいのって言うのよ!」 ???「な、何だってーー!? 」 私は精一杯強がりながら言ってやった。 良かった誤解は解けたようだし、これで帰れるわね! いの side out ??? side くそ、くそ、日向一族の娘かと思ったら違う、一族の娘かよ。 くっそ~マジで腹立つなぁ…。 ???「…そーか、テメェは日向一族の娘じゃないんだな?」 いの「そ、そーよ、分かったんならあたしを…!!! 」 仕方ないか…。 オレはホルスターからクナイを取り出し、 ???「悪いな、計画知られてしまった以上、お前を生かしておくことは出来ない。 だから…おとなしく死んでくれ!」 オレはそのクナイでその子を殺しにかかった ??? side out いの side どうして?どうして?何であたしがこんな目に逢わなくちゃいけないの?嫌!まだ死にたくない!助けて、パパ、ママ…。 誰でも良いから… いの「助けて…。 」 そう呟いた瞬間…。 ドカッ! ???「ぐぁっ!」 あたしを誘拐した忍者が吹っ飛んでいった ???「よう、怪我はねーか?」 そうあたしに声をかけて来たのは… ???「まぁ、見たとこ怪我はしてないっぽいし、良かったってばよ!」 金色に輝く… ???「もう大丈夫だ、助けに来たぜ!」 あたしと同じくらいの少年だった…。 オレはとりあえず、九尾…九喇嘛と和解しないことには始まらないと思い、あのあと和解を試みた 最初の内は「おい」とか、「ここから出せ」とか、「四代目のガキ」とか言ってたけど今はオレの一番の理解者であると同時に相棒でもある 九喇嘛『ナルトよ、今お前何か失礼なこと考えてなかったか?』 ナルト「 いや、九喇嘛と最初に話した時のことを思い出してただけだってばよ 」 九喇嘛『そうか…。 ならワシは寝るぞ』 そう言って九喇嘛は寝てしまった。 まぁ、今ではこんな感じでお互い気兼ねなく接している仲だ…もちろん、この事は誰も知らない オレは九喇嘛と和解したあとくらいから九喇嘛の知識や力を借りて修行するようになった 忍としての基本的な忍術、体術、チャクラコントロールを体得した そしてここ最近は三代目のじーちゃんに忍術の修行をつけてくれるよう頼んでいるのだが、いつもはぐらかされていた…。 ナルト side out [newpage] ヒルゼン side ここ最近ナルトのヤツが毎日のように修行をつけてくれと言ってきておるが、まだあやつには早い それに力を付けてしまえば確実に今よりひどい迫害を受けるであろう…。 ワシはそれが心配なのじゃ ナルトよどうか不甲斐ないワシを許してくれ…。 ヒルゼン side out ナルト side オレはある夜、九喇嘛と尾獣モードの能力を上げようと思い修行をしていた…、すると…。 九喇嘛『気づいたか?ナルト』 ナルト「 あぁ、どうやら、誰か他里の忍者に誘拐されそうになっているみたいだな 」 九喇嘛『どうするのじゃ?ナルト』 ナルト「 もちろん、助けに行くってばよ! 」 そう言ってオレは尾獣モードのまま、トップスピードで犯人の所へ走って行った ナルト side out ??? side へへへ、これでようやく任務完了だ。 後はこいつをオレたちの里に連れて帰れば… ???「ちょっと、いきなり何するのよ!! 早くあたしを解放しなさいよ!」 他里の忍「そうはいかねーなー、こちとらやっと手に入れた"白眼"をそうやすやすと手放すワケねーだろ?」 ???「"白眼"?アンタ何言ってんの?あたしは"白眼"なんてワケのわからないものは使えないわよ!」 他里の忍「はぁ!? どういうことだ!お前日向一族の娘じゃねーのか!? 」 ???「日向一族?あたしは日向じゃないわよ!あたしは"山中"一族のいのって言うのよ!」 他里の忍「な、何だってーー!? 」 他里の忍 side out[newpage] いの side あたしは今日、ママに頼まれたおつかいを済ませて家へ帰っているとこだ 場所は何か大きい屋敷の近く、そー言えば"日向"って表札に書かれていたわね いの「あーあ、遅くなっちゃったなぁ~。 ママに叱られなければ良いけど…。 」 そう呟きながら通って来た道を、歩いていると…、いきなり口をふさがれ抱えられていた いの「ンー、ンー! え、何?何なの!? 」 ???「へへへ、やった、やったぞ!これでオレは…。 」 何かブツブツ言ってる、怖いよ…。 助けて、パパ、ママ…。 私は必死に泣くのを我慢しながら祈っていた そしてこの私を連れ去った人の話を聞いているうちに、この人はどうやらあたしを"日向"ってとこの子と間違えてたらしい いの「日向一族?あたしは日向一族じゃないわよ!あたしは"山中"一族のいのって言うのよ!」 ???「な、何だってーー!? 」 私は精一杯強がりながら言ってやった。 良かった誤解は解けたようだし、これで帰れるわね! いの side out ??? side くそ、くそ、日向一族の娘かと思ったら違う、一族の娘かよ。 くっそ~マジで腹立つなぁ…。 ???「…そーか、テメェは日向一族の娘じゃないんだな?」 いの「そ、そーよ、分かったんならあたしを…!!! 」 仕方ないか…。 オレはホルスターからクナイを取り出し、 ???「悪いな、計画知られてしまった以上、お前を生かしておくことは出来ない。 だから…おとなしく死んでくれ!」 オレはそのクナイでその子を殺しにかかった ??? side out いの side どうして?どうして?何であたしがこんな目に逢わなくちゃいけないの?嫌!まだ死にたくない!助けて、パパ、ママ…。 誰でも良いから… いの「助けて…。 」 そう呟いた瞬間…。 ドカッ! ???「ぐぁっ!」 あたしを誘拐した忍者が吹っ飛んでいった ???「よう、怪我はねーか?」 そうあたしに声をかけて来たのは… ???「まぁ、見たとこ怪我はしてないっぽいし、良かったってばよ!」 金色に輝く… ???「もう大丈夫だ、助けに来たぜ!」 あたしと同じくらいの少年だった…。

