二重幅 アイライン。 【一重・奥二重さん必見】二重の幅を広げる方法を徹底紹介♡理想の二重に

【知らないと小さく見える…!】「一重、奥二重、二重」のアイラインの描きかた — イラスト・角侑子 文・三谷真美

二重幅 アイライン

【目次】• あなたはどっち?二重幅のタイプを知ろう 二重幅を広げる方法を見ていく前に、まずは二重のタイプを見てみましょう。 二重には大きく分けて「末広型タイプ」と「平行型タイプ」があります。 つぶらな瞳が特徴で、ナチュラルな雰囲気が魅力的。 メイク映えしやすく、ハーフ顔に見られやすいのが特徴です。 このように二重でも印象がガラリと変わってくるので、ぱっちりした目元に憧れる女性にとっては、平行型タイプの女性が羨ましく思うようです。 二重幅を広げるためには、どんな方法があるのか参考にしてみてくださいね。 二重幅を広げる方法は? 二重幅を広げる方法【1】メイクで広く見せる 二重幅を広げる方法として多くの女性が取り入れているのが、メイクで広く見せることです。 直接的に広げる方法ではないのですが、ナチュラルな広い二重幅を目指すことができます。 また、最近では目の錯覚を利用したダブルラインも人気です。 慣れるまで薄さや影のつけ方などが難しく感じるかもしれませんが、専用のものも出ているのでチェックしてみてください。 ブラウンでも淡いものや、肌馴染みのいいベージュ系を単色で使い、ナチュラルに決めることがおすすめです。 二重幅を広げる方法【2】アイテープなどのアイテムを使う 二重を作るときや、二重幅を広げるときに活躍してくれるのが、アイプチやメザイク、アイテープなどです。 アイプチは、専用ののりと細い棒を使って二重を作ることができるアイテムで、メザイクやアイテープはまぶたにテープを押し当てて二重を作ることができます。 どちらも二重幅を広げることができるので活用している女性も多いかと思いますが、目を閉じたときに目立ってしまったり、アイメイクがやりにくかったり、取れやすかったりすることがあります。 自分の肌や目元と相性がいいアイテムを見つけられるといいですね。 二重幅を広げる方法【3】ホットタオルやホットアイマスクで目元をほぐす 目元が疲れていると目の周りの筋肉が硬くなってしまい、重みに耐えられずに目が閉じてくる状態になってしまうことがあるそうです。 「目元が疲れている」というような印象にも見られてしまうので、目元にも疲れをため込まないことがポイント! そこでおすすめなのが、ホットタオルやホットアイマスクで目元を温め、硬くなった筋肉をほぐして血流を良くすることです。 疲れが取れるだけで目元が軽くなり、自然とぱっちり開けられるようになるので、二重幅も広く見せることができます。 また、柔軟性が取り戻されたことで、メザイクなどのアイテムも使いやすくなりますよ。 二重幅を広げる方法【4】マッサージをする まぶたの脂肪によって二重幅が狭くなってしまうこともあるので、マッサージをして目元をすっきりさせることもおすすめです。 マッサージをするときのポイントは、指の関節を使って眉毛のところにある骨を上へ押し上げるようになぞっていくことです。 そうすることでまぶたの皮膚が持ち上がり、二重幅を広くしやすくすることができます。 ですが、目元はデリケートな部分なので、力の入れ過ぎには注意が必要です。 滑りを良くするためにクリームやオイルを使ったり、適度な力加減でマッサージしたりすることを心がけましょう。 マッサージの前にホットアイマスクなどで目元を温めておくと、より高いマッサージ効果を期待できると言われています。 二重幅を広げる方法【5】二重整形をする 二重整形をすることで、二重幅を広げることができると言われています。 しかし、幅が広すぎると食い込みやすくなったり、元に戻りやすくなったりするデメリットがあることも覚えておきましょう。 顔全体のバランスを見ながら、自分に似合う二重幅を見つけることが大切なので、二重整形を考えている女性はしっかり医師と相談しながら決めるようにしてくださいね。 二重幅を広げるときの注意点は二つ! 二重幅を広げる上で注意したいことが2つあります。 広くし過ぎずと、眠たい印象に見られてしまったり、不自然な目元になったりしてしまいます。 また、まぶたのたるみに繋がってしまうことも。 人によってベストな幅は異なるので、少しずつ広げていくことがポイントです。 アイプチなどをするときやマッサージをするとき、クレンジングをするときなどは力を入れ過ぎないように気を付けましょう。 二重幅を広げるおすすめアイテム7選 二重幅を広げるおすすめアイテム【1】ASTRAEA V. アストレア ヴィルゴ アイビューティーフィクサー WP アイプチやアイテープなどを使って二重を作る場合、のりを塗ったところやテープが光って天然の二重ではないことがバレてしまうことも。 できるだけ光らないように、アイシャドウはマットな質感のものを選びましょう。 また、ベージュやブラウンなど肌なじみが良いカラーを使うのもポイントです。 CANMAKE キャンメイク パーフェクトマルチアイズは、使いやすい5色がセットになったマットなアイシャドウ。 5色ともパールもラメも入っていないので、ナチュラルでオフィスメイクにも最適です。 使う量が多いベースカラーは多めに、使う量が少ない締め色は少なめになっているので「アイシャドウパレットを買うといつも締め色だけ余ってしまう」という人にはぴったり。

