キーワードプランナー 無料で使う。 【ブログ初心者向け】Googleキーワードプランナーの有料と無料版の違いを解説|シェバノート

【2020年最新】キーワードプランナーを無料で使う方法【画像22枚でわかりやすく解説】

キーワードプランナー 無料で使う

スポンサード リンク Googleキーワードプランナーの登録方法 Google広告サービスの一部であるキーワードプランナーを利用するためには、次の2つのアカウントを両方持っている必要があります。 Googleアカウント• Google広告アカウント Googleアカウントとは、グーグルが無料で提供している「Gmail」アカウントのことです。 Gmailのメールアドレスを持っていればオッケーです。 もしもまだGoogleアカウントを持っていなければ、下のリンクから登録を済ませておいてください。 その前に「Google広告って何?」という疑問があれば、次の項目で確認してください。 Google広告とは? Google広告とは、グーグルが運営している広告主向けの広告出稿サービスのことです。 Google検索した時に、検索結果画面の一番上に表示される《広告》の文字が入った記事がGoogle広告になります。 少ない予算から始めることができて、効果が悪いと思えばすぐに広告出稿を取りやめることもできる便利なサービスです。 登録完了までのステップは7つ• Googleキーワードプランナーのサイトを開く• 広告の目標を選択• ターゲットユーザーの所在地を入力• 商品またはサービスを設定• 広告の作成• 予算の設定• お支払い情報の確認 ステップ 1Googleキーワードプランナーのサイトを開く まずは下のリンクから、Googleキーワードプランナーのサイトを開きます。 ステップ 2広告の目標を選択 上のような画面に切り替わりますので、『ウェブサイトでの操作』をクリックして、さらに『目標を選択』をクリックします。 ステップ 3ターゲットユーザーの所在地を入力 次に、ターゲットユーザーの所在地を入力します。 広告を出す範囲を、次のどちらかから選んで入力します。 ビジネス拠点の近く• 特定の国、都道府県、市区町村 『次へ』をクリックして進みます。 ステップ 6予算の設定 次に、広告の予算を設定します。 後ほど広告の出稿を停止しますので、実際には広告費はかかりませんが、青丸のツマミを左端に移動させて最低金額にしておきます。 『次へ』をクリックして進みます。 広告設定の確認 広告設定を確認して、『次へ』をクリックして進みます。 ステップ 7お支払い情報の確認 広告費の支払い情報を入力します。 Googleアカウントの情報を元にすでに情報が入力されていますので、変更があれば入力し直します。 アカウントの種類を『ビジネス』『個人』から選びます。 お支払いタイプを『自動支払い』『手動支払い』から選びます。 お支払い方法を『振込』『コンビニエンスストアまたはペイジー』『カードを追加』から選びます スポンサード リンク 料金を発生させないためにキャンペーンを一時停止する 先ほど作成した広告を出稿しないように、キャンペーンをストップします。 まずは『詳細』をクリックします。 次に、緑色で表示された「有効」の隣りにある『三角形』ボタンをクリックします。 『キャンペーンを一時停止する』の表示が立ち上がりますのでクリックします。 緑色の「有効」表示がオレンジ色の『一時停止』に変われば、広告がストップした状態になります。 これで、キーワードプランナーを無料で使うためのGoogle広告の登録が完了しました。 お疲れさまでした。 キーワードプランナーの操作画面へ移動する では、Google広告の画面から、キーワードプランナーの操作画面へ移動してみましょう。 まずは画面の上にある『ツール』アイコンをクリックして、『エキスパートモードに切り替える』をクリックします。 ウインドウが立ち上がりますので、『エキスパートモードに切り替える』をクリックします。 切り替わった画面で、もう一度画面の上にある『ツール』アイコンをクリックします。 『プランニング』の項目にある『キーワードプランナー』をクリックします。 キーワードプランナーの画面に切り替われば、操作することができます。 こちらの画面をブックマークしておけば、次回からは簡単に操作することができます。

