オメガ バース。 【最新刊】上の口ではいやいや言っても身体(からだ)は悦(よろこ)んでるんだろう~発情オメガバース~【電子単行本】

【最新刊】上の口ではいやいや言っても身体(からだ)は悦(よろこ)んでるんだろう~発情オメガバース~【電子単行本】

オメガ バース

ドラマ『おっさんずラブ』ロスにため息をつく周囲の女性たちの影響で、興味を持った方もいるのではないか。 多種多様なジャンルが乱立するBL界において今、ひときわ盛り上がりを見せているのが 「男も妊娠できる」というSF設定、 「オメガバース」だ。 「ありえない!」と拒絶するのは簡単だが、これがトンでもなく人気の設定になっているのは動かしがたい事実だ。 頭から否定をする前に、まずはその緻密な設定をぜひ知ってほしい。 解説してくれるのは、BL漫画、小説のレビューサイトの中の人だ。 ちるちる「男が妊娠する世界、といっても、BLを知らない人にはぴんと来ないでしょうね。 ファンの間で共有され、発展していった設定が日本にも伝わり、おもにBL漫画や小説の題材として広く好まれるようになっていった。 (参考:) もともとは、狼の群れに実際に存在する階級意識を参考にしたという説もある。 そのためか、「オメガバース」の世界では、「番(つがい)」という設定がとくに重視される。 しかし、この「オメガバース」、日本で「ガラパゴス的進化」を遂げているというのだ。 つまり、日本において「オメガバース」という設定は、書き手が自分の描きたい関係性を実現させるために用いられる、便利な舞台装置なのだ。 ちるちる「世界観が広く共有されながらも、設定は自由自在にアレンジできる。

次の

男も妊娠する世界…BLの人気設定「オメガバース」ってご存知ですか(BE・LOVE編集部)

オメガ バース

オメガバースってどういう世界観なわけ? 「オメガバース」についての翻訳、第3弾できました。 最近なんかめっちゃ流行ってるっぽいけどわざわざ英語よむのめんどくさい! そんなあなたにおくる、この記事は海外の二次創作サイトArchive of Our Own(AO3)から、オメガバースについてわかりやすくまとめられた記事「オメガバース入門(Alphas, Betas, Omegas: A Primer )」を投稿者様の許可を得て、日本語に翻訳したものです。 日本語・英語とも勉強中の身ですので、何かと不備があるかもしれません。 お気づきの点ありましたら、コメントにてお報せください。 英語読むの別にめんどくさくない方は是非ご本家様をどうぞ! 全4回にわたって、翻訳してまいります。 ご本家様: -- Here comes the translation of the greatest Omegaverse info! I translated the awesome article, "Alphas, Betas, Omegas: A Primer," which is originally posted by norabombay. My translation might not be perfect, but I'm trying my best. I'm just a second language learner, and wishing to improve my language skills. If you have any question or suggestion, please feel free to comment below. I will post the translation chapter by chapter. Thank you. Special Thanks: norabombay Original Article: AO3: Alphas, Betas, Omegas: A Primer• [chapter:【オメガバース用語についての紹介と解説】] [chapter:概要: ] オメガバースに出てくる語彙と、それについての解説をしていきます。 [chapter:覚え書き:] 下記のノートもあわせてご覧ください。 これはあくまでもベッドの上で男役か女役かを表しており、肉体の性別や、字面の意味で受け取ると辻褄が合わなくなります。 [chapter:アルファの発情:] オメガの発情(Heat)と似て、アルファにも発情(Rut)があります。 発情したアルファは性的なことしか考えられなくなり、オメガを求めます。 オメガに近寄るものすべてから、過剰なまでにオメガを守ろうとします。 この発情は原則として、オメガのフェロモンに誘惑され、アルファの精巣のはたらきが活発になることで起こります。 [chapter:アス・ベイビー:] 男性オメガから生まれた子供のことです。 入れたところから出てきますよね。 