立花孝志の学歴。 立花孝志の経歴は元パチプロで芸能事務所に所属!?年収は3000万で娘と彼女がかわいい!?

【N国党】立花孝志の学歴や経歴を調査してみた!政見放送動画やYoutubeがヤバい|きりんぐタイム

立花孝志の学歴

立花孝志さんはNHK時代は経理だけではなく野球監督の取材に行ったり、タイ航空機事故の取材に行ったりもしていたそうです。 立花孝志さんがNHKに入った理由は先生に勧められたからだそうですが、子供の頃から受信料について疑問を持っていたようです。 立花孝志さんの経歴を簡単にまとめるとこんな感じなのですが、立花孝志さんはNHKに勤めていたころ当時の会長のカバン持ちもしたことがあったようですし、経理の部分を仕切っていたようでNHKの幹部と言っても過言ではなさそうです。 そして不正を告発したことによりNHK内でイジメにあい自ら退職をしたそうです。 その後はNHKと戦うためにパチンコで生計を立てていたそうです。 出典元() 素人からしてみれば「どうやってパチンコで生計立てれるんや」と思ってしまいますがww ちなみに パチンコで生計を立てていたときは奥さんと2人で月収100万円あったそうですよ。 1日に8~9時間パチ屋にいて「海物語SP」を打っていたそうです。 その後、YouTuberとして活動するようになったのですがパチンコからも学んだことがあるそうで 「物事を数字で考えること」「精神的に鍛えられた」という風に立花孝志さんはおっしゃっています。 立花孝志さんの折れないメンタルはこういったNHK時代やパチプロ時代の経歴からきていることが分かりますね。 そしてYouTuberとして活動するようになり第1回目の動画にてNHKをぶっ壊すという思いを涙ながらに語っています。 NHKがどんなヤバイところか分かっている立花孝志さんだからこそ、NHKに立ち向かうことが命がけということが分かりますしこの動画を見れば立花孝志さんが本気であることが分かります。 また立花孝志さんはNHKに入局した後のことを語っていて NHKに入局してみると、その受信料で飲み会するわ、不倫相手とSEXするわ、ムチャクチャです。 人様から半強制的に受信料をもらっているなら、他の組織以上に襟を正すのが当然でしょう。 子どものころからカネに苦労していたので、不正は許せませんでした。 これはおかしいと内部告発すると、謝るどころ事実を隠す、知らばっくれるのオンパレード。 引用元() このことから昔から正義感が強かったようにも思いますね 経歴から見ても自分のことを考えるのであればそのまま告発などせずにNHKにいればいい話ですからね。 それを蹴ってまで告発したということは立花孝志さんの正義感の強さが伺えます。 NHKのスクランブル放送を達成出来たら辞めるとコメント 立花孝志さんが『NHKから国民を守る党』と設立したのはNHKのスクランブル放送化すること。 これにより見たい人だけ受信料を払うというシステムにするということです。 立花孝志さんの経歴を見ていただいて現在(2020年)は政治家YouTuberであり『NHKから国民を守る党』の党首であるわけですが、今も立花孝志さんはこのNHKのスクランブル放送化を実現するために行動しています。 そしてこれが実現すれば立花孝志さんは政治家を辞めるとコメントしています。 今ではそれを全力で応援する支持者も増えて、今後どのようなアクションを起こすのか楽しみですね。 最終学歴は高卒 大学行く勉強していたら、高校の進路指導の先生から、NHKの採用試験( ) — 立花孝志 【NHKをぶっ壊す!】NHKから国民を守る党 党首 tachibanat 立花孝志さんは大学には進学しておらず最終学歴は高卒です。 立花孝志さんのツイートを見れば分かりますね。 立花孝志さんが卒業した高校は大阪府立信太高等学校。 偏差値は39であることから決して頭のいい学校ではありません。 ただ立花孝志さんが頭が悪かったのではなく本当はもっと頭がよかったそうなのですが、家から近かったという理由でこの高校を選んだそうです。 伝説なんだ。 私が信太高校に入学したのは、家から近いっていうだけ理由でした。 入学試験はダントツのトップで、三国ヶ丘高校合格レベルだったそうです。 1年生の担任に、「立花お前なんでうちの高校来てん?」って言われました。 — 立花孝志 【NHKをぶっ壊す!】NHKから国民を守る党 党首 tachibanat 立花孝志さんは学生時代から頭がいいことが分かります。 立花孝志は嫁と離婚しているが娘がいる 立花孝志さんはパチプロ時代、嫁と一緒にパチンコを打っていたようですが現在(2020年)離婚しています。 Youtubeにて娘を紹介していたことがあり年齢が26歳(2020年時点)で薬剤師であるそうです。 さらには娘だけじゃなく「ゆうじ」という息子もいるようです。 夫婦でパチンコで月収100万円という経歴から離婚した嫁もパチプロであることが分かりますが、息子の情報はありません。 ただ娘がYoutubeに登場することを考えると、仲が悪いということは無いでしょう。 立花孝志は壮絶な幼少期を過ごしている 出典元() 立花孝志さんは経歴だけじゃなく幼少期の家庭環境も壮絶だったようで両親がほとんど家にいなかったそうです。 「両親がほとんど家にいない、寂しい家庭で育ちました。 団地で一人ぼっち……。 父親も母親も不倫していて、いつも浮気相手と一緒にいたんですよ。 「3歳年上の姉がいます。 ただ暴力的でね。 よく殴られていました」 引用元() このように語っていて孤独である上に暴力も受けるような環境で育ったということで幼少期はかなり壮絶だったことが分かります。 もちろんお金もなく貧乏だったようで、ここからの這い上がりは凄いですよね。 今ではNHKを敵に回すくらいのポテンシャルを秘めていますからね(笑) 立花孝志さんはこれまでに死のうと思ったこともあるそうです。 しかし踏ん張って今まで生きてきていて 演説では「力を爆発させるときが必ず訪れる」とコメントしています。 壮絶な人生を歩んできた立花孝志さんだからこそ、この言葉には重みがありますね そして経歴の部分でNHKを辞めた後はパチンコで生計を立てていたと説明しましたが 立花孝志さんは高校時代からパチンコをしていたようで3ヶ月で100万円稼いだそうです。 このことから高校時代から数字を読み取る力が優れていたことが分かります。 立花孝志はNHKをぶっ壊すまで決して諦めない 立花孝志さんは演説にて「ありがとうと言ってくれる人がいる限り戦い続ける」とコメントしています。 立花孝志さんがNHK職員時代、国民の皆さんが払った受信料で給料を貰っていたから今度は自分が皆に恩返しという気持ちがあるようです。 色々問題を起こしていることもありますが、正義感が強く幼少期に孤独な思いをしたからなのか自分のことを信じてくれる人のために行動するという思いが強いように感じます。 アンチもたくさんいるかもしれませんが、応援してくれる人のためにもNHKをぶっ壊していただきたいところです。 そうなれば立花孝志さんの経歴に『NHKをぶっ壊したためN国解散』というのが刻まれますね。 NHKをぶっ壊すために全力で今は動いていますので、これからの活動に期待したいですね.