次の

NARUTO[ナルト]SS おすすめ二次小説作品まとめ【随時更新】

ナルト 転生 夢小説

| | |主人公溺愛系作者リアです。 ナルト完結おめでとうございます 最近ナルトにハマりだし 支部の方で逆行という素晴らしき発想を目にし 妄想が止まらなくなった結果、 第七班の逆行楽しすぎる。 みんな仲良しだったらいいよ。 よし、小説かこう となりました。 テヘペロ 原作沿いを目指して迷走した上、第七班がすごく仲良しです かっこいいカカシ先生はいません。 すいません。 不憫なのは仕様です。 苦手な方はお引き取り下さい。 作者はアニナルとネタバレ+最終巻しか見てないなので 色々間違っているかもしれませんが自己満足のブツなので大目に見てください。 n番煎じな上キャラ崩壊 主にサスケ、カカシ 、雰囲気小説です。 苦手な方は即座に回れ右をすることを推奨します 数話ストックしつつ書いているので更新しても話が公開されていない場合があります ご了承下さい。 二次創作の小説を書くのは久々で色々と問題があるかもしれません ガクブル ので何か問題がありましたらコメントしてくれるとありがたいです 場合によっては即座に消そうと思います。 誤字・脱字等も確認次第、直していこうと思います。 上記を読んだうえで本作を読んでくれる方はスクロールしてくださると幸いです。 2018年6月28日 21時 id: - この作品がきっかけで逆行を知りました。 私に素晴らしい物を教えてくれてありがとうございます! 2017年7月5日 19時 id: - すごい面白いです! 更新頑張ってください!

次の

おすすめナルトSSまとめてみた「厳選8選」│ネットで暇つぶし

ナルト 転生 夢小説

目が覚めると何もない空間に複数の人間が居た。 神と名乗る存在から五つのギフトを与えるから私を楽しませろとと言われる主人公達。 初投稿作品です、生暖かく見下してください。 皆々様感想と応援ありがとうございます。 2017年10月20日 日間ランキング1位を頂きました。 2017年10月21日 週間ランキング1位を頂きました。 2017年10月21日 月間ランキング2位を頂きました。 2017年10月27日 月間ランキング1位を頂きました。 感謝と共に感激しております。 疲れすぎて幻覚を見たのかと思いました。 目指せ累計ランキング入り。 (かなり難しそう) 誤字・脱字報告大歓迎です。 設定を別小説で掲載しました。

次の