次の

2020年版動画で分かるキーワードプランナーを無料で使う登録法

キーワードプランナー 無料で使う

クレジットカード情報を求められたけど、登録したら即課金ってことは無いですよね? 怖くて登録できない などの最新版キーワードプランナー登録時の悩みにお答えしていきます。 結論から言うと、これから紹介する設定を行えばキーワードプランナーを完全無料で登録可能です。 ただし、 2019年8月からある仕様が変更されて、普通に登録するだけだと課金されてしまうですよね。 ただ無料版で登録できないんじゃないか!ってキーワードプランナーを登録せずに記事を書くと、おそらくそのブログにアクセスは集まらないでしょう。 ブログ初心者の方はアドセンスの話題になりがちですが、それよりもキーワードプランナーでキーワード調査して記事を書く事です。 なにそれ?って状態なら、アドセンスより先に登録です。 でないと3ヶ月後のアクセスアップはありません。 キーワードプランナーの登録は5分で出来ます。 」だったら辛すぎですよね。 そんなことがないように、 今回はキーワードプランナーの初期設定を放置したせいで9600円失った経験から、完全無料として登録する方法を画像含めて解説します。 キーワードプランナー(グーグルアドワーズ)の広告作成&登録方法 まず最初にグーグルアドワーズのサイトにアクセスします。 キーワードプランナーに異動をクリックすると、「電話」か「来店」「ウェブサイト」の3つ出てきますので、ウェブサイトを選択して次へ 次に進むと、あなたのマーケティングエリアが出てきます。 GPS設定をアカウントに行っている場合はあなたの家付近がマーケティングエリアになっている場合もあります。 新規にアカウントは何もしていないのですが、なぜか岡山県になっていました。 PPCアフィリエイトを行う際に、変更できますので何もせずに次をクリック。 PPC広告の設定になります。 キーワードプランナーが使えるGoogleAdowods(グーグルアドワーズ)には、広告を登録しなければなりませんので、ここでは適当に作っていきます。 広告1:不動産購入ならここ 広告2:最高のサービスを提供します。 広告3:24時間以内にアドバイスします。 こんな感じでOK。 最終的に消しますので、ここは深く考えずに適当に記入してください。 終わったら次へを押します。 広告を決めたら、PPCの予算を決める設定が出てきます。 グーグルアドワーズ時代(2017年まで)は最安値2円から設定できましたが、 アドワーズエクスプレスは1日197円が最安値となり、月6,000円からのスタートでしか設定できません。 6,000円も!と思って不安になる方がいると思いますが、ご安心ください。 このお金はPPC広告を行わない限り請求されませんので、197円で設定して次へいきましょう。 全体の確認です。 特に何も無いので次へでOK 最後にアドワーズに登録する際のあなたの個人情報を入力します。 ただここで、2019年までは何も何も問題が無かったのですが、2019年8月からキーワードプランナーの使用が若干変わりました。 注意:2019年9月の登録から手動払いができません。 2019年9月までの登録方法は、以下の画像の通りでして「手動支払い」と「銀行振り込み」に変更しておくことでPPC広告に課金される事は絶対にありませんでした。 なぜなら、あなたが手動で払わない限りPPC広告が打てないからです。 しかし2019年9月頃から、キーワードプランナーで手動払いを選択が出来なくなる問題が発生! Googleサポートを調査して見ると、 日本を含む複数の国が手動払いを選択出来ないと明記されております。 このリストに記載の国では、新規アカウントで手動支払い設定をご利用いただけません。 登録時にこのお支払い方法が表示されていない場合は、自動支払いの手続きに進んでアカウントの作成を完了してください。 これらの国ではアカウントを手動支払いに切り替えることはできません。 クレジットカード情報を打つ事で、Googleアカウントとキーワードプランナーの紐付けが完了しました。 下記のような画像が出てくるはずです。 ここまで終われば、キーワードプランナーを即使う事が出来ます。 このせずに9600円課金されました.... 画面左上の赤い四角の中の「有効」を無効に変更します。 無効にする際に、グーグルから理由を聞かれますが、「上記の該当しない」を選べば簡単にアンケートが終了して、広告を無効に出来ます。 一時停止後、アドワーズに登録するための作った広告を削除します。 右上のツールから「エキスパートモード」に切り替えるを選択すると、多くの方が利用して居るキーワードプランナーの画面に飛びます。 削除さえしてしまえば、 何があってもPPC広告が流されないので、有料化にならずに済みます。 以上でキーワードプランナーを無料で使う初期設定&登録は終了です。 ではキーワードプランナーで狙い目が分かったところで、早速使い方を解説していきます。 まずは右上のツールをクリックします。 キーワードプランナーを選択。 キーワードプランナーを選択すると、画像の青い四角の中に検索回数を調べたいキーワードを入力できますので、これでいつでも無料でキーワードプランナーを利用することができます。 この記事で狙っている「キーワードプランナー 登録方法」は月10~100件ほど検索されており、上位表示が取れれば、少なくとも1人からは毎日アクセスがあるキーワードだってことが分かります。 初心者が創作キーワードで書き続けている限り、基本的にアクセスは0。 アクセスが無くてブログ挫折しそう... って嘆いている人ほど今すぐキーワードプランナーを使っていきましょう。 ということで以上になります。 とはいえ、キーワードのリサーチが出来るようになっても.....

