育毛剤 01。 ミューノアージュ育毛剤を3年間使用したレビューと口コミのまとめ

【楽天市場】Value Hair (バリューヘアー) 医薬部外品 新定番育毛剤 単品 100ml 有効成分 センブリ抽出液 グリチルリチン酸ジカリウム セイヨウハッカ ニンジンエキス ローズマリー 冬虫夏草:STYLE in STYLE 楽天市場店

育毛剤 01

では何故アルコールが含まれているかというと頭皮の毛細血管を拡張させる効果があり且つ、育毛に効く有効成分を毛根に届ける際に邪魔となる皮脂をアルコールで溶かすという目的も含まれているからである。 またアルコールには殺菌効果があり、頭皮の菌の増殖を抑えるという役割も果たしている。 しかし裏を返せばアルコールの強力な刺激・作用により頭皮にいる善玉の常在菌まで殺してしまっていることを忘れてはならない。 また頭皮だけでなく毛根に存在する毛母細胞にまで強いダメージを与えてしまうのである。 この結果、育毛対策として使用していた育毛剤を使えば使うほど頭皮環境はボロボロになっていき、やがては髪の毛がやせて細くなり抜毛の原因をも引き起こすことになるのである。 よって本稿では育毛剤の正しい選び方、選択基準を具体的にご紹介したいと思う。 【正しい育毛剤の選び方(これだけは抑えておきたい8つのポイント)】 育毛剤選びは薄毛対策の観点から非常に重要な要素となる。 市販されている育毛剤の中には効果がほぼ無い上に頭皮にダメージを与えるようなものが少なからず存在する。 一例を挙げると育毛剤をつけて頭皮がスーッとして爽快感が得られるものは大半がその手の類に含まれると言ってもよいかと思う。 こうした粗悪な育毛剤を毎日一生懸命につけて薄毛になる努力をされている方が少なからずいらっしゃることを非常に残念に思ってならない。 よって以下に育毛剤選びのエッセンスを纏めたので是非参考にして頂きたい。 【育毛剤の選び方その1:アルコール成分の割合が低い育毛剤を選ぶ】 上述した通り育毛剤に含まれるアルコールは頭皮に多大なダメージを与える。 よって、まずは アルコール成分の割合が低いものを選ぶようにすることが肝要である。 育毛剤の成分表示は含有量が多い順に表示されている 育毛剤のラベルの裏等に成分表示の記載がある。 ここで、「水、エタノール」との記載があれば一番多く含まれる成分は水、次に多いのがエタノール(アルコール)ということになる。 そこで一つ指標として頂きたいのが成分表示にエタノール(アルコール)といった記載がなるべく後ろの方にあるものを選択するという方法だ。 爽快感を得るためのスーッとする育毛剤には大抵、大量のアルコールが含まれている 薄毛に悩まれる方の大半は頭皮になんらかのトラブルを抱えられているのが一般的である。 頭皮が乾燥しておりフケが出やすかったり、頭皮が赤らんでいたりする方々である。 それらの方がアルコールが沢山含まれた育毛剤を使用すれば頭皮がヒリヒリとし、育毛どころか頭皮にダメージを与え毛を逆に細らせ抜毛の原因を作ってしまうのである。 頭皮が弱い、又は敏感な男性は女性用の育毛剤を選ぶのも有り 男性はスーッとした育毛剤をつけると、「ああ、頭皮がジンジンとしてくる、育毛剤が効いてきてる証拠だな」と勘違いな自己満足をされてしまう方が多いようである。 しかし頭皮が丈夫な人でさえ毎日、刺激が強いアルコールが多分に含まれた育毛剤を付けていると頭皮にダメージが蓄積されてしまい、結果として薄毛進行を自ら早めてしまっている方が実に多いのである。 よって頭皮が弱い、又は敏感な男性は女性用の育毛剤を選ぶのも充分に選択肢のひとつになり得ると考える。 【育毛剤の選び方その2:保湿性の高い育毛剤を選ぶ】 頭皮を元気にする上で非常に重要なことは頭皮に充分な水分を与えてあげることだ。 充分な水分が頭皮に与えられると頭皮の菌の状態は正常に保たれ、ホルモンバランスも良い形で保たれる。 すると結果として過剰な皮脂が分泌されることもなくなり、また血流が促進され栄養分が毛根に充分送り届けられるようになるのである。 育毛剤に含まれている保湿効果を持った天然成分 具体的に、育毛剤に配合されている保湿効果を持つ有効成分を以下に御紹介させて頂く。 これらの有効成分により頭皮を乾燥から守ることが出来る。 保湿効果があるとされる天然成分1:センブリエキス センブリエキスとは、センブリという植物(リンドウ科)から有効成分を抽出したエキスのことだ。 古くから漢方薬としても利用されて来たが、それ以外に乾燥から頭皮を守る効果があるとされている。 保湿効果があるとされる天然成分2:ヒオウギ抽出液 ヒオウギ抽出液はヒオウギという植物から抽出される。 ヒオウギ抽出液の主な成分はイソフラボンである。 このイソフラボンが皮膚に存在しているヒアルロン酸やコラーゲンの働きを促すため保湿効果が期待できるとされている。 保湿効果があるとされる天然成分3:サンザシエキス サンザシエキスとは、サンザシという植物(バラ科)から抽出したエキスのことである。 サンザシの葉や果実には薬効効果あり、中国等で古くから生薬として利用されてきた経緯がある。 また保湿効果が高く、乾燥を予防出来るため化粧品成分としても利用されている。 