次の

なんだか怪しい「立花孝志」と「NHKから国民を守る党」

立花孝志の学歴

N国代表の立花孝志はどんな人? 名前:立花孝志(たちばな たかし) 生年月日:1967年8月15日生まれの(52歳 2020年5月 現在) 出身地:大阪府泉大津市 身長:178cm 血液型:A型 生い立ちと学歴 5歳のときに両親が離婚。 生活費も足らず、小学5年生の時から新聞配達のバイトをしていたそうです。 幼い頃からバイトなどで生活を食いつなぐ日々が続いたため勉強もまともにできず、中学時代は毎日喧嘩に明け暮れる日々。 高校は偏差値30台の 大阪府立信太高校学校へと進学しました。 高校進学を機に一人暮らしを始め、生きるためのバイトと空いた時間はパチンコに費やしていたそうです。 勉強する時間はなかったようですが、 成績は常に学年トップだったそうです。 職 歴 高校卒業後、大学には進学しませんでした。 教師の薦めを受けて、日本放送協会(NHK)に入局します。 採用面接の際には貧しいためにNHKの受信料を支払ってこなかったことを指摘され、 「払ってないからこそ、 払ってない人の気持ちの分かる集金ができる」 と、切り返し面接に合格したそうです。 1986年4月、最初の配属先は、和歌山放送局庶務部。 1991年7月、NHK大阪放送局経理部に異動します。 (1学年下のフリーアナウンサーの有働由美子さんは大阪局時代の同僚だそうです) 2005年4月、週刊文春にて NHK職員でありながらもNHKの不正経理を内部告発。 この結果、同年7月に、自身の不正経理で懲戒処分を受けて、NHKを依願退職します。 NHK退職後、フリージャーナリスト&パチプロ!? NHK退職後は、パチンコで生計を立てていたようです。 自分で打つだけではなく「チーム立花」という打ち子を率いた集団の元締めをしていたと。 また、2012年からインターネット上で動画投稿を始めます。 最近はもっぱら政治関連の動画が多いですが、「立花孝志ひとり放送局」と名乗り、当時はパチプロとしての発信なども多く見られました。 パチンコで生計を立てるくらいですから、パチプロとしての腕前も凄かったのでしょう。 また、このご時世の波に乗ってユーチューバーばりの活躍も見せていきました。 フリージャーナリスト&パチプロとして活動されたのは約6年間です。 ちなみに、最初は「NHK受信料不払い党」という名称でした。 2013年9月の大阪府摂津市議会議員選挙 2014年2月の東京都町田市議会議員選挙 相次いで落選。 2015年4月の千葉県船橋市議会議員選挙で、初当選を果たします。 その後も、目まぐるしく色々な選挙に立候補を繰り返します。 2016年7月、船橋市議会議員を任期中に辞任。 東京都知事選挙に立候補するも落選。 2017年1月、大阪府茨木市議会議員選挙、 2017年7月の東京都議会議員選挙(葛飾区選挙区)にも落選。 2017年11月、東京都葛飾区議会議員選挙で、地方議会で2度目の当選。 2019年5月、大阪府堺市長選挙に立候補して落選 (これに伴い、葛飾区議会議員を失職) 2019年7月の参議院議員通常選挙に比例区から立候補し、国政で初当選。 この際、N国として全体で987,885票を獲得し(得票率2. 0%)、国政政党要件を充たすことになり、立花孝志さんは国政政党の代表となりました。 NHKの政見放送での「NHKをぶっ壊す!」というキャッチーすぎるフレーズが一躍話題になった事は言うまでもないですね。 その後も、連続立候補・落選が続いたり、N国の関係先を家宅捜索したとのニュースが飛び交ったり、新たに「ホリエモン新党」を立ち上げたりと、本当に話題に事欠かない方です。

