姿勢 矯正 ベルト。 【徹底比較】猫背矯正ベルトのおすすめ人気ランキング20選

【選び方のポイントと注意点】猫背の矯正におすすめのベルト

姿勢 矯正 ベルト

姿勢矯正ベルトとは 運動不足やパソコンを使用したデスクワーク、スマホの利用などによって、猫背の人が非常に多いです。 猫背は健康に悪影響なのはもちろん、見た目もよくありません。 そんな姿勢の悪さを矯正してくれるのが 「姿勢矯正ベルト」です。 装着するだけで背筋がぴんと伸びる効果があり、手軽に使えるのが特徴です。 姿勢が悪いとこんな悪影響がある 姿勢が悪いと、以下のような 悪影響があります。 肩こり・腰痛 通常の状態では、背骨は緩やかなS字カーブを描いており、この形状が重い頭をクッションのように支えてくれます。 ですが、猫背になると頭が前方に突き出すような形になり、重さが背骨よりも前側にかかってしまいます。 そうすると背骨で頭の重さを支えることが出来ず、肩の筋肉に負担がかかり、筋肉がこわばってしまいます。 筋肉がこわばることで血行も悪くなり、肩こりがひどくなります。 この状態では骨盤にも歪みが出たり、 無理な体勢で体を支えるため腰に負担が増したりして腰痛にもなってしまいます。 頭痛 血行が悪くなり肩こりや腰痛がひどくなると、頭痛が起こることがあります。 これを 「筋緊張性頭痛」と呼び、肩こりの人の多くが経験したことのある頭痛です。 内臓への負担 猫背になると肩甲骨が前側に出るような状態になると胸郭も縮こまってしまうため、 内臓が圧迫されて大きな負担がかかります。 呼吸のしづらさ 胸郭が狭まることで肺がふくらみにくくなるため、 深い呼吸をしにくくなります。 呼吸がしづらくなることで体内でのガス交換がうまく行かなくなり、疲れやすくなったり睡眠が浅くなったりします。 呼吸が浅くなると エネルギー消費量も少なくなるため、痩せにくくなります。 冷え性・むくみ・基礎代謝量の減少 筋肉が緊張すると血管が圧迫され、血行が悪くなります。 血行不良によって冷え性になったり、不要な水分や老廃物の排出がうまくいかなくなって むくみの原因になったりします。 冷え性やむくみはダイエットの大敵ですし、 血行が悪くなることで基礎代謝量も減少してしまい、さらに痩せにくい体になります。 姿勢矯正ベルトによってダイエット効果も! 姿勢矯正ベルトをつけて姿勢が良くなると、 ダイエットにも大きな効果が出るようになります。 血行促進によって痩せやすい体になる 姿勢を矯正することで 血行が促進されたり、肩こりが改善したりします。 血行が良くなると基礎代謝量が増えたり、むくみや冷え性が改善され、痩せやすい体になっていきます。 正しい姿勢を維持する筋肉がつく 背筋をまっすぐに伸ばしているうちに背筋の強化にもつながり、 筋肉量が増えることでさらに痩せやすい体にもつながっていきます。 正しい姿勢が維持できれば内臓の働きも活発になりますから、エネルギーも燃焼されやすくなりますし、 ダイエットの大敵である便秘の解消にもつながります。 運動効率もアップ 運動をするときにも正しい姿勢で行えるため、運動効率が良くなり、より 脂肪燃焼効果が高まっていきます。 また、姿勢が悪いまま運動すると怪我に繋がる可能性もあるため、必ず正しい姿勢で行いましょう。 姿勢矯正ベルトの選び方 姿勢矯正ベルトを選ぶ際は、 以下のポイントをチェックしましょう。 肌触りをチェック 肌触りの良さ、通気性の良さ、フィット感など、しっかりと素材をチェックしましょう。 Tシャツなどの上からつけることがほとんどですが、硬い素材では動いたときにすれてしまい、不快な思いをすることが多いです。 サイズをチェック サイズ調整をできるものが多いですが、フリーサイズのものやサイズの分類がされているものがあります。 特に 自分の身長・ウェスト・胸囲は測っておくと良いでしょう。 価格をチェック 中には1,000円を切る価格で良質な商品もありますが、 安すぎるものは避けておいた方が無難です。 価格が高ければ良いというわけではありませんが、高めの商品の方が高品質であることが多いですから、 悩んだときには少し高めの価格帯のものを購入しましょう。 装着したときに目立ちにくいものを選ぶ 装着したまま外出するという場合に備え、 上から衣服を着ても目立ちにくいものを選びましょう。 厚みのあるものは服を着たときにも目立つ場合があります。 姿勢矯正ベルトに加えてやっておきたいこと 姿勢矯正ベルトだけでなく、固まった筋肉をほぐすために しっかりお風呂で温まったりストレッチをしたりということが大切です。 矯正ベルトをつけていないときでも、立っているときは胸を張るようにしたり、座っているときには骨盤が立つような座り方を心がけましょう。