【育毛剤の選び方その3:薄毛予防効果と発毛促進効果の両方の効果を持つ育毛剤を選ぶ】 育毛剤を選ぶ上で重要になるのが、この観点だ。 薄毛が進行している方であれば薄毛進行にブレーキを掛ける必要が当然ある。 また薄毛が進行していない頭髪部分に対しても薄毛予防の策を打っておく必要がある。 こういった対処を施した上で薄毛部分を改善するための発毛促進を図っていくことが肝要である。。 薄毛進行にブレーキを掛ける効果について 抜毛・薄毛を引き起こす要因の一つに脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が挙げられる。 DHTは大変強力な脱毛作用を持ったホルモンであり、毛髪を作る毛母細胞の働きを鈍らせ、毛周期を極端に短くしてしまう極めて厄介な存在である。 このDHTの働きによって痩せ細った毛が目立つようになり薄毛状態が進行し、やがては痩せ細った毛さえも生えてこなくこなくなってしまうのである。 この症状が、いわゆるAGA(男性型脱毛症)、FAGA(女子男性型脱毛症)の症状である。 これによって薄毛進行にブレーキが掛かる仕組みとなっているのである。 実際にこれらの薄毛進行にブレーキを掛ける有効成分としてオウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスといった成分が一般的に育毛剤に配合されている。 頭皮の血流が活性化されると栄養分が毛母細胞に行き届きやすくなる。 更に、毛母細胞が活性化するためのアミノ酸等の細胞エネルギーを加えることによって発毛活動がより促進されることになる。 発毛促進効果を持った育毛剤は、こうした頭皮の血行促進作用を持ち、更に毛母細胞を活性化するための細胞活性エネルギーが配合されている。 実際にこれらの発毛活動を促進させる有効成分としてミツイシコンブエキス、加水分解酵母エキス、センブリエキス、人参エキス、オウゴンエキス、ジオウエキス、シナノキエキスといった成分が一般的に育毛剤に配合されている。 育毛剤に配合されている天然系の有効成分について 育毛剤の発毛促進効果と薄毛予防効果の両効果を天然系の有効成分のどのような働きによって実現しているのかをで詳細に説明しているので参照頂ければと思う。 【育毛剤の選び方その4:天然成分タイプの医薬部外品の育毛剤を選ぶ】 天然成分タイプの育毛剤と相反するものが医薬品タイプの育毛剤だ。 医薬品タイプには当然のことながら医薬品が含まれている。 一般的には「ミノキシジル」という医薬品が使用されているのだが、こちらの成分は血管を拡張させ血流を促進させる効果がある。 結果、毛母細胞と毛乳頭の両方を活性化させる事により、発毛を促進させる作用がある。 また医薬品タイプの育毛剤には他にも「フィナステリド(フィンペシア、プロペシア)」という医薬品が使用されていることが多く、こちらの医薬品は増毛効果を狙ったものではなく抜け毛の防止を目的としたものになる。 医薬品タイプの育毛剤は副作用を起こしやすい まずミノキシジルが含まれている育毛剤を使用する場合は、同薬品には血圧を下げる効果もあるため、低血圧の人は注意が必要である。 また、頭痛・めまい・吐き気・手足の痺れ・動悸などの体調不良が発生することもある。 次にフィナステリド(フィンペシア、プロペシア)が含まれている育毛剤を使用する場合は、男性機能障害を引き起こすリスクが高い。 具体的には勃起不全や精子の減少などだ。 これは男性ホルモンの一種・ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する作用によるものである。 また、女性であれば胎児への影響がある報告もあがっているのも事実である。 天然成分タイプの医薬部外品の育毛剤とはどのようなものか? ミノキシジルは発毛・育毛を目的とした医薬品です。 フィナステリド(フィンペシア、プロペシア)は抜け毛の防止を目的とした医薬品である。 ではこれらの育毛剤として必要な働きを天然成分タイプの育毛剤はどのように実現させているのだろうか。 答えはシンプルである。 ミノキシジルの発毛・育毛効果やフィナステリド(フィンペシア、プロペシア)の抜け毛の防止効果と同等の効果を持つ成分を天然成分を組み合わせて作り上げているのだ。 使用している成分は天然成分で自然界に存在する成分なので身体に及ぼす副作用は極めて起きにくく安全性の高いものと言える。 ご興味のある方はを参照頂ければと思う。 また、具体的にどのような天然成分が育毛剤としての役割を果たしているのかを詳細に確認されたい方はを参照頂ければと思う。 【育毛剤の選び方その5:無香料・無着色の育毛剤を選ぶ】 香料や色付けは育毛行為とは一切関係がない。 関係無いだけなら良いが頭皮にダメージを与えるものもあるので、シンプル・イズ・ベスト。 無香料・無着色の育毛剤を選ぶよう推奨したい。 育毛剤の香料のせいで育毛剤をつけていることが周りの人にばれてしまう、なんていうことにも繫がり兼ねないので御留意願いたい。 可能であれば防腐剤も使用していない育毛剤がベストである。 なお合成界面剤が含まれている育毛剤も存在するが、正直これらの育毛剤は論外。 絶対に選んではならない。 【育毛剤の選び方その6:べたつかない育毛剤を選ぶ】 意外に盲点なのが、べたつかない育毛剤を選ぶという点だ。 