次の

リキッドはダメ!?二重のためだけのアイラインの引き方

二重幅 アイライン

元々ある二重ラインは強力 元々一重の方、奥二重の方など、アイプチを使う方には、色々なまぶたの方がいます。 一重の方は、元々の二重のラインが入っていないので良いのですが、奥二重の方がもう少しはっきりとした二重にしたいときに、元からある二重のラインが邪魔になることがあります。 私もそうだったのですが、無理して自分の理想の二重ラインを癖付けても、アイプチなどを取った瞬間、元の二重のラインに、戻ってしまうのです。 元からついている二重のラインの方がどうしても強力なのです。 このような場合は、どうすれば良いのでしょうか? 二重ラインの位置を変えることは、出来るのでしょうか。 無理して理想の二重ラインにしない どなたにも共通することなのですが、自分に合う二重のラインを探すことが、重要です。 幅が広い平行な二重まぶたは、お人形さんのように可愛らしく憧れです。 しかし、無理に広げた二重まぶたは不自然だったり、アイプチやアイテープを使っていても、途中で取れてしまったりするのです。 少しだけ、幅を広くするというのは可能ですが、あまりにもかけ離れたラインですと、癖も付きにくく、元からある二重のラインが勝ってしまいます。 二重のラインを変えるためには、とにかく根気よく、二重まぶたアイテムを使うことが、大事です。 そして、毎日同じところに、癖をつけるようにしましょう。 二重まぶた線の位置を変える いまある二重まぶたの線とは違ったところに、二重ラインを作りたいと言う事がありますよね。 元々、二重じゃなくても、二重を作ろうとすると、違うところに邪魔な線が入ってしまうと言う事もあります。 これは、元々まぶたが持っているクセなので、強力なラインになりますから、この二重まぶた線の位置を変えると言うのは、簡単ではありません。 正確に言うと、二重まぶたの線は移動することはありませんので、二重まぶた線の位置を変えるためには、現在ある二重まぶた線を消して、新しい二重まぶたラインを作ると言う事になります。 邪魔なまぶたラインを消す 二重まぶたの線の位置を変えるには、今のまぶたラインを消さないと、邪魔なまぶたの線が残ってしまいます。 二重まぶたになっても、「二重の中にもう一重できてしまい、三重まぶたになってしまった」とか、「理想の二重の場所とは違うラインがあって、そちらのラインになってしまう」という事もあるかも知れません。 まばたきする度に、「もう一つのラインと行ったり来たりする」なんてこともあります。 以前無かったラインが出来るのは、まぶたの張りが無くなって来ているのが原因なので、張りを戻すことで改善できます。 邪魔なラインを消すのも同じことで、まぶたの張りを良くすることが根本的な改善へとつながります。 冬の時期などの乾燥の影響も大きいので、この時期には特に注意する必要があります。 まぶたの保湿とマッサージを行うことが効果的なので、保湿クリームを塗って軽くマッサージします。 目を開けるだけ開けて、閉じると言ったまぶたのトレーニングも効果がありますので、お試し下さい。 そして仕上げは、本来の二重になるべきところをなぞって、二重にして大きく目を開けて癖をつけます。 まぶたのシワとなっている少し余った皮が、邪魔なまぶたラインで折り込まれずに、希望の二重の部分に入り込む状態となれば、邪魔なまぶたラインが消えます。 新しいまぶたラインを作る 奥二重の人などが、理想の二重ラインにしようとする時、まずは理想の二重ラインをまぶた上に描いてみます。 まぶたの薄い人は、本当の自分の理想ラインを描いて下さい。 まぶたが分厚い人は、ムリして理想の二重ラインにしようと思うと失敗することが多いので、奥二重に少し近いところに新しいラインを作る様にして下さい。 ナイトアイボーテなどの夜用二重美容液で、新しい二重ラインを作ります。 その時に重要なことは、奥二重などの邪魔なまぶたラインが、ピンと貼ってラインが消える様に、二重美容液でまぶたの皮膚を引っ張り込むことです。 不要なラインをピンと張って、必要なラインを確実に保つ事によって、新しい二重ラインが定着します。 毎日やり直す新しいラインのクセ付けは、いつも同じ場所でなくてはなりません。 少しでもずれてしまうと、効果がありません。 何度やっても、二重クセがうまく付かないと言う人の多くは、実際に線を引かないでだいたいの位置で、二重クセをつけているため、うまく定着しないのです。 クセ付けがうまくいくコツは、理想のラインを描いて、その部分を美容液で二重にすると言う方法です。 おススメの方法ですので、是非お試しください。 二重の幅を広げる 二重の幅は、夜用の二重美容液などで、二重形成を繰り返せば、徐々に広がっていきます。 二重ラインを微妙にずらして、幅を広げようと思う方がいるかもしれませんが、あまりおススメではありません。 あくまで、同じラインでの二重形成を続えけていかないと、二重の定着が難しいのです。 新しい二重を定着させている時でも、どうしても少しの位置ずれが起こるので、二重の形成を続けていれば、ちょど良く二重の幅が広がっていきます。 夜用二重美容液で、ある程度二重クセが付いたら、目を思い切って開いて、目をパチクリさせて見て下さい。 このパチクリを続けることで、幅の広い二重が定着する手助けになります。 「もっと幅広の二重ラインにしたい」などと、あまり欲張らない方が良い結果を生みますよ。 美容成分入りの夜用アイプチを活用する 二重ラインの位置を変えるためには、できるだけ長い時間、同じ場所に癖付けを続けることがポイントになります。 ですから、寝ている時にも、アイプチなどを使うのが理想的なのですが、普通のアイプチやアイテープを夜も継続して使用すると、まぶたに負担がかかってしまい、腫れたりかぶれたりするリスクが増加します。 そんな時には、美容成分が含まれていて、まぶたにも優しい商品を選ぶようにしましょう。 美容成分の入った夜用アイプチのは、雑誌にもたいへん多く取り上げられ、生産が追い付かなくなる時期もありました。 やなどの二重美容液は、別のページで紹介していますので、参考にしてください。 夜はこの二重美容液を使いながら、日中もアイプチなどで癖をつけ続けましょう。 (夜用の二重美容液を、昼間も使う方法もあります。 その方がまぶたに負担がかかりません。 ) ちなみに、わたしはもともと一重に近い奥二重だったのですが、二重美容液を使い続けることによって、幅が広めの二重ラインにすることが出来ました。 自分に合うラインを探して、根気よく、同じ位置に、二重のラインを癖付けしてみて下さいね! おすすめの二重美容液.