次の

【選び方のポイントと注意点】猫背の矯正におすすめのベルト

姿勢 矯正 ベルト

姿勢矯正ベルトとは 運動不足やパソコンを使用したデスクワーク、スマホの利用などによって、猫背の人が非常に多いです。 猫背は健康に悪影響なのはもちろん、見た目もよくありません。 そんな姿勢の悪さを矯正してくれるのが 「姿勢矯正ベルト」です。 装着するだけで背筋がぴんと伸びる効果があり、手軽に使えるのが特徴です。 姿勢が悪いとこんな悪影響がある 姿勢が悪いと、以下のような 悪影響があります。 肩こり・腰痛 通常の状態では、背骨は緩やかなS字カーブを描いており、この形状が重い頭をクッションのように支えてくれます。 ですが、猫背になると頭が前方に突き出すような形になり、重さが背骨よりも前側にかかってしまいます。 そうすると背骨で頭の重さを支えることが出来ず、肩の筋肉に負担がかかり、筋肉がこわばってしまいます。 筋肉がこわばることで血行も悪くなり、肩こりがひどくなります。 この状態では骨盤にも歪みが出たり、 無理な体勢で体を支えるため腰に負担が増したりして腰痛にもなってしまいます。 頭痛 血行が悪くなり肩こりや腰痛がひどくなると、頭痛が起こることがあります。 これを 「筋緊張性頭痛」と呼び、肩こりの人の多くが経験したことのある頭痛です。 内臓への負担 猫背になると肩甲骨が前側に出るような状態になると胸郭も縮こまってしまうため、 内臓が圧迫されて大きな負担がかかります。 呼吸のしづらさ 胸郭が狭まることで肺がふくらみにくくなるため、 深い呼吸をしにくくなります。 呼吸がしづらくなることで体内でのガス交換がうまく行かなくなり、疲れやすくなったり睡眠が浅くなったりします。 呼吸が浅くなると エネルギー消費量も少なくなるため、痩せにくくなります。 冷え性・むくみ・基礎代謝量の減少 筋肉が緊張すると血管が圧迫され、血行が悪くなります。 血行不良によって冷え性になったり、不要な水分や老廃物の排出がうまくいかなくなって むくみの原因になったりします。 冷え性やむくみはダイエットの大敵ですし、 血行が悪くなることで基礎代謝量も減少してしまい、さらに痩せにくい体になります。 姿勢矯正ベルトによってダイエット効果も! 姿勢矯正ベルトをつけて姿勢が良くなると、 ダイエットにも大きな効果が出るようになります。 血行促進によって痩せやすい体になる 姿勢を矯正することで 血行が促進されたり、肩こりが改善したりします。 血行が良くなると基礎代謝量が増えたり、むくみや冷え性が改善され、痩せやすい体になっていきます。 正しい姿勢を維持する筋肉がつく 背筋をまっすぐに伸ばしているうちに背筋の強化にもつながり、 筋肉量が増えることでさらに痩せやすい体にもつながっていきます。 正しい姿勢が維持できれば内臓の働きも活発になりますから、エネルギーも燃焼されやすくなりますし、 ダイエットの大敵である便秘の解消にもつながります。 運動効率もアップ 運動をするときにも正しい姿勢で行えるため、運動効率が良くなり、より 脂肪燃焼効果が高まっていきます。 また、姿勢が悪いまま運動すると怪我に繋がる可能性もあるため、必ず正しい姿勢で行いましょう。 姿勢矯正ベルトの選び方 姿勢矯正ベルトを選ぶ際は、 以下のポイントをチェックしましょう。 肌触りをチェック 肌触りの良さ、通気性の良さ、フィット感など、しっかりと素材をチェックしましょう。 Tシャツなどの上からつけることがほとんどですが、硬い素材では動いたときにすれてしまい、不快な思いをすることが多いです。 サイズをチェック サイズ調整をできるものが多いですが、フリーサイズのものやサイズの分類がされているものがあります。 特に 自分の身長・ウェスト・胸囲は測っておくと良いでしょう。 価格をチェック 中には1,000円を切る価格で良質な商品もありますが、 安すぎるものは避けておいた方が無難です。 価格が高ければ良いというわけではありませんが、高めの商品の方が高品質であることが多いですから、 悩んだときには少し高めの価格帯のものを購入しましょう。 装着したときに目立ちにくいものを選ぶ 装着したまま外出するという場合に備え、 上から衣服を着ても目立ちにくいものを選びましょう。 厚みのあるものは服を着たときにも目立つ場合があります。 姿勢矯正ベルトに加えてやっておきたいこと 姿勢矯正ベルトだけでなく、固まった筋肉をほぐすために しっかりお風呂で温まったりストレッチをしたりということが大切です。 矯正ベルトをつけていないときでも、立っているときは胸を張るようにしたり、座っているときには骨盤が立つような座り方を心がけましょう。

