コロナ ウイルス 喫煙 者。 新型肺炎、たばこで重症化か 男性の致死率、女性の3倍 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

【新型コロナウイルス】喫煙が感染症の重大なリスクに 喫煙者に「この機会に禁煙を」と呼びかけ

コロナ ウイルス 喫煙 者

ある事業所内にある喫煙所の様子。 会社の同僚同士が多いため、自然に会話が成立する環境となる(写真提供:大和浩教授)。 感染拡大が続く新型コロナウイルスだが、感染経路がわからない感染者が多くなってきている。 その中で、新たに喫煙室で感染したのではないかとされる事例が出てきたので紹介したい(この記事は2020年4月9日の情報に基づいて書いている)。 新型コロナウイルスの感染拡大で懸念されているのが、クラスター(小規模の患者の集団)の発生である。 感染者の多い都道府県に緊急事態宣言を発令した政府は、さらなる感染拡大を防ぐため、換気が悪く人が密集する空間に行くことを避けるよう、国民に求めている。 ところが4月に改正健康増進法が全面施行されたことにより、タバコを吸える場所が少なくなった喫煙者が、喫煙室や喫煙所に集まっている。 喫煙室や喫煙所に感染者がいれば、そこから感染が広がっていく危険性がある。 社内の喫煙室でコロナに感染した可能性 そうした中で、喫煙室で感染したのではないかと推測される事例が福井県で発生した。 福井県保健予防課感染症対策グループによれば、4月6日に発症が判明した県内で63例目の男性(50代)Aは、3月30日に、勤務している会社の屋内喫煙室で、4月2日に発症が判明した同僚男性(30代)Bと30分ほど仕事について会話をした。 男性Aには他に思い当たる濃厚接触者がいなかったため、同グループでは、男性Aを調査した福井市保健所の報告から、この喫煙室で感染したのではないかと見ている。 男性AとBは会社の同僚だが、ともに外回りが多く社内で日常的に会話するようなことはなかった。 ところが追加の調査から、喫煙室で2名の接点があったことが判明したという。 ちなみに男性Bは、4月1日に発症が判明した同じ会社の同僚男性(50代)Cと3月27日に営業車に同乗していた。 この男性Cからは、4月5日に発症が判明した同じ会社の同僚男性(50代)Dへの感染も疑われている。 つまりこの会社には、いずれも発症前2週間に県外での滞在歴のないA〜Dまで4人の感染者がいたということになる。 また、男性Cは4月1日に感染が判明したその兄である男性(60代)Eから感染したのではないかと推測され、男性Eは福井県内の飲食店での飲食により感染したのではないかとされている。

次の

感染の危険(報道その4)“新型コロナ”「喫煙所」と「喫煙者」

コロナ ウイルス 喫煙 者

糖尿病の人にとっても喫煙は重大な障害に 糖尿病とともにい生きる人にとっても、喫煙は重大な障害になる。 タバコを吸う習慣のある人は、今すぐ禁煙に取り組むべきだ。 タバコは血糖を下げるインスリンの効きを悪くする。 喫煙者は、非喫煙者に比べて、糖尿病の発生が1. 5~2倍多いことが分かっている。 喫煙が全身の血管の動脈硬化も進展させる。 動脈硬化による心臓病や脳卒中を予防するためには、まずタバコの煙を吸いこまないことが大切。 喫煙者ではできるだけ早く禁煙して、動脈硬化が進むのを予防することが必要だ。 糖尿病で喫煙している人が禁煙すると、心臓血管病や腎臓病のリスクが低下し、10年で非喫煙の糖尿病の人と変わらなくなるという研究もある。 禁煙により血糖コントロールが改善するという研究も発表されている。 「禁煙は糖尿病合併症の予防の観点でも重要です。 糖尿病のある人は、禁煙のための努力をおしむべきではありません。 たばこを吸う習慣のある人は、禁煙することで、血糖コントロールを改善するための最大のメリットを得られます」と、研究者は述べている。

次の

【コロナウイルス×喫煙者】と検索してみてください。【禁煙66日目】

コロナ ウイルス 喫煙 者

(CNN) 米国立薬物乱用研究所(NIDA)のノラ・ボルコフ所長はこのほど、喫煙者や電子たばこの利用者、薬物乱用者について、新型コロナウイルス感染症に対して特に脆弱(ぜいじゃく)な可能性があるとの見解を示した。 先週公開したブログで明らかにしたもので、「研究者は物質使用障害を抱える一部の人が特に重症化する可能性を警戒すべきだ」としている。 新型コロナ感染症は肺を攻撃するため、喫煙者やマリフアナまたは電子たばこの使用者にとっては特に脅威になる可能性があるという。 カリフォルニア大学サンフランシスコ校たばこ管理研究・教育センターの責任者、スタントン・グランツ教授も17日、ブログを更新し、「患者の肺がインフルエンザなどの感染症にさらされる際、喫煙や電子たばこ吸引による有害作用は非喫煙者の場合に比べ、はるかに深刻なものになる」と指摘した。 さらに電話インタビューでは、電子たばこ吸引について「あらゆるレベルで肺に影響する。 異物を排出する繊毛に影響を与えることで、鼻腔(びくう)の免疫機能に影響が出る。 上気道のウイルス除去能力が損なわれることになる」との見方を示した。 米疾病対策センター(CDC)は18日、米国では新型コロナ感染症に絡む入院患者のうち、44歳以下の成人が2割を占めていることを明らかにした。 これについて、グランツ氏は電子たばこの流行が要因となった可能性を指摘している。 グランツ氏は肺疾患対応に従事する同僚から、30歳以下の患者が複数入院し、数人は電子たばこの使用者だったとの報告が寄せられているという。 ただ、関連性を証明する十分な研究や証拠はまだないという。 喫煙者は一般に、重い感染症にかかった場合、急性呼吸窮迫症候群などの深刻な合併症を発症するリスクが大きい。 肺炎を発症する可能性も14%高いという。 薬物使用に関する懸念 たばこや電子たばこだけではない。 ボルコフ氏によると、オピオイドは呼吸を遅くし、呼吸器疾患のある人の致死率を上げることが既に知られている。 また、メタンフェタミンは肺組織と強固に結びつくため、肺に深刻なダメージを与えることが示されている。 ただ、物質使用障害の治療では治療の会や薬物治療のクリニックなど人と会う治療法に依拠しているのが通常だ。 ミシガン大学薬物乱用センターのアリソン・リン医師は、感染防止のために人との接触を減らす「社会距離戦略」が推奨される状況では、こうした治療法が困難に直面しうると指摘する。 リン氏は、物質使用障害の患者は喫煙もしている確率が高いとも指摘。

次の