次の

リキッドはダメ!?二重のためだけのアイラインの引き方

二重幅 アイライン

初心者さんも安心!二重まぶた向けアイライン引き方講座 大きな目元を作るのに欠かせないアイライン。 二重まぶたの女性の場合は目の大きさを活かしつつ、どれだけナチュラルに目力をアップできるかが重要ですよね。 今回は、「もっときれいにアイラインを引けるようになりたい」という二重まぶたの女性のために、上手に仕上げるポイントを詳しく紹介しちゃいます。 使うのはこの2つのアイテム 今回使用するのは、ペンシルアイライナーとリキッドアイライナー。 色は柔らかい印象に仕上がるブラウンを使用します。 中でもラブライナーは、モデルさんやプロのメイクさんの間でも人気のブランド。 アイライナー初心者さんにもおすすめなんです。 ナチュラルデカ目に仕上げたいなら〈キワ〉を埋めよう 二重まぶたさんの場合、上まぶたにがっつり引くと二重幅が狭くなり、かえって目が小さく見えてしまうことも…。 ナチュラルに目を大きく見せたいなら、まつげの生え際を埋めること。 マスカラはアイラインを引いてからでOK。 下がったままだと生え際が見えにくいので、上向きにしっかり立ち上げてあげるんです。 写真でいうと、白い線が引いてあるところ。 ペンシルアイライナーを小刻みに動かし、まつげの隙間をしっかり埋めてあげます。 まぶたについてしまったら綿棒でオフする 万が一まぶたについてしまった場合も慌てないこと。 引いた直後であれば、綿棒できれいにオフすることができますよ。 ゴシゴシとこするとアイラインが広がってしまうので、ぼかすように細かく動かしてあげましょう。 仕上がりは? 仕上がりはこんな感じ。 まつげのキワを埋めるだけでも、目元の印象がちょっぴり変わりますよね?二重幅が狭くなることもないので、目の大きさはそのままに瞳の存在感がアップ。 二重まぶたの女性ならマスターしておきたい、基本の引き方です。 〈目尻〉にも引くことで目力がさらにアップ! 「キワだけだと目力がちょっぴり物足りない」という女性は、リキッドアイライナーで目尻にもアイラインを。 猫目風に釣り上げたり、タレ目風に吊り下げたりするのはちょっぴり古臭い印象になってしまうので、すっとまっすぐ引くことを意識します。 仕上がりは? 仕上がりはこんな感じ。 下まぶたに引くときは〈目尻部分〉にさりげなく では下まぶたにアイラインを引きたいときは?これは二重まぶた、一重まぶた関係なく、全体に引くのは古い印象。 下まぶたにアイラインを引く際は、目尻部分にのみ引くのが大人っぽく仕上げるポイント。 上まぶた同様、まつげのキワを埋めるように。 アイライナーを小刻みに動かすと引きやすいですよ。 強くこするとせっかく引いたアイラインが消えてしまうので、優しい力で細かく動かすこと。 くっきりとした線がなくなる程度にぼかしてあげましょう。 仕上がりは? 下まぶたにアイラインを引くと、まつげの密度が濃く見えますよね。 キリリと引き締まった印象で、目力がありつつも、クールな目元に仕上がるんです。 コツをおさえれば簡単にきれいなアイラインが引けるようになるので、ぜひ毎日のメイクの取り入れてみてくださいね。

次の