育毛剤をつける方の大半は薄毛に悩まれている方々である。 べたつく育毛剤をつけることによって上記のイメージ図のように育毛剤を塗布した髪は風呂上りのような状態となり、より一層薄毛状態が際立って見えてしまう。 薄毛が気になっている方に対しこれは到底受け入れられない話だ。 いくら育毛効果が期待出来る育毛剤であったとしても到底長くはお付き合い出来ないであろう。 育毛剤の効果を充分に得るためには少なくとも半年は掛かるのが一般的である。 そして育毛剤の効果を得るための絶対条件は毎日欠かさずに塗布し続けられることである。 継続性を心理的に妨げてしまうような育毛剤は選ぶべきではない。 サラサラとしてべたつきの無い育毛剤でも保湿性、浸透性に優れた育毛剤は存在する 保湿性や浸透性の効果を求めるために敢えてべたついた育毛剤を設計・製造しているメーカーも存在する。 ジェル状の育毛剤なども、その最たる育毛剤の一つと言えるであろう。 しかし、いくら保湿性、浸透性に優れた育毛剤であったとしても、塗布すると薄毛が目立ってしまうような育毛剤では心理的にその育毛剤を長く使い続けることは非常に困難だろう。 そしてここで皆さんにご認識頂きたいのは、サラサラとしてべたつきの無い育毛剤でも保湿性、浸透性に優れた育毛剤は少なからず存在するということである。 この条件を満たす育毛剤を選ぶことが継続性を担保し、育毛効果を享受するために必要不可欠な要素なのである。 【育毛剤の選び方その7:継続して支払える価格の育毛剤を選ぶ】 育毛剤によっては1万円を超える価格の商品も多数存在する。 では高価な育毛剤を購入するのが絶対に正解かというと一概にそうとは言えない。 何故なら育毛剤は少なくとも半年は継続して使用してこそ効果が得られる、といった性質を持っているからだ。 なので継続して購入出来ないような高価な育毛剤を選ぶことは育毛効果を得られない選択をしているのと同じことなのである。 筆者の経験上、及び多数の口コミから鑑み、発毛効果が期待出来る育毛剤の妥当な価格帯はおおよそ月々7000円から8000円程度の辺りになるかと考える。 安過ぎたり、高過ぎたりする育毛剤の大半は失敗例に終わるケースが多いようである。 【育毛剤の選び方その8:返金保証期間が長い育毛剤を選ぶ】 返金保証制度とは育毛剤を使用してみて自分の肌に合わない場合や効果が見られない場合に商品代金を返金してもらう制度のことである。 購入してから返金してもらえるまでの期間を長く設定している商品はメーカー側からするとリスクの他の何物でもない。 しかし裏を返せばメーカー側が商品の育毛効果に対しいかに自信を持っており、実績があるかという何よりもの証拠なのである。 でなければ、そもそも返金保証制度自体を適用することも出来ないであろうし、ましてや返金可能期間を長期間に設定するなど到底出来ないはずだ。 よって返金保証制度の有無、保障期間の長さは育毛剤選びの重要な指標の一つになることを認識されると良いかと思う。 返金保証期間は少なくとも2か月(60日)以上ないと意味がない 育毛剤の返金保証制度は購入1本目のみに適用されるのが一般的である。 (そもそも返金保証制度が適用されている商品自体少ないが) 大半の育毛剤はボトル1本を約1か月で使い切るよう設計されている。 よって返金保証期間が30日に設定されているような育毛剤を多々見受けるが、ボトル1本を使い切るかどうか分からないタイミングで自分に合った育毛剤なのか、育毛効果が期待出来る育毛剤なのかを判断せざるを得ない状況に陥ってしまう。 このように見ていくと返金保証期間は少なくとも2か月(60日)以上ないと、きちんとした判断が出来ない意味の無い制度だと言わざるを得ない。 【良く効く育毛剤はこれ!! 】 本サイトで述べた正しい育毛剤を選ぶ際のチェック基準を全てクリアしており、無添加・無香料で育毛有効成分は全て天然成分で出来ている安心して使用出来る育毛剤を御紹介させて頂く。 御興味のある方は、 を参照願いたい。 【薄毛原因を排除し薄毛対策に徹底的に取組む】 いくら正しい育毛剤の選び方に従って効果の高い育毛剤を購入したとしても、薄毛状態を解消するためには育毛剤の使用だけでは時間が掛かり過ぎたり、場合によっては改善効果が充分に得られないといったケースが発生してしまう。 よって育毛剤を使用すると同時に育毛剤の働きを最大限に引き出すコツ・ポイントを以下リンクに纏めたので是非参照頂ければ思う。

次の

ミューノアージュ育毛剤を3年間使用したレビューと口コミのまとめ

育毛剤 01

