いのち の 食べ 方。 いのちの食べ方

Eve「いのちの食べ方」から学ぶ言葉の意味/解釈

いのち の 食べ 方

オウム真理教のドキュメント『』などを著してきた著者が小中学生向けに生命倫理を解説するもの。 私たちは自分のいのちを大切にすることを教わる一方、他の「いのち」を犠牲にしながら、おいしいものを食べ、快適で便利な生活をするという相矛盾を抱えて生きている。 感覚を麻痺させることを否定はしない。 しかし、いつの間にか無意識に目をそらしていることを見つめ、いのちの背後にいる人たちを想像する努力をすれば、いろいろなものが見えてくるのではないか。 話題は部落差別に及び、無関心を装うのではなく、差別することで優越感を味わいたくなるという人間の残酷な本性に目を向けるべきと説きます。 社会人があらためて読むと身につまされるところの多い一冊でした。 いやあお見事。 食べ物の話、屠畜の話から穢れ、そして被差別部落、最後にはホロコーストまで行ってしまう。 なんかの思想団体と絡んでいるのかなあ?というような極端かつ荒唐無稽な内容。 名人芸ですね。 どんどん論理が飛躍していく。 ただ著者が適当に考えて駄弁を弄してるようにしか見えない。 しかも語り掛け口調で生理的に受け付けない。 「どう考えるかは自由だ」みたいなこと言いながら 自分の中の正解以外認めてないんだな、とわかる。 本当に屠畜などについて知りたいのならきちんとしたルポものを読むべきでしょう。 著者の偏った変な考えを吹き込まれることもなく、現実がわかります。 読書感想文を書くのには非常に向いています。 「改めて日々の食事について考えた」とか、 著者に共感したようなことを書けばいいんですから。 本の情報をうのみにするような人は読まないほうがいいです。 筆者の思想みたいなものに毒されますよ。

次の

<よりみちパン!セ> いのちの食べかた|絵本ナビ : 森達也,100%ORANGE/及川賢治 みんなの声・通販

いのち の 食べ 方

その足りないもののシンボルが 「君」という人物です。 何か自分の日常に物足りなさを感じて、 バックパッカーのように人生を彷徨い歩く主人公。 衝動的な感情で行動を起こしたりなんかして、どこかで人生に 劇的な展開が起こることを期待しているようにも思えます。 しかしながらその一方で、 自分が追い求めている「君」という人物がもう来ないという現実も主人公はわかっている様子。 わかっていながらも、足りないものを探し歩いているようです。 しかし おまじないの効果なんてものは一時的で、結局は 満たされないことへのやるせなさが募っていきます。 そしてここで、 主人公が捜し歩いているものの正体が判明します。 それは 「握りしめる手」や 「温もり」。 分かりやすく言うならば、独りで人生を旅する彼は 自分以外の誰かの愛を待ち望んでいるのです。 間接的な表現が多いですが、要するに 「人生がどこか満ち足りない。 愛されたい。 」ということです。 心まで貧しくなって グレイの海を彷徨った 美は満ち溢れているんだ 見過ごすな 人の温もりを感じてこなかった主人公は、 心まで荒んでいってしまいました。 本当は 美しく輝いているはずの人生が、 グレイで面白みに欠けるものに思えてきてしまっている様子。 もったいないことをしているという自覚がある主人公は、 「美を見過ごすな」と自らに訴えかけます。 サビ1 夜が明ける前に酔いを醒まして 時間がないんだ君には 盲目でいたいの 退屈な今日を 超えていきたいんだきっと 命というものは限りあるもの。 主人公にも君にも、残された時間はそう長くはありません。 だからこそ、 酒に酔って呆然と人生を浪費してしまってはもったいない。 早く酔いを醒ますよう促します。 しかしその一方で、 退屈な毎日にいちいち構っていては心が持たないというのもまた事実。 くだらないことは盲目的に酒でも飲んでうまくやり過ごして、いつかきっと救われるはずだと未来に期待したくなる気持ちも痛いほどわかります。 主人公の心には、 相反する二つの感情が渦巻いているのです。 声が届くまで想いをぶつけて ふらふらになってしまうまで 僕らにそれを忘れることを許さないから 考えることすらやめてしまいな 「声が届くまで想いをぶつけて ふらふらになってしまうまで」は 主人公の愛への渇望です。 人との直接的な繋がりも薄くなって、上辺だけのやり取りも増えてきた昨今。 主人公が求めているのは、 「声を通じて想いをぶつける」という 人の温もりを感じられるやり取りなのです。 人間である以上、僕らは誰かと愛をもって過ごすことの喜びを忘れることなどありません。 独りぼっちの時間なんか 誰かと過ごす時間と比べると 無意味なものに思えてしまうから、主人公は孤独な今、 何かを考えることなんか無駄だからやめてしまおうとしているのではないでしょうか。

