シャドー ル フュージョン。 シャドールの効果は、シンクロやコストで発動するの?

【遊戯王裁定】《灰流うらら》は《影依融合(シャドールフュージョン)》を無効にできる?【Q&A】

シャドー ル フュージョン

1 :このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのがリリースされた場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。 3 :自分フィールドの1体をリリースして発動できる。 相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。 1 5 2200 1700 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合に発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。 その後、手札を1枚捨てる。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 2 4 1800 1000 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから以外の1枚を墓地へ送る。 1 制限 3 500 1400 自分フィールド上に表側表示で存在する1体をリリースして発動する。 自分のデッキから1体を特殊召喚する。 この効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 3 0 1800 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。 その効果を無効にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 1 :フィールドのモンスターの効果が発動した時、またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 フィールドのそのカードを破壊する。 2 3 1500 1000 このカード名の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合に発動できる。 デッキから以外の1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから以外の1体を裏側守備表示で特殊召喚する。 1 3 1000 1500 の効果はデュエル中に1度しか使用できない。 1 :このカードがの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキからカードまたはカード1枚を手札に加える。 1 3 800 200 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合に発動できる。 デッキから・罠カード1枚を手札に加える。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから以外の1体を手札に加える。 1 制限 3 1200 800 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。 デッキから以外の1体を特殊召喚する。 3 2 600 200 の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 カードによって決められた、フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド及び相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの中から選んで墓地へ送り、その1体をエクストラデッキから融合召喚する。 2 2 600 1400 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合、以外の自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 このカードを墓地から裏側守備表示で特殊召喚する。 1 1 0 0 1 :自分スタンバイフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の2体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は通常召喚できず、しか特殊召喚できない。 2 1 100 600 の 3 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。 その相手モンスターを破壊する。 3 :フィールドのこのカードが効果で墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。 デッキから以外の1枚を手札に加える。 3 は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の手札・フィールドからカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その1体をエクストラデッキから融合召喚する。 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。 2 手札・自分フィールド上から、カードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その1体をエクストラデッキから特殊召喚する。 1 制限 自分または相手の墓地からモンスター1体を選択して発動する。 選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。 1 このカードの発動に対してカードの効果は発動できない。 1 :2000LPを払って発動できる。 カードによって決められた融合素材モンスター2体を自分フィールドから墓地へ送り、その1体をエクストラデッキから融合召喚する。 2 :墓地のこのカードを除外し、このカードの効果で融合召喚したモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組を自分の墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化される。 1 制限 1000ライフポイントを払って発動する。 レベル5以下の1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃する事ができず、エンドフェイズ時に破壊される。 は1ターンに1枚しか発動できない。 1 制限 自分のデッキからモンスター1体を選択して墓地へ送る。 1 制限 自分のデッキからフィールド魔法カードを1枚手札に加える。 2 1 :自分の墓地の1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。 1 準制限 このカードを発動するターン、自分は召喚・反転召喚・特殊召喚する事はできない。 自分フィールド上に(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。 このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。 2 準制限 手札を1枚捨てる。 自分または相手フィールド上からカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、その1体を融合デッキから特殊召喚する。 このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。 (この特殊召喚は融合召喚扱いとする) 2 は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の手札・フィールドから、カードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その1体をエクストラデッキから融合召喚する。 1 1 :1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。 自分のデッキ・墓地から1枚を選んで手札に加える。 2 :自分・相手のエンドフェイズに、このターンに融合召喚に使用した自分の墓地の融合素材モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 1 1 :このカードは発動後、効果モンスター(魔法使い族・闇・星9・攻1450/守1950)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する。 この効果で特殊召喚されたこのカードは、カードに記された属性の融合素材モンスターの代わりにできる。 このカードは罠カードとしても扱う。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合、以外の自分の墓地の・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 1 10 3300 2500 +元々のレベルが8以上の このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。 1 :1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、そのモンスターの元々の攻撃力は0になり効果は無効化される。 2 :このカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。 フィールドのモンスターを全て破壊する。 その後、自分の墓地のレベル8以上の1体を除外してこのカードを墓地から特殊召喚できる。 相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。 2 :1ターンに1度、相手フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。 3 :融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。 相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。 1 8 2700 1900 + 1 :1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。 捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。 1 8 2800 2500 +このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから1枚を墓地へ送る。 2 :このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。 そのモンスターを破壊する。 3 :このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 2 7 2500 2000 + 1 :1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。 2 :このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、このカードの攻撃力は1000アップする。 3 :このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。 デッキからカードまたはカード1枚を手札に加える。 このカード名の 1 3 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果を無効にする。 2 :このカードは戦闘では破壊されない。 3 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地から1枚を選んで手札に加える。 その後、手札を1枚選んで捨てる。 2 5 2200 800 + このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。 1 :このカードは相手の効果では破壊されない。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。 3 :このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 1 1 0 0 + このカードがフィールドに存在する限り、他のモンスターは表示形式を変更できず、攻撃宣言もできない。 相手モンスター1体を指定してこのカードに装備する(この効果は1ターンに1度しか使用できず、同時に装備できるモンスターは1体のみ)。 このカードの攻撃力・守備力は装備したモンスターの数値になる。 戦闘によってこのカードが破壊される場合、かわりに装備したモンスターが破壊される。 1 - 3000 - 効果モンスター3体以上 1 :このカードは戦闘では破壊されない。 2 :1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示にする。 このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。 この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 :1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。 ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。 LINK - 4 1 - 1600 - カード名が異なるモンスター2体 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手のメインモンスターゾーンの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果では破壊されない。 LINK - 2 1 - 500 - 効果モンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。 2 :2000LPを払い、通常・速攻魔法カードまたは通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。 この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。 LINK - 2 1 - 1900 - カード名が異なるモンスター2体 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは戦闘では破壊されない。 LINK - 2 1 - 300 - 1体 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。 その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。 2 :このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの1体をリリースして発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 LINK - 1 閲覧数 823 評価回数 0 評価 0 ブックマーク数 0 - NEW -.