男性用の育毛剤をランキングで紹介しているサイトはたくさんあります。 いろんな育毛剤が紹介されていて「 種類多すぎでしょ・・・」ってなりますよね?• なんとなく名前を知っているから• 安いから• CMで見かけたから こんな理由で適当に育毛剤を選んでいたら、 効果を実感できずガッカリする可能性があるので注意です。 育毛剤は男性用、女性用問わずかなりの数が販売されていて、ドラッグストアや薬局で購入できるものから通販限定で販売されているものまでさまざま。 その数は100種類を超えています。 育毛剤初心者にとっては、 何を選べば良いのかわかわからない状態になっているのが現状。 そこで当サイト(アンチ・コンプレックス)編集部では、• 市販のリアル店舗で購入できる男性用育毛剤• 通販限定の男性用育毛剤 をすべてひっくるめて一番いいものをランキング化してみました。 当ページを見れば、• 効果の高さ(成分と浸透性)• 安全性• また、育毛剤は1本使えば薄毛が改善するわけではないので 価格的に続けやすいかどうかも重要です。 さらに 返金保証がついていて安心して購入できればさらにいいですね。 というわけで、当サイト(アンチ・コンプレックス)の読者を対象に口コミとともに、 各ポイントを5点満点で評価してもらいました。 読者(24人)から寄せられた評価点と、当サイトライター陣(5人)の評価点を合計した平均をスコアとしています。 結果、男性用育毛剤ランキングの上位5品はこういう結果に。 総合 効果 安全 価格 返金 4. 7 4. 6 4. 7 4. 1 永久 4. 5 4. 6 4. 8 3. 2 30日 4. 2 4. 4 4. 8 3. 1 30日 3. 9 4. 7 3. 4 3. 2 30日 3. 8 3. 6 3. 8 4. 4 45日 選考で重視したポイントについて少し詳しく見ていきます。 男性用育毛剤選びのポイント1:効果の高さ 育毛剤の効果の高さは以下の2つでほぼほぼ決まります。 POINT• 成分の浸透性 成分の効果別に大別するとだいたい3種類。 血行促進成分• 抜け毛抑制(DHT抑制)成分• 頭皮環境改善成分 髪の毛を成長させるには血液が不可欠なので、 血行促進効果は重要。 抜け毛を防ぐ効果も重要です。 男性の場合ほぼAGA(男性型脱毛症)が薄毛の原因で、AGAを引き起こす DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるホルモンの働きを抑制して抜け毛を防ぐ効果が必要になります。 頭皮環境を改善する効果は育毛環境を整えることで間接的に育毛に影響します。 なので配合成分だけでなく、 浸透力の高さも重要です。 成分浸透力をあげるためには• 浸透性を上げる成分を配合• 成分のナノ化 されているケースがあります。 以上をまとめると POINT• 血行促進、DHT抑制、頭皮環境改善の3効果• 浸透力 が高いものがランキング上位になるわけですね。 男性用育毛剤選びのポイント2:安全性 育毛剤に関する口コミなどをチェックしていると、「かゆみが出た」「頭がヒリヒリする」などいわいる副作用について触れているものがあります。 副作用は、配合されている成分が影響して発症するので、 安全な成分を含んでいるものをチョイスすべき。 安全な成分を配合した育毛剤をより高く評価しています。 男性用育毛剤選びのポイント3:価格(コスパ) 男性・女性問わず、育毛剤は最低でも数カ月は継続しないと効果は実感できない場合がほとんど。 1本(だいたい1ヶ月分)だけで薄毛は改善しません。 ある程度継続しなければいけない以上、価格が安い方がいいに決まっています。 なので、ある程度の高機能さは前提としつつ、 できるだけ安く済む価格設定の男性用育毛剤をより高得点としています。 男性用育毛剤選びのポイント4:返金保証 育毛剤の中には 全額返金保証がついているものがあります。 頭皮が弱い人や敏感肌の人は、育毛剤によってはかぶれたり赤みが出たりして継続が難しいケースもあります。 「購入したけど使えない…」というのは最悪。 そんなときに返金保証がついていれば損をせずにすむし安心して購入できます。 返金保証がついている男性用育毛剤ほどより高得点にしました。 男性用育毛剤をランキング上位7つを紹介 男性用育毛剤選びのポイントはこの4つでした。 効果の高さ(成分と浸透性)• 安全性• 返金保証 上記の基準で選んだランキング入りの男性用育毛剤を1位から順に解説していきます。 1位:チャップアップ(Chup up) 評価• 効果 :• 安全性 :• 価格 :• 返金保証:45日• 直近のリニューアルで61種類と成分を増やしましたが、 植 物由来成分が多いので安全性は高いです。 価格は最安が5,980円(公式サイト)で、返金保証も45日。 つまり、価格と効果(成分内容)のバランスが非常に良い コストパフォーマンスが優れています。 さらに、公式サイトならサプリ付きでも6,980円。 返金保証付きの 高機能系育毛剤の中でサプリ付きで7,000円を切る価格設定は他にありません。 効果 :• 安全性 :• 価格 :• 返金保証:30日• 保湿効果が高く頭皮環境の改善効果が特に期待できる反面、 育毛効果が上位と比べやや物足りない結果に。 価格は最安が7,800円(公式サイト)と高機能系育毛剤の中では平均的。 返金保証期間も30日とノーマルです。 シリーズ累計で400万本を売り上げているので知名度は高い男性用育毛剤です。 商品名:ポリピュアEX(Polypure EX)• 成分:バイオポリリン酸など• 無添加:—• 価格:単品7,800円、定期6,800円(即解約可)• 容量:120ml• 返金保証:45日• 最安:公式サイト• やはり、• 成分数がトップレベル• 安全性ナンバー1• 相場以下の割安感• 全額返金保証期間が永久 というふうに、内容、安全性、料金や保証といったコスト面とあらゆるポイントで高評価なので当然かもしれません。 