男性妊娠によって生まれた赤ん坊(Baby)は、尻(Ass)から生まれるために「アス・ベイビー(assbabies)」ということになります。 [chapter:生理用品:] アス・タンポン(Ass Tampons)という架空の生理用品を登場させ、これをお尻に栓をするものとして描写する書き手もいます。 こぼさないようにおさまりきるとは限りません。 (科学と解明という名目で、デジカメ・色をつけた水・普通のタンポン一箱・コンドーム一箱・アルファのアレを想定したモノを用意し、午後まるまる使って実験をしてみたことがあります。 この洞察力とヘタクソな写真でも明白です。 余談なのでおいておきますけど。 環境に配慮した月経カップではなく、使い捨ての生理用品のほうがいいと言い張る人がいたりもします。 [chapter:アメニティ:] オメガバースで最も頻繁に出てくる日用品は「洗面用具」です。 これらは「自分がアルファ・ベータ・オメガのいずれかであることを隠す」ために使われます。 それを使うことでどうなるのか、どのような効果があるのか、どれくらいの頻度で使うのか(何日でなくなってしまうのか)などは、書き手次第です。 シャンプー、コンディショナー、デオドラント、せっけんなども出てきますがそこまで多くはありません。 専用のスポンジが要るのかな? 翻訳者より: 原文は「Body Wash」。 意味的には「トイレタリー(身体をきれいにする消耗品全般)」が一番近いのですが、マイナーだったため呼び替えました。 協力者各位ありがとうございます。 そういうのはベータがやります。 子守役や、子守りに向いたサブキャラ、少し大きくなった長男・長女が面倒を見たりもします。 たとえオメガバースという設定であっても、子供というのは核開発施設や戦場において非常に面倒な存在です。 詳細はWorldbuilding201にて。 補足: Worldbuilding201については次のセクションで出てきます。 翻訳者より: Worldbuilding 201というのは「世界観構成 II」という授業名みたいなものです。 (アメリカだと授業の名前は学年を冠した数字3〜4桁です。 200台なら「100台を修了してもう一歩踏み込んだ内容」と受け取れば大丈夫です。 ) [chapter:文化:] 現実世界と同様に、しきたりや作法、タブー、風習などがあると考えてください。 そうした人の目に「発情(Heat)」はどのように見えるでしょうか。 性や排泄に関する考え方は、地域によってさまざまでしょう。 どのようにして「つがい」になるのか(pair bonding)、発情そのものをどう受け取るのか、オメガをどのような存在として扱うのか、そして、交尾(Mating: アルファとオメガの性交渉)をどのように位置づけるのか。 それらはインドと中国でも違うでしょうね。 その両国ともに、英国やイラン、アメリカとも異なっているでしょう。 たとえば「アス・ベイビー」の受け取り方も地域ごとに違うでしょう。 古代ギリシャ・古代ローマでは「ファルス」が崇拝の対称となっています。 この巨大な男根はアルファの大きなソレであった、と考えてください。 ギリシャの都市国家スパルタはアルファの戦士たちがベータやオメガを排除し、侵略し、奴隷にしたと悪名高かったことでしょう。 日本の女流作家である清少納言の「枕草子」にも、宮中においてアルファの情婦たちがオメガの帝にはべるさまが描かれていたと言えます。 イギリスの女流作家ジェーン・オースティンは地味なベータの独身女性で、18世紀初頭の風習、摂政時代のオメガたちがどのように結婚をして家庭を守っていくのかなどを描きました。 詳細はWorldbuilding201にて。 翻訳者より: 1920年代、アメリカに上陸した白人たちがキリスト教の「性交は汚らわしいもの」という思想を持ち込み、アメリカンインディアンの「交尾は自然であり命の予感」という自然信仰を全否定・迫害した背景があります。 かつて黒人・先住民・女性とは家畜と同じ、白人男性(Men)の所有物(Property)だった……というのを、中学の歴史で習います。 また日本に同性愛を否定する思想が持ち込まれたのは戦後、1950年前後。 持ち込んだのはアメリカ人です。 [chapter:多重解釈:] ざっくり言うと、オメガバースはひとつの二次創作作品に、ふたつの世界観が組み合わさったものです。 オメガバースのいいところは、どんな世界観でもパロってしまえるところなのです。 アルファ・ベータ・オメガがある日突然、宇宙ステーションや交番、どこでもドアを荒らしたっていいわけです。 この自由度こそ、オメガバースがより「パロディにしやすい」世界観だと言える由来です。 想像してみてください。 あなたは、異世界にとばされました。 