相続 税 二 割 加算。 相続税の2割加算制度|計算方法と節税方法を徹底解説

誰が対象?相続税が割り増しになる「二割加算」とは

相続 税 二 割 加算

【Question】 祖父が亡くなりましたが、本来ならば相続人となるはずであった父のほうが先に亡くなっているため、孫である私が父を代襲して相続人になりました。 孫は相続税が2割増しだと聞いたことがあるのですが、私のようなケースでも2割増しになってしまうのでしょうか。 【Answer】 孫や曾孫のことを直系卑属(ちょっけいひぞく)と言います。 被相続人の孫や曾孫、つまり直系卑属が によって相続人となる場合には、2割加算の対象ではありません。 【Reference】 代襲相続人でない孫は、相続税が2割増し 相続や ( を含む)によって被相続人の遺産を取得した人が、 次のような人に 該当しない場合には、その人の相続税額(各種税額控除前の税額)に 2割増しした額が相続税額となります(相続税法18条)。 1) 一親等の血族・・・子、父母 2) 代襲して相続人となった被相続人の直系卑属・・・代襲相続人となった孫・曾孫 3) 配偶者 通常、孫は相続人に当たりません。 しかし、本来は相続人であったはずの子のほうが被相続人よりも先に亡くなっている場合には、孫が相続人として登場します。 つまり です。 孫が代襲相続人になるのは、親が先に亡くなってしまったという特殊事情によるわけですから、相続税額の割増しをしたら気の毒です。 そこで、孫が親を代襲して相続人となる場合には、2割加算する必要はありません。 孫が相続税を2割加算されるケースとは 代襲相続以外にも、孫に相続税がかかりうるケースがあります。 それは次のようなケースです。 a)孫が、被相続人から遺贈や死因贈与を受けた場合( ) b)孫が祖父母から生前贈与を受けていたが、その後3年以内に贈与者である祖父母が死亡した場合( ) c)孫が祖父母から相続時精算課税制度による生前贈与を受けていた場合(2015年1月1日以降は孫への贈与に適用拡大) d)孫が被相続人の養子になっている場合( 孫養子) このようなケースは、先に述べた代襲相続のケースと違って「やむを得ず相続税を納める立場になった」わけではありません。 そのため、残念ながらお目こぼしは無く、相続税額を2割加算して納付しなければなりません。 なお、d)の孫養子は、縁組によって法律上は「一親等の血族」に当たるので2割加算にならないと誤解しがちです。 しかし、相続税法18条2項という条文で、 「一親等の血族」には、被相続人の直系卑属である者であって、その被相続人の養子となっている者は含まない、とされています。 相続税の基礎控除を増やすために孫を養子にするケースがある( )ので、このような場合には2割加算を免除しない、とされているのです。 きょうだい、おい・めいは、2割加算される 被相続人に子がおらず、直系尊属もいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が第三順位の相続人として、被相続人の配偶者とともに相続人になります( )。 兄弟姉妹が被相続人よりも先に死亡している場合には、その子(被相続人から見て、おい・めい)が相続人の地位を代襲します。 この場合には、兄弟姉妹・おい・めいの相続税は、必ず2割加算になります。

次の

相続税の2割加算で損する人と得する人【相続税の学校】

相続 税 二 割 加算

【Question】 祖父が亡くなりましたが、本来ならば相続人となるはずであった父のほうが先に亡くなっているため、孫である私が父を代襲して相続人になりました。 孫は相続税が2割増しだと聞いたことがあるのですが、私のようなケースでも2割増しになってしまうのでしょうか。 【Answer】 孫や曾孫のことを直系卑属(ちょっけいひぞく)と言います。 被相続人の孫や曾孫、つまり直系卑属が によって相続人となる場合には、2割加算の対象ではありません。 【Reference】 代襲相続人でない孫は、相続税が2割増し 相続や ( を含む)によって被相続人の遺産を取得した人が、 次のような人に 該当しない場合には、その人の相続税額(各種税額控除前の税額)に 2割増しした額が相続税額となります(相続税法18条)。 1) 一親等の血族・・・子、父母 2) 代襲して相続人となった被相続人の直系卑属・・・代襲相続人となった孫・曾孫 3) 配偶者 通常、孫は相続人に当たりません。 しかし、本来は相続人であったはずの子のほうが被相続人よりも先に亡くなっている場合には、孫が相続人として登場します。 つまり です。 孫が代襲相続人になるのは、親が先に亡くなってしまったという特殊事情によるわけですから、相続税額の割増しをしたら気の毒です。 そこで、孫が親を代襲して相続人となる場合には、2割加算する必要はありません。 孫が相続税を2割加算されるケースとは 代襲相続以外にも、孫に相続税がかかりうるケースがあります。 それは次のようなケースです。 a)孫が、被相続人から遺贈や死因贈与を受けた場合( ) b)孫が祖父母から生前贈与を受けていたが、その後3年以内に贈与者である祖父母が死亡した場合( ) c)孫が祖父母から相続時精算課税制度による生前贈与を受けていた場合(2015年1月1日以降は孫への贈与に適用拡大) d)孫が被相続人の養子になっている場合( 孫養子) このようなケースは、先に述べた代襲相続のケースと違って「やむを得ず相続税を納める立場になった」わけではありません。 そのため、残念ながらお目こぼしは無く、相続税額を2割加算して納付しなければなりません。 なお、d)の孫養子は、縁組によって法律上は「一親等の血族」に当たるので2割加算にならないと誤解しがちです。 しかし、相続税法18条2項という条文で、 「一親等の血族」には、被相続人の直系卑属である者であって、その被相続人の養子となっている者は含まない、とされています。 相続税の基礎控除を増やすために孫を養子にするケースがある( )ので、このような場合には2割加算を免除しない、とされているのです。 きょうだい、おい・めいは、2割加算される 被相続人に子がおらず、直系尊属もいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が第三順位の相続人として、被相続人の配偶者とともに相続人になります( )。 兄弟姉妹が被相続人よりも先に死亡している場合には、その子(被相続人から見て、おい・めい)が相続人の地位を代襲します。 この場合には、兄弟姉妹・おい・めいの相続税は、必ず2割加算になります。

次の

妹夫婦を養子にしたときの相続税額の2割加算

相続 税 二 割 加算

相続税は、支払う人が一親等の血族及び配偶者以外である場合には、 各人の算出相続税額にその20%相当額を加算します。 これを「 相続税の2割加算」といいます。 相続税が2割加算される趣旨は、孫が財産を取得すると相続税を1回免れることや、相続人でない人が財産を取得するのは偶然性が高いことなどから、 相続税の負担調整を図る目的で加算を行うものであるとされています。 相続税の2割加算の計算方法は、その相続人が実際に支払う金額に1. 2をかけた金額が支払額となります。 相続税が2割加算される人 相続税が2割加算される人は、主に次のような人です。 兄弟姉妹の相続人• 祖父祖母の相続人• 遺言等で血のつながりがなく財産をもらう人• 遺言等で財産をもらう孫 このような人が相続税を支払うことになる場合、相続税は2割加算となります。 代襲相続の孫は2割加算されない 代襲相続によって、子ではなく孫が相続人となる場合があります。 代襲相続とは、相続人となるべき子が親より先に死亡している場合、親の相続人は子に代わって孫となる、というものです。 これは孫が、子になりかわって相続人となるということです。 したがってこの場合は孫として相続しているのではなく、子として相続しているのですから、相続税の2割加算は適用されません。

次の