だてに売上1位の育毛剤ではありません。 特に、全額返金保証が無期限という安心感は大きいです。 使ってみて満足できなかったり、問題があったら返金してもらえるわけですから。 ただ、 全額返金保証は公式サイトの購入者だけの特典なので、購入するなら公式サイト一択です。 しかも公式サイト経由の購入なら、定期購入で大幅割引になります。 気になる人はチャップアップ公式サイトを下のボタンからチェック。 育毛剤以外にいい対策はある? 薄毛を改善する方法は育毛剤以外にもあります。 育毛サプリ• AGA治療(薬) 育毛サプリは育毛剤に含まれていないノコギリヤシという成分が配合されているので一緒に使うと改善効果はアップします。 飲むだけで手間がかからないので補助アイテムとしては最適です。 ただし、 単体で使うと育毛剤に比べ改善効果は少し下。 AGA治療(薬)は医薬品を使う改善効果の高い対策。 クリニックを受診する必要がありますが、しっかり早く改善させたいという人向けの対策です。 関連: 受診でクリニックに足を運ぶのがめんどいという人には、スマホを使って自宅で診察を受けられるAGAヘアクリニックがあります。 関連: AGAによる薄毛の対策をまとめて薄毛の状態ごとにおすすめの対策をまとめた記事はこちらです。 関連: 男性用育毛剤に関するFAQ 男性用の育毛剤について当サイト(アンチ・コンプレクス)に寄せられる質問に回答しています。 育毛剤の効果って何? 育毛剤の効果は以下の3つ。 髪の毛を強く・太く成長させる• 発毛の促進をサポートする• 髪の毛を抜けにくくする 今ある髪の毛を丈夫に育てて抜け毛を防ぎ、髪の毛を生えやすい状態にする。 軽度の薄毛なら対応可能ですが、重度の薄毛だとあまり効果は感じられません。 このあたりを誤解しているとガッカリすることになります。 関連: 育毛剤と発毛剤の違いは? 育毛剤に比べて発毛剤は髪の毛を生えさせる成分に特化させています。 くわしくはこちらの記事が参考になります。 関連: リアップシリーズなどの発毛剤はミノキシジルという発毛促進の医薬品成分が含まれています。 ただし、 AGAによる抜け毛を防ぐ成分は含まれていません。 単体で利用しても抜け毛が収まるわけではないので抜け毛対策をしないと改善の実感が得にくいです。 関連: 男性向け育毛剤で気をつけるべき副作用は? 育毛剤には重い副作用はありません。 とはいえ、軽い副作用は発症することがあります。 例えば• かゆみ• かぶれ• 湿疹・炎症• フケ熱感 こういった 軽めの副作用は誰にでも発症する可能性があるので使ってみないとわかりません。 というわけで、やっぱり 返金保証がついている育毛剤のほうがおすすめなわけです。 返金保証がついている育毛剤なら使ってみて副作用が出るようなら返金を申し込めるのでノーリスクです。 当ページのランキング上位の男性用育毛剤ならすべて全額返金がついています。 対応してもらえる期間はだいたい30日ですが、 なら無期限なのでいつでも申し込めます。 関連:•

次の

ロート製薬から男性用発毛剤が新発売「ミノキシジル」国内最大濃度5%配合『リグロ®EX5』

育毛剤 01

髪が細くなったりの薄毛が気になると育毛剤を付けようと考える方は多いと思います、しかし、どれが自分に合うものなのか分からない、と迷ってしまいますよね。 髪質に違いがあるように、頭皮の状態や薄毛の原因なども、人によってそれぞれ異なっているものです。 自分に合った頭皮ケアを行わないと、せっかくの育毛剤であってもその効能を十分に引き出すことは難しいものです。 しかし、どの育毛剤にどういった効果があり、自分の頭皮にはどの効能が必要なのか、ということを判断するのは、簡単ではないですよね。 そんな中、遺伝子検査を利用した画期的な 育毛剤Persona(ペルソナ)が発売されました。 育毛剤ペルソナを注文すると、まずは 遺伝子検査キットが配送され、その診断結果に基いて自分の体質に適した育毛剤を用意してくれるというもの。 まだ発売されて間がないので、口コミ情報もほとんどなく、実際に使ってみた方の感想や評価を知りたい方も多いのではないでしょうか?今までたくさんの育毛剤を使っても満足できなかったのは、その育毛剤があなたに合わなかったからかもしれないのですから。 遺伝子検査って面倒ではないの?診断結果から送られてくる育毛剤ってどんなもの? ここでは、実際に購入して使用したスタッフNさんの情報をもとに、遺伝子検査の方法から育毛剤の効果や使用感、髪はどう変わったのか等について書いています。 数ある育毛剤の中でどれを選べば良いのか迷っている方の参考にしてください。 1 遺伝子検査で自分の遺伝的要素が分かる 抜け毛や薄毛といった髪や頭皮のトラブルには、ストレスや生活習慣などのほか、遺伝の要素も大きく関わってくるといわれています。 しかし、これまで遺伝の問題に重点を置いた、本格的なケア方法というのは、あまり無かったのではないでしょうか。 薄毛の遺伝的要素を調べるというとAGA遺伝子検査を思い浮かべる方も多いと思いますが、こちらはアンドロゲン受容体の検査のみです。 Persona(ペルソナ)では、この アンドロゲン受容体の検査だけでないのが特徴です。 