そこで人は支配的か従順かの両極で、奴隷アルファに支配者オメガ、ベータの立場も逆転しています。 世界を守る冒険者になってみたいですか? 既に、オメガの冒険者とアルファの守護精霊という作品も書かれています。 「ライラの冒険」はお好きですか? こういう解釈をしてみてください。 ダイモンたちは、実はアルファ・ベータ・オメガに大別されるんです。 ほとんどがアルファまたはオメガへの「後天性突然変異」。 こういうのもアリ、なんです。 二次創作ってそういうものでしょう? [chapter:大きなモノ:] アルファのモノは大きい、というのがオメガバースにおける一般的な設定です。 ただし「どれくらい大きい」かどうかは書き手次第です。 最近のAV男優の巨根なんてロバのモノくらいあります。 ざっくり言うと「ああ神様、大きすぎて入らない!」と嘆いてしまうくらい。 あまり安全とは言えないですがネットで検索してみるのもいいでしょう。 結構あがっています。 翻訳者より: URLが記載されていたのですが全年齢公開のため自粛。 心身・名実とも18歳以上のお姉様方はご本家様よりどうぞ。 [chapter:女性アルファのモノ:] 女性のアルファの巨根については、様々な解釈があるようです。 普段は体内に格納されるなどして隠れていたり、そのときになると膨らんでソレの形になったり、海綿体のように充血によって勃起したり。 サイバトロン(TF)みたいに変形したり。 基本的には曖昧です。 どこにあるのかも曖昧、どんな見た目なのかも曖昧、どう呼んでどう書くかも、曖昧です。 [chapter:かぶっている:] ありえます。 または、そんな人はいないです。 オメガバース設定かそうではないかで「むけている」「かぶっている」の比率が変わることは多分ないでしょう。 オメガバースの書き手でこの話題(Foreskin: 包皮)に言及した人はいません。 倫理的に、また割礼儀式の合法性を考えると、触れないほうがいい話題です。 詳細はWorldbuilding201にて。 [chapter:複数ぷれい: ] 複数プレイとは「群れ」のメンバーが集まって重なりあっておしくらまんじゅう状態になり、誰かを気持ちよくすることです。 基本的には挿入ありです。 猫鍋の愛くるしさを想像してください。 そのあとに、にゃんこたちをアルファの月島くん(HQ)、リヴァイ兵長(進撃)、巻島さん(弱ペダ)、赤司くん(黒バス)に置き換えてみてください。 こういったクロスオーバー作品も存在しています。 余談でした。 複数プレイはがっつりとエッチしないことが多いです。 (恋人もちが集まることが多いので。 ) にゃんこもふもふ、みたいな感じです。 これは動物の習性に関係ない、オメガバース特有の設定です。 翻訳者より: 複数ぷれいと訳しましたが本来は「Furpile」、直訳すると「もふもふ」です。 かなり迷いました。 キャラクターは洋画から「最近Pixivで人気のアニメ」に置き換えています。 他意はありません。 [chapter:ふたなり:] 女性アルファの性器に関しては、諸説ありますが、ほとんどで「ついて」います。 しかし必ずしも両性具有というわけではありません。 厳密に言うと、ふたなり(Futanari)は魔法少女ぺにすちゃんの世界です。 アルファもベータもオメガも、アスベイビーも関係ありません。 「ついてる」だけです。 翻訳者より: どうやら、ふたなりとは生えてるマジカルガール世界観への入り口らしいです。 (?) [chapter:発情期間:] 発情がおさまるまで(Heat Leave)、オメガは仕事や学校を休まなければなりません。 オメガバースはそうした生活のすべてを反映させることができます。 もちろん、人事部長の事情にだって。 [chapter:洗濯:] オメガバースでは、洗濯はおうちの妖精さんがやってくれるよ! というのが、最も便利な設定ではないでしょうか。 それか、汚れやシミが気にならない(気にする人など存在しない)のが当たり前の世界観にするだとか。 体液とローションからベッドを保護する防水コートのシーツなんてものを発明した人がいたら、オメガバースの世界観では神と崇められているでしょう。 [chapter:ナプキン:] 生理用ナプキンのように、オメガには「粘液用ナプキン(Lube Pads)」というのがあります。 濡れやすいオメガが衣類を汚さないためにつける、エッチかつ便利な日用品です。 こうでもしなければ、オメガバースは洗濯してばっかりになってしまいますよね。 魔法的なものじゃないので、あまり難しく考えずにいきましょう。 グリードがはじめに撮影されたことよりは有名じゃないと思います。 あんまりピンとこないです。 この発明によって、幸せになる人はいません。 [chapter:衛生プラグ:] 男性オメガが子宮頸管に装着し、粘液を保護するための栓(Mucus Plug)です。 