次の

Eve新曲発表!いのちの食べ方MV公開・アニメーションに力を入れる理由とは

いのち の 食べ 方

ネタバレ! クリックして本文を読む ナレーションや音楽を一切排除し、屠場と農場を交互に淡々と映し出し、人間の食欲のためにここまでやっているんだぞ!とイヤというほど見せつけてくれました。 ヒヨコの選別やリンゴやトマトを刈りいれてるときは問題なかったんですけどね・・・さすがに豚や牛を機械でズバっとやられると食欲も失せちゃいます。 それよりもオートメーション化がここまで凄いことになってるとは思いませんでした。 時折、機械にさばかれているのが人間だったら・・・などと不条理な妄想にかきたてられ、脳内ではまな板の上の鯉状態。 それでも、ひと思いにグサっとやってくれるからいいんだけど、運悪く急所をはずし、豚さんの鳴き声が悲痛なものに感じられることもしばしば。 なんだか妙な気分にさせられる一方で、種付けさせると思わせておいて寸前のところで違う容器に入れられている牛さんも可哀そうです。 牛の帝王切開?もしかして麻酔をかけてない?ちゃんと縫合するのか?いくら牛とはいえ・・・非人道的!いや、非牛道的!まぁ、あの部分がコブクロとして食べられるんだろうか?コブクロが嫌いでよかった・・・ホッ・・・ 最近のエンドロールの特徴である「動物は一切殺したり傷つけてません」などという言葉はさすがに出てこない映画でした。 しばらく肉は食いたくないと心に誓う人も出てくるかもしれませんが、あれは動物じゃないんだ!と信じ込むしかありません。 きっと果物か何かです。 まぁ、ダイエットしたい人が見るべき映画かな・・・ 食糧生産の機械的、無機的な部分を映したドキュメンタリー。 映像に対する説明は一切ない。 しかしそれは「ありのまま」を見せているわけではない。 つまり映像という視覚情報を選別しており、中立的な映画ではない。 この手の問題を考えるにあたっては、 問題視されている事実(例えば機械化、無機化)のデメリットだけでなく、 メリットや必要性なども紹介したうえで、正しく理解することが必要である。 もちろんメリット等がないなら描写のしようがないが、 この手の話は、社会がそういう選択をしているという事実があるわけで、 何らかのメリット等があることが当然の前提になっている。 しかしこの映画は、およそ人が違和感を覚えるような絵だけを抽出して描写し、 逆にメリットや必要性、一般性を感じさせる絵を、 ないわけがないのに描写しないから、偏向的である。 にもかかわらず、中立を装っているところが質が悪く、 また、当然あるべき会話などのコミュニケーション部分のみを 排除して映像化しているため当然に違和感のある無機的な絵が出来上がるが、 その違和感を本件の問題点と錯覚させようとしているところも質が悪い。 この映画は、 典型的な印象操作の一例という意味で、 情報リテラシーの勉強にはなるかもしれないが、 命の食べ方を考えさせるには全く足りない。 「アース」のような世界の絶景や簡単に踏み入ることの出来ない秘境の地では無く、テレンス・マリック作品のようなフィクションによる究極の映画体験でも無い。 ときに残酷で、ときに美しいこの映像群はただ見えないだけの紛れもない世界の日常なのである。 ナレーションも音楽も一切を排し淡々と映し出されるその"日常"の光景に私達は衝撃を受ける。 今やいのちの恩恵を享受するだけに飽きたらず、いのちを操るすべさえ手にいれた人間は果たしてどこへ向かって行くのか…。 いつものように牛の喉を切り開き、いつものように掃除をして仕事を終える人を映しながら作品は静かに幕を閉じる。 作品を観てどう感じたか。 全ての答えは私達ひとりひとりのこれからにあるのだと言うことか。 何十年後、その時の世の中を思いながらもう一度観たい作品だ。 ネタバレ! クリックして本文を読む 映画「いのちの食べ方」 ニコラウス・ゲイハルター監督 から。 いつものように暗闇でもメモしよう、と 100円ショップで買った簡易メモ帳を持参したら、 なんと90分近く、台詞はまったくなかった。 ただ淡々と、世界の人々が、家畜を育てては殺し、 魚を養殖しては殺す、そんな作業を黙々とこなす人たち。 命がものとして扱われているのは、知識としては知っていたが、 現実の映像として、目の前に飛び込んでくると、 とてもやるせない気持ちになってしまった。 「いただきます」は「あなたの命いただきます」という意味、 そう教えられたことがあるが、そんな生易しいものではない。 牛が殺されて、皮を剥がされていく工程を知ったら、 本当に「牛肉」を食べる時に、手を合わせたくなった。 こんな多くの動物の命を奪い、それを食べずに捨てる。 今日の一言は、久しぶりに私の独り言である。 中途半端な講演会よりも、この映画の上映会の方が きっと「食育」につながると思うのは、私だけだろうか。

次の