毛髪の強さ・毛髪の細さ、そして頭皮トラブルに関する遺伝的要素を検査する項目もあり、より詳細な薄毛要素を調べることができるのです。 これら3つの遺伝子検査による診断で、正しい頭皮ケアが可能になる、まさに革新的といえるでしょう。 また、遺伝子情報を病院で調べると、まだまだ検査費用は高額でが、ペルソナを購入すれば、特別価格で遺伝子検査付きの育毛剤を試すことができるのです。 2 遺伝子のタイプに適した育毛法が実践できる 薄毛だけでなく、髪のツヤ、キューティクル、クセ毛など、髪の毛には遺伝的傾向があります。 異なる体質、異なる遺伝的特徴があるにも関わらず、同一の育毛剤を使っては効果に差がでるのは仕方のないこと。 育毛剤ペルソナを注文すると、遺伝子検査キットが配送され、その診断結果によって最適な育毛剤を手に入れることができる、それがペルソナの大きな特徴だといえるでしょう。 育毛剤は、頭皮の糖化・硬化を防止したりする頭皮ケア成分、血流促進や毛母細胞活性化を促す成分、活性型男性ホルモン(DHT を抑制する成分など、それぞれにリスクの高いところに特化した配合で、今現在 全部で27パターン用意されています。 もちろん、全て厚生労働省に有効性の認められた医薬部外品です。 3 天然由来成分で無添加・無香料 脱毛リスクの判定結果から送られてくる育毛剤には、リキッド、ミスト、ジェルの3タイプあり、さらにそれぞれの薄毛状態に強みを持たせた14種類から28種類の天然由来成分を配合しています。 今まで使った育毛剤による頭皮トラブルを招いてる方も多いのが現実。 これらの厳選された天然成分が頭皮を健やかにし、育毛成分の浸透力が上がり、毛母細胞の活性化にも繋がるでしょう。 リキッドタイプの場合ですが、ウメ果実エキス、シルバーバイン果実エキス、エイジツエキス、テンニンカ果実エキス、スターフルーツ葉エキス、イチョウエキスなどが配合されています。 そして、合成香料、着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、シリコン、紫外線吸収剤不使用の無添加・無香料で、肌に優しい低刺激処方になっています。 商品の概要 商品名 ペルソナ(Persona) 発売元 株式会社ダブルヘリックス 遺伝子検査キット 初回に最新のSNP(スニップ)検査で遺伝子的特徴を読む 内容量 リキッド・ミストタイプ100ml、ジェルタイプ60ml 使用量目安 1ヶ月 定期コース 初回5,980円(税別)送料無料 初回は遺伝子検査キット付き 2回目より12,800円(税別)送料無料 定期縛りなし。 ただし、5回目までの解約は、遺伝子検査費用24,800円(税別)が別途請求される。 AGA遺伝子検査って聞いたことがあって、その方法も知っていたのですが、実際にやるのは始めてなので楽しみですね。 箱の中身は、検査容器と検査用綿棒が2本入っていて、遺伝子検査申し込み同意書に記入して返送するわけです。 あとは、遺伝子検査のご利用にあたっての説明書と返信用封筒が入っています。 ご利用にあたっての説明書の項目は、検査の目的、検査試料、個人情報の取扱い、検査結果・関連資料について、検査実施条件、申込同意書の取扱い、解析により予測される不利益について、免責事項、本申込同意書の変更といった9項目で事細かく書かれています。 また、箱の内部には遺伝子検査キット取扱説明書が書かれています。 それでは、早速、「検体の採取」というのをやってみましょう。 検査用綿棒で細胞を採取してみた 後からでもいいのですが、説明書通り最初に「検査申込同意書」に署名・捺印しておきます。 実は、送ろうとした段階で確認すると、捺印し忘れてたので、もう少しでそのまま送ってしまうところでした。 ここは、気をつけないとですね。 捺印がないと検査できないようなことも書いていました。 綿棒を入れる検査容器です。 こちらには、個別のIDが記入されています。 これが私のIDです。 細胞を採取する綿棒です。 綿部で擦って採取するのですが、反対側が耳かきのような形をしています。 これの意味が分からないのですが、何か別の検査にも使うために、このような形をしているのでしょうか?それとも、検査する時に、この綿棒を真ん中で切って、綿部に付いた細胞を採るためにものなのでしょうか? それは、さておき、検体採取を始めてみました。 以下が、遺伝子検査キット取扱説明書です。 綿部をほほの内側に入れてこすり取る 頬の内側の細胞が綿部全体に採取できるように、ぬぐうように20回ほど回転させながら擦り取ります。 強めに擦るというより、 細胞組織を剥ぎ取るようなイメージでやりました。 結構、ほっぺたが張りますね。 回数が分かりづらいので、25回ぐらいやったかもしれません。 わずか10秒と公式サイトでは書いてますが、確実にやるために、1箇所で約30秒ぐらいかかったと思いますので、左右で1分ほど掛かりました。 ちょっと力強くやりすぎたのか、ほっぺたが少し痛くなりました。 ジンジンというのではないですが、傷ついたということはなく、飲み物を飲んでも沁みるようなことはありません。 それも1時間程度で、ほぼ治まりました。 皮膚を何度も擦るとジンジンするような感覚ですね。 そこまで強く擦らなくても大丈夫だったという印象です。 