発情期のさい子宮に入ってきそうなものをブロックする壁の役割、または妊娠したオメガが子宮の入り口に蓋をするためのものです。 たぶん、これは子宮内を清潔に保つために考えられたのでしょう。 オメガ男性の子宮は直腸のすぐそばで、構造上、いずれ排泄(大スカ)と同じ手順で生まれることになります。 生物学的にどういう構造になっているのかは書き手次第、書き手の発想力次第です。 性質上、何らおかしいことではありません。 しかし、人口の大多数を占めているベータに繁殖能力がないというのは、非常に深刻な世界観だと言えます。 ベータの繁殖が不可能な世界観では、オメガが多産でなくては種の存続がままなりません。 詳細はWorldbuilding201にて。 [chapter:ちいさめのモノ:] 男性オメガの股間のそれは、小ぶりである、というのは誰もが知るところです。 オメガバースにおいて、オメガのそれはアルファよりも小さいのが一般的です。 また、男性オメガが「オメガのために他のオメガよりも大きい」モノを持っていることもあります。 この場合、普通サイズ〜AV男優サイズまで幅が広がります。 どちらにせよ、オメガバースで一番重要なのはアソコです。 [chapter:オメガの閉経期:] 人間の女性の場合、思春期で初潮を迎えてから生理が終わり更年期を迎えるまで妊娠が可能な身体です。 前述の30年間は生殖能力を持ち、それもまた年齢とともに機能低下していきます。 おそらくオメガにも、そういった「オメガの閉経(Omegapause)」があります。 還暦を過ぎてしまえば、妊婦が健康でいられるという保証はありません。 もしもそこが絶望的な世界で、84歳になる男性オメガの妻が死の間際に双子を産み落とすのを待っている……なんて場合を除いて。 といってもオメガバースですから、世界観の設定は書き手が判断することです。 [chapter:オメガ保護区:] 発情期のオメガが逃げこみ、安全に過ごすことができる施設がオメガ保護区(Omega Sanctuaries)です。 発情期のオメガは、捕食者アルファから欲望の目で見られるのです。 保護区は、何があってもアルファを招き入れたりしません。 [chapter:バター犬:] 原作には登場しない「犬」が出てくることがあります。 メス犬が出てくることはありません。 この犬は、メインキャラクターを攻めることも、受けることもあります。 [chapter:つがい:] オメガバースにおいて、つがいになること(Pair Bonding)はおよそ「結婚」と同じ意味になります。 ベータのカップルにそういったつがいの絆(Pair Bond)が描かれることはないようです。 つがいになることは、いくつかのパターンがあります。 結婚式に似た何らかの儀式によって成立する、という設定もあります。 発情期の間にやってしまった、それだけで成立することもあります。 または、元々決まっているパートナー(通常アルファ)との行為中に、肌に噛み付かれて傷がつくことで成立することもあります。 「つがう」のは、ほとんどの場合で合意です。 アルファとオメガの性質ゆえに同意を必要としない、という設定にもできます。 オメガはアルファをつなぎ止めることも可能です。 (不思議なことにアルファがオメガをつなぎ止めるのではなく、オメガのほうに強制力があるのです。 ) 設定によって、つがいの絆は何らかの方法で破棄することができます。 つがいは死によって引き裂かれるため、人為的に「仮死状態」にするのも面白いでしょう。 絆を壊したふたりは、二度と元のつがいに戻ることはできません。 もしくは一生、つがいの絆を破棄したことによる身体的・心理的・精神的な苦痛を抱え続けます。 絆の破棄には、医療行為であったり、専門家の援助が必要であったりします。 離婚が成立していても、かつてのパートナーの名残は嗅ぎ分けられてしまうものです。 すべてに言えることですが、オメガバースの設定は書き手に委ねられています。 [chapter:フェロモン:] 科学的に言うと、フェロモンとは「動物または微生物が体内で生成して体外に分泌後、同種の他の個体に一定の行動や発育の変化を促す生理活性物質のこと」とWiki先生がおっしゃっています。 Wikiには「生物の細胞中に含まれる共生生物ミディ=クロリアンの値がフォースの強さに影響を持つことが示唆されており、各個人の扱うフォースの強さは生得的な要素が大きいと考えられる」とあります。 こういった科学的背景と二次創作の目的などをふまえ、オメガバースにおけるフェロモンの作用とはある種の「生理現象」として考えてもらえればいいのではないでしょうか。 [chapter:人口の増減:] 詳細はWorldbuilding 201にて。 要は、オメガバース世界観は「人間を絶滅させない」ための何らかの措置が必要です。 