次の

立花孝志(N国党)の学歴|出身高校大学の偏差値とパチプロ時代

立花孝志の学歴

立花さんは、5才の頃両親が離婚して 父と姉と3人暮らしでしたが、 父も女作ったり夜おそくまで麻雀したりで、 小学生のころもほとんど顔を見なくて、 姉と2人で暮らしていたけど、 姉からはしょっちゅう 馬乗りになって殴られてたそうです。 父はお金を置いてすぐ家をでていくけど、 全然たりなくて、小学5年の頃から 新聞配達の仕事をしていました。 姉は自分の分の食事しか作らなくて いつも買ったものを食べていたそう。 小学校で、栄養失調で倒れてその後 親戚の人たちが集まって、両親は 復縁したそうですが、全く会話がなかったようです。 中学生の頃は喧嘩ばかりで内申が悪く、 中2のとき、姉を吹っ飛ばしてからは、 姉の暴力もピタリととまったそうです。 今は姉とも仲がイイそうですが。 両親が仲が悪く、15才、高校1年生の 頃から一人暮らしをはじめたようです。 風呂無し便所無しのアパートで、 アパートの裏に、その偏差値39の 学校があったようです。 内申は悪かったけど、テストの偏差値は ダントツのTOPで合格しました。 アパート代と学費はすべて自分が稼がなくては ならなかったので、新聞配達、ガソリンスタンド、 船の切符もぎなどのアルバイトをしていましたが、 いちばん儲かったのがパチンコ。 データを集めて研究して、3か月で400万 設けたこともあったそうです。 高校生の頃からのパチプロですね。 三流大学でも行きたかったけど、 高校は中学校の復讐をするだけのような 内容だったので、赤本を見ても、 全然わからなかったようです。 そんなときに、和歌山NHKの採用枠が1つあり、 面接を受けて見事合格しました。 東京で仕事をしているときは、まわりは エリート大学出身の方たちばかりだったようです。 子供の頃から受信料を払わない、貧しい家庭で 育ちましたが、そういう人を合格させていいのか どうか、NHKの人事も迷ったようです。 立花さんも、自分はNHKに入っても中心的な仕事は できない。 自分は集金人になるだとうと予測していました。 面接で、「NHKは国民のための放送局だから、 受信料を収めてもらえるよう、しっかり説明する」 と言ったそうです。 最初は経理ではなかったけど、経理の仕事をするように なって、また、大阪での仕事が評価され、 海老沢会長の側近で仕事もできるようになり、 経理の裏の裏まで任されるようになると、 その受信料が、自分は小さな頃からお金に苦労していたのに、 本当にいい加減な形で使われてきたという実態をそこで知り、 内部告発に至りました。 内部告発する前に鬱になりましたが、 辞める決心をしていたので、自分の実名と写真も 公表されたようです。 それからは、挨拶をしても誰も挨拶されなくて、 電話も着信拒否をみんなからされるようになって、 よけいに病んでしまったようです。 依願退職して、しばらくはパチプロで過ごしていた ようですが、そのパチプロだった頃のデータ力っていうのか それが、経理や今の選挙の成功に繋がったようです。

次の