次の

遊戯王カード考察:≪影依の巫女(ノェルシャドール) エリアル≫シャドール・ネフィリムが出しやすくなりました

シャドー ル フュージョン

コロナの影響で就活が全然進まない今日この頃です。 今回は今期初めから練っていた召喚ドラグマシャドールについて紹介していきたいと思います、自分のメモも兼ねてるので内容が薄いかもしれませんが参考程度に見てもらえたらと思います。 また一部で東北の身内弄りがありますが分からなければスルーしといてください 目次 1. 召喚ドラグマシャドールとは? 2. デッキコンセプト 3. デッキレシピ 4. ドラグマってどんなテーマ? 5. 基本展開 6. 採用カード 7. ほかの採用候補のカード十選 8. まとめ 1. デッキコンセプト の墓地リソースを利用し奪うギミックとシャドールの後手から捲る性能、ドラグマとシャドール新規の影衣の疑典(以下シャドールーク)、ーの妨害による先行展開と先後どちらでも戦えるようにしています。 影衣の偽典《シャドールーク》 永続罠 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分・相手のメインフェイズに発動できる。 自分のフィールド・墓地から、「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、 その融合モンスター1体をEXデッキからする。 その後、この効果でしたモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。 この効果でしたモンスターは直接攻撃できない。 デッキレシピ 直近のCSでも6-2で準優勝できたのでかなり使いやすい構築だと思ってます。 後で 採用カードの方に文字でリストにして詳しく説明します 4. 1 :自分の墓地から融合・S・X・リンクモンスター1体を除外して発動できる。 このカードを手札からする。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 自分のEXデッキからカード名が異なるモンスター2体を墓地へ送る。 相手は自身のEXデッキからモンスター2体を墓地へ送る。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターをできない。 1 :EXデッキからされたモンスターがフィールドに存在する場合、 自分・相手のメインフェイズに発動できる。 このカードを手札からする。 自分フィールドに他の「ドラグマ」モンスターが存在する場合、 さらにフィールドの表側表示モンスター1体を選んでその効果をターン終了時まで無効にできる。 2 :自分の「ドラグマ」モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 自分フィールドの全ての「ドラグマ」モンスターの攻撃力は500アップする。 1 :EXデッキからされたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。 このカードを手札からする。 2 :このカードが召喚・に成功した場合に発動できる。 デッキから「教導の聖女エクレシア」以外の「ドラグマ」カード1枚を手札に加える。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターをできない。 3 :このカードはEXデッキからされたモンスターとの戦闘では破壊されない。 ドラグマ・パニッシュメント 通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送り、 対象のモンスターを破壊する。 このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターをできない。 関連はあるけど直接ドラグマとのあるわけではない《アルバスの》との共用カード2種もかなり書いていることが強いです 天底の 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。 その後、墓地へ送ったモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、 「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの」1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターをできない。 2 :このカードがに成功したターン、 このカードはEXデッキからされた他のモンスターが発動した効果を受けない。 3 :このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの」1体を選び、手札に加えるかする。 基本展開 アレイスターとマクシムスのそれぞれにアクセスするカード+コスト1枚が基本展開になります。 展開ルート 盤面:エクレシアマクシムスーシャドールーク 手札:アレイスターフリス ー+フリス+相手ターンミドラーシュの3妨害ですがそれぞれの妨害の質が高いのがメリットになります 半面サイクロンなどの速攻魔法系のバック破壊や墓穴やD.