次の

猫背矯正ベルトの効果/プロが教えるメリット・デメリット

姿勢 矯正 ベルト

パソコンやスマホの普及に伴い、多くの人を悩ませている猫背。 「猫背矯正ベルト」のように姿勢矯正を謳ったベルトには矯正効果が認められた商品は存在しませんが、正しい姿勢を補正・サポートするベルトがあります。 猫背矯正インナーや姿勢矯正サポーターとも呼ばれ、試着している間、猫背や悪い姿勢を整えてくれるものまで様々な形状の姿勢補正ベルトがあり、どんな商品を選んだらよいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位の猫背矯正ベルト20商品をすべて集めて、mybest編集部で最もおすすめの猫背矯正ベルトを決定したいと思います! 検証には 骨盤整体専門家の鍼灸師・池村聡文さんの協力を得て、以下2点について比較を行いました。 補正力• 今回検証した商品• アルファックス|お医者さんのがっちり背筋ベルト• MTG|スタイルビーエックスプラス• 中山式産業|magico 姿勢サポーター• MTG|スタイルビーエックス• トリプルエス|柔道整復師が考えた 猫背矯正ベルト• 中山式産業|中山式脊椎医学キョウセイベルト メッシュタイプ• bussola|猫背矯正ベルト• Brodio|姿勢矯正ベルト• 中山式産業|Dr. magico キョウセイベルト Plus• ジョイナス|La-VIE 美姿勢PRO• Ltrototea|猫背・巻き肩矯正ベルト• Harvest mart|背筋インナー• mujina|背筋矯正ベルト• QcoQce|姿勢矯正ベルト• NGC|背筋GUUUN 猫背サポーター• カラダノミライ 自然通販|猫背矯正ベルト• ジョイナス|La-VIE 今日から美姿勢宣言します• DAISO|美姿勢サポーター• メイダイ|勝野式 肩楽さん 第1位にランクインしたのは、アルファックスの「お医者さんのがっちり背筋ベルト」です!こちらも 肩甲骨から骨盤まで幅広くサポートし、ストレスを感じることなく姿勢補正が可能。 肩周りとウエストのダブルベルトで補正力も高く、 背筋をしっかり伸ばす感覚があります。 姿勢補正ベルトにありがちな脇の痛みもなく、心地よさを感じながら使用することができました。 また、着け心地の評価では最高評価を獲得!補正力が高いながらも シンプルな構造で、装着や補正力の調整に手間取ることもありません。 薄手で柔らかい素材のおかげで密着感もあります。 姿勢補正ベルトを使用したことが無い方にも、長年姿勢の悪さで悩んでいる方・腰に悩みを抱えている方にも試す価値がありそうなベストバイ姿勢補正ベルトです!.

次の