返信用封筒に入れて投函 返信用封筒の裏面の差出し欄に記入して、検査申込同意書と採取した2本の綿棒を入れた検査容器を入れて投函すれば、あとは検査結果から自分に合った育毛剤が送られてきます。 検査結果と育毛剤が送ってきた! 遺伝子検査キットを送付してから、丁度2週間後に検査終了のメールきました。 そして、次の日に育毛剤の発送をしたというお知らせがメールで届き、その次の日に育毛剤が送ってきました。 遺伝子検査キットを返送してから、 16日目で育毛剤が届いたことになります。 一応検査キットを送ってから、育毛剤が届くのは2~3週間ほどと書かれていましたので、どちらかというと早いほうなのかもしれませんね。 箱の中身は育毛剤本体と注文のお礼文章、育毛剤の使い方、遺伝子検査結果が入っています。 遺伝子結果が一番気になるところですが、「ご注文ありがとうございました」というタイトルで始まるお礼文章には、遺伝子に問いかけることへの思いが伝わる文章が書かれています。 改めて有効成分・有用成分や液状形態は人それぞれ違ったものが送られてくるのだなと分かりました。 遺伝子検査の結果は? さて、遺伝子結果です。 まさかの AGAリスクが低いということが判明しました。 検査項目は3項目あって、アンドロゲン受容体、毛髪タイプ頭皮トラベルについての遺伝子検査について、測定型とリスクの高さが表示されています。 私のタイプは、男性型脱毛症になる可能性が低い標準型(GG型)。 太く真っ直ぐな髪(アジア型)、肌トラブルリスクは標準的(CC型)。 このような結果でした。 ストレス? もしかしたら、若い時から肩こりがひどいので、血行不良が原因かもしれない。 なので、温かくなる処方、頭皮環境改善をモチーフにした育毛剤が配布されるのでしょうね。 結果的には、男性型脱毛症(AGA)のリスク低いけれど、頭皮トラブルに関するリスクが若干高い遺伝的傾向(GA型)が見られるということで、育毛剤は 頭皮、糖化を防止するための頭皮ケア成分を多く配合したリキッドタイプになりました。 AGA(男性型脱毛症)のリスクが低いという結果は本当に意外でしたが、プロペシアなどのフィナステリド系の薬を飲んでも効果がないタイプだと分かったのは良かったですね。 色々な育毛剤を付けても効果が現れず、このまま薄毛が進行するようなら、やはり薬を飲むしかないのかと思っていたので、ある意味この結果は良かったと思います。 少し肌が弱いところもあるので、リアップなどのミノキシジル系も合わないということになるのでしょう。 リキッドタイプは100ml。 先端を逆さにして付けるノズルタイプです。 ちなみにジェルタイプは60mlのようですね。 シャンプー後、十分にタオルドライをしてからペルソナを気になる頭頂部から前頭部生え際まで付けて指の腹で伸ばしていきます。 説明書には1分程度マッサージをするようにと書かれていますので、頭皮を上に持ち上げるようなマッサージをしました。 リキッドタイプということで、もっとオイリーっぽいのかなと思っていましたが、結構サラッとした液体です。 付けてすぐにカーッとまではいかないけれど、マッサージを1分ほどしているうちに、 頭皮が熱くポカポカしてきました。 こころなしか顔も火照ってきましたね。 最近の育毛剤は、何も刺激がないか、スースーと冷たい感触のものが多いのですが、この感覚は珍しいです。 頭皮を湯たんぽで暖められているようなイメージが合ってるのかもしれません。 約10分ほどで治まりますが、その後も結構な時間持続して温かいですね。 AGAのリスク判定が低いという結果から、血行促進をさせる処方なのかなと思っていましたので、暖かくなるというのは納得できました。 浸透力もよさそうで、持続力もかなりあるようです。 スースーするタイプもたくさん使ったことがありますが、ここまで長くは持続感はなかったですね。 今は、冬なので暖房が効いています。 それと相まってかは分かりませんが、30分たってもポカポカ感が残るのには驚きですね。 気持ちよくて、眠たくなってきます。 プロペシアなどの医薬品を飲むとよく行っていた献血ができなくなるので、今まで飲みませんでした。 飲んでも効果がないタイプだと分かっただけでも、ペルソナを購入した価値がありましたね。 もしかしたら、ミノキシジルのほうが合うのかもしれないけど、やはり医薬品は使いたくありません。 液体を付けてからは乾きやすいので、最初はどうしても多めに付けてしまいますが、慣れれば使う容量は分かってきます。 60mlぐらいの育毛剤を使っていましたので、100mlだと思ったよりも多めに付けても1ヶ月は十分にもちました。 髪の毛が粘るとか、パリパリするいうこともありません。 とにかく、頭皮も髪もサラサラです。 サラサラ感が半端ないというのは言い過ぎかもしれないけれど、それほど頭皮が気持ち良い滑り、触っていて気持ちいいです。 どんな育毛剤でもすぐに効果が現れることはありません。 とはいえ、どうしても気になるのが効果がでる期間。 それよりも本当に効くのだろうか?逆に薄毛が進行したりしないのだろうか?というのが気になると思います。 ペルソナには、育毛に必要不可欠な頭皮環境を徹底改善する厳選された自然由来成分が配合されています。 しかもセミオーダーシステムなので、自分にあった成分が配合されています。 