この措置の中で、いずれかの性(アルファ・ベータ・オメガ)は保護不能、という結論が導き出される可能性も視野にいれなくてはなりません。 [chapter:略語AとBの定義:] 【A】 多かれ少なかれ「お尻の穴を晒す」ことを意味します。 オメガは、自分の体液によって濡れている穴を見せることで挿入をねだります。 実際の動作やしぐさ、その行為がどのように解釈しているかは、書き手の書きよう次第ということになります。 【B】 自分のステータスを晒すこと。 [chapter:子犬:] オメガバースは「群れ」など特有の設定を持つワーウルフ二次から派生した世界観です。 その影響で、オメガバースでも子供たちを「子犬(Pup)」と呼ぶことは多いようです。 この呼び名はオメガバースではそこまで重要ではありません。 群れの中での複数ぷれいなどは、ワーウルフ二次のほうの解釈です。 [chapter:臭腺:] 臭腺(Scent Glands: 哺乳類がフェロモンを発する部分)は、基本的に首のあたり・性器のあたりなどにあります。 その腺は、フェロモンをふりまいて、つがいになるための秘訣です。 人体にもそういった腺があるとか、ないとか。 飼い猫が足にすりすりして来たり、飼い犬がお尻を地面にこすりつけているのを見たことがあると思います。 特定のニオイ(Scents)を嗅ぎ分けることだって可能です。 場合によっては自分が・相手がアルファ・ベータ・オメガかを見破ることもできます。 妊娠期のオメガ、発情期のオメガ、つがいのいるアルファとオメガ、そしてそのつがいとは誰なのか、そういったステータスは「においでわかる」のです。 においは残りますし、広がります。 発情期のあいだ、オメガのフェロモンは部屋から部屋へ、家へ、そして街へと広まります。 このあたりの設定は書き手によって違うので、書き手さんたちは文中で解説しておいたほうが誤解がなくていいでしょう。 [chapter:マーキング:] パートナーに自分の身体をこすりつけることによって、ニオイ付け(Scenting)をします。 主に、首あたりにぐりぐり押し付けるようにして行い、場合によっては精液を塗りこみます。 性的であったり、なかったり。 飼い猫が頭をこすりつけたりしますよね。 あれに男性器のニュアンスを加えればOK。 [chapter:専門店:] オメガバースには、オメガ用の製品というのがあります。 これまで解説してきた抑制サプリ、粘液用ナプキン、性質(ニオイ)を隠す専用アメニティのような、そういった製品を扱う専門店は当然あるでしょう。 あなたの世界観は、現代設定ですか? それならお店があり、陳列棚があるでしょう。 アルファはそこで巨根がしまえる下着を買わなくてはいけませんし、そのためには覗かれたり、盗撮されてしまわない試着室が必要です。 オメガ男性は、そこで発情期をやり過ごすためのもの(いわゆる大人のおもちゃ)や、男性用マタニティウェアなどを買いに行くことになります。 理論的にもオメガは着床率が高いですから、妊婦・妊夫のための洋服コーナーが充実しているのが妥当でしょう。 詳細はWorldbuilding 201にて。 [chapter:抑制サプリ:] 発情抑制剤、フェロモン抑制剤、またはABOの性質を隠すための薬あるいはサプリメントです。 この抑制サプリ(Suppressants)を服用しているオメガは発情しません。 抑制剤を服用しているアルファも、発情期のオメガの誘惑に抵抗することが可能になります。 もし発情期対策を怠ったなら、理性は吹っ飛び交尾のことしか考えられなくなります。 一般的に、抑制サプリを服用しているのはオメガです。 こういった薬は二通りの「避妊薬」として描かれ、発情期を抑えて交尾そのものを防ぐ薬、あるいは経口避妊薬(ピル)のいずれかで登場します。 また、オメガでも軍の諜報員として、宇宙飛行士として、規則に厳しく統制された環境で働くオメガには、抑制剤の服用が義務づけられていることも多いです。 [chapter:ふぐり:] 睾丸(Testicles)は、包皮と同様に存在しています。 アルファのモノの一部のようなものです。 わざわざ言及されないことが多いです。 アルファのふぐりは、発情期に誘発されるとものすごい生産量を誇る人体の精液工場以外のなにものでもありません。 チャレンジャーな書き手さんたちでもっとふぐりについて描いていきましょう。 これ、流行らせませんか。 [chapter:投稿者より:] これを書いている人は水泳をしているのですが、トリスイム(Triswim)というブランドの洗面用具、シャンプーとコンディショナーとボディーローションを使うたび笑えてしまいます。 こういった製品は、塩素のにおいなどを肌から取り除くためのものなんです。 しかも「オメガスポーツ」というお店で買っているという。 