次の

遊戯王カードWiki

シャドー ル フュージョン

「恐竜シャドールHERO」デッキ回し方 勝ち筋は意外にもパワービート このデッキの勝ち筋は単純明快。 この「シャドール恐竜」デッキは、 このデッキの中核を担う《究極伝導恐獣》《エルシャドールミドラーシュ》《永遠の淑女ベアトリーチェ》の3枚でビートしていくデッキ。 《究極伝導恐獣(アルコン)》は言わずとしれたパワーカード。 自分相手メインフェイズに発動できる効果は、手札のカードも破壊できるので「シャドール」カードとも相性が良く、手札のシャドールを破壊して、墓地に送られた場合の効果を使っていける。 単純にパワーが高いのでスキドレ下でもそのパワーでゴリゴリ押していける。 《エルシャドールミドラーシュ》は互いの特殊召喚制限をかけるコントロール系のカード。 《永遠の淑女ベアトリーチェ》はフリーチェーンでデッキからカードを送れる効果と後続の《彼岸の巡礼者ダンテ》につなげる役割を担う。 シャドールを落としていけばそのまま効果を使っていくことができる。 《シャドールドラゴン》を落とせば《サイクロン》。 《シャドールビースト》を落とせばドローソース。 《シャドールファルコン》からは壁要因と後続展開をしていくことができる。 このように「シャドール恐竜」デッキは 《究極伝導恐獣》《エルシャドールミドラーシュ》《永遠の淑女ベアトリーチェ》の3枚をとにかく出していき、盤面を支配していくのがこのデッキの特徴。 では、どうやって展開していくのか。 その回し方をメインに考えていく。 とにかくデッキから墓地へ このデッキの初動の動きとして大事なのは《V・HEROヴァイオン》《終末の騎士》《影依融合(シャドールフュージョン)》の3枚。 この3枚はそれぞれ全て3積みされるのが基本。 初動で何としても引きたいカードになる。 《増援》と《おろかな埋葬》も採用して、実質11枚体制で引きにいく。 墓地に落とすカードは、「シャドール」モンスター、《D-HEROディアボリックガイ》、《オーバーテクスゴアトルス》あたりになる。 【以下展開ルート】 《V・HEROヴァイオン》からは有名な《 究極伝導恐獣(アルコン)》と 《永遠の淑女ベアトリーチェ》を出すルートを使える。 シャドール恐竜の弱点 シャドール恐竜は、 《究極伝導恐獣(アルコン)》による一気に盤面を切り返していける瞬間的な爆発力、《 永遠の淑女ベアトリーチェ》《エルシャドールミドラーシュ》による盤面コントロールという単純だけでも序盤から中盤にかけても戦っていけるデッキ。 しかしデッキのカードを展開の途中でかなり使ってしまうので、デッキリソースがなくなってくると後半がきつくなってくるのが少し難点。 なのでなるべく早いターンで決着をつけていきたい。 とはいえ、《究極伝導恐獣》《エルシャドールミドラーシュ》《永遠の淑女ベアトリーチェ》はそれぞれ場持ちも良いので、相手がこれらを除去するのに手間取っているうちにこちらの手札も補充されていくので切り返ししやすくなっていける。 また、《オーバーテクスゴアトルス》や《D・HEROディアボリックガイ》《融合》《影依融合》など手札次第では腐り札になりやすいカードも多いので、 《V・HEROヴァイオン》《終末の騎士》《影依融合(シャドールフュージョン)》《増援》《おろかな埋葬》を引けないと事故になるのも「恐竜シャドール」デッキの弱点。 なので《BF-朧影のゴウフウ》などを採用して、《スカルデット》などのリンクモンスターにつなげて、序盤でお茶を濁していく採用も目立つ。 困ったらリンク召喚で序盤をしのぐというリンクモンスターの超汎用性能を利用しない手はないだろう。 ちなみに「シャドール恐竜」は、後攻から戦える。 手札誘発を採用して相手を妨害しつつ、手札によっては、後攻1ターン目でリンクモンスターとアルコンなどで一気にワンキル打点をあげることも十分射程圏内。 このように「シャドール恐竜」は、環境でも十分戦える強さを持っているとともに、パワー押しというどの環境でもある程度通用する強さを持ったデッキテーマでもある。

次の