髪の生育を妨げる頭皮の糖化、薄毛を防止する成分がNさんの場合、多く配合されています。 とはいえ、すぐに頭皮環境が良くなるといったことはありません。 時間がかかる理由としては、まずは頭皮環境を改善するためにも時間がかかるからです。 使い続けることで徐々に健全な状態へと導いてくれます。 特に今まで刺激が強い育毛剤やシャンプーを使ったりして、頭皮が荒れがちな人だとさらに時間を要してしまいます。 育毛効果が発揮されだすのは頭皮環境が整ってからなのです。 もうひとつ効果を感じるまでに時間がかかる理由は、ヘアサイクルにも時間を要するからです。 平均10万本あると言われる毛髪には、それぞれ一定のサイクルによって発毛や脱毛を繰り返しています。 ヘアサイクルは成長期をはじめ、退行期、休止期となって、脱毛し、また成長期へと繰り返しています。 なお、ヘアサイクルには個人差があります。 平均すると4~5年ですが、早い人では2年で1サイクルが終わる方もいるようです。 とはいえ、なにか早い段階でも違いを感じたいのは当然だと思います。 実は早い段階、10日というのは言い過ぎでしょうが、実際に実感したことがあります。 ペルソナの初期効果と初期脱毛について 実はNさんの場合は、初期効果というものを実感しています。 それは生え際の短くて細い毛髪が伸びてきたことです。 半月ほどで、前頭部の生え際中心付近のかなり細い毛髪が伸びてきているのです。 全く新しい毛髪が出てくるまでには、早くても3ヶ月はかかりますが、早期成長期で止まっている毛髪が伸びてくるというのは、良い意味での初期効果です。 頭頂部の渦の辺りもこころなしかボリューム感がでてきたようにも感じています。 実際にペルソナを使った人の口コミはまだあまりないのですが、多いのは抜け毛が減ったというものです。 色々な育毛剤の口コミを見ると、抜け毛が減ったという口コミも良くあったりしますが、抜け毛というのは季節的なこともそうですが、多い時、少ない時があるのが普通です。 抜け毛が気になる方も多いのですが、シャンプーの回数や方法によっても違ってきますので、気にすることはありません。 初期脱毛とは? 育毛剤を付けてから抜け毛が増えることもあります。 上記の画像のように退行期、休止期で止まって脱毛しないまま残っている毛髪が、次の早期成長期へと向かうために抜け毛が増えるということもあるのです。 これが初期脱毛と言われるもので、ある意味脱毛が増えるのは好転現象ということも考えられるのです。 ですので、1ヶ月や2ヶ月程度で抜け毛の量を気にすることはないということですね。 まとめと口コミについて Persona(ペルソナ)は、遺伝子検査を利用した画期的な育毛剤です。 自分の体質にあった育毛剤を手に入れることができる、それがペルソナのもっとも大きな特徴だといえるでしょう。 基本的に遺伝子は変わらないものなので、一度検査をすれば再検査の心配もありません。 将来的にどのような脱毛リスクがあるかが分かれば、無駄な対処法を行うことがなくなります。 つまり自分に合った育毛ケアを取り入れやすくなるということです。 遺伝子検査の結果によって、AGAリスクがないと分かった方は、プロペシアなどの医薬品を飲んでも効果がないということが分かります。 ペルソナのAGA遺伝子検査では、 アンドロゲン受容体(男性ホルモンの影響を受けやすいかどうか)、 毛の太さ、頭皮の強さを調べます。 この三つの状態がどのようになっているかで、自分の弱点に効果のある成分を配合した育毛剤を作れるのです。 その分類は全27パターンあり、14種類から28種類の天然由来成分が、すべての育毛剤において配合されていて、さらにリキッド、ミスト、ジェルの3タイプがラインナップされています。 実際にペルソナを使った人の口コミを見てみると、多いのは抜け毛が減ったというものですが、これは季節的なものや、その方のヘアサイクルによって違いがあるので、抜け毛の量は気にする必要はありません。 毛髪の1本1本が丈夫になり、ボリューム感が出たという口コミは、実際に使ってみて実感できています。 発売当初は、最低6回の購入が必要で、定期購入の縛りがありましたが、解約はいつでもOKになりました。 ただし、5回以下の回数では、遺伝子検査費用が別途請求されます。 6回以上の定期購入の場合は、遺伝子検査費用は販売会社の株式会社ダブルヘリックスが負担してくれる訳ですね。 AGAドックのAGA遺伝子検査キットというのも販売されていますが、アンドロゲンレセプターの感受性の高さから男性ホルモンによる脱毛リスクを検査するだけの検査です。 一方、ペルソナは、最新の遺伝子検査、SNP(スニップ)検査を行います。 SNPとは個人間の遺伝情報のわずかな違いのこと。 DNAの情報を読み取り、ヘアサイクル、髪の太さ、頭皮の強さ、アンドロゲンレセプター受容、体質などの遺伝的傾向を知ることができます。 それだけ、SNP(スニップ)検査は、高価な遺伝子検査です。 そのため、早い回数で定期解約の場合、費用を会社側で負担することはできなくなるのですね。 なお、遺伝子の情報は年齢を重ねても変化せず、一度検査すれば、再検査をする必要はないと言われていますので、この検査を受けられただけでも、ペルソナは価値のあるシステムではないでしょうか。

次の