これって、抑制サプリや妊夫用水着、アルファのサイズに対応したサポーターを取り扱ってたりするフラグですよね。 [chapter:【覚え書き】] 現実世界を生きるとあるベータたちによるメモ。 (1)アルファ・ベータ・オメガの分類は、ABO式血液型との混同がいたるところで見られます。 (2)参考までに、人間はフェロモンと繁殖が直結していません。 詳しいことはメアリー・ローチ女史の本を読んでください。 オメガバースにおけるABOの性別は、哺乳類の生理機能でもあります。 どうしてもメモしておかなければと思ったので。 アメリカでは自分の血液型を知る機会が輸血くらいしかない(血液型占いも存在しない)ことから「ABO性は血液検査でわかる」という設定が作られたようです。 血液型占いに基づくブラッドタイプ・ハラスメントについても考え直す機会になればと思います。 くわえて、オメガバースは封建的・男尊女卑的な文化や宗教観が盛り込まれた世界観です。 「産む性」への蔑視、先天性の性質カテゴリ(人種)への差別、性的指向を理由にした人権侵害など、誰を傷つけるとも限らない設定です。 オメガバースを楽しむためにも、どうか住み分けを忘れずに。 [newpage] [chapter:【蛇足】] 以下、翻訳者からの補足説明です。 オメガバースで「訳しにくい」語彙などをまとめました。 [chapter:・Mating:] 交尾 [読み: メイティング] 直訳です。 単語そのものにも「Mate(つがい)」の意味はありますが、当記事で「つがい」と訳している語は「Pair(ペア)」です。 フォーマルな場では不適切。 ただ、日本語に訳すと「発情状態にある(in heat)」も「発情周期(Heat Cycle)」も「発情期」になってしまいます。 このあたりはニュアンスでとっていただけるとありがたいです。 それから「発情期(Heat)」といえばオメガのもの。 それとは別に「アルファの発情期(Alpha Rut)」というのがあり、これは言わば「さかりのついた」のような意味です。 どちらも「発情期」と訳しています。 [chapter:・Scents:] ニオイ [読み: セント] 直訳すると「香り」なのですが「香水」の意味もあり「猟犬が感知するニオイ」の意味もあるので、どちらとも判断できず「ニオイ」を訳しました。 また、これをなすりつける行為「ニオイ付け(Scenting)」は、より耳慣れているだろう「マーキング」と訳しています。 当記事においては「ニオイ(Scent)」と「におい(Smell)」で差別化。 [chapter:・Omegapause:] オメガの閉経 [読み: オメガポーズ] 読んで字のごとく「閉経(Menopause)」をもじった造語です。 翻訳者にはネーミングセンスがありませんでした。 [chapter:・Bonding:] つながる [読み: ボンディング] オメガバースには二種類の「きずな(Bond)」が出てきます。 「Soul Bonding(魂のつながり)」と「Pair Bonding(つがいになる)」です。 どうやら前者のほうがレアです。 公開に際して、できる限り直接的な言葉を使わないよう心がけています。 わかりにくい部分がありましたらコメント・ブクマコメントにておしらせください。 オメガバース入門、残り一回となりました。 張り切って翻訳してまいります。 翻訳者: スズ This ends translation of Chapter 3. To be continued...

次の

オメガバース小説一覧(4ページ目)

オメガ バース

「僕は普通にしているだけなのに、なぜか優しいといわれます(汗)」 婚約者からの一方的な番契約破棄で、ディルは死を選んだはずだった。 しかし目が覚めると、そこはオメガが最底辺の世界から、最上位の世界に変わっていた! 体の持ち主はディルレクシアといい、わがまま横暴でナルシストというとんでも青年だった。 この世界で、オメガは神殿に保護され、〈楽園〉で蝶よ花よと大事にされて育つ。 そして、オメガが番のアルファを選ぶという。 こちらの世界は、治癒魔法を扱える神殿の権威がもっとも強く、オメガ男性は神秘の存在として尊ばれている。 オメガが選んだ相手は神殿に手厚く保護される。 末の王族でも王位につけ、没落貴族は返り咲き、平民ならば貴族へ昇格とめじろおし。 ディルレクシアには数名の番候補がいて、小悪魔よろしくもて遊んでいたようだ。 もちろん、ディルにはとてもそんな真似はできず、平穏な生活を楽しみながらも、番候補に会うのが気が重くてしかたがない。 しかもその一人は、ディルを捨てた男・アルフレッドそのものだった。 アルフレッドを見ると吐き気しかしないディルは逃げ、助けてくれた騎士に驚く。 