次の

【2020年最新】キーワードプランナーを無料で使う方法

キーワードプランナー 無料で使う

Google広告で広告を出稿する手順を解説していきます。 お支払い設定の画面に移行します。 「請求先住所の国」は「Japan」を選択します。 アカウントの種類は「個人」を選択すればOKです。 続いて郵便番号、住所、名前など必要情報を入力します。 お支払い方法はクレジットカードのみとなります。 最後に以下の通り「利用規約に同意します」のチェック欄にチェックを入れ「送信」をクリックします。 以上で、お支払い方法の設定が完了です。 広告を出稿する 次に広告の出稿を行います。 次に「新しいキャンペーンを作成」をクリックします。 「目標を設定せずにキャンペーンを作成する」をクリック キャンペーンタイプは「検索」を選択します。 「続行」をクリックします。 「開始する」をクリックします。 キャンペーン名を入力します。 重要ではないのでなんでもOK デフォルトのSearch-1のままでもOKです。 そして左下の「設定を全て表示」をクリックします。 広告の終了日を設定します。 終了日を長く設定してしまうと、広告費が高くつくので開始日の翌日の日付を設定しましょう。 1日あたりの広告費の上限を設定します。 私は200円で設定しました。 終了日を翌日に設定したので広告は1日で停止されます。 「保存して次へ」をクリックします。 キーワードプランナーの検索ボリューム詳細を表示させるためには、広告がクリックされて広告費を発生させる必要があります。 そのため広告のキーワードは誰も検索しないようなニッチなキーワードではなく、検索されやすいものを選びましょう。 キーワードを設定したら広告の内容を作成していきます。 入力する項目は以下の通りです。 最終ページURL 広告で表示させたいWebページのURLを入力します。 広告見出し1 広告タイトルの左側に表示されます。 広告見出し2 広告タイトルの中央に表示されます。 広告見出し3 広告タイトルの右側に表示されます。 説明文1 広告を出稿するWebページの概要説明文を記入します。 説明文2 広告を出稿するWebページの概要説明文を記入します。 実際の広告がどのような表示になるか画面右側にプレビューが表示されますので、確認しながら進めましょう。 入力できたら「保存して次へ」をクリックします。 内容を確認して問題なければ「公開」をクリックします。 以上で、広告の出稿が完了です。 広告費が発生するまで待つ 出稿した広告がクリックされ広告費が発生すると、キーワードプランナーで月間検索ボリュームの詳細数値が表示されるようになります。 私の場合は広告を出稿した翌日に確認すると2回広告がクリックされ105円の広告費が発生していました。 広告費が発生した後は、以下のようにキーワードプランナーで詳細な検索ボリュームが表示されるようになります。

次の