前の世界でも最後までディルを見捨てなかった、護衛騎士その人だった。 ディルは次第に、騎士の青年と文官の青年と親しくなり、二人の間で気持ちが揺れることに。 平行世界に転移し、ディルレクシアとして生きることになったディルの望みは、「ほのぼのほっこり家庭を築く」こと。 女性オメガもいません。 トルキア国で奴隷オメガとして働いているセナは、奴隷市場で国王のラシードに買い上げられる。 王宮の寝所で求められるまま王の夜伽を務めると、生まれつき下腹にある紋様がラシードの精を受けて変化した。 神の淫紋と同じ印を宿したセナは、神の贄となり淫神の儀式を行うことになる。 アラブ風オメガバース。 「貴様は昨夜、わしの息子をオメガのフェロモンで誘惑しただろう!」と。 呆然とするまま会社を出た途端、突然の発情《ヒート》に襲われる。 パニックになった桔梗は徒歩での帰宅を決めたものの、途中でゲリラ豪雨に見舞われてしまう。 そこで偶然見つけたカフェ&バー『la maison』のオーナー寒川玲司(さむかわ れいじ)に助けられたが彼はアルファで、桔梗の発情《ヒート》の影響を受け発情《ラット》してしまう。 また、独自設定もありますので、苦手な方はご注意を。 また、Rシーンの回には*を表示します。 また他サイトでも公開中です。 加筆修正版。 alphapolis. 運命の番なら、魔力が増えて安定もするのだが、ニコル・フェザーストンはそうではない。 魔力の相性は良いものの、魔力安定剤の役目の代わりに、実家のあるオーガスト領を支援してもらうという政略目的で、侯爵家の跡継ぎであるブラッドリー・アマーストと結婚する。 ニコルを気遣うブラッドリーに、いつしかニコルは本物の愛を抱く。 だが、結婚生活を始めて五年後。 魔法のあるファンタジー世界でのオメガバースものです。 R15表現、R18表現も入れるのでご注意ください。 その時は書いておきます。 十年前ぐらいに書いていた話に設定その他足して改稿しました。 長い話ですが、お付き合いいただけましたら幸いです。 会社は裏社会とも繋がっており、社長の吉城は上側の組織トップも兼ねている。 速瀬湊(ハヤセミナト・28)はその秘書で幹部だった。 多忙な速瀬の負担を鑑み、吉城の計いで新しい秘書に仲本宗弥(ナカモトソウヤ・28)という男が加わった。 吉城の幼馴染ということもあり、フランクで大雑把で礼儀知らず。 正反対な性格の彼に振り回され、彼を気に入らない速瀬。 しかし、彼は速瀬のことを昔から知っており、どうやら好意を抱いているらしい。 速瀬は過去の経験から、近しいものを置かないと決めていた。 どこか刹那的な生き方をする速瀬とその彼を「守りたい」といって距離をつめてくる仲本。 不器用な二人がバディとして心を通い合わせ、お互いを認め合うまでの物語。 受:速瀬湊(ハヤセミナト)・28歳 イギリス出身。 語学に長けており、早くから英才教育を受ける。 秘書としてもボディガードとしても優秀。 社長秘書の時とプライベートの時の態度にかなりギャップあり。 シルバーブロンドで肌が白く、赤い瞳をしていて色素が薄い。 幼い頃は体が弱く、また、人には言えない秘密を抱えている。 攻:仲本宗弥(ナカモトソウヤ)・28歳 日本出身。 吉城の幼馴染。 営業職から秘書へと抜擢された変わった男。 体格がよくスポーツマン体型。 飄々としていて大雑把。 日本とイギリスを行き来していた吉城について、イギリスを訪れたことがある。 そこでまだ学生の頃の速瀬と出会って運命を感じているが、速瀬はそれを全く覚えていない。 川で溺れて気がついた異世界。 目を覚ましたのはとある高貴な方の後宮(!)。 そこで去勢されそうになっていた俺を救ってくださったのが、現在の俺のご主人様である通称【白】の『魔王』様だ。 尊崇すらしているご主人様に『運命』の許嫁様が見つかり、俺の住む後宮が閉じられるという噂を、ある日『犬』仲間から聞いてしまった! 溺愛してくださるご主人様に保護されてから、俺は随分甘やかされてきた。 受けは京言葉のちょっとアホの子です。 連載中の他作品のスピンオフですが単品でも読めます。 他サイトにも載せています。 2020男子後宮BLに参加しています。 本編完結いたしました。 覗きに来て下さった方々。 本当にありがとうございました。 番外編を開始しました。 そんな僕でもようやく家の役に立つ時が来た。 たとえ運命の番でなくても僕をもらってくれると言う優しいマティアス様。 ところが式まであとわずかというある日、マティアス様の前に運命の番が現れてしまった。 僕はもういらないんだね。 その場からそっと僕は立ち去った。 ちょっと切ないけれど、とても優しい作品だと思っています。 他サイトにも公開中。 もう一つのサイトにも女性版の始めてしまいました。 (今の所シリアスですが、どうやらギャグ要素満載になりそうです。 ) 大須賀伯爵家の庭師である澪は、秘かに御曹司の晃久に憧れを抱いている。 幼なじみの晃久に子どもの頃、花嫁になれと告げられたことが胸の奥に刻まれているからだ。 しかし愛人の子である澪は日陰の身で、晃久は正妻の嫡男。 異母兄弟で男同士なので叶わぬ夢と諦めていた。 ある日、突然の体の疼きを感じた澪は、ふとしたことから晃久に抱かれてしまう。 医師の長沢から、澪はオメガであり妊娠可能な体だと知らされて衝撃を受ける。 その子はダークエルフの男の子だった。 その子のあまりにも生意気な態度に、盗賊はハードプレイでお仕置きをすることにした。 21 なんか待たせてしまってすいませんでした 土下座! 第三章は本編を絡めながら、ショタのダークエルフに変態的なプレイをする作者の欲望を表現するだけのおはなしです。 22 「大人しくしていれば可愛いな」を投稿します。 一応シリアスめな展開になります。 23 「助けた礼は体で支払ってもらうぞ」を投稿します。 引き続きシリアスな展開。 そしてR18を書きたい。 24 試しに出版申請しました。 まあ昔やって書籍化せんかったから期待はしていませんが……。 「欲望に任せたら子作りしてしまった」を投稿します。 つい鬼畜にR18を書いてしまった。 あと、各章に名称つけました。 ついでに第一章の没シナリオを7話分のボリュームでのっけました。 このシナリオ大不評でした 汗 ディープ層向けな内容です。 25 「束の間の握手だ」を投稿します。 本編が進みます。 26 「妊夫さんですがHしたくなっちゃいました」を投稿します。 久々に第一章のお話書きました。 そして妊婦さんならぬ妊夫さんとのHな話が書きたかったです。 27 「世話の焼けるガキだ」を投稿します。 話書いたのわしですが、酷い設定持たせてすまんなエルトくん。 28 「死んだなこりゃあ」を投稿します。 展開上、まだR18を書けないですが、書きてえ。 やらしいことを! 20. 29 「性欲のまま暴れて犯るか」を投稿します。 R18回です。 この二人はどうも男よりの性格しているのでラブシーンの表現苦戦しますね・・・。 01 「お前と一緒に歩む」を投稿しました。 第三章、良い最終回だった…としたいところですが、もっとR18なお話を書く予定です。 後、第四章あたりで物語を終結させようかと考えています。 05 職場がキツくて鬱になりました。 しばらくは執筆できないかもしれないです。 またいつか再開できたらなと思っています。 今から約千年ほど昔。 北宋末期、汚職不正がはびこり、正義のために英雄豪傑達が立ち上がる世の中。 ……そんな事は露知らず、ある農村の少年が、人を狂わせた。 名は宋江。 小柄で情けなく気が弱く、泣き虫で心優しい少年。 十二歳になった彼は、発情期を迎えた。 オメガだった。 そう、約千年ほど前。 アルファやベータ、オメガなどの知識はまだ人々には浸透しておらず、オメガはほんの一握りしか知られていない『奇病』。 そして『人ならざる化け物』扱いされていた時代。 オメガの中でも特別なフェロモンを発する特異体質を持って生まれた孕む男・宋江の物語。 本編完結。 加筆修正中。 alphapolis. youtube. 僕の夫になったあいつについて語ろうと思う。 遠い昔…あちらの世界での話。 始祖が双子の姉弟である2つの最強種族、鬼族と耳長族は対立していた。 そんな鬼族の四大貴族の一つ、【青】の跡取りである僕は、『半耳長 ハーフエルフ 』という蔑称で呼ばれ、婿探しに難航していた。 ある日、皇陛下よりお呼びの声がかかり、父と共に参内した僕をあいつはいきなり閨に連れ込んだ。 そこからはじまり、永遠に続くと思われたあいつとの生活について語ろう…… これは生まれ変わってもあいつに恋い焦がれる私が、長い別離を経て再びあいつと出逢い。 みんなで幸せに暮らすまでの話。 現在と過去を行き来して語り手が変わります。 最後はハッピーエンドです。 特に攻めの特殊体質からリバース表現が度々出てきますが描写は今のところ無しです。 ヘテロや百合カップルもいますがそちらの描写はありません。 友人となった二人の攻防戦が、今始まる。 それなりに充実した毎日を過ごしていたとき、狼の獣人のアルファ、リュカが現れた。 いきなりキスしてきたリュカは、俺に「お前は俺の運命の番だ」と言ってきた。 オメガの集められる施設に行くか、リュカの屋敷に行くかの選択を迫られ、抜け出せる可能性の高いリュカの屋敷に行くことにした俺。 新しい暮らしになれ、意外と優しいリュカにだんだんと惹かれて行く。 それなのにリュカが一向に番にしてくれないことに不満を抱いていたとき、彼に婚約者がいることを知り……? 『ロマンチックな恋ならば』とリンクしていますが、読まなくても支障ありません。 頭を空っぽにして読んでください。 ふじょっしーのコンテストに応募しています。

次の